ピクシブ百科事典

ライオトルーパー

らいおとるーぱー

ライオトルーパーは、『仮面ライダー555』に登場したライダーである。
目次[非表示]

概要

TV版終盤および劇場版パラダイス・ロスト』に登場した、いわば「量産型ファイズ」ともいえるライダー。

ちなみに、名前の由来は「RIOT」と「TOROOPER」を組み合わせた所謂造語であり、「RIOT」は「(集団による)暴動・騒乱」を意味するが、形容詞として「暴動を鎮圧するための~」という意味もある。意訳すると「暴徒鎮圧のための騎兵」といったところか。

生産性が重視されているため1体1体の性能はファイズらには及ばないが、数の優位を活かしてフォーメーションを組んで戦う事で、敵を圧倒する。劇場版では(設定上)1万人のライオトルーパーによる大部隊が存在する。

変身に関しては、他のライダーのような変身時に携帯電話をセットするギミックは廃止され、立ててあるバックルを倒して変身する。

装着者はほぼ全員が名無しのオルフェノクで、名前のある装着者といえば木場勇治からこれを譲り受けた海堂直也くらいのもの。

武装、そして後述する専用バイクのグリップ及び始動キーを兼ねる「アクセレイガン」。専用バイクとして「ジャイロアタッカー」を有し、「トルーパー」の名のとおり、騎兵のようにバイクを駆って戦う場面も多い。

なお、劇中で花形は、オルフェノクでは無い普通の人間達を使って変身の実験を行っていたが、いずれも失敗して実験体になった人間達は灰化してしまっている。花形がオルフェノクが滅ぶべき存在であると認識していた事や、フォトンブラッドが使用されていない事からも、ライオトルーパーは本来、「オルフェノクでは無い普通の人間が、オルフェノクに対抗する為に生み出されたギア」である可能性もある。

仮面ライダーディケイド』にも登場。ディエンドが所持するライオトルーパーズのカードをカメンライドすることで、一度に三体召喚される。最終章である完結編では小野寺ユウスケに率いられた無数のライオトルーパーが「世界の破壊者」となった門矢士を襲撃している。

pixivでもその多さを表現するために1体を描き上げた後、コピー&ペーストで量産されることが多い。
なお、主人公ライダーが数の暴力を行使するとこうなる

関連イラスト

555
今週のディケイドゥ



関連タグ

仮面ライダーライオトルーパー - 表記揺れ

仮面ライダー555
仮面ライダーディケイド 仮面ライダーディエンド
戦闘員
仮面ライダーメイジ 黒影トルーパー - 量産型仮面ライダー繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「ライオトルーパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135003

コメント