ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:無し


概要

クワガタムシを手本とし、鎧の如き堅い外骨格と大きい角の様な刺股で戦う獣拳である臨獣スタッグ拳の使い手。しかしリンリンシーと違って自我は持たず、起動者の命令を受けて動く一種のゴーレムのような存在。

 

海の拳魔ラゲク臨気を注入されることで起動し、彼女の意志通りに理央を守る屈強な衛兵として彼の戦いをサポート。ブトカと共に邪魔者を排除する役目を担う。


戦闘では槍を武器に戦い、ブトカと共に槍を合わせる事で光線技を放ち、上空の敵を迎撃する事も可能。

青いクワガタムシの装甲をまとった重厚な姿をしており、赤いプルームらしき頭部の装飾が特徴。


活躍

修行その19「ゴキンゴキン!理央と対決」

「更なる強さの高みへ上るためには、激獣拳と名のつく物全てをこの世から消し去る必要がある」とラゲクとカタに諭された理央が、打倒激獣拳の出陣の儀式を執り行った際にラゲクより臨気を注がれて起動。


臨機兵ブトカと共に理央を守る近衛兵として出陣し*、ゲキレンジャーと干戈を交えた際、理央が最初にイエローを叩きのめす際にレッドブルーを圧倒し、レッドを押さえ付ける。


「自分の事しか考えない事」を邪な心であり悪と断じるイエローを「最悪の悪は弱さだ」と、「強さだけが美しさの全てではない」と主張するブルーも自身に敗れたを引き合いに出して「必要なのは強さのみ」と、理央がそれぞれ否定して叩きのめして行くと、それまで押さえていたレッドを最後の一人とばかりに解放して理央へ立ち向かわせた。


「強い者は優しくあるべきであり、その強さを分け合うべきだ」と言うレッドの考えを「甘い」とバッサリ切り捨て、ゲキセイバーで向かって来るレッドをも理央は一蹴。

負けじとゲキバズーカで彼を撃ち抜こうとするゲキレンジャーに対し、ブトカと共に理央の前に出て盾になろうとするも、当人はこれを拒み、放たれた一撃を片手で握り潰した。


その後、尚も負けじと立ち向かい、過激気の片鱗を見せて変身が解けたジャンが倒れるや、同じく変身が解除されたレツに矛を向けて介錯せんとすると、その場にマスター・シャーフーが現れた為に矛を収めてその場に佇む。


そしてシャーフーが理央に取引を持ち掛け、理央がそれに応じて過激気習得まで3日間の猶予を3人に与えるのと引き替えに、ブトカと共にシャーフーに矛を突きつけて人質とした。


修行その21「ビキビキビキビキ!カゲキに過激気」

いつでもシャーフーを処刑できるようにブトカと共に構えていた所にジャン達が駆け付け、理央と干戈を交える。

その圧倒的強さの前に、またも敗北するかに思われた3人だったが、ジャンが何のために自身が戦うのかという問いに対し、「守りたいから戦う」と言う答えを見出したのを機に遂に過激気に覚醒。残る2人もまた、守りたいと言う気持ちを奮い起こして過激気を身につけ、スーパーゲキレンジャーへの変身を果たす。


向かって来る3人に対し、理央の援護のためにブトカ共々参戦するも、スーパーゲキイエローに槍を破壊された挙句、過激気によるブーストを掛けて肉薄する彼女の猛ラッシュに押され、止めのスーパーチーター撃を叩き込まれて爆散した。


直後に過激気の力を見極めんとするラゲクの臨気奔流豪天変によって巨大化し、戦いを挑む。ゲキガゼルの繰り出す連撃になす術も無く翻弄されるも、何とかブトカと共に槍でゲキゴリラ共々吹っ飛ばして大勢を立て直す。

そして空を飛び回るゲキペンギンを撃ち落とそうと光線で攻撃するがまるで当てられず、気を取られた隙にゲキガゼルによるキックと、ゲキゴリラのドラミングの衝撃波によって勢いを付けたゲキペンギンの突撃を喰らって吹っ飛ばされてしまう。


駄目押しとばかりに3人が召喚した、全ゲキビーストの前に、再びブトカと共に光線を放って応戦するも、9体の放つ激激ビースト砲の前に爆発四散した。

その後、自身の臨気を取り込んだブトカは更なるパワーアップを果たすのだが、それも結局はゲキファイヤーの前に敗れ去るのであった。


余談

モチーフは言うまでも無くクワガタムシ


関連タグ

獣拳戦隊ゲキレンジャー 臨獣拳アクガタ 臨獣殿

ゴーレム クワガタムシ


臨機兵ブトカ:相方

関連記事

親記事

臨機兵・怒臨機兵 りんきへいとどりんきへい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 359

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました