ピクシブ百科事典

伊坂

いさか

伊坂とは日本人の苗字の一種であるが、ここでは『仮面ライダー剣』に登場するピーコックアンデッドの人間態について解説する。

「最強のアンデッドに適合する人間などいないのか……」
演:本宮泰風

概要

作中、『仮面ライダー剣』に登場する最初の上級アンデッドであるピーコックアンデッド人間態

ロングコートを纏い、サングラスを掛けた厳つい風貌の男性の姿をしており、早くから自身が現代で再開されたバトルファイトを有利に進める為に“ライダーシステム”の製作者である烏丸啓洗脳してレンゲルのシステムを制作させたり、恐怖心に駆られた橘朔也をシュルトケスナー藻の溶液漬けにして洗脳して自身の下僕となる仮面ライダーを得ようと行動しており、「剣」序盤の物語を牽引した。現代においてアンデッドを封印できる唯一の存在である“ライダーシステム”に目をつけ、それを手中に納めようとしていたことから一部のファンの間では終盤で明らかとなったバトルファイトの真実に気づいていたのではないかと噂されていた。

極めて高い戦闘能力の持ち主で、この姿でも空中を浮遊したり超能力火炎弾で攻撃する。下級アンデッドだけではなく人間にも有効な催眠音波を使って相手をマインドコントロールして自身の支配下に置くなど、今まで登場したアンデッドたちとは格の違いを視聴者に見せ付けたほか、これらの能力をいかんなく発揮してライダーたちを何度も窮地に陥れた。

また戦略家でもあり、上記にある通り自身の能力を使って不特定多数の人間を洗脳して一大研究機関を作り上げ自身の配下となるライダーを得ようと躍起になっていたが、 “橘の行動の邪魔となる”として彼の学生時代の友人でありの支えだった深沢小夜子をその手に掛けてしまうという戦略ミスが仇となり、最後は仮面ライダーギャレンの怒りの『バーニングザヨゴ』の前に敗北。

人間を舐めすぎたが故の敗因であったが、その傲慢さが自身の命取りとなったのにも拘らず、封印間際に「何故…俺が…俺が…敗れる!?」と呟くなど、自身の破滅の原因を最後まで理解出来ずに封印されてしまった…。

関連項目

ピーコックアンデッド

pixivに投稿された作品 pixivで「伊坂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5973

コメント