ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

シェルアンデッド

しぇるあんでっど

『仮面ライダー剣』に登場する怪人。ハートのカテゴリー5に属する巻貝の祖たる不死生物。
目次 [非表示]

仁「アイツ、最初から兄貴を狙って……」


データ編集

身長216cm
体重128kg
カテゴリーカテゴリー5
スートハート
特性/槍のような右腕
CV福山弘幸(第11、12話)、大村亨(第36話)
初登場話第11話「各々の居場所」

(出典:『仮面ライダー剣 超全集』p.27、東映公式『仮面ライダー図鑑』より。)


概要編集

仮面ライダー剣』第11話等に登場する怪人。ハートのカテゴリー5に属する巻貝の祖たる不死生物

普段は海中の砂泥に潜み、潮の干満時に活動を開始。岸辺の獲物を触手で捉え、仕留める。

さらに、S字型の手裏剣で動きを封じ、右腕の槍状に発達した殻でとどめを刺す戦法も得意としている。


活躍編集

相川始を観察し続け、彼が一之瀬仁と海へ漕ぎ出す際に始に襲いかかった。最初は、水中からの攻撃で自分に有利な戦いを進めていたが、仁がいなくなったことでカリスに変身した始と接近戦になる。その後、右手の槍でカリスに傷を負わせるも、カリスの「スピニングウェーブ」を受け封印された。


第36話「最強フォーム」ではスパイダーアンデッドに支配された睦月/仮面ライダーレンゲルによってドラゴンフライアンデッドプラントアンデッドモスアンデッドセンチピードアンデッドらと共に封印を解かれる形で再登場したが、ジョーカーによって一瞬で倒されて再封印された。


第38話「運命を掴む者」にも登場。


第41話「強くなりたい」では城光/タイガーアンデッドの一万年前のバトルファイトの回想にも登場。イーグルアンデッドスパイダーアンデッドと戦っていた。


劇場版ではアルビノジョーカーにより再解放されたアンデッドの一体として登場。他のアンデッド達と街中で人々を襲っていた所、駆けつけたグレイブラルクランスらと戦闘に入る。そしてラルクのレイバレットを浴びて再封印された。


ラウズカード編集

封印されたラウズカードはハートの5「ドリルシェル」。1200FP。

カリスラウザーにラウズすることで使用者の姿をシェルアンデッドの姿に変える。

ラウザーユニットがコネクトされたカリスアローにラウズすることで、スクリューキック「シェルドリル」を放ち、ハートの6トルネードホーク」と併せて「スピニングアタック」、さらにハートの4ドラゴンフライフロート」を加えスピニングダンスを放つ。

絵柄は巻貝というよりもアンモナイトオウムガイに似ている。確かに巻いた殻を背負ってはいるが……。ドリル要素は触手。当時の玩具でも「ドリル状に巻き付いた触手」と書かれている。


その後の活躍編集

スーパーヒーロー大戦』にて大ショッカー戦闘員として再登場した。


余談編集

デザインのねらい目は「赤い尖り棒の小悪魔的デザイン」で、デザイン画での仮称は「TURBAN UNDEAD」。

右腕を貝の殻やサザエのトゲ的な硬質な素材で、左側は貝の中身のような軟質な物質で構成し、ビスもフジツボのようにランダムにレイアウトしている。左腕の垂れたレザーは、巻き貝→巻き物→包帯の発想で追加されている(『UNDEAD GREEN BLOOD』pp.26-27)。


細かい違いだが、『UGB』p.26では生息地は「海中の砂泥」とあるが、後年の『仮面ライダー図鑑』では「沿岸の海底」になっている。


関連タグ編集

仮面ライダー剣 アンデッド(仮面ライダー剣) 下級アンデッド カテゴリー5

ライダー怪人  巻貝


スート・ハート

ドラゴンフライアンデッド(4) → シェルアンデッド(5) → ホークアンデッド(6)


外部リンク編集

シェルアンデッド 仮面ライダー図鑑


ドリルシェル 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

カテゴリー5 かてごりーふぁいぶ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 429

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました