ピクシブ百科事典

0号ライダー

ぜろごうらいだー

0号ライダーとは、設定上では主人公ライダーたちよりも前に活動していたとされている仮面ライダーの事。公式分類ではなく、ファン間の通称という扱い。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーシリーズにおける非公式の一部仮面ライダーの分け方。

仮面ライダーシリーズにおいては、主人公ライダーが「1号ライダー」で途中から仲間になるライダーを「2号ライダー」と呼ぶことが多い。
これは初代仮面ライダーで主人公ライダーが「仮面ライダー1号」であり中盤から「仮面ライダー2号」が仲間になった(主人公交代に近いが、1号がその後復帰している)事に由来する呼称で、複数の仮面ライダーがレギュラー登場する平成ライダーで主に使われる。
その流れで、「主人公が仮面ライダーになるより前に仮面ライダーとして誕生していた戦士」あるいは「時系列で並べた時最初の仮面ライダー」を「1号より前のライダー」として0号と分けた呼び方である。

単純に数えるなら1号として数えられるが、公式でも使われる1号、2号や主にファンの間で使われる3号、4号同様、特殊な数え方として使われている。
ただし、ファンの間でも浸透してるとは言い難い呼び方である点は注意(検索数等で差があることがわかる)。
これは主人公以前に活躍していた仮面ライダーは作品内の立ち位置が2号などになることが多いためファンの間でも数え方としてそちらが優先される、
数える際に単純に順番通り1号ライダーと捉えられることがある、
0号ライダーの呼び方を使う機会が少ない(後述のようにプロトタイプ等である程度説明がつく)
仮面ライダー龍騎仮面ライダー響鬼のように1号ライダー(主人公)以前に活躍した上で一番最初が誰か判明してない作品がある
等の理由が考えられる。

0号ライダーとされる仮面ライダーの特徴としてはプロトタイプやシステムの元になった仮面ライダーが多い。

ちなみに公式では「主人公ライダー」「サブライダー」くらいの分け方で、厳密なナンバリングはされていない。

主な0号ライダー

仮面ライダーBLACKRX
作品自体平成0号ライダーと言える。詳細はクォーツァー及び仮面ライダーバールクスを参照。

クウガ・プロトタイプ(小説仮面ライダークウガ)
五代雄介が変身するクウガより前に造られた戦士。凄まじいパワーを持つが、心の闇を容易く増幅させ凄まじき戦士へと変貌させる重大な欠点を持つ。

仮面ライダーナイト(仮面ライダー龍騎)
総数の多さもあって時系列上の変身順は不明な部分も多いが、少なくともナイトは龍騎より早くから活動している。
2号ライダーとしてカウントされることが多い。
また、龍騎以前に活動していた仮面ライダーは本作では少なくない。

仮面ライダーデルタ(仮面ライダー555)
スマートブレインが最初に開発したライダーズギア。そのため、開発順で言えばファイズギアよりもデルタギアの方が早い。
登場順の都合で3号ライダーとして数えられることが多い。

仮面ライダーカリス(仮面ライダー剣)
BOARDによるライダーシステム開発前から存在している、という意味で0号とされる。
但しカリスは正確にいうとライダーではなくアンデッドジョーカーであり、また1号(=主人公)であるブレイドよりギャレンの方が先にシステムを使用しているのでこっちが0号だという説もある。
カリスもギャレンも公式で2号ライダーとして扱われたことが何度かある。

仮面ライダーダークカブト(仮面ライダーカブト)
ZECTカブトの試作型として最初期に開発したマスクドライダーシステム。そのため、マスクドライダーシステム第0号とも言える。

仮面ライダーサガ(仮面ライダーキバ)
古の時代にてファンガイアが開発した最初期型の鎧。チェックメイトフォーの初代キングがこれを装着し、様々な種族を絶滅に追いやったとされている。
3号ライダーとして数えられる事が多い。

仮面ライダースカル(仮面ライダーW)
風都で一番最初に誕生した仮面ライダー。ダブルが誕生するまでの間、ドーパントによる被害から風都を人知れず守り続けていた。

白い魔法使い(仮面ライダーウィザード)
操真晴人ウィザードの力を与え、たびたび現れては彼を支援していた謎の魔法使い。ウィザードよりも前から活動を開始していたため、彼を0号ライダーとする声もある。

仮面ライダー斬月(仮面ライダー鎧武)
作中設定では一番早くから存在していた仮面ライダー。鎧武よりも前からユグドラシルの職員として活動しており、また戦闘経験の差もあって鎧武を圧倒する力を見せつけた。
4号ライダーとして数えられる事が多い。

仮面ライダープロトドライブ(仮面ライダードライブ)
グローバルフリーズの際にロイミュードと戦い、自らも力尽きながらこれを鎮圧した試作型ドライブ。その後魔進チェイサーとして修復され、更に仮面ライダーチェイサーになっている。そのため0号ライダーにして3号ライダー、と経歴は複雑。
またドライブには「仮面ライダーゼロドライブ」という試作型システムも存在するが、こちらは劇場版限定ライダーということもあり扱いが未確定。

仮面ライダーアマゾンアルファ(仮面ライダーアマゾンズ)
事故であったとはいえアマゾンを街中に開放してしまった責任感を感じ、自身にアマゾン細胞を植え付けて自らアマゾンとなり、覚醒し暴走してしまったアマゾンの駆除を行っていた。他のアマゾンとは違い人間の体に細胞を埋め込んだでいるため暴走の危険性はなくレジスターは不要だが、半アマゾンのような存在だからか覚醒を感知するのは難しいらしい。ちなみに彼の目的は全アマゾンの駆逐であるため、水澤悠マモルも含まれている。
基本的には2号ライダー扱いされる事が多いが、主人公の水澤悠よりも前からライダーとして活動していた為記載。

仮面ライダースペクター(仮面ライダーゴースト)
ゴーストより先にライダーの力を得ていた為記載。
2号ライダーとして数えられる事が多い。

仮面ライダースナイプ(プロトスナイプ)(仮面ライダーエグゼイド)
幻夢コーポレーションが一番最初に開発した仮面ライダー。ゼロデイ発生後、次々と発生するバグスターと一人で戦い続けてきた。とある出来事から医師免許とライダーの資格を剥奪されてしまうが、それから5年後の本編にて再びスナイプとしての活動を再開した。
本編で変身したスナイプは3号ライダーとして数えられる事が多い。

仮面ライダーエボル(仮面ライダービルド)
ビルドドライバーの原型エボルドライバーを使って変身する仮面ライダー。ビルドよりも登場はかなり後だがドライバーの原型なだけあってビルドが誕生するよりも遥か昔から活動しており、宇宙にある様々な惑星を破壊して回っていた。また、スクラッシュドライバーを初めて使って変身したライダーという意味ではグリスも0号ライダーにカウントされるかもしれない。

仮面ライダー滅(仮面ライダーゼロワン)
敵組織首領格が変身するダークライダー第1話開始以前から活動していた。

※その他の0号についても記述を歓迎します。

余談

公式とはまた違うが原作者の石ノ森章太郎原点回帰を掲げた新しいライダーをデザインする際、デザイン画に「0号」や「0号ライダー」と書いている。
主にBLACKシンが0号ライダーと呼ばれる。

関連

仮面ライダー 平成ライダー サブライダー
1号ライダー 2号ライダー 3号ライダー 4号ライダー
プロトタイプ
零号機

関連記事

親記事

サブライダー さぶらいだー

兄弟記事

コメント