ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

仮面ライダー555』に登場するライダーズギア(通称「3本のベルト」)の1つで、仮面ライダーカイザの変身と戦闘に必要なツール一式の総称である。 スマートブレインによって開発された3本のベルトの内の2番目にあたる(『平成仮面ライダー英雄伝』など、放送から何年も経った後に出版された極一部のムック本では最新式と誤記されていたことも)。

ファイズギアと同様に普段は銀色の専用アタッシュケースに収められている(カイザブレイガンも含む分、ファイズのアタッシュケースより巨大)。


ファイズギアと異なりフォトンブラッドを制御できない者、すなわちオルフェノクでなくとも変身が可能。

しかし適合しなかった場合、変身解除した途端に灰になってしまうという危険な代物である。

ただし、オルフェノクそのものであれば灰化の問題はないため、「人間の手に渡らないようにしたい」というオルフェノクの意図からすれば、結果的に好都合な仕様になった。

オルフェノクの記号を有していた草加雅人は唯一適合したが、本編終盤ではその記号もやがて消耗していったため、彼の身体もまた危険に晒されることとなった。


『劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト』では設定が異なっており、ファイズギア同様適合者以外は変身出来ないとされている。

劇中では菊池啓太郎が不適合者の人間でも一度だけ変身を可能とするドリンク剤「変身一発」を服用し、カイザに変身する。

戦闘後は啓太郎は灰化で死ななかったものの、カイザドライバーが灰になり変身できなくなった。


ライダーズギアには『SB-○○○ ○』と対応ライダーの変身ナンバーと装備に対応したアルファベットが形式番号としてついている。この形式番号のSBはスマートブレインの略、末尾のアルファベットは実用品としての名称の頭文字を示していると思われる。

なお、変身ナンバーを持たないライオトルーパーや対応する仮面ライダーが複数居るジェットスライガーなどの型式番号は例外となっている。

内容

SB-913P カイザフォン

携帯電話ファイズフォンとは異なり回転開閉式となっている。スタートアップコード「913」を打ち込んでカイザドライバーに装填することで変身。ファイズフォンと同様に光線銃「フォンブラスター」としての使用も可能。

カイザの顔を模した部分は「ミッションメモリー」と呼ばれるカイザの基本データを収めたメモリーカードで、引き抜いて他のツールに差し込む事でそのツールが武器として使用可能になり、エクシードチャージで必殺技を発動出来る。

ファイズフォン、デルタフォンに比べて、低くくぐもった電子音声が特徴。

実は劇中で使用された電子音声にはいくつかのパターンがあり、初登場から数話後はよく聞くと若干早回し気味になっている。特に『エクシードチャージ』のボイスは顕著で、初め数話は非常にくぐもっていた。

また、PS2版などではファイズギアのものをほぼそのまま遅回しに加工したようなバージョンも存在し、CSMなどの玩具ではこちらが採用されがちな傾向にある。


SB-913B カイザドライバー

カイザギアの中核をなす変身ベルト


SB-913C カイザショット

デジタルカメラ型ツール。ファイズショットと同様に、普段はドライバーの左部にセットされている。ファイズショットと酷似しているがこちらの方が微妙に暗いトーンの色合い。

右拳に装着させることでパンチ力を増大させ、エクシードチャージを行うと必殺技グランインパクト」を放つ。


SB-913X カイザブレイガン

主要武器となる銃剣。普段はドライバー右部の専用ホルスターにセットされている。

通常時はガンモードだが、ミッションメモリーを装填することでフォトンブラッドを発する刀身が現れブレードモードとなる。エクシードチャージ時には敵を拘束する光弾を放ち、必殺技「カイザスラッシュ」を放つ。

他の武器と異なり、日用道具としての用途を廃した完全に武器専用の装備である。そのためか、形式番号も日用道具としての名称の頭文字ではなくカイザ自身を表す"X"を冠している。


SB-913B カイザポインター

途中から追加された双眼鏡型マルチデバイス。通常時はドライバー後部にセットされている。

通常時はバイオグラスモードだが、ミッションメモリーを装填することで展開してキックモードとなる。必殺技ゴルドスマッシュを放つ際には足に付け、敵を捕捉する。

双眼鏡型アイテムなので形式番号のBはbinocularsの頭文字だと思われるが、初期装備のカイザドライバーと形式番号が完全に被っている。


ライダーマシン

SB-913V サイドバッシャー

サイドカー付きのバイク。専用コードを入力することでバトルモードに変形する。


SB-VX0 ジェットスライガー

超大型アタッキングビークル。「3821」のコードを入力する事でどこからともなく出撃してくる。


ネクストカイザ用

SB-913PXX カイザフォンXX

スマートフォン913、ENTERと打ち込んでカイザドライバーに突き立てることでネクストカイザに変身する。また、変身時以外の時でも通常のスマートフォンとして使用可能。

光線銃やスタンガンとしても使える。


カイザクロスラッシャー

主要武器となる双剣。剣と言うよりも、トンファーブレードに近い。

型式番号は不明。


その他

SB-913A/001

スマートブレインが開発した人型アンドロイド。手の掌から銃撃を放てる。流星塾の人間がオルフェノクに覚醒すると抹殺する様プログラミングされている。形式番号がカイザギアと一致している為暫定的に記入。

なお、その姿は……


玩具

当時品

フォン&ドライバーは「変身ベルトDXカイザドライバー」の商品名で発売。

ショット、ブレイガン、ポインターはそれぞれ個別に発売された。


CSM

2017年8月CSMカイザギアの発売が決定。予約開始は9月13日、つまり「カイザの日」であった。

ワイヤレス通信でドライバーと武器が連動して必殺技を発動するギミックであり、ギア全体でのプレイバリューが向上している。

また、村上幸平氏による草加雅人の台詞が収録されている他、BGM機能で3種の楽曲を流せる。dx版には収録されなかった変身解除音、変身失敗時のエラー音、『首の骨を折る音』なども収録された完全版と言える。

ただし前述の通りシステムボイスがTV本編と異なる他、ランダムで発生する変身エラー仕様などの不備もなくはない。


ショット、ブレイガン、ポインターを除いたカイザドライバーだけの商品も同時に予約開始した。


レジェンド版

2023年11月にレジェンド変身ベルトシリーズからカイザドライバーが発売。同シリーズでは初の2号ライダーの商品化となった。

2023年10月に開催されたARIKIRI WORLD 2023では放送当時のDX版のパッケージデザインをオマージュした限定版が先行販売された。

塗装やギミックは簡略化されているが、CSM同様ホルダー部を「草加の角度」で固定することができる。



関連タグ

仮面ライダー555 仮面ライダーカイザ オルフェノク

スマートブレイン

変身ベルト ガジェット ツール


イクサベルト脚本家が同じ作品2号ライダーの変身ベルト。遠近両用武器携帯型の銃ナックル型武器が関わり、怪人が使用した事もある。


戦極ドライバーゲネシスドライバー黄色い2号ライダーの変身ベルト。数字とアルファベットが刻まれたキーアイテムを装着して変身する、敵対する大企業によって開発された、最終的には使用者が戦いに敗れ死亡してしまうといった共通点がある。ゲネシスドライバーとは本来の所有者以外の人物も使用できる、主役ライダー変身ベルトよりも高い性能を誇る代わりに危険度も高い、強化機能を持たない、物語終盤でに破壊されるといった共通点がある。


ライダーズギア一覧

関連記事

親記事

ライダーズギア らいだーずぎあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 208774

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました