ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「やってみるさ…俺に、何が出来るか分からないけど…」


「変身!」


『Standing by』


『Complete』


概要

仮面ライダー555』に登場する仮面ライダーの1人。

- 仮面ライダーデルタ / ドラゴンオルフェノク -仮面ライダー

主な装着者は北崎三原修二デルタフォンに変身コード「ヘンシン」を音声入力し、デルタドライバーの右部に装備されたデルタムーバーにセットすることで変身する。

デルタギアの各アイテムに付された、ライダーを示す形式番号は「333」。デルタフォンはストレート型、音声入力式。

ギリシア文字の「Δ(デルタ)」を模した頭部と、ほぼ黒一色の基本カラーに、アクセルフォームと同等の出力を示すブライトカラー(明度の高い白)のフォトンブラッドが流れるブライトストリームが通った外見が特徴。またこの高出力フォトンブラッドを安定させるためか、ブライトストリームの取り回しには1本のストリームを肩、腿、足などで三つ股に分ける「ビガーストリームパターン」という複雑な取り回しを採用している。


作中において主役ライダーである仮面ライダーファイズ2号ライダーである仮面ライダーカイザに続いて三番目に登場した、所謂3号ライダーである。

設定上は本作において最初に作られた仮面ライダーでもあるが、作中では特に言及されていない。

装備の少なさ(近接武器は一つも持っていない)に加えて専用のライダーマシンを所持していない。唯一使用しているのは各ライダーズギアで「3821」のキーコードを入力して呼び出す大型ビークル「ジェットスライガー」。

因みに銃で変身するライダーの中では珍しく、変身前からベルトが存在する。


変身者

映像作品

変身者作品備考
徳本恭輔『仮面ライダー555』言及のみで描写なし。
新井賢『仮面ライダー555』
河内勇樹『仮面ライダー555』
木村沙耶『仮面ライダー555』第26~28話
北崎『仮面ライダー555』第28~33話
草加雅人『仮面ライダー555』第33、34話
三原修二『仮面ライダー555』第34~50話
乾巧『仮面ライダー555』第38話
阿部里奈『仮面ライダー555』第39話
村上峡児『仮面ライダー555』第46、47話
スマートクイーン仮面ライダーアウトサイダーズ
ヒサオ仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド

最終的な正規装着者となった三原修二は、参戦時期が遅い上、ラッキークローバーや村上お抱えの刺客などの強敵と戦うことが殆どの為、単独での活躍よりも、集団戦でのアシストがメインとなっている。

もっとも、印象的な名アシスト率は高い方で彼なりに十分活躍していたといえる。


- 仮面ライダーデルタ / ローズオルフェノク -デルタ

他に、仮面ライダーカイザのメイン変身者である草加雅人、仮面ライダーファイズのメイン変身者である乾巧も一時的に変身している。

ライオトルーパーや『仮面ライダーウィザード』の仮面ライダーメイジ、『仮面ライダー鎧武/ガイム』の黒影トルーパーの様な、変身ベルトそのものが大量生産されていた例を除けば平成ライダー最も多くの人が変身したライダーであり主人公以外の人物が仮面ライダーに変身することもあるという要素が本作の特徴の1つだが、デルタは特にベルトをたらい回しにされた印象が強いライダーである。


ゲーム


スペック

身長190cm
体重96kg
パンチ力3.5t
キック力8t
ジャンプ力一跳び38m
走力100mを5.7秒
視力アルティメットファインダーの働きにより夜間でも180度の視界を確保、X線カメラも内蔵

最初期に作られたシステムのためか、ファイズ、カイザと比べると拡張性は劣り装備の数も少ないが、出力は最も高い。つまり、装着者の格闘能力が戦闘力にほぼ直結する。

北崎が変身した際にはラッキークローバーのメンバーでもあった為か、カイザとファイズの二体を相手どる凄まじいまでの戦闘力を発揮したが、飽きたと言う理由でデルタの力を手放してしまった


もし、彼がデルタの力を手放していなければ、『555』の物語が早くに終わっていた可能性も否定できない(デルタの力を手放したとはいえ、北崎本人はオルフェノクとしても強かったわけだが…)。


他にも沙耶の変身したデルタはラッキークローバーセンチピードオルフェノクを怯えさせる程の戦闘力を見せ、草加雅人はカイザでは歯が立たなかったライノセラスビートルオルフェノクをデルタに変身して瞬殺、巧の変身したデルタは初装着ながらもバーナクルオルフェノクを圧倒している。

一方で、里奈の変身したデルタはドラゴンオルフェノク&オクラオルフェノクにあっさりと敗れ、最終的な装着者である三原も作中で苦戦描写が多かったのは先述した通りである。


なお、デルタラングに備わった酸素タンクには3時間分の酸素を蓄えているが、同じく酸素タンクを内蔵したファイズとは異なり、こちらは明確な残量が示されている。


胸部には装着者を闘争心を刺激し、凶暴化させる「デモンズ・イデア」を発生させる部位である「デモンズ・スレート」があるが、この「デモンズ・イデア」の一番恐ろしい所は額の「レシーバースレート」から伸びる0.52ナノmの毛細ケーブルによって脳に直接送り込まれる点である。実際、変身直後「うおおおおお!」と憤慨する様に叫びながら敵に向かって行くシーンが時折ある。


詳細はデルタギアの記事を参照して欲しいが、こんな恐ろしい物質を直に受け続けても尚、健常な精神を保ち続けていた三原たちの方が怖いのかもしれない(効果には個人差がある様だが、三原に関しては気弱過ぎてデモンズ・イデアの効果が薄かった、または効果を受けてプラスマイナスゼロに働いた等様々な説がある)。


あまりにも危険と見做されたせいか、その後のライダーには搭載されていない機能となっている。


設定では肩のショルダースウォードにフォトンブラッドを集中させて体当たりする技がある様だが、劇中では未使用(ショルダータックル持ちにはよくある扱いである)。


必殺技

ルシファーズハンマー

デルタムーバーからポインターを撃ち、キックを放つ。ファイズやカイザと違って、倒されたオルフェノクは青ではなく赤い炎を出して消える。

草加雅人が使用した時は両足、三原の場合は右足、???の場合は左足でキックした。 威力は24t。


演じた人物

映像作品

俳優作品
佐伯俊『仮面ライダー555』
本田博仁『仮面ライダー555』
檜尾健太『仮面ライダー555』
斉藤麻衣『仮面ライダー555』
藤田玲『仮面ライダー555』
村上幸平『仮面ライダー555』
原田篤『仮面ライダー555』
半田健人『仮面ライダー555』
河西りえ『仮面ライダー555』
村井克行『仮面ライダー555』
芳賀優里亜仮面ライダーアウトサイダーズ
柳川るい仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド
スーツアクター作品
押川善文『仮面ライダー555』
鈴木大樹仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド

ゲーム

※あくまで変身者のCVであり、デルタ専用のボイスはない。


テーマ曲

劇伴

後半に登場するライダーであるため専用の劇伴は制作されていない。本稿では「CSM デルタギア」にBGMとして収録されたものを中心に、作中でデルタのシーンで使用された楽曲を掲載する。


TV用第1回録音

  • 「ファイズ、反撃」

本来はファイズ用の楽曲。下表のシーンで使用されたため、「CSM デルタギア」に三原デルタ初変身時BGMとして収録されている。

シーン
第34話三原がデルタに初変身し、スパイダーオルフェノクと交戦するシーン


TV用第2回録音

  • 「木場がファイズに」

本来はファイズ用の楽曲。下表の通り、終盤にデルタのシーンで使用された。

シーン
第39話里奈がデルタに変身し、オクラオルフェノク&ドラゴンオルフェノクに敗れるシーン
第46話巧&三原がファイズ&デルタに変身し、コーラルオルフェノクを撃破するシーン
第48話(アバンタイトル)草加&三原がカイザ&デルタに変身し、ライオトルーパーとドラゴンオルフェノクたちが3ライダーを圧倒するシーン
第48話ライオトルーパーがスネークオルフェノクを圧倒し、巧&三原がファイズ&デルタに変身するシーン


劇場版用録音

平成一期の作品は番組後半に劇場版用の楽曲を使用するため、後期に登場するキャラクターのシーンでは必然的に劇場版用の楽曲が多く選曲される。


  • 「オルフェノクの支配」

本来はオルフェノク用の楽曲。「CSM デルタギア」に三原デルタ必殺技時BGM(第35話より)として収録されているが、下表の通り他のデルタのシーンでも使用されている。

シーン
第29話(アバンタイトル)北崎がデルタに変身し、ファイズ&カイザを圧倒するシーン
第33話デルタがファイズとホースオルフェノクの戦闘に乱入し、ファイズとホースオルフェノクが相討ちになるシーン
第34話(アバンタイトル)草加がデルタに変身し、ライノセラスビートルオルフェノクを圧倒するシーン
第35話デルタがスタッグビートルオルフェノクを撃破するシーン


  • 「エラスモテリウムオルフェノク」

本来はエラスモテリウムオルフェノク用の楽曲。「CSM デルタギア」に北崎デルタ戦闘時BGM(第30話より)として収録されているが、下表の通り他のデルタのシーンでも使用されている。

シーン
第30話巧&草加がファイズ&カイザに変身し、デルタと交戦するシーン
第44話ドラゴンオルフェノクがカイザ&デルタを圧倒するシーン
第45話ドラゴンオルフェノクがカイザ&デルタを破るシーン
第46話村上がローズオルフェノクに変化し、ファイズ&デルタを圧倒するシーン
第47話3ライダーとローズオルフェノクが交戦するシーン
第49話巧&三原がファイズ&デルタに変身し、ドラゴンオルフェノクに圧倒されるシーン


イメージソング

  • 「DELTA STRIP〜White Ring」

劇中未使用。


客演

巧/ファイズや草加/カイザがそれなりに客演回数に恵まれている反面、デルタはあまり再登場していない


仮面ライダーディケイド

クウガの世界」では、オーロラカーテンに映り込むシルエットでのみ登場した。

アギトの世界」では、仮面ライダーディエンドによって仮面ライダードレイクと共に召喚され、一斉射撃でメ・ギノガ・デを撃破した。

またまたディケイドさん

さらには、生身の状態の門矢士にルシファーズハンマーを炸裂させようとしたが、こちらは小野寺ユウスケが割って入った事で未遂に終わった。

その後に現れたバッファローロードの放射したプラズマ弾を受け、ドレイク共々消滅した。

なお、ドレイクとは、

1:3号ライダー

2:銃使い

3:井上脚本で初登場した

4:正装着者は人間だが、怪人が変身した事もある

5:変身アイテムが主人公の手に渡った事もある

6:スーツアクターが押川善文

などの共通点がある。


仮面ライダーアウトサイダーズ

13年ぶりに再登場。

幻夢無双ガシャットを回収するために、スマートブレイン社長秘書兼イメージガールのスマートクイーンが変身し、仮面ライダーゲンム 無双ゲーマーと対峙した。しかし、必殺技のルシファーズハンマーを命中させ、キックを放つ寸前に無双ゲーマーが発動した「ポーズ」により一時停止され、ゲンムクリティカルフィナーレを喰らい、敗北。青い炎を上げ、灰化してしまった。


仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド

本編の正当続編。

本作では真理や海堂達と行動を共にするオルフェノクの青年・ヒサオが変身する。しかし、最早この時代でのデルタはファイズやカイザ共々時代遅れの旧型となっており、最新機でもある仮面ライダーミューズには銃撃を避けられた挙げ句にカウンターで必殺技を浴びて敗北、変身が解けたヒサオは灰化してしまった。

以降は劇中でも登場しない。


現時点ではテレビシリーズに登場するライダーで唯一、発展型に当たるネクスト形態が存在しない。


アーケードゲーム

ガンバライド

未参戦。サポートカードでのみ登場。

1ターンごとにボウギョが100ずつ下がり、コウゲキがその分上がる能力であり、作中のデモンズスレートの特性を再現したかの様な危険な効果を持つ。

しかし、このゲームは最長でも5ターンで決着が着く上に、最後のターンは強制決着であり、またサポートカードが使えるのは2ターン目からであった。このため、最大でも300しか変動しないという、何とも中途半端な存在になってしまった。

レアリティのみは☆4つ(最大で5つ)のスーパーレアだった。


ガンバライジング

プレイアブルキャラとしてナイスドライブ6弾より参戦。

劇中技であるルシファーズハンマーも実装。

ナイスドライブ6弾ではLR枠の一つとして登場。パッションタイプで表面では必殺技を発動した時にテクニカルゲージアップと仲間のコウゲキ、ボウギョをアップさせる。バースト後はひっさつ値を大幅増加に加え、相手のライジングパワーを削り、更に相手チーム全体のライジングコストを増やす等の相手からの必殺の被害を抑える事に特化した一枚となっている。

尚、デルタが参戦したことによりTVシリーズでのメインライダー(あとは量産型劇場版ライダーも控えているが)が出揃い、これにより他の2ともチームを組むことが可能となった。

バッチリカイガン1弾ではSR、Rを通り越してルシファーズハンマーがいきなりN落ちしてしまった…(同弾参戦のバースもそうだが)

と思いきやバッチリカイガン3弾にて2弾越しでSR再昇格。初のチェインタイプに加え、ガンバライジング史上初となるバーストアビリティである相手のスロットのAPのリセットを持つ(LR(EX)ディケイド等のスロットのAPを増やすアビやゲキレツアイコンAP+100等を無効化できる)。

カイザとチームを組むとチームボーナス「流星塾の生徒」、ファイズ、カイザとチームを組むとチームボーナス「王の守護者」が発動する。


ライドウォッチ

デルタライドウォッチ

闘争本能を刺激する危険なライダーは…デルタだ!


プレバン限定「GPライドウォッチセット01」の一つとして発売。

必殺技は「エクシード」。


余談

  • 実はモチーフのギリシャ文字をそのまま名前に使用しているのは「デルタ」だけ。
    • コードが「333」であるのは三角形からの連想だろうか(あくまでもΔはギリシャ文字の4番目に位置するため)。

  • 変身時にフォトンブラッドが伸びる演出において、序盤は変身後と同じだったが、途中(特に三原が変身するようになって以降)から青白い光になった。
    • その為、イラストやグッズ等でのデルタのイメージカラーには銀やグレーの他にも青が多く見受けられる。

  • 三原を演じた原田篤は『救急戦隊ゴーゴーファイブ』でゴーグリーンを演じた経験を持つ。当時のスーパー戦隊シリーズはオールアフレコであったため原田もアフレコには慣れていたが、『555』では途中参加だったため巧/ファイズ役の半田健人と草加/カイザ役の村上幸平からは戦闘時の掛け声が重複しないよう、要望が出されたという。

  • 三原がヘタレ過ぎてデモンズスレートがあまり効かなかった、と言う説は本人の項を参照

関連イラスト

Diend召唤卡 Delta 假面骑士德尔塔仮面ライダーデルタCHECK仮面ライダーデルタ

デルタっていえば・・・333→DELTAデルタセンシティブな作品


関連タグ

仮面ライダー555 デルタギア デルタ 333 ルシファーズハンマー ジェットスライガー

三原修二 北崎 木村沙耶

草加雅人 乾巧 阿部里奈 村上峡児

スマートクイーン ヒサオ

サブライダー 銃ライダー 女性ライダー 社長ライダー 怪人ライダー 複数変身ライダー

ホワイトヒーロー ブラックヒーロー

仮面ライダー一覧


関連・類似キャラクター

  • 仮面ライダーサガ脚本家が同じ作品の3号ライダー、「カラーリングが白」「変身ベルト武器と連動する」「武器は敵を拘束する事もできる」「怪人の為に開発された」「最初に開発された初期型」「装備が少ない」「主役ライダー2号ライダーよりも出力が高く、主役ライダーと2号ライダーを圧倒した事がある」など共通点が多い。
  • 仮面ライダーナックル2号ライダークラスメイト(チームメイト)が変身する黒いサブライダー、敵対する大企業によって開発された変身ベルトを使用する」「装備が少ない」「設定上では誰でも変身できる」「2号ライダーから与えられた戦力である」「2号ライダーと共闘する事が多い」「主役ライダーや2号ライダーと共闘する際には抜群のコンビネーションを発揮する」「初変身した時の戦闘では2号ライダーのサポートを受けながら奮闘する」「物語が進むにつれて主役ライダーとも打ち解け合い、共闘するようになる」「2号ライダーに反発してまで主役ライダーの味方についた事がある」といった多くの共通点がある。

3号ライダー

ゾルダデルタカリス


女性ライダー

ファムカイザ/デルタ/ミューズラルク


○号ライダー

カイザ(2号) → デルタ(3号)


外部リンク

仮面ライダーデルタ | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

デルタギア でるたぎあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 650307

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました