ピクシブ百科事典

四条ハジメ

しじょうはじめ

仮面ライダーディケイドの登場人物の1人であり、ブレイドの世界のもう一人のボスキャラ。
目次[非表示]

「ライダーは所詮BOARDの社員。己のランクを上げ、給料をもらうために働いているに過ぎん‼」
「恐怖と安心のバランスは私が決める。最強のライダー・カリスの力と、最強のアンデッド・ジョーカーの力を使ってな!」
演:累央

概要

ブレイドの世界を実質的に支配している株式会社「BOARD」の社長
原典での相川始に当たる人物だが、この世界ではれっきとした人間であり、会社の利益をあげる為にこの世界の治安を脅かす存在である不死の怪物“アンデッド”を封印する代わりに国から資金を提供してもらう事で利益を得るという経営を行っている。

なんだかんだで人間味のあった始とは違い、仮面ライダー達を自身が経営している会社の為に働いて給料をもらって生活するしかない存在だと見下している節があり、また、優秀な社員はすぐさま昇進させて高いボーナスを支給する等優遇する一方、少しでも失態を犯した社員は降格させることは勿論、元ライダーベルトの所有者であろうとも容赦なくベルトを剝奪する等、極めて厳しい能力至上主義者であり、良くも悪くも経営者としての側面が強い人物である。

その生き過ぎた成果主義の為に悪い印象が強いかもしれないが、実際にその本質は成金野郎ともいうべき人物で、表向きはアンデッドの脅威から人々を護る活動を行っている一方で、会社の利益を上げるためにはアンデッドの存在が不可欠という理由からアンデッドの脅威を深める為に「BOARD」で伝説となっているカリスとして活動しライダー変身ベルトを奪い取るという行為を行っていた。

このような凶行を行う一方で、更にその裏では敵である筈のアンデッドとも通じており、「BOARD」の理事長にして、パラドキサアンデッド人間態である鎌田(「BOARD」の理事長がアンデッドという事からも分かる通り、会社が行っている行為自体が既にマッチポンプである)と共にカテゴリーAに封印されたアンデッドの細胞及び全てのカテゴリーのライダーシステムを集結させる研究”を行い、究極にしてバトルファイト最強のアンデッド“ジョーカー”を生み出す研究を行い、最終的にはその研究で生み出したラウズカードを使って自身がジョーカーとなってアンデッドの脅威をより深めて永続的に会社が利益をむさぼり続ける為にバトルファイトの管理者として君臨し続けようと目論んでいた。

最終決戦に置いて鎌田と共にカテゴリーAに封印されたアンデッドの細胞に菱形サクヤ黒葉ムツキの細胞を組み合わせることで遂にジョーカーへと変身する“ラウズカード”を完成させると“ブレイバックル”を取り戻すためにやって来たやカズマたちに上記の目的を明かすと自身の変身バックル“カリスラウザー”にカードを読み込みジョーカーへと変身。

野望達成の邪魔となる因子である士=ディケイドとカズマ=を排除するためにパラドキサアンデッドと共に襲いかかるが、剣の猛攻とディケイドが変身したディケイド龍騎ミラーワールドを利用した神出鬼没なトリッキーな動きに翻弄されてしまい、最後はファイナルフォームライド ブレイド」によって剣が変形した巨大な剣『ブレイドブレード』の攻撃を受けたじろいだ隙に放たれたブレイドブレードから発動される必殺技『ディケイドエッジ』の直撃を受けパラドキサアンデッド共々爆死した。

なお、原典と違って四条ハジメはアンデッドではなくただの人間である為(そもそもブレイドの世界のジョーカーの設定自体が原典のトライアルシリーズケルベロスのような存在となっている)、この世界のカリス(マンティスアンデッド)とジョーカーと共にそのまま絶命したと思われる(アンデッドであるパラドキサアンデッドも爆散しているが、一部ではアンデッドである為、もしかすると何処かで再生復活しているかもしれないという説が唱えられている)。

余談

上述したように原典の相川始に相当する人物であるが、BOARDの社長という事もあり、烏丸啓の立ち位置も若干モデルとなっているものと思われる。

関連項目

ブレイドの世界 相川始 仮面ライダーカリス ジョーカーアンデッド
仮面ライダーディケイド

コメント