ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

演:川原一馬

概要

仮面ライダーディケイド」の登場人物。リ・イマジネーションライダーの一人。

ブレイドの世界に登場する。

株式会社“BOARD”に所属している青年社員。

名前の由来は、勿論『仮面ライダー剣』に登場する上城睦月/レンゲルと、レンゲルのスートであるクローバー


会社ではクラブキングのクラスに所属しているが、会社のエース社員でもあるカズマサクヤよりも後に入社した後輩という立場にいる為なのかライダーへの変身資格は得ておらず、専ら先輩であるカズマを“アンデッドサーチャー”を使ってサポートする役割を担っていた。


当初は先輩にして会社のエース社員であるカズマに憧れを持ち、慕っている清々しい感じの後輩社員といった感じの印象であったが、如何やらそれはあくまで表向きであったらしく、カズマがとある廃工場でアンデッドからの攻撃からムツキを庇ったという理由だけでカズマが降格され、その代わりに自身がクラブのエースへと昇格され仮面ライダーレンゲルへの変身権を得ると態度が一変。


上記の様な態度は鳴りを潜め、食堂からの嫌がらせを受けていたカズマに対して、サクヤを引き連れ嫌味を言う為だけに食堂に訪れる等、手のひらを返すように彼の事を侮蔑するようになる。

“BOARD”で伝説の存在となっているカリスの攻撃から身を守るために利用したサクヤが、その時の攻撃でギャレンバックルを奪われるという失態を犯したという理由からダイヤの3へと降格され、自身がエースの隊長へと昇格した途端にサクヤに高圧的な態度で接して下っ端としてこき使うなど、本質は極めてエリート意識が高く、恩知らずで、格下に対しては徹底的に尊大という碌でもない性格の持ち主である。


エースの隊長へと昇格後、社長であるハジメからの指示を受けてカリスからブレイバックルとギャレンバックルを奪還する為に出撃するが、その矢先に橋でカリスに遭遇。


好機到来と意気揚々とレンゲルへと変身し戦いを挑むが、その最中にカリスが社長本人だったことを知り衝撃を受けた隙をつかれて衝撃波の直撃を受け気絶。


そのままサクヤ共々拉致され“BOARD”の秘密研究所へと運ばれ黒幕鎌田とハジメの手により最強のアンデッドの生み出すための実験材料にされて自身の細胞を奪われてしまった。


なお、その後の顛末は彼らがそのままフェードアウトして出番がないまま番組が終了したため、分かっていない。

仮面ライダー図鑑では「装置に繋がれていたところを剣立カズマらに救出された。」と記述されている)


ちなみにライダー大戦でもレンゲルは登場しているが、キバの世界ワタルに殺害されてしまう(その後、ディケイド消滅に伴い復活した)。この時はカズマから「レンゲル」とコードネームで呼ばれている(一方、ムツキはカズマからは名前で呼ばれていた)ので、(カズマらへの増長した態度が仇となり、クビまたは降格されたのか)ムツキではない別の社員が変身している可能性もある。


余談

演じる川原氏は後に『仮面ライダーフォーゼ』で山田竜守/アリエス・ゾディアーツを演じた。こちらもかつては大人しい性格だったが、に魅せられて傲慢な性格に豹変したというムツキと似たような役柄になっている。


関連タグ

仮面ライダーディケイド ブレイドの世界

剣立カズマ 菱形サクヤ 四条ハジメ

リ・イマジネーションライダー 仮面ライダーレンゲル 人間のクズ


上城睦月桐生豪原典におけるレンゲルの装着者。


影山瞬シドライダーになってから卑小な本性が露わになった人物。ただし、影山はムツキやシドと違って確かな正義の心を持ち合わせている(別のライダーになってからは特にそれが顕著)。


外部リンク

黒葉ムツキ | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

ブレイドの世界 ぶれいどのせかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2756

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました