ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドラゴンオルフェノク

どらごんおるふぇのく

特撮番組『仮面ライダー555』に登場するオルフェノク。ラッキークローバーの一人、北崎が変化する。
目次 [非表示]

北崎「やだなぁ、琢磨くん?いつから泥棒になったの?」


「調子に乗るなよ?」


CV:藤田玲

スーツアクター:渡辺淳


登場話:第32話「絡み合う糸」~第49話「滅びゆく種」


概要

ラッキークローバーの一人、北崎が変化するの特質を備えたオルフェノク。オルフェノクの中で唯一、架空の生物の能力を保持している。

ラッキークローバーの中でも随一のパワーと防御力を持ち、ライダー達を幾度となく苦戦させた。劇中で彼に匹敵する力を持つ者はブラスターフォーム花形村上峡児オルフェノクの王とかなり少ない。


魔人態

(メインイラストの姿)

身長225.0cm
体重167.0kg
特色/力両腕の篭手、龍人態への変化、破壊光弾

(出典:テレ朝版公式サイト、東映公式『仮面ライダー図鑑』より)


頭の巨大な二本角は1万ボルトのを呼び、巨躯に似合わぬ敏捷な動きで天空を自在に飛び回ることが出来る。巨大な竜頭を模したの剛力で敵を完膚なきまで叩き伏せる攻撃を得意とし、厚さ3mのの塊さえも粉砕する。また腕の竜頭装甲は分離可能で武器としての使用が可能である。鎧のようなボディは二人の仮面ライダーの必殺キックを同時に受けてもはね返すほどの頑強さを誇る。

顔は悲しみ、涙を流している人間のようにも見える。

当時発売されたゲーム版では手甲は着脱可能になっている。必殺技は腕に雷を纏って放つ「クリスタルブレイク」のような技と素手でエネルギーを集めて放つラリアット。


龍人態

ー 黒き雷鳴 -


身長215.0cm
体重119.0kg
特色/力高速移動、魔人態への変異

(出典:テレ朝版公式サイト、東映公式『仮面ライダー図鑑』より)


魔人態の外殻を脱ぎ捨て軽量化を図ることにより、ファイズアクセルフォームをも凌ぐほどの眼にも止まらぬ俊敏な動きを可能とし、いつでも一瞬で魔人態に戻ることが可能。超高速の肉弾攻撃は雷を呼び、雷撃で敵を粉砕する。劇中ではゴートオルフェノク以外でスピードに負けたことは無かった。


また、魔人態と龍人態は自由に切り替えが可能で、魔人態で相手の攻撃を受け流すようにして外殻を脱ぎ捨て龍人態となったり、相手の攻撃を受け止めるために龍人態から一瞬で魔人態に戻るなど、状況に応じて臨機応変に使い分ける(第49話など)。


その隠れたド根性ぶり

第49話でクリムゾンスマッシュルシファーズハンマーの同時攻撃を喰らいながら、浮かび上がったΦとΔの紋章を叩き壊し灰化を拒絶するという、半ばメタ要素も含まれそうな力技を見せた(ローズオルフェノクと違い、完全に直撃・浸透している)。

だが、流石にダメージは大きかったようで、センチピードオルフェノクに弱ったところを叩きのめされている。


本編以外での登場

小説『仮面ライダーファイズ正伝―異形の花々―』では、木村沙耶の正体として登場する。


仮面ライダー913』第23話「花形の理想」で、ラッキークローバーの一員として解説シーンにて登場。


仮面ライダーディケイド』のファイズの世界にも登場する。スマートブレイン・ハイスクールのエリート集団、ラッキークローバーの一人の玄田が変身する。『555』TV本編とは逆に最初は龍人態に変身してセンチピードオルフェノクと組んでディケイドと戦うが、ディケイドブレイドアタックライドによる攻撃で翻弄され、トドメの「ライトニングブラスト」を受け灰化したが、タイガーオルフェノクによって魔人態として復活した。その後は龍人態には変化していない。原典で見せた能力は殆ど使用されておらず、触れた物を灰にする能力も無い。


備考

モチーフはキカイダー01に登場するブラックドラゴン(キカイダー01)。また、劇中に登場したオルフェノクの中でも唯一実在しない生物(ドラゴン)をモチーフとしている。

また、ずんぐりした魔人態から痩せ形の龍人態になるという意味では魔人ブウと似ている。


「二重人格ゆえに2形態があり正体は子供」というオーダーだったため、ゲームの影響という解釈から、魔人態は巨大な体躯をもつ戦士タイプ、龍人態は腹黒く狡猾な魔術師タイプに分けている。子供ならではの無遠慮さや純粋さから、大きなものはより巨大に、怖いものはより気持ち悪くし、自分を抑制せずなるべく誇張することを意識したため、魔人態では龍の胴体を付けていない。劇中では変化は切り替え可能であったが、当初のイメージは精神が徐々に侵されて龍人態のみとなるというものであった(『完全超悪』p.143)。


関連タグ

仮面ライダー555 オルフェノク ラッキークローバー 北崎 怪人態 


コーカサスビートルアンデッド次回作の敵幹部で登場時期が似ており、性格が幼稚で残忍な点が共通し、中間形態を初めて破ったのも共通する。

関連記事

親記事

オルフェノク おるふぇのく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77178

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました