ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

キングラウザー

きんぐらうざー

キングラウザーとは、特撮テレビドラマ『仮面ライダーブレイド』に登場する武器の一つ。
目次 [非表示]

音声:立木文彦


概要編集

仮面ライダーブレイド キングフォームが使用する大剣型の専用武器。「重醒剣キングラウザー」とも表記される。

従来までのライダーシステムが使用する各種ラウザーとは異なり、5枚のカードでのコンボを可能とし、キングフォーム自体に備わる攻撃力と相まって、より高威力の攻撃を繰り出すことのできる強力な武器である。


基本的には、TVシリーズに登場した仮面ライダーブレイド キングフォームの専用武器(メイン画像の剣型の武器)を指すことが殆どであるが、2023年に公開された『仮面ライダーアウトサイダーズ』に登場する仮面ライダーギャレン キングフォームも同様の機能を持つ銃型の武器を使用し、(現時点では正式名称不明だが)ファンの間ではこちらもキングラウザー、または「重醒銃キングラウザー」と呼ばれることがある。


ちなみに、『スーパーヒーロー戦記』では通常形態のブレイドが使用している(クロスオーバー系の劇場版では最強フォームの専用武器を通常フォームが使用する事はよくあることである)。


機能・概観編集

キングフォームへの変身と同時に、ブレイドの手元へと出現するようになっており、コーカサスオオカブトを思わせる形状の鍔と、それと斜めに交差する形に配されたカードリーダー、そして金色に染まった長大な刀身(ディアマンテ・エッジMAX)といった、特徴的な部位を併せ持つ。


それまでブレイドが使用してきた、ブレイラウザーに比べてサイズ、そして切れ味共に大幅に向上しており、後者は実にブレイラウザーの3倍にまで達する。

さらに本装備最大の特徴として、「オートラウズシステム」の存在が挙げられる。これは従来のラウザーのようにラウズカードをスリットに通すのではなく、鍔部に設けられた挿入口にカードを差し込むことで、本体内部にカードが自動で送り込まれ、その効果を引き出すというものである(※)。この機能により、最大で5枚連続のラウズが可能となっている他、ブレイドがキングフォームで使用する「ギルドラウズカード」だけに留まらず、他のスートのラウズカードも併用することもできる。

初期能力値は9600AP。なお、ブレイラウザーなどに搭載されているAPの増減を示すカウンター(フォース・リマインダー・サイト)は存在しない。


既存のブレイラウザーを強化するジャックフォームとは異なり、キングラウザーはブレイラウザーとは独立して存在している。そのため、キングラウザーに加えてブレイラウザーも追加で出現させ、二刀流で戦うというシチュエーションも作中では複数回見られた。

また、基本的に本装備はキングフォームに変身した上で使用するのが前提とされているが、キングフォーム以外の、それも生身の人間が使用したケースも以下の通り複数存在する。


(※ 本体内部に送り込まれたカードは、ラウズされた後リーダーの先に設けられた「ラウズカードホルダー」へと収納される。ここに収められたカードがどのように扱われるかまでは作中では描写されていないが、後述のDX玩具ではこのホルダーを開いてカードを取り出すようになっている)


ギャレン キングフォームの武器編集

ギャレンのキングフォームが使用するライフル型の専用武器。

前述の通り、初出となった『アウトサイダーズ』発表の時点ではまだ正式名称や、詳細な設定について公式な言及はなされていない。


カードリーダーも含めた銃身前部の形状は、ブレイドのキングラウザーに近いものになっており、元々のコーカサスオオカブト状の意匠を、カラーリングと追加のパーツでギラファノコギリクワガタのように見せる形とされているのが特徴である。

銃型であるという最大の相違点を除けば、最大5枚の連続ラウズなどといった基本的な機能はブレイドのキングラウザーを概ね踏襲しているようで、作中ではギルドラウズカード化したダイヤのカテゴリーAカテゴリーK、さらに他のスートの3枚のカテゴリーKの計5枚のカードを使用した、ギャレン版の「フォーカード」を本装備にて発動させている。


『アウトサイダーズ』発表以前にも、雑誌「ホビージャパン」にて連載されていた『S.I.C HERO SAGA』の一編「SPECIAL EDITION -FOUR CARDS-」にて、ギャレンのキングフォームの作例が発表されており、それに合わせてギャレン用のキングラウザーも新規にデザインが起こされている。こちらでは明確に「重醒銃キングラウザー」と呼称されているが明確に別物である。

このS.I.C.版は、前述の『アウトサイダーズ』版のそれとは「カードリーダー部が銃身に配されている」点こそ共通しているものの、本体後部にギャレンラウザーと同様のカードホルダーが備わっていたり、銃身の上下にクワガタの大顎を思わせる大型の刃が備わっていたりと、本体サイズの大型化と併せてより独自性の強いフォルムとされているのが特徴である。

このうち、カードホルダーについては「本来想定されていた形態のため、新規装備ではなく醒銃ギャレンラウザーが強化されたものとなる」、同作独自の設定に準拠したものであり、カードをラウズする際には従来通りカードを手動でインサートリーダーに挿入する必要がある。また、同作ではギャレンの使用するラウズカードもギルドラウズカードには変化していない。


レンゲル キングフォームの武器編集

レンゲルのキングフォームが使用する、杖型のカードリーダー。

レンゲルラウザーに近い形状ながらも、先端部の円形の刃が4枚に増えている他、後端部にも新たに刃が追加されているのが特徴である。

こちらも現状正式名称は不明だが、呼ぶなら「重醒杖キングラウザー」といったところか。


立体物編集

2004年10月に「重醒剣 DXキングラウザー」の商品名で発売。

作中と同様のオートラウズ機能を搭載し、特定のコンボをラウズすることで対応したサウンドも発動するようになっているが、既発売の他のラウザーとは異なり「番組モード」「無制限モード」は搭載されていない。

付属のギルドラウズカード13枚も他のラウザーには対応しておらず、また既発売のDX版ラウズカードを本商品に通した際には各スートに合わせた共通音声(スペードスートならば「スペードカード」と剣戟音)が鳴るのみであるが、カードそれぞれの数字自体は認識しているため、通常のラウズカードでの組み合わせでもコンボ音声を鳴らすことができるようになっている。

本体とカードの他、付属のプレート(キングプレート)は別売の「ラウズアブゾーバー」に対応しており、これを同商品に装着することでキングフォームへの変身を再現することが可能である。


上記DX版以外にも、放送当時には食玩「仮面ライダーブレイド最強キット」にてラインナップされたこともある。


関連タグ編集

仮面ライダー剣

キングフォーム

ライダーウェポン 大剣 ライフル 錫杖


仮面ライダーブレイド 剣崎一真

仮面ライダーギャレン 橘朔也

仮面ライダーレンゲル 上城睦月


主役ライダー最強フォーム武器

ファイズブラスターキングラウザーアームドセイバー

関連記事

親記事

キングフォーム きんぐふぉーむ

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 169914

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました