ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「変身!」


『Open Up』


「誰でも、運命と戦うことはできるはずです…!! 違いますか!?」


CV:北条隆博

スーツアクター:岡元次郎


変身者

上城睦月


概要

仮面ライダー剣』に登場する仮面ライダーの一人。

伊坂ピーコックアンデッド)がバトルファイトで勝ち残るため、自らの能力であるマインドコントロールによって烏丸啓を初めとする元BOARD研究者を利用し製作させたライダーシステム。ラウズカードのスートはクラブ(♣︎)

後述する「リモート」の効果で、封印されたアンデッドを解放し、使役して敵を襲わせる戦法を得意とする。伊坂が封印された後も、カードと化したスパイダーアンデッドが変身者の精神に働きかける事で、人間を襲わせたりアンデッドを解放させたりしていた。


変身者

メイン変身者は高校生上城睦月

睦月は仮面ライダーシリーズでは初の現役高校生が変身する仮面ライダーでもある。

なお、本作以降においては、『仮面ライダーディケイド』の尾上タクミや『仮面ライダーフォーゼ』の如月弦太朗などが登場している。



睦月の他に元BOARD職員・桐生豪が変身した事がある。

この2人は封印されたスパイダーアンデッド自身が、自分に適合できる人間として選定した人物である。


また、事故ではあったが剣崎一真も一瞬だけレンゲルに変身しかけた事がある。それもベルトを装着しない状態で、虎太郎が落としたベルトから出たスピリチアエレメントに触れる形で変身したものの、剣崎はレンゲルの力に適合できずに、即座に変身が解除されている(ファンの間では剣崎の融合係数が高すぎて逆に呑み込まれると判断したスパイダーアンデッドが変身を拒否したという説が語られている)。


外見

ボディスーツは、アーマーは金色複眼を基調とする。頭部が蜘蛛クローバーを模している。

ブレイドギャレンとは異なり、スーツの名称は「〇〇アーマー」ではなく「レンゲルクロス」


スペック

身長205cm
体重111kg
パンチ力300AP(3.0t)
キック力490AP(4.9t)
ジャンプ力ひと跳び30m
走力100mを5秒
視力 「ジェネラルスコープ」で1000倍ズーム機能・透視機能を持つ
聴力「ソナーピボット」で10km先の針が落ちる音を聞き分ける

ライダーシステムの中でも1番の新型というだけあって、パンチ力・キック力・走力はノーマルフォームのブレイドとギャレンを上回る。

視力・聴力はブレイドとギャレンの2倍の性能を誇り、聴力に至ってはブレイド キングフォームと同等


格の違いを示すかのように全身は神秘の超金属「スピリチアエメラルド」製の金色と緑色の装甲で覆われており(ブレイドとギャレンのジャックフォームの金色の装甲は「ディアマンテゴールド」製)、頭部と胸部の装甲である「エメラルドシェル」と「ブレッシングシールド」は不可視のシールドで防護されている。


  • カイザーストーン

胸部にあるクローバーを模した3つの丸いパーツ。装着者の闘争心を高める。


  • スパイダー・スピリチア

額の部分にある3つの丸いパーツ。装着者に「蜘蛛の意志」を注入する。


  • スピリチアリグレット

二の腕部分と太腿部分にあるリング状のパーツ。怒りや憎しみのエネルギーで腕力を高める。


などの危険な機能を搭載しており、普通の高校生だった睦月(トラウマ持ち)が呑み込まれてしまうのも無理からぬ話である。


ちなみに劇場版『MISSING ACE』では、変身に使用する♣︎A「チェンジスパイダー」の絵柄は完全封印した場合の再封印版ではなかったが、特にスパイダーアンデッドに精神を支配されることなく睦月は制御できていた(TV本編の再封印回以前に撮影・公開されたために再封印版の絵柄ではなかっただけで、完全に封印できていた可能性もある)。


ツール

レンゲルバックル

レンゲルの変身アイテム。

♣︎A「チェンジスパイダー」のカードを装填しバックル中央部を展開すると「OPEN UP」の音声とともに「スピリチア・エレメント」というエネルギースクリーンが出現。自動的に後退するスクリーンを通過することで、身体にレンゲルクロスが生成され変身が完了する。

バックルの形状・変身手順はブレイドやギャレンと異なっており、この形式は劇場版に登場するグレイブラルクランスのバックルに引き継がれている。


スパイダーアンデッドが完全封印されるまでは事実上の彼の身体として機能しており、剣崎らの手で保管されていたのにもかかわらず、明らかに瞬間移動したとしか思えない能力で適合者の元に現れている。


醒杖レンゲルラウザー

ラウズカード覚醒機能を持つ錫杖型の専用武器。先端にクローバーを模した3枚の刃が付いており、後端の石突部分でカードをラウズする。

ブレイラウザーギャレンラウザーのようなカード収納機能(オープントレイ)は無く、カードはカリスと同様にベルト付属のケース「ラウズ・バンク」へ収納する。

初期能力値は6000AP。


ラウズカード

アンデッドが封印されたカード。レンゲルは基本的にクラブのカードを扱う。

カテゴリーカード名称アンデッド名称効果・備考入手回
♣︎Aチェンジスパイダースパイダーアンデッドレンゲルバックルと合わせて変身に使用される。再封印時には絵柄が変化した(第42話)初期所持
♣︎2スタッブビービーアンデッド(未登場)武器の鋭さを高める(未使用)初期所持
♣︎3スクリューモールモールアンデッドパンチや武器を高速回転させる第23話
♣︎4ラッシュライノスライノスアンデッド突きを強化する初期所持
♣︎5バイトコブラコブラアンデッド(未登場)挟み蹴りを強化する初期所持
♣︎6ブリザードポーラーポーラーベアアンデッド(未登場)吹雪を起こす、攻撃に氷属性を加える初期所持
♣︎7ゲルジェリーフィッシュジェリーフィッシュアンデッド液化効果(※)を持つ(未使用)第35話
♣︎8ポイズンスコーピオンスコーピオンアンデッドティターンの一部として登場)猛毒を生成する第44話
♣︎9スモッグスキッドスキッドアンデッド煙幕を張る初期所持
♣︎10リモートテイピアテイピアアンデッド(未登場)カードに封印されているアンデッドを解放する初期所持
♣︎Jフュージョンエレファントエレファントアンデッドライダーと融合する第45話
♣︎Qアブゾーブタイガータイガーアンデッドカードの能力を取り込む第42話
♣︎Kエボリューションタランチュラタランチュラアンデッドライダーを進化させる第28話

※ 効果の対象は媒体によって異なる。

  • 物を液化させる(『仮面ライダーブレイド超全集』)
  • 身体を液状化し、狭い隙間をすり抜けたり、攻撃を無力化する(『ラウズカード DXトランプボックス』付属のラウズカード解説書、『仮面ライダーブレイド・ハイブリットファイル』)
  • 物体を液化させ、攻撃を無効化する(『仮面ライダー図鑑』)

単体技

使用カード技名能力値備考
♣︎4ライノスラッシュ800AP突進してレンゲルラウザーで突く。第42話で使用。
♣︎6ポーラーブリザード1200AP吹雪を発生させる。
♣︎9スキッドスモッグ2000APレンゲルラウザーから煙幕を噴射し敵の視界を奪う。第42話で使用。
♣︎10テイピアリモート2200AP他のラウズカードに封印されているアンデッドを解放して操る。バトルファイトの勝者が決まると使用できなくなる。
♥4ドラゴンフライフロート1000AP空中を浮遊する。劇場版で使用。

コンボ技

基本的攻撃エネルギーは、♣︎6「ブリザードポーラー」による吹雪

使用カード技名能力値備考
♣︎3+♣︎4スクリューラッシュ1400AP高速回転するレンゲルラウザーで突く。第39話で使用。ラウザーから技名の音声は鳴らない。
♣︎3+♣︎6ブリザードゲイル1800AP突き出した拳から吹雪を噴出して敵を凍らせる。第35話で使用。ゲーム版では、冷気を纏ったコークスクリューパンチを繰り出す。
♣︎5+♣︎6ブリザードクラッシュ2400AP足から吹雪を噴出しながら両足で挟み込むように蹴る。
♣︎4+♣︎6+♣︎8ブリザードベノム3800AP吹雪を噴出しながらレンゲルラウザーで突き、猛毒を流し込む。
♥4+♥5+♥6スピニングダンス3600APカリスの技と同様。玩具の仕様に合わせたのか、技名はラウザーの音声ではなくレンゲルによる自己申告である。

フォームチェンジ

ジャックフォーム

ラウズアブゾーバーに♣︎Q「アブゾーブタイガー」を装填し、♣︎J「フュージョンエレファント」をラウズすることでレンゲルがフォームチェンジする強化形態。

TV本編では未登場であったが、雑誌『ホビージャパン」にて連載された「S.I.C HERO SAGA」の一編「SPECIAL EDITION -FOUR CARDS-」で登場。誌上において作例と設定が公開された。


キングフォーム

ラウズアブゾーバーに♣︎Q「アブゾーブタイガー」を装填し、♣︎K「エボリューションタランチュラ」をラウズすることでフォームチェンジする最強形態。


「ブレイド…俺のキングフォームを見ろ…」


TV本編の第42話では、自ら封印された城光(タイガーアンデッド)が残したラウズアブゾーバー(城が橘から借りたもの)を使ってキングフォームになろうとしたが、♣︎Kのカードをラウズしたことで嶋昇(タランチュラアンデッド)が睦月からスパイダーアンデッドを分離させることに成功し、フォームチェンジは失敗。変身が解除された睦月はタランチュラアンデッドの力を借りて戦い、ブレイドから受け取ったキングラウザーでスパイダーアンデッドを撃破。♣︎Aのカードに完全に封印し、支配から抜け出した。


その後は長らく役者陣やファンの間で話題に上がるのみであったが、2024年2月10日に開催された『仮面ライダー剣 20th Anniversary STAGE&TALK 兵庫公演』のステージにて遂に登場。スーツも製作された。


専用マシン

グリンクローバー

レンゲルバックルと同時期に開発されたと思われるレンゲルの専用バイク。作中のバイクで最も高い性能を持つ。

搭載されている生体コンピュータには"蜘蛛の意志"が宿っており、変身者の思考とは独立して自律走行可能(ブレイド・カリス・ギャレンのバイクも自律走行可能だが、劇中で実際に描写されたのはグリンクローバーのみ)。

どことなくクローバーキングのオートクローバーに似ている。


テーマ曲

Fracas

VideoHelperのライブラリー音源。流用曲であるため、『剣』関連のCDには収録されていない。

登場して間もない時期のスパイダーアンデッドに支配されていたシーンで多用された。


勇壮たるレンゲル

オリジナル曲でのレンゲルのメインテーマ。


脅威

「勇壮たるレンゲル」のメロディなし。後半、スパイダーアンデッドに支配されていたシーンではこちらが多用された。


仮面ライダーディケイド

本編

原典と同様、2人の変身者が登場した。

1人目:「ブレイドの世界」の住人で大企業BOARD社員の黒葉ムツキが変身する。原作と異なりブレイド・ギャレンと同じBOARDが作製し保有するライダーシステムとなっている。剣立カズマ菱形サクヤの後輩だが、社内の地位が2人より上がった事で、2人に尊大な態度をとるようになる。

2人目:「ライダー大戦の世界」で登場。変身前は未登場だったが一緒に登場したカズマが「レンゲル」と呼んでいるので、ムツキとは別人である事がわかる。


『ネット版 仮面ライダーディケイド オールライダー超スピンオフ』

File15『どれだ! 岡元次郎 必殺ダイエット!!』にて岡元次郎がスーツを着ているライダーを当てるクイズの選択肢として登場。

正解はBLACKであり、レンゲルはダミーとして

富永研司が担当していた。


スーパーヒーロー大戦GP

歴史改変された世界でショッカーライダーの一員として登場。ショッカーの幹部として新たなアンデッドの開発に勤しんでおり、同じくショッカーライダーとなっていたカリスと共に敵として立ち塞がった。レジスタンスライダーとの対決では、カリスと共に仮面ライダーマッハと対決するが、終始翻弄され、敗北することとなった。

後に洗脳が解けたのか、ショッカーライダー達に囲まれ窮地に陥っていたゼロノスを救っている。


シティウォーズ

2021年1月のアップデートでついに参戦。シティウォーズのプレイヤーでもある北条隆博の新規アフレコも実施。A-RUSH発動時には「ウェーイ!!!」と叫ぶなど遊び心溢れるボイスになっている。

通常攻撃はレンゲルラウザーを使った攻撃で、通常形態の全ライダートップクラスのリーチと速さを併せ持つ。必殺技は「ブリザードベノム」。


余談

強化フォームがなかったため、スーツの配色に金色が使われたジャックフォームに似たカラーリングになっている。そのおかげで比較的容易にデザインが決まったが、演出面で問題が出ている

一応S.I.C.の作例でジャックフォームが立体化され、後に発売された。


関連タグ

仮面ライダー剣

上城睦月 桐生豪 黒葉ムツキ レンゲル (0H0) ハブラレンゲル

カテゴリーA スパイダーアンデッド ラウズカード レンゲルラウザー

サブライダー 学生ライダー おっさんライダー

グリーンヒーロー

クラブ 蜘蛛

仮面ライダー一覧


関連・類似キャラクター


4号ライダー

王蛇レンゲル斬鬼


○号ライダー

カリス(3号) → レンゲル(4号)


外部リンク

仮面ライダーレンゲル | 仮面ライダー図鑑 | 東映

仮面ライダーレンゲル(DCD) | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

ラウズカード らうずかーど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1086065

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました