ピクシブ百科事典

センチピードアンデッド

せんちぴーどあんでっど

「仮面ライダー剣」に登場する、ムカデの祖たる不死生物。

cv/塩野勝美

概要

『仮面ライダー剣』第5話「過去への挑戦」、第6話「カリスの正体」に登場。ハートのカテゴリー10に属する、ムカデの祖たる不死生物。
湿気のある洞窟などの暗がりを好み、下記に記す能力を使って相手に激痛と発熱を与えた後に死に至らしめる事を何よりも好む残虐性を秘めている。

肩の大ムカデは、無数の小ムカデの集合体で、分離しての活動が可能。
鎌が付いたピードチェーンは100メートル先の獲物を仕留め、口から出されるセロトニンとヒスタミン系の猛毒は相手を激痛と高熱で苦しめ、死に至らしめる。
また、上記の毒の解毒剤はセンチピードアンデッド自身が持つ抗体でのみ作られるという、従来のライダー怪人たちの様に怪人を倒せば被害者が自動的に回復するということがないという非常にリアルで厄介な特性を持つ。

広瀬義人によって解放された後、バトルファイトそっちのけで「呼子の洞窟」に潜み、「死者の声が聞ける」という噂に惹かれ訪れた観光客達を襲っていて、同じ様に亡くなった父の声を聞きに来た栗原天音に毒を浴びせ、上記の症状で彼女を苦しめた。
彼女を救うため現れた仮面ライダーカリスと交戦、右肩の大ムカデにある抗体を奪われた挙句、「プラントバイオ」と「ヘッドチョップ」のコンビネーション攻撃で致命傷を負い、封印された。

その後も度々仮面ライダーレンゲルによって封印を解かれ再登場しているが、封印を解いたレンゲル本人に倒されたりジョーカーの攻撃を受け、一撃で封印されたりなど散々である(前作ムカデモチーフの怪人の不遇さを受け継いだのか?)。

封印後のラウズカードは「シャッフルセンチピード」。相手が持つカードを入れ替える「センチピードシャッフル」という能力を持つが、本編未使用。
実際にはレンゲルとの戦闘で一度使おうとはしたが、不発に終わった。

関連タグ

仮面ライダー剣 カテゴリー10 アンデッド(仮面ライダー剣)

pixivに投稿された作品 pixivで「センチピードアンデッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 143

コメント