ピクシブ百科事典

芳村

よしむら

芳村とは、『東京喰種』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

CV:菅生隆之

20区に所属する喰種喫茶店あんていく』の店長。温厚な性格で笑顔の描写が多い。
『あんていく』は自殺者の遺体を密かに回収、食肉として加工し、喰種たちに提供する互助組織でもあり芳村はそのリーダー的存在でもある。
『あんていく』は普通の喫茶店としても営業されており、人間の客も来るが、当然ながら店員はみな喰種である。
人を直接殺さずに比較的手を汚さない方法として、自殺者の肉を提供をしているが、
「あんていく」は20区の喰場(人間を捕食する場所)の管理を行い配分する側面を持つ。
芳村自身も無益な殺生は行わないが、甘い人物ではない。

半喰種となった金木研に喰種としての生き方を色々伝授した。主に四方蓮示と行動している。
本作中において謎が多い人物とされている。カネキが喰種捜査官(白鳩)である亜門鋼太朗と戦闘した際も、近くのビルの屋上から観察していた。隻眼の王の正体についても確信がある描写が見られる。
その上、カネキと神代利世との一件についても何かしら知っている模様(しかし意図的にカネキには教えていない)。アオギリの樹タタラ曰くカネキに『お前はちょうど芳村の盆栽のようなもの。枝が伸びれば矯められる』と述べている。このことからカネキに関して芳村本人が裏で工作している可能性も示唆される。

赫子

赫子は羽赫。

関連項目

東京喰種 四方蓮示 隻眼の梟 金木研 霧嶋董香
あんていく 20区 入見カヤ 古間円児 帆糸ロマ







ネタバレ注意!





































実は「隻眼の梟」の偽者。
アオギリの樹のリーダー「隻眼の王」が本物の「隻眼の梟」で、芳村が庇うのは実の子供だから。


当時の名前は功善。
若き頃、芳村はただ人間と喰種を食らい続ける日々を送っていたが彼の強さを見込んだ強大な組織にスカウトされる。
芳村は組織へ入り、掃除屋として働く。衣食住が整った生活には満足していたが心は満たされることはなかった。


ある日、人間の女性、憂那と恋に落ち芳村が喰種だと知られても彼女の無償の愛によって結ばれる。
やがて子供を授かるも喰種との混血では奇跡でも起きない限り誕生はしないので諦めたが、憂那は人間を食らうことで奇跡を起こす。


家族三人の幸せな生活を送っていたが、芳村は憂那の手帳を偶然発見してしまう。
彼女の正体はジャーナリストで組織の重大な秘密をいくつも掴んでおり、互いに正体を知らぬままに結ばれてしまった。


組織も憂那の存在に気づき、芳村に命令を下す。彼は逆らえず最愛の彼女を殺してしまう。
これが最後の掃除屋としての仕事となったが、それでも組織の縁が切れず守るべく赤ん坊を24区に預けた。憂那の形見の手帳を持たせて。


時が流れ、やがて芳村は「隻眼の梟」と呼ばれる喰種を知る。
組織にも気づかれていたその喰種は既に喰種対策局を襲撃し致命傷を負っていた為、自分の子供だと確信した芳村は助けるべく偽者の「梟」として捜査官と戦った。


カネキを救ったのは子供と同じ人と喰種の間にいる者として理解できる唯一の存在であるから。
いつかカネキに子供を救ってほしいと願い、子供があんていくに来るのを待ち続けている。


しかし喰種捜査局が「梟討伐作戦」を開始。
カネキに内密に報告を受けるも、逃げもせず周りの喰種達を守るべく古株の入見と古間と共に大量の捜査官達の前に立ちはだかる。
激しい戦いの中でジューゾーの左足、黒磐の左手を奪うなどその強大な力を見せつけるも、法寺の「赤舌(チーシャ)」による一撃を食らい、戦闘不能に。


「憂那…―――私の願いはとうとう叶わなかった」


討伐隊に梟討伐完了の知らせが広がる中、篠原達の前に現れたのは…人の形を成さない隻眼の怪物であった。








「 おと~~さん♥ 」



突然乱入してきた隻眼の喰種=彼の子供である「隻眼の梟」=「アオギリの樹」を統括する『隻眼の王』=エト高槻泉によりその身柄を回収された。
最終回の描写からするに、かつてのリゼのように「赫包のドナー」として嘉納の研究施設に囚われている模様。

pixivに投稿された作品 pixivで「芳村」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 217097

コメント