ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「俺、変身したいんだ。もっと強くて何でもできる自分に…!」
「ここからは俺のステージだ!」

演:佐野岳

概要

仮面ライダー鎧武』の主人公
1993年1月30日生まれ。20歳21歳両親は既に他界しており、に育てられてきた。
かつてはダンスチーム「鎧武」のメンバーだったが、晶を安心させたいとの思いからチームを抜け、複数のアルバイトを掛け持ちする生活を送っていた。
苦手な教科は歴史冬映画参照)。
お人好しで人を信じやすい性格で心優しく面倒見が良く、困っている人を見ればすぐ助けに行く。落ち込みやすい部分もあるが、戦いとなると強気な一面もみせる。一方で、他人を助けたいとは思っていても実際には自分の事で精一杯なことも多い自分に複雑な思いを抱いている部分があり、人間的な意味での「変身」に憧れを抱いている。敵対してきているチームでも共闘となればさほどわだかまりもなく割り切って付き合う事が出来、彼らを気遣える面もある。しかし、状況や周りに流されやすく、良くも悪くも一貫している駆紋戒斗とは対照的に目的や心情が変化しやすい。脚本の虚淵玄氏自身も、やや問題のある人物として彼を描いてると言及している。

後述のように戦極ドライバーロックシードを入手した直後は(紘汰の思っていたものとはかなり意味が異なるが)ついに「変身」できたことを喜び、自分の部屋で夢中で変身ポーズを考えていた。さらに喜びのあまり自分の部屋やバイト先で不用意に変身を行ったり、新しいロックシードを入手すると誰もいない場所で試しに使用してみるなど、ややお調子者の一面も。
演じる佐野氏は図々しい、人懐っこい、情熱と表現している。

湊耀子凰蓮・ピエール・アルフォンゾなどには及ばないものの生身でもそれなりの戦闘力と高い身体能力を有しており、演じる佐野氏も運動能力が高いため、生身のアクションシーンなどもスタントなしで演じている。

活躍

チーム鎧武のリーダー角居裕也から、「面白いものを入手したから見せたい」との連絡を受けて待ち合わせ場所に行ったが裕也はおらず、そこに開いていた入り口から異世界であるヘルヘイムの森に入り込んでしまう。
そこでビャッコインベスに襲われ、裕也が落とした戦極ドライバーと異世界内で入手したロックシードを使う事で仮面ライダー鎧武の変身者となる。
案外早く馴染んだ先々代初回までに能力を極めて無双していた先代とは違い、変身直後には戸惑い、手探りとも言える状態で戦っていた。
変身能力を得てもすぐには何に使って良いか分からず、姉の前やバイト先でも不用意に変身してみたり試行錯誤が続いた。とりあえずチームに戻ってバイトも辞め、インベスゲームでの賞金稼ぎにのめり込んでは晶に叱られたりもしていた。

しかし、再び訪れたヘルヘイムの森で仮面ライダー斬月に襲撃を受けたことでライダーの力が「ルールに基づいたゲーム」ではなく、「本当の命がけの戦い」の為の力であったことに気づき、一時期はその事に怯えて変身することを躊躇ってしまうが、同じくアーマードライダーとなることを選んだ呉島光実の姿勢などに触れ再び立ち上がり、「チームに自分の力が必要な時には変身して戦う」というスタンスを取り、チームは光実に任せて再び仕事を探している。
凰蓮に対しては、明らかに勝てる相手を一方的にいたぶり、本業だけで満足しないで若者達にちょっかいを出す点に関しては不愉快に思っており、戦闘中に彼に説教をしたこともある。

ヘルヘイムから強力なインベスが沢芽市に現れていることを知り、自分たちで解決しようとし、光実とともに新たな「ゲーム」をアーマードライダーやシドに持ちかけて森の秘密を探ろうと試み、第11話ではユグドラシルの作業員に化けて森の中の同社の作業ブースに潜入するが、そこで同社の社員達がアーマードライダー達を「モルモット」呼ばわりし、インベスゲームも仕組まれたものであったことを知って憤慨するが、直後に大勢のインベスによる襲撃が発生し先刻の暴言も忘れて自身に助けを求める社員達(※社員達は紘汰が変装して彼等の話を盗み聞きしていた事を知らなかったのだが)に怒りと呆れを感じつつも戦い彼らを助けている。帰還後シドには「あんたらの思い通りにはならない」と怒りを露にした。

ユグドラシルから監視されている事を危惧する光実からはその後の変身を反対されるも、インベスに襲われる人々を見過ごしておけず変身するなど、徐々にその力を「人々を救うため」に使おうとした。しかし第13話で初瀬亮二のインベス化を目の当たりにし、第14話では諦めきれず彼を救おうとするが果たせず、ラットの負傷を招いてしまう。さらに目の前で初瀬が変化したヘキジャインベスは倒され、ユグドラシルに捕われてしまう。
その後も次々とユグドラシル幹部からその目的を明かされ、目的のために多くの人の犠牲を厭わない彼らの姿勢にさらなる怒りを募らせるも、第22話にて再びユグドラシルタワーに乗り込んだ際、自身が最初に倒したインベスが裕也であった事実呉島貴虎から突きつけられ、友人を手にかけてしまったショックから暫くは落ち込んでいたもののDJサガラに「希望の対価に犠牲を要求する世界をぶっ壊せ」と諭されたことで奮起、カチドキロックシードを受け取りユグドラシルタワーに突撃、黒影トルーパー達や斬月・真と戦いタワーのスカラーシステムを破壊した。

サガラから特に口止めもされていたわけでもなく光実の正体も知らないため、普通に得た情報やカチドキロックシードの入手経路を彼に喋ってしまったことで、図らずも自身の気づかないところでユグドラシル社内に亀裂を入れる結果となった。
その後、オーバーロードインベスに接触を試みるが相手側に意思疎通するつもりが無く失敗。
戦況や風評被害などもあり長らく無職のままで家庭の家計もそろそろ苦しくなり始めた矢先、阪東清治郎の好意で「ドルーパーズ」のアルバイトをさせてもらうことになった。
また第27話で貴虎と和解し彼が味方になったと喜ぶも、彼と光実が兄弟である事までは特に知らされず、斬月・真が光実に入れかわった事もまだ気づいていなかったため戒斗から暗に忠告を受ける。

そして第29話にて沢芽市へと侵入し、力に溺れ殺戮を楽しむデェムシュの姿を垣間見たことで、彼らとの話し合いは不可能と悟り(もっとも相手が相手だったため、別の存在だったならば別の可能性が有ったかもしれない)、カチドキアームズに変身しあと一歩の所まで追い詰めるが、デェムシュを生け捕りにしたい戦極凌馬の指示を受けたユグドラシルの妨害を受け瀕死の重傷を負ってしまった。

その場は戒斗に助けられ九死に一生を得るが、そんな彼の前にDJサガラが現れる。「何がオーバーロードインベスが希望だ!!」と彼に詰め寄るも、一蹴され、逆に言葉巧みにオーバーロードインベスと同じくらいの力を求めるように誘導され掛ける。

しかしその場にいたがそれを見抜き、止めに入るものの、既に運命の輪は後戻りできない位に進んでおり、サガラが何か腹に一物を抱えている事を悟りながらも、みんなを護りたい力を得んが為に、彼の誘いにあえて乗り、極ロックシードを入手し、そのオーバーロードに匹敵する力を持ってして暴走するデェムシュを撃破した。

第33話で阪東清治郎の経営する「ドルーパーズ」で食事をとっているシーンで、「カレーの味が薄い」と言い、同時に食欲が沸かないと彼が作ってくれたカレーを残してしまう。
このシーンから味覚や身体に影響が見られることが判明し、似たような前例の存在もあって極アームズの力を手にした後遺症ではないかと視聴者からは囁かれた。
第40話ではレデュエと対峙した際にインベス化する自身のヴィジョンを見せられ苦悩するも、それでも他人を救いたいという決意を固めてそれを振り払い術を脱する。この時、足下からヘルヘイムの植物の蔓を半ば無意識に展開させており肉体のオーバーロード化が進んでいる。
第41話では元の世界に戻された舞と入れ違う形でロシュオの元に辿り着き彼と対決するも、圧倒的な力の前に打ちのめされカチドキロックシードを破壊されてしまう。しかし直後に彼を殺害したレデュエに怒り自分の手でロックシードを復活させる能力(この時サガラと同じく一度多面体を経由させ作り直している)を発揮し、極アームズの力を以て倒した。
第43話では、ヨモツヘグリアームズを使いと変身した光実と戦い、わざと光実の攻撃を受けることで、ヨモツヘグリロックシードをドライバーから引きはがし、変身解除させた上でロックシードを破壊した。
光実のこれまでの行為を許すも、先述の攻撃を受けたことが致命傷となり、意識不明の重傷を負うこととなったが、一命は取りとめており、リカらにガレージに連れて来られて息を吹きかえした。
意識を失っている間に「始まりの女」と化した舞に精神の世界で遭遇、戒斗の暴走を知って戦いに出るも不利な状況に陥り、ザックの忠告もあり一時撤退。
第45話では他の皆にも既に人間ではなくなったことを悟られ、既にヘルヘイムの森の実のみを美味しいと感じる味覚にまで変化してしまっていたことを晶に明かす。その際に「ごめん、俺・・・もう姉ちゃんの手料理、食べられなくなっちゃった・・・」と謝罪、悲しむ彼女に先に脱出するようにと促し、戒斗との最後の戦いに臨む。

「お前を倒し証明してみせる…只の力だけじゃない、本当の『強さ』を!!」

激闘の末、戒斗に勝利した紘汰。死に際の戒斗にその強さを問われた際、「守りたいという思い、見捨てないという誓い、それが俺の全てだ」と涙ながらに答えた。
紘汰は戒斗を含む皆を守りたかった。だが、己が理想を果たすためにその戒斗を倒さねばならなかった非情な運命に涙していた。人でなくなるほどの力を得ても、彼は優しさを失わなかったのだ。
なぜ泣くと戒斗に問われ、「それが俺の弱さだとしても、俺は泣きながら進む」と答えた。
弱さを抱えながらも、それを受け入れて前に進もうとする姿勢こそが紘汰の言う本当の強さなのだ。
戒斗もまたそれを認め、「お前は…本当に『強い』」と称えて息を引き取った。

最後の勝利者となった紘汰は、帰還した舞から黄金の果実を手に入れ、「始まりの男」となる。その際、極アームズに似た鎧を身にまとい舞と同様に金髪のオッドアイという神秘的な姿に変化。
そして現れ、地球を作り変えることを迫るサガラに対し、それを拒否。その力を以てインベスやヘルヘイムの植物全てを未開の星へ送り込み、一から世界を創り上げるという全く予想外の選択を突き付けた。全ての元凶に一泡吹かせた後、困難でも確かな未来を確信し舞と共に宇宙へ旅立っていった。
最終回ではコウガネを倒すために一時的に地球に帰還。決着をつけた後は光実に「俺は元気だって伝えといてくれ」と姉への伝言を頼み消えた。
二人のわだかまりが、完全に氷解した瞬間だった…

「俺たちは…いつまでも仲間だぜ…」


人物像


『仮面ライダー鎧武』という作品に出て来る主要人物は、皆どこかしらに欠点を抱えていることが示唆されており、紘汰もまたその例外ではない。
紘汰の場合は、『思慮や配慮が浅いところがあり、短絡的な行動が多い』という面が短所として描かれていた。
特に作品序盤戦極ドライバーを手に入れた当初は、むやみやたらに変身する、人気を得たことで調子に乗ってバイトを辞める、など、その短所が強く描写された。
他人に対する配慮の無さに関しても同様。特に光実との関係においては、光実自身にも問題があったとは言え、見ようによっては『普段は光実に頼り切っておきながら、肝心な場面で彼の忠告を無視する。』ような形になってしまい、結果的にそれが光実の暴走を招くことになってしまった
他にも全体を通してみれば、特に仲間内や姉などに世話を焼かれる行動が目立ち、言ってみれば『身内に甘える』悪癖があった様でもある。(このあたりは、『身内に甘い』悪癖を持つ貴虎とは似た者同士であったと言える)。

だが、それらの性質は『お人好しな熱血漢であり、自らの信じる正しさに一直線になれる』という長所に言い換えることができ、貴虎を始め多くの人物が作中で彼の影響を受けた。
また、プロジェクトアークの真相を知ったことで怒りを露にしそれまで歯が立たなかった斬月・真に善戦する、人々から忌み嫌われる結果になるであろうことを承知の上でオーバーロードとなって全人類を救う決意する、光実が死を覚悟した上で本気の殺意を向けていると知ってもすべてを許し命がけでやり直すように諭す、等他人のために本気で行動を起こせるという点は終始一貫しており、決してブレない本物の芯の強さを持っている。
上述の通り、戒斗との最終決戦に勝利した直後には「守りたいという思い、見捨てないという誓い、それが俺の全てだ」と語っており、サガラにすら予想できなかった結論を導き出したのは紘汰の愚直なまでのひた向きさあってのことだといえる。
遊び道具の延長でしかなかったアーマードライダーは、苦難を乗り越え人々の英雄である仮面ライダーとなったのである。

本編以外の動向

仮面ライダーウィザード

本編開始に先駆けて、『仮面ライダーウィザード』の第52・53話に登場している。
52話では仮面ライダーの指輪によって開かれた異空間から助けを呼ぶ声を聞きつけ、躊躇いもせず異空間に飛び込み仮面ライダーの世界へと馳せ参じた。
この時点で所持しているロックシードはオレンジパインイチゴの3個が確認されており、鎧武TV本編の時系列に当てはめると第5-7話の間に起こった出来事と推測される。口調も物語初期のものに近い。(なお助けを呼ぶ声を聞いた場所が第24話冒頭でジンバーピーチを試していた場所と酷似している事から、この時に起こった出来事ではないかと推測する説もある(服装は一致しないが)。)
この時は「取り込み中だった」と言ってすぐに帰っていった。
続く53話で再び登場。この時「仮面ライダー」の名前を知らなかった事から、少なくとも仮面ライダー大戦より前の出来事である可能性が高い。自ら『仮面ライダー鎧武』と名乗ったのはこれ以降の作品のみである。(小説の時系列表には仮面ライダー大戦の記載が無く、同書では別の世界での出来事とされていたが、ドライブアームズ変身時の紘汰の反応からこれと似た出来事が起こったのだろう。)
一方、この時の鎧武はクウガウィザードが歯が立たなかったアマダムを単独で追い詰めていたことから、始まりの男となった後の鎧武だったのではないか?と言う説もある。この場合は「仮面ライダー」の呼称の件から見て最終回→ウィザード53話→MOVIE大戦フルスロットル、もしくは口調およびオレンジアームズであることから平成ジェネレーションズの前(フルスロットルでドライブのマネをして仮面ライダーと名乗ったことは失念していたと解釈される)とされる。

本編後

詳細は該当項目及び始まりの男で。
なお、小説版の描写によると超越者になったことで、助けを呼ぶ声を知覚できるようになっており、誰かを守るため、悲しみを止めるために度々地球に赴いている様子。

MOVIE大戦フルスロットル

メガヘクスの来襲によって再び地球へ。

小説仮面ライダー鎧武

狗道供界の暗躍によってまたまた地球へ。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ

他のライダーが集結したところにベルトさんを連れて駆けつける。

平成ジェネレーションズFINAL

本作では監督の意向により、人間だったころのキャラをイメージした雰囲気となっている(演者の佐野岳氏は神様になった紘汰のイメージが強かったため、人間の紘汰のイメージを演じるのは苦労したとのこと)。

ファイナルステージ

魔蛇によって記憶と力を奪われてしまう。

仮面ライダージオウ

EP10ラスト、及びEP11・EP12に登場。
始まりの男としての紘汰、フリーターとしての紘汰の2人が登場する。こちらではフリーターとしての紘汰の行動について記載。

ジオウでの活躍

  • EP11『ジオウ・オン・パレード2018』

アナザー鎧武が誕生している影響で、冒頭に登場した始まりの男とは別に普通のフリーターとしての彼も存在しており、ドルーパーズで働いている様子が描かれている。

  • EP12『オレ×オレのステージ2013』
ドルーパーズへ果物を運んでいた所でソウゴツクヨミと対面。そこに乱入してきたアナザー鎧武と戦うジオウを見て、自身が所持していた鎧武ライドウォッチコダマスイカアームズを彼に譲渡した。

舞台「仮面ライダー斬月」

物語終盤、とある人物に憑依する形で登場する。

余談

平成ライダーでは少なくないフリーターの主人公。
上記の通り、アルバイトを複数掛け持ちしていたのだが、インベスゲームで賞金が出るようになると一気にやめてしまい、その後、晶にやんわりと叱られたことで再びバイト探しに。
ただ、凰蓮に断られたり、面接に向かう中、インベスを見かけたり、作中でビートライダーズがインベスゲームの件で責められていた際にそれで断られたりと中々バイトが決まらなかったが、最終的にドルーパーズに雇ってもらうことができた。
(とはいえ、この間に問題が多々表明されてきた為、それどころの話じゃなくなってきたという点もあるが)。

そのため、最終的な職歴はバイト→無職→バイト→である。結果、3年後の仮面ライダーに倣えば葛葉紘汰神となる。

平成ジェネレーションズFINALではどうやらそんな自称“神”と共演する……かと思われていたが、二人が出会った時の化学反応による被害が製作陣に考慮された結果、本作にて両者が出会うことはなかった。
代わりといってはなんだが、(並行世界がエニグマの力で近づいているとはいえ)『エグゼイド』の世界の住人であるはずの彼が『ビルド』の世界に降り立つという恐ろしい能力を見せた(元々ヘルヘイム自体次元を超えた存在ではあり、小説版を読めば並行世界に行き来できるのはわかるのだが・・・)。

ちなみに、ジェネレーションズFINALでとも共演することが出来た為、彼はこれまで平成二期の主人公達とは何かしらの形で共演を果たしたことになっている。
ゲスト出演ということで最後に当たる仮面ライダージオウの主人公・常磐ソウゴとも共演した為、「主人公」として置くならば現時点でまだ共演を果たしていない平成二期主人公は仮面ライダーWフィリップのみとなった(左翔太郎とは仮面ライダー大戦で共演しているので、実質的にはしたと言えなくもない)。

彼の誕生日1月30日は、平成仮面ライダー第一作『仮面ライダークウガ』の放送開始日でもあったりする。

鎧武のモチーフであるオレンジの花言葉は「優しさ」「寛大」「純粋」となっている。
彼のようにの裏切りを許し、かつては敵だった男とも手を取り合い、目の前で傷付く誰かの為に戦い続けた男にこそ相応しい言葉だと言えるだろう。

仮面ライダー鎧武』は北欧神話旧約聖書など各神話体系が設定のベースとなっているが、日本には異界にから橘(ミカンの仲間である果実)を持ち帰り、神として信仰されるようになった田道間守の伝承があり、同じく異界からオレンジロックシードを持ち帰り、やがて神に至った紘汰はある意味で田道間守の伝承をなぞっていると言える。

関連タグ

仮面ライダー鎧武 鎧武外伝 
戦極ドライバー ロックシード 
アーマードライダー 仮面ライダーガイム 仮面ライダー鎧武・闇 
ビートライダーズ チーム鎧武 
闇紘汰 始まりの男 
葛葉紘汰生誕祭 

ユグドラシル絶対に許さねぇ!
お前はもう初瀬じゃねぇ!
聞こえるー!

関連・類似キャラクター


平成ライダー主人公
操真晴人葛葉紘汰泊進ノ介

関連記事

親記事

チーム鎧武 ちーむがいむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「葛葉紘汰」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1649456

コメント