ピクシブ百科事典

剣崎ジョーカー

けんざきじょーかー

仮面ライダー剣の登場人物である剣崎一真の怪人姿を描いた作品に着けられるタグ。
目次[非表示]

概要

本編最終話においてジョーカーとなって姿を消した剣崎一真の怪人態をファンが想像して描いたイラストなどに付けられているタグ。
基本的にジョーカーをベースに仮面ライダーブレイドをモチーフに取り入れたものとなっており、本来のジョーカーで緑色となる部分がブレイドの基本カラーである(紺)やキングフォームを思わせる(金)色となっているなど、様々な姿が見られる。

劇中では剣崎がジョーカーの姿になることは無く(客演した『ディケイド』および『ジオウ』でもブレイドに変身して戦っている)、後述する『S.I.C.HERO SAGA』や『小説 仮面ライダーブレイド』においてアンデッド態を見せているが未だにイラスト・映像化はされていない。
剣崎に関しては、不死生物でない人間から変貌したという、アンデッドの中でもある意味イレギュラーな経緯を経て誕生した存在なので、ファンの中には「元よりジョーカーアンデッドとしての姿など持ち合わせていなかったのではないか」という考察もある。

S.I.C HERO SAGA

『MASKED RIDER BLADE EDITION -DAY AFTER TOMORROW-』のエピソードに登場。
TV本編終了後、事故によって封印を解かれたカメレオンアンデッド擬態したブレイドキングフォームに苦戦する仲間たちの前に姿を現し、ジョーカーの姿で虎太郎から渡されたブレイバックルを用いて変身。本物のキングフォームの力によって偽物を倒し、封印した。
挿絵代わりのジオラマではオリジナルのジョーカーと全く同じ姿・カラーリングだが、ビートルアンデッドコーカサスビートルアンデッドの「オールオーバー」と同型の大剣を所持している相違点を持つ。

たそがれ

『仮面ライダー剣 超全集』に収録された後半のメインライターである會川昇氏による短編小説『たそがれ』では、TV本編終了より数十年後(本編で小学生だった天音が齢を取って老衰している)において、ともともつかない姿(ジョーカーの姿を指すのかは不明瞭)となりながらも、アフリカの内戦地において身寄りのない子供達を戦火から遠ざけるなどの活動を行っていることが明かされている。

小説仮面ライダー剣

本作では「ブレイド・ジョーカー」と書かれており、始のジョーカーと異なり「ヘラクレスオオカブトを禍々しく変質させた外見」と表現されている。

その他

  • アンデッドのデザインを担当した韮沢氏が呑みの席で描いたという剣崎ジョーカーのイラストがtwitterに投稿されている(リンク先)。
  • 仮面ライダージオウ』では、紆余曲折を経て、剣崎はジョーカーとしての力を失い、元の人間へと戻っている。この設定が今後どう扱われるかは不明だが、少なくとも『ジオウ』から直結した時間軸においては、剣崎のジョーカーとしての姿を映像内で見ることはできなくなってしまう可能性がある。


関連イラスト

剣崎ジョーカー
永遠の切り札をもう一度



関連タグ

仮面ライダー剣 剣崎一真 ジョーカー(アンデッド)
ロード・バロン(仮面ライダー鎧武)・・・・ベルトを使用し続けた結果、開発者の思わぬ効果を発揮し強力な怪人へと化してしまった、名前にライダー名が入っているなどブレイド・ジョーカーとの共通項が多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「剣崎ジョーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138482

コメント