ピクシブ百科事典

スタッグビートルオルフェノク

すたっぐびーとるおるふぇのく

スタッグビートルオルフェノクとは、仮面ライダー555に登場するスマートブレインのパニッシャーを務める村上峡児直属のエリートオルフェノク社員の名称である。

「終わりですよ…君は」
CV/人間態:千葉誠樹

概要

仮面ライダー555』第33話「真理、死す」第35話「復活の鍵」に登場するクワガタムシの特性を備えたオルフェノクにして、ライノセラスビートルオルフェノクと並ぶ村上社長直属の部下である『スマートブレイン社』のエリート。

東洋を思わせる様な容姿をしており、相方とタッグを組んで刺股を自在に振るって相手と斬り結ぶ戦法を得意としており、対象者を翻弄する役割を担っている。

裏切り者の澤田を始末する為に廃工場に相方のライノセラスビートルオルフェノクと共に出動し、予告状の黒いバラを出した後に襲いかかり、その場に居合わせたカイザを相方との連携で苦戦させる。
しかし、カイザへの変身を解除した草加が変身したデルタには全く歯が立たず、相棒を倒されてしまった為その場から撤退。

その後、新たにデルタギアを奪うように指示されそれを持つ三原の前に現れるが、彼が決意して変身したデルタと交戦。

相方とのコンビネーションに真価を発揮するタイプの戦士だったらしく、全くといっていいほど戦闘経験が乏しい三原の変身するデルタの前になす術も無く防戦一方となり、最後は『ルシファーズハンマー』の直撃を受け灰化して絶命した。

その後、映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』においてショッカーの同盟怪人の一般怪人の1人として登場している(エリート怪人なのに…)。

関連項目

オルフェノク スマートブレイン クワガタムシ ライノセラスビートルオルフェノク 仮面ライダー555

pixivに投稿された作品 pixivで「スタッグビートルオルフェノク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51

コメント