ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「俺は如月弦太朗、天ノ川学園高校の全員と友達になる男だ!」
「なんだか良く分からねぇけど、宇宙キター!
「カタカナ使えば頭いいと思ってんだろ!」

演:福士蒼汰

概要

クラス:2年B組→3年B組

仮面ライダーフォーゼの変身者で、第1話で天ノ川学園高校に転校して来た17歳。
幼馴染の城島ユウキからは「弦ちゃん」と呼ばれている。

クラスメートの歌星賢吾とは登校初日に衝突し「俺とキミが友達になる確率は0だ」と冷たく突き放されるが、逆に意地でも友達になるべく奮起。
後にゾディアーツに遭遇したところを賢吾が駆るパワーダイザーに助けられ、ユウキたちの後をつけたことでラビットハッチに迷い込む。
そして体の弱い賢吾に代わりフォーゼドライバーを使用して「フォーゼ」に変身することとなり、3人で人知れずゾディアーツがらみの事件を解決する仮面ライダー部を結成するのだった(賢吾は否定しているが…)。

容姿

如月弦太朗


胸を拳で2回叩き、その手で力強く前方を指す決めポーズとリーゼントが特徴。
天高に転校してきてからも制服である青いブレザーではなく、80年代の不良をイメージした黒の短ラン&ボンタン(冬場は更にスカジャンが加わる)をずっと着続けている。
劇中ではほぼ常時リーゼントであるが、OPの髪をセットするシーンなどで本来の髪型を確認することが可能。また、頭を擦り上げる仕草を取ることもあり、これは変身前も同様(変身前だと『キュッ』という音が鳴る)。

見た目通りと言うべきか、バトルスタイルも振り構わずのケンカ殺法。
変身前、変身後ともに頭のボリュームがあるせいかよく頭突きをする。
そしてゾディアーツ相手なら、たとえ女性であれ顔面への攻撃もグーパンチも一切躊躇しない。

劇場版ではOSTO Legacyのジャケットを着用していたが、ロケットスイッチスーパーワンとペン、マジックハンド、シールド、ランチャーのワッペンで彩られているのが特徴。背中にはデカデカと友情の文字が刻まれている。

人物

友情に熱く、初対面の相手ともすぐに「ダチ」になろうとする(ダチの対象は年齢や職業を問わない)。
友達になった相手とは互いの拳を数回打ち合わせる「友情の証」を交わす。
また「(物事)は青春の〇〇だ」という風に「青春」というフレーズを好んで使う。

「たとえねじ曲がった奴でも、その部分も含めて受け入れる」を信条としており、友情を利用する打算的な後輩『キング』の肩書を振りかざして学内で傍若無人に振る舞う独裁者、そして友のためとはいえ、一度は自分を殺した男等、各々から受けたどんな酷い仕打ちも後腐れなく許し、改心すればゾディアーツのスイッチャーや敵の親玉にすら手を差し伸べようとする程の、それこそ宇宙並みと称しても過言でない程の器量を持ち合わせている
その延長線として、エレキスイッチファイヤースイッチと言った強力なスイッチの力も受け入れることでその真の能力を引き出すことに成功している。
殴られたら殴り返す猪突猛進な剛毅さを持ちながら、オリオン・ゾディアーツとのリターンマッチでは一切の躊躇無く賢吾にバックアップを頼み背中を預ける等、意地に振り回されない柔軟さもある。

行動も思考も至って型破りだが、性格そのものは曲がったことを嫌う真っ当なものであり、一般常識や礼儀に対して意外と細かいなど、しっかりとした部分も持ち合わせている。
その為、基本的に目上の人間に対しては敬う態度を忘れず、相手が周囲から鬱陶しがられ、自分に対しいちゃもんを付けて絡んでくるメンドくさい先生自分を”不良”として偏見を向け、露骨に理不尽な態度を向ける先生であっても教師である限り、面と向かって反抗したりする事もなければ、授業態度も至って真面目で、クラスメイト達からは少々変わり者と思われながらもムードメーカーとして親しまれている描写が見受けられる。劇場版やネット版を見るに、番長介のようなワルにも信頼されているようである。

また、広く真摯な交友関係に鍛えられた鋭い人物眼の持ち主でもあり、細かな癖からリンクス・ゾディアーツのスイッチャーを特定し、表面だけの付き合いをしようとした流星も「愛想はいいが笑っていない」と見抜いてみせた。

一方で学校の成績はあまり良くなく、第7~8話で(佐竹の不良嫌いもあって)問題児に行う補習を受けたがあまり効果は無く、第23話で返された学年末テストの成績は4点だった。
第37話の宇宙飛行士選抜試験の筆記テストにおいても得点は合格基準に達しておらず、ボーナス問題に救われ合格する始末。

普段の楽観的且つポジティブシンキングな言動からバカと認識されやすいが、先述したように鋭い洞察力や機転の効きやすさを持っている事から、決して物覚えが悪いというわけではなく単なる勉強嫌いである模様。
実際、その気になれば、それまで全く無経験だった事(ボクシング、釣り、ギターなど)もほんの数分から数時間の練習だけで基礎程度のレベルにまで達する事ができていることから、寧ろ学習能力は人並み以上に高い事が窺える(両親の職業も相応の学力を必要としていたので遺伝だと思われる)。

そして、真摯な性格もあってか見た目によらず意外と異性にモテる(ただし弦太朗本人は無自覚)。
ちなみに好きなラーメンの味は醤油味(第11話)。
逆にオカルトチックな事や虫が苦手で友子が首からぶら下げていたセミの抜け殻(入りの瓶)にビビっていた。

小3の時に両親が交通事故で他界し、以後はバイクチームのメカニックをしていた祖父の如月吾郎に引き取られて全国を転々としていた。
友人を作りたがるのは、両親の存命時に新しい友人を家に連れてくると喜んでもらえたことがきっかけである。
両親は何らかの高度な分野の技術者だったらしい…とされていたが、後にメインライターの中島かずき氏より「税務士と弁護士です」と発表された。

別作品との共演時

また、先輩ライダー達に対しては総じて、彼なりに敬意を払った態度を向けている(中にはそんな弦太朗の敬意を邪険に扱った先輩もいたもののその時は状況が緊迫していたものだったので、中の人が原典と同じ人であるのなら、平時であれば寧ろ意気投合してダチになっているかもしれない)。
特にアマゾンとは『トモダチ』繋がりで良い関係になっている。

他媒体展開では友情への熱さにさらに拍車が掛かっており、ロボット迫害を受けた過去から旧人類への叛逆に乗り出した超能力者超ネガティヴな兄弟、果てはイライラしたというだけで人を殺す奴自我の存在しないライダー風都史上最悪のテロリストにまで友達の輪を伸ばそうとしている。
宇宙海賊一風変わった転校生と解釈してダチになろうとしたり、36番目のスーパー戦隊宇宙キター!を伝授したり、世界の破壊者宇宙警察とダチになってヒーロー達の救援に駆けつけたり、未来からやって来たウルトラマンと必殺技を決めたりと仮面ライダー以外のヒーローとの関係もかなり良好。彼の友情の輪は銀河のように止まるところを知らない。

しかしながら、彼らの悪行に対してはきちんと異を唱えた上でダチになろうとしているし、XVⅡが攻撃された際には血も涙も無い宇宙鉄人に対して本気で怒りを露わにしているので、我慢に限界が無いという訳では無い。


そして5年後…

弦ちゃんビフォーアフター


MOVIE大戦アルティメイタム」では5年後の姿が描かれ、天ノ川学園高校の教師となりグレーのスーツ姿を披露した。
そして劇中と同じく5年後、2017年12月公開の『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』で約5年ぶりに登場。こちらは「MOVIE大戦アルティメイタム」の前日譚に当たる。

宇宙へ飛び立つユウキとそれをサポートする賢吾の2人を見送るためにロシアに滞在していたが、JKからの連絡で財団Xの暗躍を知り帰国。
財団Xの科学者・最上魁星が変身したカイザーリバースの攻撃を受けそうになっていた宝生永夢万丈龍我を救助し、自身はフォーゼに変身して立ち塞がったダミーのホロスコープス軍団と相対する。
ダミーホロスコープス撃退後は他のレジェンドライダーとも合流し、財団Xが量産したXガーディアン軍団の殲滅に貢献。
事件解決後、別れの際にビルドこと桐生戦兎と友情のシルシを交わしたのだった。

仮面ライダージオウでは…

第4話ラスト、天ノ川学園高校にて後ろ姿らしき姿が映された。

第5話でのアナザーフォーゼの誕生に伴う歴史改変によりフォーゼではなくなっているが、現代(2018年)でも正史通り天ノ川学園の教師、そして仮面ライダー部顧問となっており、家出した生徒を探すため学校を空けていた。
しかし常磐ソウゴの来訪には備えており、「いつかすっげぇ奴が来るからこれを渡してくれ!」フォーゼライドウォッチを先代顧問の大杉に預けていた。

今回は後ろ姿のみの登場であり、オリジナルキャストである福士氏は仮面ライダー部室内にあった学生時代(本編放送当時)の写真、及びライブラリ音声での登場となった。

その後、第6話終盤でソウゴがファイズとフォーゼにブランクウォッチを渡しに向かったことから、2011年にてブランクウォッチを受け取った模様。

余談

企画段階では強面で不良寄りのキャラクターであったが、演じることになった福士蒼汰氏に合わせて笑顔の似合う現在の弦太朗のキャラクターへと変更された。

ちなみに名前の由来となった如月(2月)の誕生花はツルニチニチソウで、花言葉は『生涯の友情』だったりする。
まさしく、弦太朗の性格を現した花言葉といえよう。
また、2016年のドラマ『お迎えです。』ではキャラが違うが福士蒼汰が堤円を演じている。しかも宇宙つながり!



関連タグ

仮面ライダーフォーゼ フォーゼ 主人公 歌星賢吾 城島ユウキ 
風城美羽 JK(ジェイク) 大文字隼 野座間友子 朔田流星 大杉忠太
仮面ライダー部 宇宙キター! 天ノ川学園高校 園田紗理奈 佐竹剛 速水公平 宇津木遥 我望光明
三浦俊也 佐久間珠恵 鵜坂律子 美咲撫子
鬼島夏児 山田竜守 エリーヌ須田 杉浦雄太
リーゼント 髪下ろし弦太朗

未空イナホ……後継者?


左翔太郎フィリップ……仮面ライダーとしての先輩。「MOVIE大戦MEGAMAX」で初顔合わせ、共闘。
翔太郎とは「元ツッパリ(翔太郎)と現役ツッパリ(弦太朗)」、人情に篤い熱血系な性根、「街を 泣かせる奴は許せない」(翔太郎)&「ダチを 泣かせる奴は許せない」(弦太朗)などの点で意気投合、フィリップからも「似たもの同士」と太鼓判を押されている。
なお、Wという仮面ライダーの存在自体は、仮面ライダー部としてのライダー調査で知っていたらしい。

火野映司……仮面ライダーとしての直近の先輩。「将軍と21のコアメダル」で初顔合わせし、以降「MEGAMAX」、平ジェネFINALなどで共闘し、ともに永夢戦兎万丈に力を貸す。年長者として弦太朗にも「久しぶり、弦太朗くん。友達増えた?」などと気遣いなどを見せてくれる。

操真晴人……仮面ライダーとしての直近の後輩
フォーゼ映画「みんなで宇宙キターッ!」で初顔合わせし、以降「MOVIE大戦アルティメイタム」などで共闘。魔法使い「ウィザード」として戦っていた晴人が「仮面ライダー」という概念を知ることになったきっかけ。

宝生永夢万丈龍我……仮面ライダーとしての後輩
教師になる少し前、天ノ川学園に戻ってきていたところで、財団Xの科学者・最上魁星の平行世界融合計画の要となる装置「エニグマ」を探し奔走する二人と出会い、手を貸すことに。

伊達健太……フォーゼ同様に学園青春で宇宙モチーフの作品の高校生主人公であり、後に母校の教師になったと言う共通点がある。

キャプテン・マーベラス桜田ヒロム北条響星空みゆきニチアサ同期の主人公。

東方仗助……現役高校生・前時代的な髪型・機転を効かせるのは得意・仲間思い・異性にモテる等何かと共通点が多い。

火野映司如月弦太朗操真晴人

関連記事

親記事

仮面ライダー部 かめんらいだーぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「如月弦太朗」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「如月弦太朗」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1622538

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました