ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「お前は生きろ。雅人…!」


演:中康次


概要

スマートブレインの前社長であり、流星塾の創設者にして園田真理達塾生の義父である男性。フルネームは不明。

その正体は、オルフェノクでも桁外れの戦闘能力を持つゴートオルフェノク人間態である。


人物

年齢50歳。性格は常に冷静且つ穏やかで、園田真理を始めとする流星塾の子供達からは「優しいお父さん」「誰よりも優しい人だった」と慕われており、オルフェノクを憎む草加ですら怒りつつも花形を否定する事が出来なかった。


また、塾生以外の他人にも優しさを向けていたらしく、後任の村上社長が乗っ取ったある会社の社長は「前社長の花形さんならこんな事はしない筈だ!」と発言しており、村上が木場に対して言った「私が社長になった以上、君が人間を襲わない事は許されない(=花形なら木場の生き方を許していた)」というセリフからもそれが窺える。


劇中の行動

オルフェノクになった時期は不明だが、流星塾の設立の様子から数十年前の段階で既にオルフェノク化しており、スマートブレインの社長として活動する中でオルフェノクという種が短い寿命しか持たない不完全な存在である事や、その運命を変える事が出来るのはオルフェノクの王の力のみであるという事を知り、王を覚醒させようと活動していた。

その為オルフェノクの王は九死に一生を得た子供に宿るという事実を突き止め、王を探し出す為に孤児院「流星塾」を創設しているのだが、次第に流星塾の子供達に対し、父親としての愛情が芽生えていき、自身の行動に疑問を持ち始めていく。


そんな中、同窓会の日に自分や村上社長とは異なるオルフェノクの一派が流星塾のメンバーを殺害する事態が発生。しかも、その中の一人であるスロースオルフェノクの正体は、流星塾の子供の一人であった青沼で、彼は力に溺れて人間の心を失った末に、偶然居合わせた乾巧ことウルフオルフェノクに倒される形で命を落とす事になってしまった。

この経験や、長らくオルフェノクとなった人々が次々にその力に溺れて人間としての心を失っていくのを目の当たりにしていた事もあってか、最終的に花形はオルフェノクでありながらオルフェノクは滅ぶべき存在であるという事を確信するに至った。


オルフェノクを滅ぼす為、「王を守る為のベルトなら王を倒す事も出来る」という考えから3本ベルトを奪い失踪、そしてベルトを嘗ての流星塾生達に送り、彼らに王を倒すという使命を託した。

恐らくこれは彼等がオルフェノクの記号を埋め込まれている事で、人間でありながらライダーズギアを使用出来ると確信していたからであるとも思われる。


その後は、自らの正体を知られない様に地下に眠る流星塾の校舎に人知れず身を隠していた。

流星塾生がオルフェノクと戦い続ける様に仕向けると同時に彼らを陰ながらサポートしており、雅人に強化ツールのカイザポインターを渡している。同様に、西洋洗濯舗菊池にファイズブラスターを送ったのも花形だと思われる。

また、流星塾の校舎の中では、王を倒す為にファイズギアをベースにした量産型のライダーズギアであるライオトルーパーの開発を進めていた。

そして終盤で村上峡児に乗っ取られていたスマートブレインを奪還する為、木場勇治を「人間の為にオルフェノクを滅ぼせる人材」と見込んでスマートブレインの社長に推薦した。


しかし、既にオルフェノクの運命によって肉体の灰化が始まっており、最期は雅人に「これ以上変身すれば自分と同じ様に死ぬ事になる」と忠告して灰となった。直前に真理達と会う約束をしていたが、その前に灰化してしまった為約束を果たす事は出来なかった。


なお「花形が灰になって朽ちた一部始終」を目撃していたのは雅人のみで、当の雅人もその一部始終を他言する事無く命を落とした為「555」作中世界において花形の死を知る人物が居なくなり(実際、作中で花形の安否を問う者は誰一人としていなかった)、ファンの間ではこれを(良い意味で)曲解して「花形は『今でも生きている』事になっている」とネタにされる事がある。


評価

流星塾生達にとっては優しい父親であり続けた一方、地下に埋まった流星塾校舎に偶然迷い込んでしまっただけの作業員を、試作した変身ベルト(装着しても装着者にダメージを与えるだけの物)の実験台にしており、流星塾の子供達以外に対しては、相変わらず冷酷な一面も持っていたと思われる。

ただ、この当時の花形は、オルフェノクとしての寿命がかなり尽き掛けていたと思われ、迂闊に外に出て協力者を募れない状況であった事も踏まえると、ベルト完成の為に時間も無ければ手段を選んでもいられなかったと言えなくも無い。


劇中の行動から見てもカイザギアデルタギアにより塾生の殆どを死に追い込んだ事(花形は純粋にオルフェノクである為、ベルトの欠点について確認のしようが無かったとも言えるが)や、村上社長のようなオルフェノクとして生きる側を完全に否定するなど、結果的に争いを拡大させてしまっており、ファイズ内での「全ての元凶」と言える人物である(草加を演じた村上幸平氏からも脚本を見るまでは「流星塾襲撃の首謀者は花形」だと思われており、そうだった場合は花形と最後に対決して死ぬ最期を望んでいた)。


流星塾設立から暫くはオルフェノクの種族繁栄の為に王を探していた際も、劇中でバーナクルオルフェノクが九死に一生を得た子供を作り出す為に意図的にビル火災を起こしていた事もあり、彼が直接指示した訳ではないにしろ流星塾のメンバーが家族を喪った事故等を意図的に引き起こしていた可能性も否定出来ない(現に真理が家族を失ったのも火災である)。


しかし、それでも流星塾生達に対する愛情に関してだけは本物であり、自分がベルトを送ってしまった事で流星塾生達に過酷な運命を背負わせてしまった事を深く後悔し、自分の最期には雅人に生きる様に伝える等、最後まで子供達に対する良心は持ち合わせていた。


漫画『仮面ライダー913

フルネームは花形秀一(はながた しゅういち、最終話『花形の理想』で判明)。基本的には原作と同様。流星塾以外にも明星塾等、同様の養護施設を日本全国に創設していた。村上の弁によれば、その理由は「オルフェノクになる可能性の持ち主を捜す為」だという。明星塾出身者である野々村桔梗もまた、花形の慈善行為を否定して、流星塾や明星塾について「オルフェノクを人工的に作り出す為の実験場」「オルフェノクを増やしてオルフェノクによる世界支配を実現させる事が花形の理想」と語っている。更に花形を「この世に生まれた最初のオルフェノク」と言い、自身を「花形の実の娘」と名乗っている。


関連項目

仮面ライダー555

ゴートオルフェノク スマートブレイン 流星塾 父親

草加雅人 園田真理 阿部里奈 三原修二 木村沙耶

嘉挧中の人繋がり

プロフェッサーX:恐らくキャラクターのモデルになったと思われる人物

関連記事

親記事

流星塾 りゅうせいじゅく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました