ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「だったら俺は俺も許さない。俺は…俺の悪を断つ!」


「カブト!」


『Deal』


「変身!」


『Bane Up!』


『破壊!(Break)』

『世界!(Broke)』

『奇々怪々!(Broken)』


『仮面ライダーベイル!』


CV:和田雅成/津田健次郎

スーツアクター:小森拓真


変身者

白波純平五十嵐元太

ベイル(憑依)


概要

仮面ライダーリバイス』に登場する仮面ライダー第25話に登場。

圧倒的な力量を誇るが変身者に多大な負担を強いるため、本編では一度しか登場しなかった。


『リバイス』本編の25年前において最初期に開発されたベイルドライバーとカブトバイスタンプで変身する全ライダーのアーキタイプに相当する存在であり、軍事兵器としての利用を目的として開発された。

この時はスペックは現在ほど高くなかったのか、肉体を傷つけずにパンチやキックが可能であったため肉弾戦が主な悪魔と呼ばれる程凶暴な戦闘スタイルをとっていた。

過去の変身者は白波純平だったが、本編では彼に憑依したベイルが変身者となっている。


変身時にはバイスタンプを「バイスタンプパッド」に押印して承認させた後「アーキオーインジェクター」に押印することで金色のカブトムシがドライバーから現れ周囲を旋回し、背には鼓動のような赤い光が瞬き、それと同時に赤い目がついた赤黒い闇が出現して一気に呑み込まれるとスーツが形成・変身が完了する。

悪魔由来の演出なのか、リバイスレガシーにてベイルが抜け出した時には赤黒い闇は出現していない。


バイスタンプの押印はベイルは普通に押し込むが、純平は切腹するかのように押し込むのが特徴。


他のライダーと異なり「○○ゲノム」などの名称はつかない。


外見

仮面ライダーベイル

軍事兵器としてのコンセプトからか、全体的に将校の軍服にも見えるようなミリタリー風のデザインが特徴的。

加えてカブトムシが右肩から抱き着いているかのような意匠が特徴であり、カブトムシの翅にあたる部分が肩から伸びる半透明の外套、歩脚にあたる部分は肩から胸に伸びる飾り糸、複眼にあたる部分はガスマスク状呼吸装置「ダイナスティニーラング」、そして角にあたる部分は左側頭部のレーダーユニット「ダイナスティニーディスターブ」を形成している。

変身直後にはこのダイナスティニースターブが仮面ライダーカブト仮面ライダーガタックキャストオフ直後のように起き上がるのが特徴。


頭部の複眼「ベイルコンパウンドアイ」はかつてベイルが幽閉されていたデモンズドライバーで変身する仮面ライダーデモンズに似ているが、ダイナスティニーラングに繋がるチューブが左頬から出ているため顔半分からパイプが露出した無骨な造形でさながら呼吸器を付けているようにも見える。


スペック

身長202.0cm
体重96.2kg
パンチ力72.1t
キック力141.5t
ジャンプ力63.4m(ひと跳び)
走力1.0秒(100m)

最初期に開発されたライダーシステムでありながら現代にまで開発された仮面ライダーの中でも飛びぬけて高いスペックを誇る。仮面ライダージャックリバイスを更に上回り、登場時点のリバイスの中では頭一つ抜けた数値。後に登場する仮面ライダーホーリーライブ仮面ライダーリバイスと比べてもジャンプ力以外の全数値で勝っている程であり、仮面ライダーアルティメットリバイ/仮面ライダーアルティメットバイス仮面ライダーエビリティライブと言った最強形態が登場するまで劇中最高の総合スペックを維持していた驚異的な数値である(というか走力だけならエビリティライブよりも高い)。


カブトムシの遺伝子情報による強固な装甲に加えてツノを用いた刺突を連想させる、速射性に特化したパンチやキックを用いた徒手空拳による戦闘を行う。

ドライバーから展開された「アーキゲノマッスル」により人間の限界を超越した身体能力を獲得。しかし限界を超えているだけあって「体重の600倍の重量を支えるが骨格にダメージを伴う」「毎秒50発もの打撃を繰り出すが最悪腕が自壊する」等変身者への負担も甚大で、実際の戦闘では打撃を直撃させずに衝撃波(拳圧)でダメージを与えている(先述のように過去の戦闘では直接打撃を与えている)。


また胸部装甲「ダイナスティニーブレスト」は変身者の心臓とダイレクトリンクして悪魔を制御する特殊機構であり、それと関連してなのかベイル/元太が変身する際心臓に手を当て、心臓が形成される様な描写と共に変身している。


赤黒い念動力のようなエネルギーを操り、相手を触れずに吹き飛ばしたり接触部位から対象を破裂させる事も可能。


このように極めて強大な力を誇るが、ドライバー内でシステムとして幽閉された悪魔が抜け出してしまった場合その性能は著しく低下してしまう。ベイル曰く「ただの重たい鎧」で開発者である狩崎真澄も「ドライバーに悪魔を常駐させる必要があった」と述べている。

また、後継モデルであるデモンズと異なりゲノミクスチェンジは実装されていない。


使用アイテム

変身ベルト。デモンズドライバーと酷似しているが、デモンズドライバーのデモンズノックに相当する部分のデザインが異なる。


変身、必殺技に使用。


ベルト両サイドに装備しているストックアイテム。

右側の物をカブトバイスタンプ保持に使用。


必殺技

  • ベイリングインパクト

『Charge』

『ベイリングインパクト!』


変身後にアーキオーインジェクターにカブトバイスタンプを押印、ベイリングノックを押し込み発動する必殺技。周囲の被害を想定しない威力を誇り、これによりかつての仮面ライダーベイルは「悪魔」と呼ばれ、恐れられるに至った。

なお、公式サイトでは『ベイリングフィニッシュ』と記載されている。


右手のみで超高速の連続パンチを放ち、拳圧を相手に叩きこみ、ラストに赤黒いエネルギーを帯びたストレートの衝撃波でトドメを刺す(初登場回ではギフテリアンをビルの外壁に追い詰めて放ち、その衝撃波でビルの全ての窓ガラスを粉砕した)。

赤黒いエネルギーを纏ったシンプルなストレートパンチ。

横から飛んでくるカブトムシのエフェクトの角に合わせて回し蹴り。

の三パターンを披露している。


  • ベイリングノヴァ

『Charge』

『ベイリングノヴァ!』


『リバイスレガシー』最終話で使用された。

発動手順はベイリングインパクトと同様だが、何か条件があるのかは不明。

劇中では2パターン披露され、カブトムシ型のエフェクトと共に連続で殴りつけた他、後ろ回し蹴りの要領で強烈なキックを叩き込む。

とある事情から大幅に弱体化していたにもかかわらず、目の前に立ち塞がる脅威に対して致命打を負わせた。

  • DXベイルドライバーではベイル解放後に上述の手順を行うと発動する(ベイル解放はノック長押しで行う)。

カブトバイスタンプ

甲虫印

カブト!


昆虫王者「カブトムシ」の力と令和ライダー3作目の5人目のライダー「仮面ライダーベイル」の意匠をモチーフにしたバイスタンプ。

カラーはベイルのマスク部分がブラック、カブト部分がワインレッドとなっている。


演じた人物


余談

  • 変身ポーズはベイル憑依時や現代でのもの以外、切腹よろしくバイスタンプを両手で持ちドライバーのオーインジェクターに押すもの。


  • ベイルのシステムは後に発展、改良されてデモンズシステムとなるが、デモンズシステムの先駆けがベイルシステムであることを裏付けるように発展後のデモンズ、オーバーデモンズはベイルの変身時に右半身にカブトムシが抱きつくようにして装甲に変化するのと同様、変身時に右肩に蜘蛛(クワガタ)が張り付いており、目の形状も酷似している。

  • 公式サイトでのバイスタンプは「①令和ライダーレリーフ+レックス」「②平成ライダーレリーフ」「③昭和ライダーレリーフ」「④リバイスのサブライダー」「⑤強化フォーム用スタンプ等」に分けられているが、何故かカブトバイスタンプは一時期②のマンモスバイスタンププテラバイスタンプの間に入っていた。これだとカブトバイスタンプのレリーフが「ブレイド」「響鬼」「カブト」のいずれかと言うことになってしまうが、ちゃんとレリーフはベイルである。加えて「■カブトバイスタンプ」と頭に記号がついており、名実ともに特殊仕様状態になっていた。恐らくは「カブト」の部分で間違えて記載されてしまったのだと思われる。
    • その後、第33話において響鬼をモチーフとしたハシビロコウバイスタンプが追加されたことを受けてしっかり「④」の位置に移され、記号も削除されている。
  • 純粋なカブトムシモチーフのライダーは仮面ライダーカブト以来16年ぶりである。
  • アンダースーツは恐らく仮面ライダー4号のスーツからサイドラインを取って流用したもの。その後、アーマーは仮面ライダーオーバーデモンズに流用された。
  • 変身音の内容からベイル初登場回の1週間前に最終カイ!を華々しく迎えたばかりである機界戦隊ゼンカイジャーの第1カイ!目のサブタイトル「キカイ世界はキキカイカイ!」とその敵側の兵士であるハカイザーを連想した人が続出した。
    • 奇しくも、ハカイザーも主人公父親が変身、結果的にだが敵対する戦士であった(あちらは装着する装甲による洗脳でこっちは悪魔が乗っ取りと似て非なるものになっている)。
    • その他にも中の人繋がりや、津田健二郎が3つの単語を並べているまたは韻を踏んでいるということで『遊戯王』の登場人物である海馬瀬人の名台詞強靭!無敵!最強!や海馬とCVが同じカイバーマンの名台詞粉砕!玉砕!大喝采!を連想する人もいた(案の定と言うべきか、youtubeではデモンズやベイル変身音と海馬の台詞を掛け合わせた音MADも出てきた)。


  • 変身音声はデモンズドライバーではベイルが英語、合いの手が日本語だったのに対してこちらはベイルが日本語、合いの手が英語と逆転している。
  • 暴太郎戦隊ドンブラザーズ』ドン18話にて桃井タロウが(騙される形だったとはいえ) 子供の頃に飼っていたカブトムシが帰ってきたと言われて必死に探すシーンがあり、そのことから一部のファンから「カブトムシのギイちゃん」ならぬ「カブトムシのベイちゃん」と呼ばれていたことも。

関連タグ

仮面ライダーリバイス ベイル(仮面ライダーリバイス)

仮面ライダー一覧 サブライダー ダークライダー

0号ライダー 声優ライダー 父親ライダー 乗っ取りフォーム

ブラウンヒーロー

ライダーシステム(リバイス)

配信限定フォーム/ライダー:TVシリーズでは一度顔見せした程度なので、実質的にこれに該当する。


関連・類似キャラクター


外部リンク

仮面ライダーベイル|仮面ライダーリバイス|テレビ朝日

仮面ライダーベイル | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

ベイルドライバー べいるどらいばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 366749

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました