ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:藤田玲

概要

ラッキークローバーの一人。ドラゴンオルフェノクに変身する。年齢16歳。
ラッキークローバー登場当初から存在自体は触れられていたが、彼自身の登場は第28話から。
一見無邪気な少年の様だが、子供の持つ残忍さを兼ね備えながらもどこか人の心を見透かすような老獪さも垣間見せる事もある。「ヤダなぁ〜」が口癖。
普段は倦怠感と不気味さを感じさせるような話し方をしているが、時々ドスの利いた話し方になる。
自身を世界最強の「王様」と考えており、その自負に見合うだけの強大な力を持っているため、他のオルフェノクからも恐れられている。

良くも悪くも気分屋な性格の持ち主でもあり、例え相手から挑発されても襲わなかったり、機嫌が悪ければ凶悪な本性を剥き出しにして襲い掛かったりと行動に一貫性がない。
また、飽きっぽい性格でもあり、あと一歩までライダーたちを追い詰めて置きながら、たまたま近くで子供たちが遊んでいた紙飛行機に興味をそそられ戦線を離脱したこともあった。
また戦いに敗走した際には激昂するという一面も持つ。
影山冴子のバーではいつも「オリーブ抜きのマティーニ」を頼んでいるが、未成年なので当然飲めず、注文するだけしてすぐに冴子に奢っている。

そのほか、有機物無機物問わず触れた物が灰になる能力を持っている。すぐ灰になるパターンと、時間を置いて灰になるパターンの2種類がある。どうやら相手から触れて来た場合でもアウトになる様子。
自分で制御できる訳ではなく、そのことに苛立ちを見せることもある(オルフェノク体でも使用可能)。
なお、直接手を触れずとも紫色の瘴気を放って対象を灰にする事も出来るようだ。ちなみに、デルタギアや自分が着ている衣服、座った椅子は灰にならないが、理由は不明。
生来の飽きっぽさに加えてこの能力のせいで自分が面白いと感じる事がわからない様子。それが苛立ちや他人のやっている事に対しての興味に繋がるのか、『何故面白いのか?』と詰め寄って来る。作中では彼の問い掛けでカツアゲをしようとしてきた不良が灰化したり、琢磨くんをビビらせていた。

仮面ライダーデルタの変身者の一人(ただし上記の通り飽きっぽい性格のため途中で「飽きた」といって澤田に手放している)。

自分に恐怖心を抱くたくまくんをいじって(イジメて)遊んでいる。

琢磨いじめ


※イメージイラスト

過去、スマートブレイン社の一部の上層部の過激派たちの依頼を受け、流星塾生の同窓会の際、塾生たちを青沼ことスロースオルフェノクと共に殺害した張本人でもある。

最期

物語の終盤、「オルフェノクの王を倒した者が次のオルフェノクの王」という遊びを思いつき、その考えを冴子と琢磨に持ち掛け、二人とオルフェノクの王を探していた所、555デルタに遭遇して戦闘に突入。

戦闘中に、冴子と琢磨の二人が自分のゲームに付き合うつもりがないことを知り逆上するが、直後に仮面ライダー555仮面ライダーデルタクリムゾンスマッシュルシファーズハンマーの同時攻撃を喰らい、強引に浮かび上がった紋章を壊すことで耐えきるものの敗走。
この好機を逃すまいと今まで散々いじられて来た琢磨で滅多打ちにされる復讐を受け、そこへ探していたオルフェノクの王=鈴木照夫ことアークオルフェノクに遭遇してしまい逃げ出すがこれまで王に襲われていたオルフェノクと同様にあっさりと殺害される。その硬質化した亡骸は王に貪り食われるというショッキングな最期を迎えた。
世界一強いと自称しながらも、他のオルフェノクと全く変わらない方法で殺害されるという、本人にとってある意味一番屈辱的な最期であった。

余談

北崎を演じた藤田氏は当時14歳。本作で演技初挑戦にも関わらず、中学生離れした立ち居振舞いと演技力に驚いた者は少なくない。

スーパーヒーロータイムのEDでは草加とトントン相撲対決に興じて、敗北。ショッカー戦闘員のモノマネをしながら消えていくという一コマが描かれた。

関連タグ

仮面ライダー555 オルフェノク ラッキークローバー
仮面ライダーデルタ ドラゴンオルフェノク

涼邑零…中の人が同じ特撮キャラ。こちらは北崎とは逆にヒーローである。ちなみにスピンオフ作品ではドラゴンに変身していた

関連記事

親記事

ドラゴンオルフェノク どらごんおるふぇのく

pixivに投稿されたイラスト pixivで「北崎」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「北崎」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76930

コメント