ピクシブ百科事典

量産型ライダー

りょうさんがたらいだー

量産型ライダーとは、『仮面ライダーシリーズ』において、その名の通り量産されている仮面ライダーのことである。
目次[非表示]

概要

さまざまな目的のために主役ライダーと同様の変身アイテムを大量に仕立てて量産した仮面ライダー
古くはショッカーライダーが該当するが、多く取り上げられるのは平成ライダーにおいてである。

装備はそのほとんどが軽装で、一体の戦闘力は弱く(一部例外あり)、一人で行動できるライダーより大きく劣るが、そこもチームワークでカバーする。
一人で登場したライダーが量産化されたこともあれば、量産化されたライダーが一人で登場することもある。
量産の定義、また量産予定の試作品ということもあるため、厳密に量産型といえるかは個人の解釈によるところが大きい。
更に、名前に「仮面ライダー」が入っていないこともある。

また、小説版や外伝といったパラレル要素がある作品ではオンリーワンだったはずの仮面ライダーが量産化して登場するなんてこともある。

映像作品において、
一般人が変身することができるのは劇場版におけるメイジ(ただし、この作品での一般人はほぼ全員魔力を持っていた=変身資格が基本的に備わっている世界での話)。
道具さえあれば正真正銘誰でも変身できるのは黒影トルーパー。
実際に作中で一般人(そしてそのほとんどがモブ)が変身したのはライドプレイヤー。
となっている。

なお、ゼクトルーパーは大量に量産こそされているがライダー扱いはされていない(作中の仮面ライダーとはシステムそのものが異なり、作中や関連書籍でも仮面ライダー扱いされていない)。

一覧

詳細は各ライダーのリンクを参照のこと。

ショッカーライダー

SHOCKER RIDER


登場作品:仮面ライダー、他
ショッカー(あるいはゲルショッカー)によって作られた初の量産型ライダー。
登場する作品にもよるが6~11人のチームで行動する(6人はTV版の人数、11人はダブルライダーを足すことで漫画版の13人の仮面ライダーとなる。以降の作品ではこのどちらかに倣っていることが多い)。
特に仮面ライダーTHENEXTのものは作中の様子を見るに、欠けても補充可能なほどの量産が行われている。
性能はオリジナルと同様、あるいは更に武装が与えられているが、本郷猛たちの素質や経験の差、ダブルライダーの連携の前に敗れることが多い。
偽ライダーなためTV版のものは仮面ライダーでなく、怪人と同一の扱いを受けることも多い。

仮面ライダー2号

仮面ライダー 旧2号


登場作品:仮面ライダー、他
主役ライダーの一人ではあるが、
漫画版HEROSAGA新仮面ライダーSPIRITSなどにおいては彼もショッカーライダー、あるいは複数作られた新たな仮面ライダーの一人である。
その点で言えば彼は量産型でありながらも主人公という珍しい立ち位置になる。

G3マイルド

G3


登場作品:仮面ライダーアギト
仮面ライダーG3の量産試作品。直接的な戦闘ではなく支援を目的とされておりスペックは低い。
量産されたかは不明だが、本編内ではG5という後継機が登場したことが示され、小説版ではオリジナルのG3そのものが量産されている。

オルタナティブ

オルタナティブ


登場作品:仮面ライダー龍騎
作中ではプロトタイプオルタナティブ・ゼロを含めて二人のみ。
ただし、HEROSAGAの設定では、香川英行神崎士郎13ライダーへの対策としてゼロを含めた13体を用意していた。
TV本編では強力な戦士で、スペックは強化フォームであるサバイブに近いはずだが、HEROSAGA作中での活躍は量産型の悲哀か、仮面ライダーリュウガの引き立て役である。
なお、擬似ライダーと呼ばれる存在で厳密には仮面ライダーに含まれない。

ライオトルーパー

ガンダム外伝風カード「ライオトルーパー(仮面ライダー555)」


登場作品:仮面ライダー555
パラダイス・ロストでは設定上1万人存在しており、明確に設定されている人数では最多となる量産型仮面ライダー(TV本編では6人)。
コスト削減のためフォトンブラッドなどの各種機能はオミットされ、性能は低いというお約束が再現されている。
一方で劇場版や仮面ライダーディケイドでは他の555ライダーの専用装備や専用ビークルを使用している場面もある。

仮面ライダーカイザ

913


登場作品:仮面ライダー555正伝 異形の花々、及び小説版
異形の花々ではTV本編でも変身する草加雅人を含めた3人。それに後日談を含んだ小説版では更なる増産が行われ、オルフェノク狩りを行っている。
怪人を倒す人類の味方である量産型ライダーの一つと言えるが、過剰な暴力行為や疑いの時点でも行動を起こすなどオルフェノクが元人間ということを差し引いてもとんでもない過激な集団と化している。

仮面ライダーイクサ

イクサvsキバ


登場作品:小説仮面ライダーキバ
TV本編では一体だけだが、小説ではファンガイアへの対抗手段として量産されている。
姿はTVでいうバーストモード固定。
また、作中では量産型でありながらそのうちの一人は特集な立ち位置となっている。

仮面ライダーメイジ

仮面ライダーメイジ


登場作品:仮面ライダーウィザード
inマジックランドにおいてはほとんどの住民が魔力を持つため変身可能である。
TV本編においては、稲森真由飯島譲山本昌宏の3人が変身。こちらは変身条件そのものは厳しいが白い魔法使いによって量産されたと言えなくもない。
性能はウィザードよりも低いものの、魔法はウィザードや白い魔法使いと同じものが使える。
変身者が強くなることで幹部クラスや強化形態と同等の実力を持つようにもなる。

黒影トルーパー

黒影 トルーパーカード


登場作品:仮面ライダー鎧武
鎧武に登場するアーマードライダーの一人である仮面ライダー黒影の量産品で、差異はベルトのみ。
製造元のユグドラシル・コーポレーションが使っていることもあって各種装備などを潤沢に使っているが、作中での活躍は戦闘員ポジションである初級インベスと張り合うくらいいまいち(複数人でかかっても仕留めきれないことが大半だが難なく倒したこともある)。
一応、統率がとれていれば戦果を挙げることもある。
後日談では流出しており、誰にでも変身できる点が悪用され、テロ犯罪に利用されているため、アーマードライダーたちが破壊や回収を行っている。

量産型マッハ

15冬カウントダウン01


登場作品:仮面ライダードライブ
仮面ライダーマッハの量産試作品で一人登場(ファイナルステージでも登場し別の人物が変身したが量産されたかは不明)。
戦果は芳しくない(というか出オチ要員に近い)。
少なくとも一度は不具合が発生したために量産を見送られている。

仮面ライダーダークネクロム

仮面ライダーダークネクロム


登場作品:仮面ライダーゴースト
100の眼魂とゴースト運命の瞬間では三人、TV本編では一人登場。
それぞれ共通の身体に違う色のパーツを持ち、その色の名前もしくは頭文字が名前の後につく命名法則となっている。
登場したのはレッド、ブルー、イエロー、ピンク。
スペックはネクロムと比較して高くはないが、ゴーストチェンジは行うことができる。
姿の酷似した仮面ライダーネクロム、ダークネクロム同様、プロトメガウルオウダーを使いゴーストチェンジを行える幹部クラスの眼魔スペリオル・パーフェクトとの具体的な関係性は何気に不明である。

ライドプレイヤー

エグゼイドまとめ6


登場作品:仮面ライダーエグゼイド
仮面ライダークロニクルを購入者することで変身できるため、具体的な人数は不明だが多くの一般人が変身した。
基本的なスペックはエグゼイドに登場するライダーの基本フォームに劣るが、ゲームということで個人のカスタマイズ、及び本人の技量、更にレベルによって変化し、天才ゲーマーである西馬ニコが使用したライドプレイヤーニコ中間フォームに匹敵する強さとなっている。

関連タグ

平成ライダー 平成一期 平成二期

pixivに投稿された作品 pixivで「量産型ライダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28925

コメント