ピクシブ百科事典

グランインパクト

ぐらんいんぱくと

『仮面ライダー555』に登場する仮面ライダーファイズの必殺パンチ。

概要

仮面ライダーファイズ必殺技の一つ。
デジカメ型アイテム「ファイズショット」にミッションメモリーを挿入し、バトルモードに変形させ、それを握ってパンチを打ち込む。初使用は3話。
ヒットした際に強力なフォトンブラッドをゼロ距離から打ち込まれるので命中すればたちまち灰化する強力な技である。

因みにファイズの技の中で一番不発が多い。例を挙げれば、7話ではオウルオルフェノクに止めをさそうとしたが、ガスを出され視界を悪くした隙に逃げられていて、15話では草加カイザに向けて放ったが寸止めしてしまい、21話ではアクセルフォームで使用しスコーピオンオルフェノクを撃破したがロブスターオルフェノクにはギリギリでガードされている(ロブスターは強いのでしかたがないのだが)などと決まった回数は意外に少ない。前半だけで7、10、15、21話と4回も失敗している。

しかし、強敵であるクロコダイルオルフェノク凶暴態との戦いではクリムゾンスマッシュを防がれて空中に弾き飛ばされるも、落下と共にグランインパクトを放って撃破するという印象深いシーンがあるため、タトバキックよりはマシなのかもしれない。

クリムゾンスマッシュ同様、アクセルフォームでも使用可能。オルフェノクはたちまち木端微塵である。
また、仮面ライダーカイザも同様のツールであるカイザショットを使用することで使うことができるが、やはり敵に回避される事が多い。

当時のスタッフ・キャストの間では「デジカメパンチ」という通称だったようである(『仮面ライダー3号メイキング』、半田健人の発言より)。

関連項目

仮面ライダー555 ファイズギア 乾巧 ライダーパンチ

pixivに投稿された作品 pixivで「グランインパクト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1078

コメント