ピクシブ百科事典

相川始

あいかわはじめ

『仮面ライダー剣』の登場人物で仮面ライダーカリスに変身する。
目次[非表示]

「本当に強いのは…、強いのは! 人の想いだ!」

演:森本亮治

人物(ネタバレ注意!)

仮面ライダーカリスに変身する人物。自称23歳。
喫茶店「JACARANDA」に居候し、店員を務める傍ら栗原母子の勧めでカメラマンを目指している。口数が少なく他者との交流を好まないが、喫茶店を営む栗原親子の危機に際してはカリスに変身し、アンデッドの魔の手から親子を守るために戦う。

彼が栗原家に居候するきっかけとなったのは、本編開始の数ヵ月前雪山で遭難していた天音の父・栗原晋である。彼は死を目前にしながらも、ひたすら家族のことを想っていた。そのことが彼の心に引っかかり、栗原家に訪れ居候するようになった。その後、始は二人の優しさに触れ変わってゆく。

当初はその無愛想な態度が原因で剣崎一真とも対立していたが、判明した始の正体(後述)、伊坂の陰謀に巻き込まれたこともあって、二人は敵対し何度も戦うこととなる。
だが、伊坂との戦いで負傷した際に剣崎に助けられたことがきっかけで、二人の間に友情が芽生える。

一時期は他のアンデッドとの戦いに天音たちが巻き込まれかけたことから、栗原家に災いをもたらすことを危惧し、去ったこともあった。だが、剣崎に「そばにいて守るようにすればいい」と説得され、再び栗原家に舞い戻る。




その正体はアンデッドの53体目にして、何の始祖でもないという特殊な存在のジョーカーアンデッドヒューマンアンデッドの姿に変身した姿。
カリスの姿もマンティスアンデッドのカードを使って借りたものであり、『カリス』という名前もマンティスアンデットの個人名(つまり、始はライダーとして認められているが、厳密にはライダーではない存在である)
それゆえ、ライダーへの変身にカテゴリーAのカードが必須である剣崎達とは異なりどんなカードでも変身可能。劇中では、ドラゴンフライアンデッドウルフアンデッドの姿に変身したこともあった。まさしく、どんなカードの代わりにもなれるジョーカーの特性を持つ。
栗原晋の死に居合わせていたのも、雪山で遭遇したギラファアンデッドとの戦闘中、写真を撮っていた彼を巻き込んで死なせてしまったからである。彼の最期の願いと家族の写真を託されたことがきっかけとなってJACARANDAに訪れた。


栗原親子や剣崎と交流していくうちに、人を愛し性格も穏やかになってゆく。
当初は天音たち以外の人間には関心を持たず、戦いに巻き込むことを厭わなかったが、中盤以降はエレファントアンデッドに対して周りの人を巻き込まない場所で戦うことを提案したり、(成り行きではあるが)三上了たちをアンデッドから助けたこともある。
さらには人間として静かに生きていく事を望むようになるが、内に潜むジョーカーの本能と、自らがバトルファイトの勝者となったとき人類ごと地球が滅びてしまう運命に苦悩する。
だが、それでも彼を信頼し支えてくれる剣崎と友情を深めていった。

一時期カテゴリーAのカードを失ってカリスへ変身できなくなり、同時に闇落ちした上城睦月やコーカサスビートルアンデッドによってジョーカーの本能を引き出されようとするも、天音や遥香の想い、そして剣崎の助けもあり、ギリギリのところで踏みとどまって戦う。

「本当に強いのは…、強いのは! 人の想いだ!」

だが皮肉にも、始を守ろうとした剣崎のキングフォームの強すぎる力がジョーカーの本能を暴走させてしまう。しかし、ワイルドカリスに強化変身することで克服。
その後キングフォームの力で暴走した剣崎を救ったり、共に天王路博史に立ち向かったりと、人々を守るため共に戦った。

その結末

TV版(永遠の切札)

終盤、バトルファイトは彼の勝利で決着してしまい、世界に大量のダークローチが発生してしまう。
始自身でも止められぬ運命。彼も絶望し、自ら剣崎に封印されることを望む。
そして、剣崎に嘗て介抱された小屋で待ち続け、彼に最後の戦いを挑む。
避けられぬ滅び。愛する者を救うには、もはや始が封印されるしかない。

「アンデッドはすべて封印した…! お前が最後だ、ジョーカー!」
「俺とお前は、戦うことでしか分かりあえない!」

そして二人は変身し、最後の戦いに臨む。
だが、ジョーカーとブレイドが殴り合った瞬間、ブレイドの体に異変が起きる。そして、変身を解いた剣崎の体から、彼と同じ緑色の血が流れ出す。

切り札は二つになった



これこそ、剣崎の狙いだった。
自らがジョーカーと化すことでアンデッドを二体とし、始も世界も両方救ったのだ。
駆け寄ろうとする始を彼は一喝。お互いが愛するものを守るためには、それしかない。

「お前は、人間たちの中で生き続けろ…」

そう言い残し、剣崎はどこかへ去って行った。

そして、彼は栗原家で生き続ける。遥香と天音の笑顔が絶えない栗原家で。
ある日、始は買い物帰りに銀杏並木を歩いた時、ベンチに懐かしい友がいるのを目にする。

たとえ皆が俺を覚えていなくても



思わず駆け寄った始。だが、それは彼の見た幻だった。

「お前は、人間たちの中で生き続けろ…」

友の言葉を噛み締め、始は歩いてゆく。彼もまた、運命と戦い続けるのだ。


TV版の後日談の一つとされる「小説 仮面ライダーブレイド」では、300年後の未来でも剣崎の言葉を忘れず、人間として生き続ける始の姿が描かれている。
しかし、統制者はまだバトルファイト再開を諦めていなかった…。

もう一つの結末

劇場版MISSING ACEでは、TV版とは異なった運命を辿り、序盤で剣崎に封印される。このことは剣崎にとって大きな心の傷となっていた。また、突然彼がいなくなったため、天音はそれが元でグレて非行に走ることになってしまった。
その後、剣崎がアルビノジョーカーからカードを取り戻したことで睦月によって解放され、天音を救うため必死で戦う。最後には彼女のため、自らの命を投げ打つという結末を迎える。
その必死の想いは、荒んでいた天音(※彼女は始が戦っている場面では終始気絶していた)にも伝わり、彼女を改心させるきっかけにもなった。その事を告白した後、天音は家の外に始の姿を見て外へ出るが幻であった。しかし剣崎は「始はいつも側にいる」と彼女に語りかけるのであった。
始の演者である森本氏はこの映画のラストシーンに感動し、泣き出したとのこと。

仮面ライダージオウ』では

「その子に手を出すな!!」

第29・30話に剣崎や天音と共に登場。
当初は『仮面ライダーディケイド』の海東大樹のみが出演をアナウンスされ、ブレイド編の存在自体が伏せられていたため、予告にて視聴者を大変驚かせることになった。
演じる森本氏はゲーム用のボイス客演作品などで度々カリスの声を当てていたが、相川始として顔出し出演するのは『剣』本編以来実に14年ぶりとなる。

本作では既に天音の前から姿を消しているが、今もかつて剣崎と出会った山小屋を拠点にカメラマンとしてひっそりと活動し続けていた模様。
その後、天音が白ウォズの手によってアナザーブレイドへと変貌させられたことを察知し、アナザーブレイドと戦闘中だったジオウへと襲い掛かる。
戦闘では(ソウゴが状況が読み込めなかったために本調子ではなかったとはいえ)ジオウを終始圧倒、必殺技のスピニングダンスでジオウを追い込むほどの実力を見せつけたが、そこにカリスが使用したアンデッドの力に引き寄せられてやって来た剣崎が現れる。
この時点では始は剣崎と戦おうという意思がなかったため、ブレイドに圧倒されてしまうが、戦いの余波でアナザーブレイドの変身が解除され、その正体が天音であったことが判明したため、剣崎は驚愕、戦いは中断される。

その後、自身のもとを訪れた天音に対し、ハカランダを出て行った理由を説明しようとするが、そこへ白ウォズの未来ノートによって導かれた剣崎が出現。始も結局戦いは避けられないと悟ったのか、今度は本気で剣崎=ブレイドと戦いを始める。
しかし、これは白ウォズの策略であり、直後に出現した白ウォズの手によって天音は再びアナザーブレイドへと強制的に変身させられてしまい、2人はアナザーブレイドによってジョーカーの力を奪われてしまった(この際、剣崎共々、体から流れ出ていた血の色が緑から赤へと変わっている)。

最終的に、アナザーブレイドはジオウトリニティに倒されたことで世界の滅亡は辛くも回避された。
始はジョーカーとしての力も仮面ライダーへの変身能力も失ってしまうことになった(2人のライダーおよびジョーカーとしての力はライドウォッチに封印され、ソウゴに託された)が、天音に対して危機に陥った際はいつでも駆け付ける意思を伝え、今後も彼女を見守っていく決意を新たにしたのだった。 

なお、元が人間だった剣崎と違い、最初からジョーカーであった始がジョーカーの力(および概念)を奪われた今の状態がどのようなもなのかははっきりと語られておらず不明。剣崎同様、完全な人間になったか(派生意見に相川始として生きてきた人生そのものが人間の形をとった、なども)、使用していたヒューマンアンデッドの力のみが残り、疑似的に人間に近い存在になっているとも取れる。

余談

ムッコロフェイスと呼ばれる顔芸がよくネタにされる。これは第6話で見せたインパクトの強い場面である。

劇中、幼女(栗原天音)との関わりが深いため、仮面ライダードレイク風間大介ともどもロリコン扱いされる事がある(無論ネタである)。
本編DVDに付属する主要人物俳優4人のフリートークでは、ムッキー役の北条隆博が始について「ロリコンだよな」と発言した。当然、森本と椿隆之に北条は叱られた。
だが、椿が「なぜ始はあそこまで天音ちゃんを守ろうとしたのか」と(やや強引に)話題を変えようとしたら、今度は天野浩成「ロリコンだからじゃないの?」と発言。(その後、彼は椿に無言で殴られた
これらの発言はなぜかカットされず、半ば公式設定と化してしまった。

ただし、一応フォローしておくと、天音の母である遥香さんのことも同じくらい大切にしているし、中盤以降は天音や遥香とは関係ない女性(※幼女ではない)を身を挺して庇ったこともある。
さらに後日談の「たそがれ」では、老婆になった天音のもとに会いに行く場面もある。純粋に栗原天音という1人の女性を愛しているだけであって、決してロリコンではないと思われる。
というかそもそも、一万年以上生きている始からしたらある意味全人類がロリショタともいえる。

また、背が低いと思われがちだが、始(を演じた森本)の身長は173cmであり、成人男性の平均身長である172センチを上回る。ぶっちゃけ周り(特に剣崎)がデカいだけ。(これと似たようなことが二作前の主人公でも起きている)。

関連イラスト

アイカワハジメ
たそがれ



関連タグ

仮面ライダー剣 仮面ライダーカリス ジョーカーアンデッド
オンドゥル語 ムッコロ ムッコロフェイス 敵裸体
(<::V::>)(※本来は「>」は半角。ピクペディアのリンク機能の制約から全角表記にしている)
剣崎一真 栗原天音 三上了

草加雅人 ← 相川始or橘朔也イブキ

pixivに投稿された作品 pixivで「相川始」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 630467

コメント