ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

白黒つけようか——この化かし合いに


最狂の敵に、挑め


概要編集

特撮番組『仮面ライダーギーツ』の劇場作品。正式名称は『映画 仮面ライダーギーツ 4人のエースと黒狐』。

2023年7月28日公開。同時上映は『映画 王様戦隊キングオージャー アドベンチャー・ヘブン』。


監督は『ギーツ』のパイロット監督を務める中澤祥次郎、脚本は高橋悠也が担当。中澤・高橋のタッグによる映画作品は『劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』以来約6年ぶりとなる。


この時期のライダーではかなり珍しいキャッチーなサブタイトルだが、そのタイトルに違わず公開前のキャスト陣へのインタビューにおいても、コメディ路線の作風であることが語られていた。実際、キャラ崩壊も甚だしい4人の英寿それぞれのキャラクターが本作のコメディ要素のほとんどを占めている。監督の中澤もフロップの段階から明るく楽しい作品にすることを前提とした方向性の元で、高橋とともに脚本作りをスタート。制作スタッフからたくさんの案を纏めていき最終的にはどんな設定であれ「明るくバカバカしい感じの英寿を観てみたい」という結論に落ち着いたと語っている。

その一方で、夏映画おなじみのスタイリッシュなアクション、熱い展開も健在。


バトルファミリア』同様次回作『仮面ライダーガッチャード』の主人公ライダーである仮面ライダーガッチャードが先行登場。


なお、本作は2023年4月1日から施行された日本映画制作適正化認定制度の認定作品第1号となる。

そのため、夏映画ながら新フォームは主役ライダーの限定形態ぐらいで、現存するライダーのフォーム自体も少数しか登場しない。


2023年11月29日にDVD&Blu-ray発売。コレクターズエディションには、特典としてメロの過去を描いた小説『Who is Mero?』が付属。


あらすじ編集

突如として世界が4つに分裂した。

それぞれの世界に飛ばされてしまう景和、祢音、道長、ツムリは、現代とは何処か雰囲気の異なるそれぞれの世界で、何処か様子が違う4人の英寿に何故か遭遇!?

なんと英寿も4人に分裂してしまったのだ。


道長「はぁ!?」

「なんか変だぞ…?」

景和「足引っ張んないでよ!」

ツムリ「こんなの英寿じゃないっ!」


困惑を隠せない一同を襲う謎の敵とジャマト。

その原因は「神殺し」の異名を持つ指名手配の未来人・メラメロによって始められた世界滅亡ゲームだった。


英寿と世界の危機に、タイクーン、ナーゴ、バッファ、さらにケイロウ、ロポ、パンクジャックも参戦。

そんな奇想天外な展開に現れたのは、漆黒のギーツ--クロスギーツ--。

神をも凌駕するとされる最狂の力が襲い来る。


クロスギーツシロスギーツ


英寿の、そして世界の運命はいかに――!?


「開幕から、ハイライトだ!」

「みんなが願う限り……世界は変えられる!」


登場人物編集

主要キャラ編集



ゲストキャラ編集


先行登場編集

上映時は共にCV非公表。


限定ライダー/フォーム編集

GOD KILLER

未来人・メラが変身するギーツⅨに酷似した姿をした漆黒の仮面ライダー。

ブーストマークⅨを黒く染めたようなXギーツレイズバックル専用のコアIDで変身する。


ギーツワンネス

仮面ライダーギーツワンネスコアIDワンネスレイズバックルブーストマークⅢレイズバックルで変身する新たなギーツの強化形態。


主題歌編集

Desire編集

本編のOPテーマ『Trust・Last』を倖田來未とともに担当する湘南乃風が単独で担当する。

湘南乃風が夏映画の主題歌を担当するのは『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』以来10年ぶり。(ただしあちらは「鎧武乃風」名義)


時系列について(最終話のネタバレ注意)編集

本作の時系列に関しては、公式から直接的な情報は一切明かされていない。しかし、『ジャマト・アウェイキング』のあらすじ説明に「TVシリーズ、夏映画のその後を描く」とあることから本編後の物語であると思われ、最終話におけるジーンの「新しいデザイアグランプリを始める動きがある」という発言と本作の冒頭が繋がっていることや、その他様々な描写からもほぼ確定とみて間違いない。英寿の登場時の服装も最終回終了時のタキシードであり、このことを補強している。

また、同じく最終回後の物語であると思われる『最強ケミー★ガッチャ大作戦』との前後関係は明かされていない。


ただし、クロスギーツの誕生経緯を考えると45話にクロスギーツとメロが登場することに対して些か矛盾が生じてしまっている。

これについてメタ的に言ってしまえば、あくまで映画宣伝のためという特殊な出演であることや、演者である長田氏のスケジュールの都合(アフレコはなんとか行えた模様)という可能性もあるため、あまり深く考えすぎない方が良いと思われる

理由を考えるとすれば、彼らは未来人であるため、映画内でクロスギーツの力を手に入れた後、英寿に倒されるまでの間に45話の時間軸に来たと考えるのが妥当であるとの推測もあった。(一部ではバックルの使いこなしを学ぶために、過去の英寿の戦闘を観測しに来たとも)。

もしくは外見だけクロスギーツの姿で見物して、ギーツⅨの対策を練ってきたという推測もあった。

後に『Who is Mero?』にてその点についてとある神の能力が関係していたことが判明している。


脚本の高橋悠也は最終回のオーディオコメンタリーで「劇場版の時系列がどこにあたるかは視聴者の想像に委ねるが、もしかしたら最終回にヒントが散りばめられてるんじゃないか」と述べている。


余談編集


  • 公開約一週間前となる7月23日放送の第45話にはメラとメロが先行登場(メラはクロスギーツに変身した状態)。今作に繋がる発言を残した。


  • 予告の時点での4人に分裂した英寿のあまりのキャラ崩壊っぷりから、ネット上では「これ4人の英寿じゃなくて4人の簡秀吉だろ」と言われており(簡は英寿とは対照的に超天然&ポンコツなことで有名)、本作を鑑賞したファンからは「4人の簡秀吉と黒狐」「1人のエースと3人の簡秀吉と黒狐」とネタにされている。

  • また、オールライダー対大ショッカー以降の夏映画では必ず冬映画の宣伝があったのだが今回は行われていなかった。そのためファンの間では「もしかしたら『ガッチャード&ギーツ』は公開されないのでは?」と、不安の声が浮上していたが、10月に冬映画『最強ケミー★ガッチャ大作戦』の公開が発表された。

関連動画編集

  • 特報


  • 最新映画情報①


  • 最新映画情報②


  • 最新映画情報③


  • 本予告


  • 最新映画情報④


  • 最新映画情報⑤


  • 最新映画情報⑥


  • ファイナル予告(主題歌初公開)


  • 最新映画情報⑦(ガッチャード登場)


  • 最新映画情報⑧


  • 最新映画情報⑨


関連タグ編集

仮面ライダーギーツ 劇場版仮面ライダー

4人の英寿(力の英寿知恵の英寿運の英寿???)


劇場版仮面ライダー

MOVIEバトルロワイヤル→(シン・仮面ライダー) → 4人のエースと黒狐最強ケミー★ガッチャ大作戦


夏映画

バトルファミリア4人のエースと黒狐ザ・フューチャー・デイブレイク

関連記事

親記事

仮面ライダーギーツ かめんらいだーぎーつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108944

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました