ピクシブ百科事典

木村沙耶

きむらさや

『仮面ライダー555』の第26・27・28話に登場した人物である。仮面ライダーデルタに変身していた。
目次[非表示]

概要

TV本編

「10年後も生きていてくださいね。乾さんなら沢山の人を救えると思うから…」

演:斉藤麻衣
特撮作品『仮面ライダー555』に登場した少女。18歳。
仮面ライダーデルタに変身した
ちなみに猫舌。

一人称は「私」。園田真理草加雅人と同じ元流星塾生。小説では(本編もそうだが)流星塾一番の美人と称され、またそれに違わぬ温厚さ、芯と意志の強さを併せ持つ。
花形から最初にデルタギアを送られ、争いを恐れてそのことを隠していたが、デルタギアを見つけられてしまう。
デルタギアを塾生達に託すが塾生同士での争いが始まり、その後、河内からデルタギアを奪還し力に溺れないであろう人物乾巧にデルタのベルトを託すべく「西洋洗濯舗 菊池」にアルバイトとしてやって来る。
仕事はなにをやらせても上手く啓太郎に好意を持たれた。巧がどういう人物か見極めてからデルタギアを託そうとする。同じ猫舌である為、巧とは意気投合するが巧の普段の態度から行動は難航。
その後、デルタの副作用で倒れた所を看病してくれた巧が猫舌の沙耶の為にスープを「フー、フー」して冷ましてくれたなどの優しさに触れる。そしてデルタギアを託そうとするが、巧が真理から電話で呼び出された(用件はカイザスパイダーオルフェノクの戦いへの援護)ため失敗。

啓太郎の車で巧の後を追うが、真理を見つけて車を降りた所、真理を追って現れ興奮した澤田=スパイダーオルフェノクと遭遇。
急遽デルタドライバーを装着してデルタに変身しようとするが、その隙を付かれてスパイダーオルフェノクに手裏剣状の剣で腹部を刺され、車に串刺しにされる。

センシティブな作品


駆けつけたファイズ巧とカイザ草加の前で地面に崩れ落ち、「草加君…」と呟きながら、オルフェノクと同様に青い炎を上げながら灰化し消滅、死亡した。

彼女の変身したデルタはフロッグオルフェノクを瞬殺し、草加カイザを戦慄させ、ラッキークローバーセンチピードオルフェノクにトラウマを与えるほどであった。
このことから沙耶もオルフェノクであり、それもかなり強力なオルフェノクであった可能性が高い。(しかし『仮面ライダー図鑑』においては種族は人間であると明記されている。)
沙耶の死を前にして草加カイザは絶叫しており、啓太郎と真理は悲しみ、巧はオルフェノクに敵意を剥き出しにし始める。

また、巧達以外のメインキャラクターでは、啓太郎と共に車で配達に向かう際に長田結花と遭遇している。


小説『異形の花々

「ずっと、ずっと守ってあげるから…」

小説版の木村沙耶



基本設定は本編と同様だが正体はドラゴンオルフェノクであり、覚醒が早かった為に寿命が迫っている。そのため手が灰化し始めており、それを隠す為に常に手袋を着用している。ホースオルフェノクと戦い圧倒するほどの戦力を持つが、変身できるのは魔人態のみで龍人態への変身はできない。
性格はヤンデレで自己中心的。手専門のタレント「手タレ」をしていると自称し高級マンションに住んでいるが、里親を殺害した際に金品を強奪していた可能性がある。幼少期からオルフェノクに覚醒しており、里子に出された塾生は里親が死亡すると流星塾に送り返される為、塾生を引き取った里親をオルフェノクの力で灰化させ殺害していた。過去に草加と付き合っていたが破局している。
ホースオルフェノクにより達磨にされた草加を監禁し介護するが、加筆された『5年後』において遂に寿命により風に吹かれて灰化し消滅した。

HERO SAGA『MASKED RIDER 555 EDITION -ロスト・ワールド-』

劇場版『パラダイス・ロスト』の前日譚。触れた者を使徒再生させる「青いバラ」を村上から送られ他の塾生が死亡する中、適合しオルフェノクとして覚醒したことが三原修二から草加に告げられている。性格上オルフェノク側についたとは考えられず、人間側のキャンプにもいなかったことからスマートブレインに処刑された可能性がある。

「そんな、やっと…」

備考

沙耶の設定年齢は18歳だが演じた斉藤麻衣は当時14歳であり現役女子中学生である。その為、最後の運転のシーンは吹き替え。

沙耶デルタは劇中では変身シーンも声も披露していないが、設定上は沙耶が変身していた。斉藤は『ウルトラマンコスモス』では怪獣であるレイジャ(シャウ)を演じている為、ライダーと怪獣の両方の役を演じた初の女優となる。

本来の予定では、沙耶がドラゴンオルフェノクの正体であり、沙耶が北崎を殺害して北崎の座を奪う、または沙耶自身が北崎として登場する案もあった。しかし、演じた斉藤のスケジュールの問題、中学生である為学業優先などの問題、もしくは女性がデルタに変身すると玩具の売り上げに問題が出る為などで没となった。(なお、変身者の性別問題を解消するために新しく作られたキャラクターが三原修二であった)
もしも沙耶がラッキークローバー入りしていたなら澤田がデルタに変身していた可能性がある。斉藤氏の北崎的な演技が見たい方は『ウルトラQ dark fantasy』第13話「影の侵略者」で斉藤氏が演じた亜乃留を見てみるといい。

斉藤氏は当時、『555』以外の雑誌のインタビューで「10年後はなにをしてると思いますか?」というイ質問に「10年後も女優でいたい」と答えていたが、斉藤氏は10年後に女優業を退いた為、実現することはなかった。その為、今後『仮面ライダー大戦』のような場で巧などが登場しても、沙耶が登場することはよほどのことでなければあり得なくなり、小説の加筆である5年後においても沙耶が死亡したため「その存在が消滅した」といえる。
丁度、ファイズ終了後の10年後に『仮面ライダー大戦』で巧と草加が登場し、上記の巧への「10年後も生きていてくださいね」が実行されたこととなった。
なお斉藤氏は2020年に映画「ネズラ1964」に出演することになり、女優業に復帰している。

関連イラスト

「やっぱりデルタは乾さんじゃないと」



関連タグ

仮面ライダー555
仮面ライダーデルタ 女性ライダー
乾巧 草加雅人 園田真理
ドラゴンオルフェノク

調辺アコキュアミューズ):『スイートプリキュア』に登場する。黒ミューズの姿が黒に白のライン、仲が悪かった2人をサポート、圧倒的な強さ、変身していたのは少女だった、変身後は本人が全く喋らないなどの共通点がある。

関連記事

親記事

流星塾 りゅうせいじゅく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「木村沙耶」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42730

コメント