ピクシブ百科事典

ライオンアンデッド

らいおんあんでっど

『仮面ライダー剣』に登場する怪人。スペードのカテゴリー3にしてライオンの祖たる不死生物。
目次[非表示]

データ

身長216cm
体重130kg
カテゴリーカテゴリー3
スートスペード
力/特性右腕の鋼の爪
CV大村亨


概要

仮面ライダー剣』第13話「黄金の糸の罠」に登場する怪人スペードカテゴリー3に属する、ライオンの祖たる不死生物。
主に夕方から明け方に活動し、8km先にも届く咆哮で相手を威嚇する。
また、鋼のクローを装備した強靭な右腕から放たれるパンチは相手を粉々に粉砕する。

ピーコックアンデッドに操られ、スート・クラブカテゴリーAであるスパイダーアンデッドに適合する人間を攫うことを目的とする。
その中で上城睦月を攫おうとしていた所で、剣崎一真が現れブレイド変身した彼と戦闘。「ディアサンダー」を受け一時撤退する。
その後街中で人々を攫おうとしていた所を、ブレイドに発見され再び戦闘になり、「ライトニングソニック」を受け封印された。

封印されたラウズカードはスペードの3「ビートライオン」。アンデッドの能力と同じく強力なパンチ攻撃を放つ。使用回数は少ないが、第19話では暴走する仮面ライダーレンゲルを一撃で変身解除に追い込んだ。
また仮面ライダーブレイドキングフォームは全身のアンデッドクレストにより、カードを使用せずともアンデッドの能力を使用できるが、作中で活用されたのはこの「ビートライオン」のみである。
劇場版ではランスローカストアンデッドとの戦いの中でこのカードを落とし、それを剣崎一真が拾ったことにより、新世代ライダー達がそれを取り返すべく剣崎達と接触する機会が生まれた。

ブレイドがキングフォームになるとギルドラウズカードに変化する。
ジョーカー戦では、「スラッシュリザード」、「ボアタックル」「キックローカスト」「ディアーサンダー」と共にキングラウザーでラウズされ、「ストレートフラッシュ」を発動した。

余談

後にスーツはリザードアンデッドに改造された。その為か劇場版や回想シーン等には登場しなかった。

彼と剣崎の最初の戦闘において睦月に襲いかかろうとしていた彼を剣崎が「待て!相手は俺だ!」と飛びかかったのだが、空耳かはたまた滑舌の問題か、「マテ!アンギョン和田!」と聞こえてしまうことから、その戦闘が行われた川はアンギョン和田川と呼ばれる様になってしまった。度々平成仮面ライダーシリーズで撮影が行われる場所であり、『剣』では他にトータスアンデッドあずみと最初に会うシーン、キングスカラベアンデッド相川始/仮面ライダーカリスと戦うシーン等にも使用されている。

スペード3大富豪において、ジョーカーに唯一勝てるカードなのだが、実際に一万年前のバトルファイトジョーカーを封印したのはハートの2であった。

関連タグ

仮面ライダー剣 アンデッド(仮面ライダー剣) 下級アンデッド カテゴリー3 オンドゥル語
ライダー怪人 ライオン

スート・スペード
リザードアンデッド(2) → ライオンアンデッド(3) → ボアアンデッド(4)

外部リンク

ライオンアンデッド 仮面ライダー図鑑

ビートライオン 仮面ライダー図鑑

ビートライオン(ギルドラウズカード) 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

カテゴリー3 かてごりーすりー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ライオンアンデッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 968

コメント