ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ケルベロス(仮面ライダー剣)

けるべろす

ケルベロスとは、特撮番組『仮面ライダー剣』に登場する怪人。ここではその派生のケルベロスⅡについても扱う。
目次 [非表示]

天王路「アンデッドは全て滅びなければならない。生き残るのは、究極のアンデッドただ一人。そして私は、神の声を聴くのだ」


データ

身長232cm
体重145kg
特色/力ラウズカードの吸収、左腕の爪、左手から放つ火炎と破壊光線
CV塩野勝美
登場話第45話「新たなカード」

(出典:『仮面ライダー剣 超全集』p.53、東映公式『仮面ライダー図鑑』より。)


概要

天王路博史が全てのアンデッドの細胞を融合して造り上げた究極のアンデッド。

仮面ライダーギャレンを始めとするライダーシステム、トライアルシリーズティターンは、このケルベロスを作り上げるための実験の産物だった。

ただし、トライアルと異なり通常のアンデッドと同じようにアンデッドサーチャーには反応は映る。(カテゴリー不明で処理される)

その性格は凶暴で、天王路すら制御できず解き放たれた時は研究員を全滅させるほどであった。


ケルベロスの名の通り、右肩が金・左肩が銀の頭蓋骨状になっており、3つ首のデザインとなっている。

左腕に備えた状の武器で敵を寸断し、左掌より放つ火炎弾や光弾で粉砕する。

またラウズカードのシステムを応用したものとして普通のアンデッドが持ち得ない、アンデッドを封印吸収することが出来る能力を有している。

相川始のハートスートカードを全て吸収したうえでジョーカーを圧倒し戦闘不能状態にし、続いてレンゲルのクラブスートカードも全て吸収。ギャレンもジャックフォームになる前にカード吸収し、ブレイドキングフォームの必殺技ロイヤルストレートフラッシュさえも1回は破る。と、究極にふさわしい戦闘能力を見せてくれた。

最後は仲間たちを傷つけられた怒りによって融合係数が更に上昇し力を増したブレイドにより敗れ去った。

……しかし、これは天王路の布石でしかなかった。


ケルベロスⅡ

一番気に入ったアンデッド


「いいや、私はアンデッドになったのだ!!ハハハハハッ……!」


身長232cm
体重145kg
特色/力両肩から放つディバインウェーブ
CV森次晃嗣
登場話第46話「支配者の封印」

(出典:東映公式『仮面ライダー図鑑』より。)


天王路が肉体改造により、ケルベロスのラウズカードを自らの身体にスキャンし融合した姿。

天王路がバトルファイトへの参加権を得て、「万能の力」を手にするために準備した器である。

両肩アーマーが金色に変色、さらに胸中央から天王路の顔半分が現れている。

両肩の双犬から敵を瞬時に消滅させる「ディバインウェーブ」という更に強力な火炎弾を放つことが可能となった。


金居/ギラファアンデッドを圧倒し、封印しようと追跡するが、ギャレンとレンゲルの妨害で封印し損なう。その後、自らの手でアンデッドを封印してバトルファイトの決着をつけるべく、4大ライダーと対峙した天王路は再度ケルベロスⅡへと変身し、彼らを圧倒するが、駆け付けた金居に助けられたレンゲルが発動のブリザードベノムによってダメージを受ける。

なおも抗うが、ブレイドキングフォームのロイヤルストレートフラッシュと、ワイルドカリスのワイルドサイクロンをカリスアローに纏わせた斬撃の挟み撃ちを受け、ついに体が限界を超える。

雨の降りしきる夜の雨天の下、ついに変身解除してしまい、最期はアンデッドの姿になったギラファアンデッドによって倒された。


カード自体は、ギラファが回収しておりジョーカー封印に利用しようとした。


劇場版『MISSING ACE

本編から分岐したパラレルワールドが舞台の本作においても全てのアンデッドの細胞を元にケルベロスが造られてカードに封印されており、劇中ではの三種が確認されている。


他作品

『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』ではアンデッド代表としてショッカー世界会議に出席。

元の変身者である天王路の目的があくまで「(自身の支配下による)争いのない平和な世界」だったのもあってか、ジャーク将軍が告げた人類の根絶という意見には否定的な見解を見せていた。


番組終了後に開催されたよみうりランドヒーローショーでは、橘朔也が本編の発端となったBOARDの技術を用いて解放し、自らが融合してアンデッドの生き残りを増やすことで剣崎一真相川始が顔を合わせられない事態の打開を試みるがコントロールできず分離させられる。胸の顔はカツラが被せられて橘に似せられている。

その後ケルベロスは統制者が乗り移るために天王路を操って作らせたものと設定されてバトルファイト中断をヒューマンアンデッドによる不正行為と見做した統制者の憑代となり、最終的には始から分離した人の心を持たないジョーカーと融合して胸にジョーカーアンデッドの顔のある「ワイルドジョーカー」となる。


余談

デザイン画では「ケルベロスアンデッド」という名称。顔面に3つ首をもっているのはカプリコーンアンデッドで既出のため、両肩に2つの頭部を正面に向けてマウントすることで差別化している。最強感を出すため、黄金の血管を全身に這わせている。

Ⅱへの改造案は、現場レベルの改造が可能なよう左肩の胸部の変更のみにとどめていたが、頭部も変えられるということで頭部も新たにデザインした(『UNDEAD GREEN BLOOD』pp.82-84)。


関連タグ

仮面ライダー剣 アンデッド(仮面ライダー剣) 天王路博史 ケルベロスⅡ

怪人 韮沢靖 ケルベロス ティターン(仮面ライダー剣)


仮面ライダープラチナガッチャード:胸部に別の顔が付いた意匠やカードによる変身システム等が共通しているものの、ケルベロスⅡとは逆に平和のために戦う仮面ライダーである。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3018

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました