ピクシブ百科事典

双頭のアンデッド

そうとうのあんでっど

小説『仮面ライダー剣』に登場するオリジナルアンデッドにして、仮面ライダー剣の物語におけるラスボス。
目次[非表示]

「故に我らは、お前たちの望むモノガタリをただ与えてやったに過ぎないのだよ」

本項目には、「小説仮面ライダー剣」の核心に迫るネタバレが存在します。






















概要

小説「仮面ライダー剣」に登場する最後にして、の物語における真のラスボス(とはいっても可能性の世界におけるラスボスだが…)。

運命を操作するなどの様々な策略を張り巡らし、バトルファイトを一向に始めずに運命と戦い続ける剣崎一真相川始に遂に業を煮やした統制者破壊者が、自らがバトルファイトに終止符を打つためにドブネズミ団のトウゴを繋ぎとして互いに融合し実体化した、おそらく漆黒のアンデッドと真紅のアンデッドの融合体巨大アンデッド

名前の通りに二つの悪魔のような巨大なを持つの斑模様の醜い姿をしており、翼をはためかせて発生させるは腐臭がするという地獄、あるいは魔界から這い出て来たかのような世にも恐ろしげな姿をしている。

主な戦力はから吐き出す、意思を持ったかのような動きをするドラゴンの姿を模したのエネルギー弾。

設定的には、神話と悪魔の特性を兼ね備えた邪神のような存在にして、創造主のような立場上、物凄くスペックが高そうな強敵なのだろうが…。
いざ蓋を開けてみれば、繋ぎとして利用したトウゴの思わぬ反撃でアタフタと焦っている間に、今まで散々利用して来た他のライダーの猛攻にフルボッコにされた所にキングフォームの『ロイヤルストレートフラッシュ』を喰らい、僅か数ページで敗北した挙句の果てに唐突に現れた封印石版に封印され破滅するというラスボス(笑)であった…。

まあ、小説仮面ライダーシリーズのラスボスはだいたいみんなそんな感じだが。

余談

モデルはおそらく巨大邪神14だと思われる。

関連項目

小説仮面ライダー剣 統制者 破壊者 アンデッド ラスボス(笑) 巨大邪神14

コメント