ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「未来がどうなろうが知ったことか!!は叶えてみせる……ギーツが目指した、誰もが幸せになれる世界を!!目の前の小さな幸せを守らないで…何が"守れる"だ!?」


英寿「……それでこそバッファ。お前の願い、確かに受け取った」


ベロバ「フフフ……さあミッチー、究極のジャマトになっちゃいなさい!アハハハ!」


英寿「バッファ、お前は"仮面ライダー"だ。お前の願い…貫いてみせろ!!」


「うわぁぁぁぁぁぁあーーっ!!!!……これは…!?」


ベロバ「はぁ!?何よあれ…!?」


ドゥームズギーツ「……何?」


『SET LIBERATION』


「変身!!ハアアアアァァァァァーーッッ…!!」


『AWAKENING POWER』


『PLOSION RAGE』


『READY FIGHT』


概要編集

Vシネクスト『仮面ライダーギーツ ジャマト・アウェイキング』に登場する仮面ライダーバッファの新たな形態。

デザイアドライバープロージョンレイジバックルをセットして変身する。


ベロバによって吾妻道長に眠っているジャマトの力が覚醒したことによりあわやジャマト化しかけたが、それと浮世英寿の創世の力、道長自身の願いが掛け合わされたことでプロージョンレイジバックルならびにこの形態が誕生した。


2024年4月26日、レジェンドライドケミートレカ投票では第3位に君臨。おおよそはバッファケミーの色違いだが、頭にフェイスガードが装着されている。


変身編集

プロージョンレイジバックルを分離して左右からドライバーに装填し、バッファの変身ポーズをとってゾンビレイズバックルのようにスロットレバーを捻ることで、バックル中央の爪のギミックが開いて変身シークエンスに移行。

全身が紫色の禍々しい蔓に包まれ、上空の『PLOSION RAGE』のロゴが銀色の爪が付いた手へと変化、変身者を握り潰す様に包み込むと砕け散ってアーマーを形成。その後、掲げた左腕に巨大な爪状の拡張武装を装着して変身が完了する。


変身音はシノビレイズバックルブジンソードバックルと同じくエフェクトが掛かっているがさらにジャマトバックルよろしく禍々しくくぐもっている。


外見編集

色を基調としたボディと、全身のそこかしこに茨を模した紫色のラインが散りばめられ、背中にはゴッズウォールが付けられている。また、頭部にはギーツⅨに似たイヤリングのような装飾が施されている。左腕の肘から先にはバーサークローを連想させる巨大化した爪が装備されている。爪はよく見ると5本全てにチェンソーの刃が搭載されているゾンビフォームの装備であるバーサークローとゾンビブレイカー両方の特性を持っていると言えよう。


全体的にゾンビフォームやフィーバーゾンビフォーム(ジャマ神)を強化、発展させアクセントにジャマトフォームを加えたようなデザインとなっている。


なお、ボーイズトイフィギュアシリーズの「リボルブチェンジフィギュア」では劇中では見せなかったリボルブオンした姿も再現可能。


後述するようにプロージョンレイジのスーツは下半身がモンスターフォームの流用であるためか、リボルブオン形態の上半身は灰色になったモンスターフォームという印象を受ける(なお、リボルブオンしても巨大な爪は変わらず装備される模様)。ただし、顎がエントリーフォームベース、爪を装備しているためにモンスターグローブに相当する部分がオミットされているなどの差異がある。


スペック編集

この形態の何よりの特徴は、かつてのジャマ神の力と異なり、仮面ライダー・ジャマト双方に対抗可能な力を備えた事だろう。


道長のジャマト因子と英寿の創世の力を組み合わせた影響か、ライダーとしての単純な戦闘能力だけならギーツⅨと肩を並べるレベルにまで向上。その力を存分に活かし、ギーツⅨと同一の力を持つ仮面ライダードゥームズギーツ相手に必殺技をゴリ押しする形で互角以上の接戦を繰り広げた。

ことブジンソード&ファンタジーフォームすら苦戦させたキングジャマト相手には殆ど一方的なワンサイドゲームを展開。最終的に2人と共に撃破している。


もっとも変身者の身に宿った創世の力は別であり、劇中ドゥームズギーツはバッファに創世の力(空間破壊やギーツⅨ戦で見せた手足や武器へのエネルギー付与など)及びギーツテールナインは使用していない。その上、やろうと思えばすぐさまプロージョンレイジバックルを創世の力で作り変えて無力化することができた。道長の想いの強さを目にしたドゥームズギーツはこれを実行しようとしたが、ギリギリで拘束を破った英寿/ギーツⅨの横槍が入り未遂に終わっている。


爪状の拡張武装は強力な引っ掻き攻撃を繰り出す他にも、チェンソーの刃を回転させ壁をよじ登ることも可能。また、極めて高い防御力・防御面積を備えた盾の役割も備え、ドゥームズギーツの持つ金色のギーツバスターQB9やキングジャマトの攻撃すら物ともしない頑丈さを誇る。


巨大過ぎる爪も相まって身のこなしというよりも防御力・攻撃力に比重を置いた性能となっており、敵の攻撃を真正面から受け止めていく道長らしい形態となっている。



使用アイテム編集

起動前はバックル二つが一体化されており、変身する際にバックルを分離させてからドライバーに装填する


変身ベルト。


必殺技編集

  • プロージョンレイジストライク

『PLOSION RAGE STRIKE』

「あらゆる憎しみは…、この俺がぶっ潰す!」

スロットレバーを1回回して発動。劇中では、巨大化した爪での切り裂き攻撃や爪を地面に突き刺すことで紫電を放った。


  • プロージョンレイジビクトリー

『PLOSION RAGE VICTORY』

スロットレバーを2回回して発動。

劇中では、全身にエネルギーを纏いながら回転突進するスクリューアタックライダーキックを披露している。


立体化編集

リボルブチェンジフィギュア PB10 仮面ライダーバッファプロージョンレイジ&ジャマ神&フィーバー&コマンド&レイジングセット』にて立体化。


同商品のオプションパーツとしてフィーバーゾンビフォーム(ジャマ神)コマンドフォーム用のパーツ、刃部分の造形を見直したゾンビブレイカーが付属している豪華仕様となっている。


プレミアムバンダイの商品紹介ページでは、作例としてプロージョンレイジをベースに下半身をゾンビフォームに換装した形態、加えてハクビがプロージョンレイジをベースにコマンドフォームの下半身を装着した形態(いずれも正式名称不明)が紹介された。前者はともかく、後者は沙羅さんもびっくりの組み合わせである。


装動でもブログ内のドゥームズギーツの先行レビューにて立体化が披露されている。装動ガヴGV1にて収録予定。




余談編集

  • 「プロージョン」は「破裂」、「レイジ」は「怒り」、「LIBERATION」は「解放」を意味する言葉。本予告でも「怒りのバッファ」となっている。自身の行く手を阻み、他者を弄ぶ者への怒りを燃やす吾妻道長/バッファにふさわしい名前といえる。
    • これを示すように上記の仮面ライダードゥームズギーツとのやり取りでは大勢のために少数を犠牲にする身勝手な考えに対し激昂している。本編ではデザグラや理不尽な世界自体に怒りを燃やしていた道長が、誰かのために怒りを燃やせるようになったといえよう。

  • また、かつてジャマトより先にライダーを狩ることで命を救う目的のため(※36話参照)とはいえ、ベロバの誘いに乗ってジャマ神を目指すまでになっていた道長だが、英寿に諭されたことで平和な世界を皆で願い叶えるよう考えと行動を改めることになった。その道長がベロバの誘いも完全に振り切り、変わってしまった白髪の英寿を止めるために変身するこのフォームは本編を経た彼の成長を体現する姿といえる。


  • バッファには二段階のパワーアップが構想されており、その二段階目のパワーアップ案がベースとなっていることがフィギュア王(No.310)にて明かされている(一段階目の案は最終的にフィーバーゾンビフォーム(ジャマ神)という形になった)。
    • なお、当初ではゾンビフォームの延長線上ということでパープルカラー主体のデザインであったが、旧来のバッファからイメージを変えたい、そして武部直美プロデューサーからジャマトならではで植物由来の意匠も追加してほしいとのオーダーから、銀色主体でかつジャマトのツタが模様として入れられている。

  • 道長役の杢代和人氏は、「他のメインライダーのような専用強化フォームが本編で登場せず悔しい思いをしていた所に、今回の台本で専用強化フォームを貰うことを知りガッツポーズを掲げた」と語っている。
    • …だが実際にスーツを見ると思っていたのと違ったらしい(杢代氏はゾンビブレイカーを巨大化させたような武器を持った姿を想像していたようである)。


関連タグ編集

仮面ライダーギーツ 仮面ライダーバッファ

強化フォーム 最強フォーム 究極フォーム

Vシネマ限定フォーム


4号ライダー最強フォーム

インペリアルデモンズフィーバーゾンビフォーム(ジャマ神)/プロージョンレイジ


Vシネマ限定フォーム

ライブマーベラス / エビルマーベラス / インペリアルデモンズプロージョンレイジ

関連記事

親記事

プロージョンレイジバックル ぷろーじょんれいじばっくる

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55219

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました