ピクシブ百科事典

ディアーアンデッド

でぃあーあんでっど

ディアーアンデッドとは、仮面ライダー剣に登場する劇中で確認できる唯一のカテゴリー6に属するアンデッドの名称である。
目次[非表示]

CV/大村亨

概要

仮面ライダー剣』第3話「彼らの秘密」に登場するカテゴリー6に分類されるヘラジカの祖たる不死生物。

断崖絶壁の急斜面を軽々と跳躍する驚異的な脚力を持っており、山腹などに獲物を誘い込んで扇状に伸びたから雷撃を浴びせて攻撃する戦法を得意としている。また、二本の七肢刀で相手と斬り結ぶ剣技にも長けている。

劇中では雪山をテリトリーとして人間を襲撃していたが、“アンデッドサーチャー”に感知され駆けつけたギャレンと交戦する。

得意の電撃攻撃でギャレンを苦しめるが、最後は剣の『ブレイラウザー』で片方の角を切り落とされ電撃攻撃を封じられた所へ『ローカストキック』を受け封印された。

その後、第17話においてスパイダーアンデッドに意識を乗っ取られた睦月により再解放されるが、19話で再び再封印される。

仮面ライダーディケイド

第30話「ライダー大戦・序章」に登場。
当初はブレイド/剣立カズマと共に「キバの世界」の者達と敵対していたが、それは芝居に過ぎず既に大ショッカーと通じており、リ・マジネーションアポロガイストの命により本性を現し、ソーンファンガイアの率いるファンガイアと共にライダーたちに襲いかかる。
最後はディエンドの『ディメンションシュート』を受け他のアンデットやファンガイア諸共爆散した。

下級アンデッドの知能程度及び、♠6「ディアーサンダー」がブレイドの必殺技に欠かせないものであることから、一時的に仮面ライダーレンゲルによって解放されたとも考えられるが、詳細は不明である。

余談

アンデッドのデザインは造形家、キャラクターデザイナーの韮沢靖氏によっておこなわれたが、ヘラジカの怪人化に難航したため、多くの東映作品に参加している篠原保氏がデザインした。
そのため他のアンデッドとは異なり左右非対称ではない。同様な例としてゼブラアンデッドがいる。

関連項目

アンデッド(仮面ライダー剣) ヘラジカ 仮面ライダー剣 カテゴリー6
オデノカラダハボドボドダ ウゾダドンドコドーン!

pixivに投稿された作品 pixivで「ディアーアンデッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14

コメント