ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール


解説

特撮ドラマ『仮面ライダー剣』に登場。

主人公・剣崎一真橘朔也広瀬栞らが所属する組織「BOARD(人類基盤史研究所)」の所長を務める男性。

ライダーシステムギャレンブレイド)を開発した人物でもある。


人知れず人類の守護を担う組織の長として、冷静かつ寡黙にふるまう。

飢餓や貧困といった人類が抱える問題を解決するため、人類基盤史の研究に携わり、その思想から、栞からは尊敬のまなざしで見られている。

しかしながら、アンデッド解放とライダーシステム開発に関する様々な秘密を抱えており、最前線で戦う剣崎や橘にすら必要以上に情報を開示しない秘密主義であるため、特に当時の橘からは不信感を持たれていた。


作中の行動

バットアンデッド封印任務に成功して研究所に帰還した橘、剣崎、そして栞の報告を聞き、「なぜアンデッドが出現したのか」という栞に対しては「それについては我々の方で調べている」と答えたが、橘からは「調べている、か」と苦笑された(後の描写で、橘はアンデッド出現の原因と、それに関与した人間を知っていたことが明かされている)。


BOARDがローカストアンデッドに壊滅させられた際は、ライダーシステムの謎を聞き出そうとした橘によって救い出された。

その後しばらく昏睡状態となっていたが、別にアンデッドにどうかされたせいではなく、アンデッドと戦う(BOARD施設を離れない)ことを主張したため、業を煮やしたギャレン(橘)に腹パンされたせい。ちなみに、ギャレンのパンチ力は最大2.6tである。


なお、ローカストアンデッド襲撃前に橘と口論しているところを、栞に目撃されており、彼女が橘に対して不信感を抱く原因となった。


昏睡中は破棄されたBOARDの旧施設にいたが、旧施設の設備と栞が白井虎太郎宅に持ち込んだ設備一式(パソコン、マイク、スピーカー、立体映像投影装置)により、「烏丸の脳波を読み取り、寝ている烏丸の姿を立体映像として投影、更に会話ができる」というトンデモシステムが登場。少しだけ彼女たちと会話ができた。

その後、自然に意識を取り戻し、橘が不在の間に脱出。その際、立体映像とマグネシウムで、発火・焼死したように見せかけるというトリッキーな方法を用いた。

一時は剣崎たちと合流するも、バトルファイトの勝者となることを望んだ伊坂(ピーコックアンデッド)に拉致、マインドコントロールされ、新たなライダーシステム・レンゲルを開発してしまう。

その一幕もあり、剣崎と橘のおかげで伊坂の洗脳から解放されたあと、アンデッドの謎の解明と再び利用されることを回避する目的で、過去にラウズカードが発見されたチベットへと渡った。


チベットにいる間は、剣崎や橘をサポートすべくシステムの研究を続け、経由でブレイド用の、郵送でギャレン用のラウズアブゾーバーを剣崎たちに託した。


その後、栞の父・広瀬義人から語られる形で、BOARDのアンデッド解放計画に最後まで反対していた一人であり、広瀬によってアンデッドが解放された後、BOARD理事長・天王路博史の指示によりライダーシステムを開発したことが明かされた。


終盤、アンデッドがほぼ封印され尽くしたためにライダーとその関係者は不要と判断した天王路に命を狙われていたため、長期間帰国できなかったが、彼の死後に帰国。

金居ことギラファアンデッドとの戦いで行方不明になった橘を人知れず助けた上で、剣崎の前に姿を現した。

ジョーカーがバトルファイトに勝利し、ダークローチが大量発生する非常事態において、剣崎の目的が「キングフォームに変身し続けることで自らをアンデッドと化し、バトルファイトを再開させる」ことだと見抜く。


「剣崎は自分から、ジョーカー……アンデッドになるつもりだ」

「もし彼がアンデッドになれば、この世に2体のアンデッドが存在することになる」

「ジョーカーはバトルファイトの勝利者ではなくなり、世界の滅びが始まることはない」


だが時すでに遅く、白井邸にまで踏み込んできたダークローチの消滅を見たことで、剣崎が目的を完遂させてしまったことを悟る。


剣崎が失踪した後、相川始自身であるジョーカー、そして彼が人間社会で生きるために必要な♥2「スピリット」のカードを除いた51枚のラウズカードをアタッシュケースにしまい、何処かへ去って行った(しかし、『仮面ライダージオウ』での剣崎と始の客演を含め変身や必殺技発動に必要なカードが彼らの手元にあることから、2人が彼の目を盗んで持ち出した可能性がある)。


劇場版

剣崎が始を封印した並行世界が舞台の同作では、橘と共に53枚のラウズカードを永遠に封印しようとしたが、封印に向かう途中でアルビノジョーカーの襲撃に遭い、命を落としてしまった……。


仮面ライダーアウトサイダーズ

BOARDの所長職に橘が就任しており、烏丸の動向は不明。


余談

演じる山路氏は、この役がニチアサ初出演となり、俳優としては最初で最後となった。

ライダーシリーズでは『仮面ライダー電王』のレオイマジンで再出演。

その後、2013年の『ドキドキプリキュア』でベール2020年の『魔進戦隊キラメイジャー』でヨドン皇帝を演じ、ニチアサのすべての時間帯出演を達成した。

また、2023年の『王様戦隊キングオージャー』でゴーマ・ローザリアを演じ、グローディ・ロイコディウム役の天野浩成氏と(声優と俳優であるが)同じ勢力のキャラクターとして再び共演することとなった


上級アンデッドが登場し始めた頃、烏丸も上級アンデッドではないか、という説があった。

正体としては、名前からカラスのアンデッドが予想されていた。

別名・表記ゆれ

烏丸所長 プラズマチョチョン プラズマショチョー

関連タグ

仮面ライダー剣 剣崎一真 橘朔也 広瀬栞 嶋昇 伊坂 オンドゥル語 ベール(プリキュア)

からすまAチャンネル…名前の由来だと本人が語っている。


おやっさん

(不在)→烏丸啓→立花勢地郎


外部リンク

仮面ライダー剣(ブレイド)

仮面ライダー剣(ブレイド/東映公式) - トップページ

ニコニコ大百科の同名記事

アニヲタwikiの同名記事

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24704

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました