ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

『FULL CHARGE』


「おっ…抜けた…!ってことは…」


『TWIN SET』


『TAKE OFF COMPLETE JET AND CANNON』


『READY FIGHT』


「凄ぇなこれ…!」


概要

仮面ライダーギーツ』に登場する形態。

デザイアドライバーに、一対のレイズバックルであるコマンドツインバックルを装填して変身する。

変身音は意訳すると「離陸完了、飛行と砲撃」


リボルブオンによってジェットモードキャノンモードの2つの形態を切り替えて戦う。

白銀の重装甲に覆われているが、ジェット半身とキャノン半身は武装以外は基本的に同じ形状であり、フィーバーフォームのような上下に同じ装甲を装備した形で、ジェットはオレンジ、キャノンはブルーで差し色が異なっている。


変身時は他のレイズバックルと違い、ロゴが変身者の前面に出現する。バックルを操作すると他のレイズバックル同様ロゴがアーマーに変化し、左右に展開され装着される。


特徴

『仮面ライダーギーツ』における中間フォームに当たる形態なのだが、バックルはどのライダーでも使用できるため、主人公であるギーツだけではなく他の仮面ライダーも使用している。


この形態になるにはまずレイジングフォームに変身し、レイジングソードのエネルギーを溜め込んでからコマンドキャノンバックルを解放させなければならない。一度変身するにはある程度の時間と手間を使う二度手間な形態でもあり、敵が複数人いない状況ではあまりチャージをためられず中々変身できないという独自の欠点がある。


デザイアグランプリのルール上、本来仮面ライダー同士が戦闘するのは御法度でありもっぱら敵は複数で行動していることがザラなジャマトなので、元から敵側と複数相手取ることを考慮した設計になっているのもある種当然である。


デザイアグランプリの新シーズン開幕後はチャージを貯める間もなくゲームを有利にしなければならなかったり、そもそも制限時間が設定されていることも多かったので、あまりコマンドフォームが活躍する機会には恵まれなかった。


ギーツは一度も入手せず他の大型バックルをメインで使い、次の中間フォームへ移行した。

タイクーン第18話で入手して使ったものの以降は第28話まで全く出番がなく基本形態のニンジャフォームを優先して使っていた。その第31話以降も出番はないまま、最強フォームへと移行した。


第40話にて景和ツムリに強力なバックルを要求する際、回数制限のあるブーストや、ギャンブル要素の強いフィーバースロットを優先していたことからも、本形態がいかに扱いづらいのかが強調されることとなった。


しかし、出番は少ないながらも中間形態ポジションなだけあり並の大型バックル形態程度ならば通常攻撃一発でオーバーダメージを与えられる攻撃力の高さを持っており、ジャマトライダーやラスボスのフォートレス級ジャマトすら倒せる高いポテンシャルも秘めている。飛行能力を駆使し仲間の窮地を助けた場面も存在する。


物語終盤となって創世の力によるレイズバックルが登場したため霞みがちだが、DGP運営が管理しているレイズバックルの中では間違いなく高水準の性能を持っていると言えよう。


高性能とは言えブーストはほぼ一発限りの使い捨て戦力、フィーバースロットはフィーバーフォーム所か小型バックルを引いて弱体化すらあり得る運任せ仕様な点を考慮すれば、チャージありきとはいえ恒久的かつ安定して戦力を強化させられるのがこちらの長所と言える。


ジェットモード

「コマンドジェットバックル」をドライバー右側でツインセットするか、キャノンモードからリボルブオンすることで変身する形態。

スペック

ギーツ

Jet & command

「城ってのは外側からも崩せる。武器次第でな。」

身長205.2cm
体重96.0kg
パンチ力10.6t
キック力26.2t
ジャンプ力24.2m(ひと跳び)
走力6.0秒(100m)

タイクーン

ジェットモード

身長193.2cm
体重94.3kg
パンチ力10.0t
キック力25.3t
ジャンプ力23.0m(ひと跳び)
走力6.5秒(100m)

バッファ

《KAMEN RIDER BUFFA COMMAND》

「ギーツ、お前を超えてみせる!!」

身長209.6cm
体重104.4kg
パンチ力10.4t
キック力25.5t
ジャンプ力22.3m(ひと跳び)
走力6.9秒(100m)

ギーツは第15話、タイクーンは第18話、バッファは第25話で初使用。

基本スペック自体はブーストフォーム以下でありパワーは(パンクジャックの)フィーバーモンスターフォームと同等レベル。特にスピードは見た目通りの重装備形態なだけあってニンジャフォーム以下とそれぞれの面ではフィーバーフォームと前後する程度ではあるが、後述の能力を含めたトータル性能ではデュアルオン形態やフィーバーフォームを遥かに上回る性能を誇る。


高い空戦能力故か、パンチ力とキック力はキャノンモードより低いが、空気抵抗の調整やスラスターによる加速を乗せる事で短所を補うことが可能。


ジェットモードとなったことで脚部に集中していたユニットが上半身に移行し、ホバー程度だったものはこの重量で軽々飛行させられるだけの装備となっている。その証拠にジャンプ力は段違い。が、バッファ使用時は彼の力のゴリ押しによる戦闘スタイル故に、格下の通常形態であるギーツ・マグナムフォームにはレイジングソードで大振りになった隙を狙われて互角の戦いに持ち込まれてしまった。


第42話ではプレミアムケケラプレミアムベロバとの戦闘で久々に使用、道長の戦闘経験も合わさり敗北こそしたものの敵の銃撃を避けながら善戦する姿を見せた。


Vシネクスト作品『ジャマト・アウェイキング』でも引き続き道長の主兵装として使用され、ビショップジャマトナイトジャマト達を相手に2対1でも圧倒的な実力差を見せつけ撃破(何気に映像作品で道長のコマンドフォームが勝利を果たすのは今回が初である)。


両肩に展開された姿勢制御装置「ウインガンカー」

  • 風を受ける事で揚力を発生させ飛行を可能とする。
  • 加速で生じた衝撃波を切断攻撃として応用しジャマトなどを叩き切れる
  • 先端をアンカーとして何かに打ち込むことができるため、急旋回も空中静止もできる

という、破格の機能を備えている。

キャノンモード時は腰部に移動し、空を飛ぶほどでなくても揚力の発生によって砲撃戦の機動力を補い、必殺技発動時には地面に打ち込んで反動の支えにする。


胸部「ジェットシンクロジション」は優れた空間認識能力と鉄壁の防御力により、単独でミッションを遂行できる程の能力を与える。

腕は「ツインハンド」となり、飛行時の風圧の中でもレイジングソードを自在に振るうことができるようになる。

ウインガンカーが備わる肩アーマー「エアロディフェンダー」は空気抵抗を自在に制御することができる特殊フィールドを展開し、飛行速度を飛躍的に向上させる。


太腿の「キャノンボトムポジション」は火器管制装置の役目を果たしスラスター制御を行い、「ブラストディフェンダー」による特殊フィールドの展開で飛行中の衝突物や着陸時の衝撃から下半身を守り、「ツインフット」は重装備の装甲を活かした、超高度からの急降下キックによる砲撃並みのキックを放つことができる。


レイジングフォームから頭部の「コマンドヘッド」はJモードが起動。視覚化された高度な情報処理能力や目視による対象のロックオンが可能で、飛行時に対象の追尾などで効果を発揮する他、「ジェットヘッドガード」に付与された拡張機能が空戦に関するあらゆる能力を高めている。


キャノンモード

「コマンドキャノンバックル」をドライバー右側でツインセットするか、ジェットモードからリボルブオンすることで変身する形態。


スペック

ギーツ

仮面ライダーギーツ コマンドフォーム キャノンモード

身長205.2cm
体重96.0kg
パンチ力12.8t
キック力32.0t
ジャンプ力15.2m(ひと跳び)
走力6.5秒(100m)

タイクーン

仮面ライダータイクーン コマンドフォームキャノンモード

「今度こそ…勝ち抜く!」

身長193.2cm
体重94.3kg
パンチ力12.2t
キック力31.1t
ジャンプ力14.0m(ひと跳び)
走力7.0秒(100m)

初使用は第13話でギーツが変身。タイクーンは第14話で変身した。

こちらも基本スペック自体はブーストフォーム以下であり、やはりと言うべきか単純なスペック自体はフィーバーフォームと大差ない。

破壊不可能と称される城塞ジャマトを、外部から破壊可能なほどの高い砲撃能力が最大の特徴。


高い砲撃戦能力故か、走力とジャンプ力はジェットフォームより低いが、ゼロ距離砲撃でも問題ない装甲や追尾性能によって短所を補うことが可能。


キャノンモードとなったことで脚部に集中していたユニットが上半身に移行し、着地やキック時などの限定的だった防護性能から全体的に特殊フィールドを展開する事ができる装備になっている。


目を引く両肩の大砲「トロンキャノン」

  • ショートバレルながらも有効射程13km
  • ロックオンでホーミング化する
  • しかも発射直前に荷電粒子を収束させて攻撃する荷電粒子砲の一種

という、こちらもこちらで破格のスペックを誇る。

ジェットモード時は砲撃の代わりにスラスター機能を宿し、変身者に莫大な推進力を与える。


胸部装甲「キャノンシンクロジション」は優れた火器管制能力と鉄壁の防御力により、単独でミッションを遂行できる程の能力を与える。

腕は「ツインハンド」となり、レイジングソードと砲撃を組み合わせることにより近~中距離攻撃を可能とする。

トロンキャノンが備わる肩アーマー「ブラストディフェンダー」は爆風による自傷ダメージを極小化する特殊フィールドを展開し防御する。

太腿の「ジェットボトムポジション」、足首の「ツインフット」により、三次元的機動力と高いジャンプ力や加速力、それらに強化されたキック力により、砲撃特化の重武装とは思えない程の運動性能を与え、その際の空気抵抗は膝の「エアロディフェンダー」から発する特殊フィールドで制御している。


レイジングフォームから頭部の「コマンドヘッド」はCモードが起動。視覚化された高度な情報処理能力や目視による対象のロックオンが可能で、砲撃のホーミングなどで効果を発揮する他、「キャノンヘッドガード」に付与された拡張機能が砲撃戦に関するあらゆる能力を高めている。


DGPに参加している仮面ライダーの視界には、左上にミニマップと現在地、下部にHPとエネルギー量を示すゲージ、右側にチャットログとFPSを思わせるまさしくバトルロワイヤルゲームらしい画面が表示されているが、コマンドフォーム時は複眼を覆う「コマンドゴーグル」の様な太いV字型のオレンジ色のエリアが追加され、ロックオン機能使用時にはより鮮やかなオレンジとライトブルーの2種の照準によって敵に狙いを定めるエフェクトが入る。


なお、仮面ライダーバッファはキャノンモードを劇中では一度も使用しておらず、前述のジェットモードのみの使用となった。近接戦を得意とする道長の性格上、慣れない遠距離攻撃よりも高速移動しながら敵をレイジングソードで切り裂くジェットモードの方が性に合っていたのだろうか。また、空を飛べる点とスピードではフィーバーゾンビフォームよりも有利だったのも大きいのかもしれない。


必殺技

コマンドツインビクトリー

『LOCK ON』

『COMMAND TWIN VICTORY』

キャノンバックルのボタンを押してエネルギーをチャージ。その間に対象をロックオンした後レバー操作で発動する。

モードによって異なるが、どちらもキャノン側にエネルギーを集中させて放つのが特徴。


  • ジェットモード

キツネ狩り、その結末

飛翔しながら水色のエネルギーを纏ってライダーキックを放つ。なお、この際はボタン操作によるロックオンは行わなかった。

第16話ではタイクーンのタクティカルレイジングとナーゴのタクティカルファイアによって足止めされたグレアに向かって放ち、大ダメージを与えた。

ガンバライジングでは敵の頭上へ飛翔し、真下へと飛び蹴りを叩き込む。


  • キャノンモード

仮面ライダータイクーン

トロンキャノンの砲口に水色のエネルギーを集中させ、強烈な砲撃を放つ。

第13話でのギーツはビームとして、第14話でのタイクーンは大量の光弾を放つ形で使用した。

前者の発射時には腰からウインガンカーが伸縮してアンカーとなり、発射の際の反動を軽減する。


グレイトハイパービクトリー

『GREAT HYPER VICTORY』

ジェットバックルのボタンを操作して発動。

劇中未使用。


タクティカルレイジング

仮面ライダーバッファコマンドフォーム

『RAISE CHARGE』

『TACTICAL RAISING』

コマンドフォーム変身後、バックルソケット横のボタンを押して「レイズチャージ」してから放つ必殺技。 刀身に炎と雷撃を纏わせ、15話ではギーツがラフレシアフォートレスジャマトに突撃してとどめを刺し、16話ではタイクーンがグレアに使用してギーツのコマンドツインビクトリーまでの時間稼ぎを行った。


『MOVIEバトルロワイヤル』では仮面ライダーシーカーに対しリバイ・ビートフォームの「タクティカルファイア」と共に使用。『ジャマト・アウェイキング』ではバッファが超高速で移動しながら敵を次々と斬り裂くパターンを見せ、2体のジャマトを纏めて撃破した。


余談

  • パーソナルアクセサリーの「ギーツテール」「タイクーンバンデージ」「バッファムレータ」はレイジングフォーム時点では装備されているがコマンドフォームでは外されており、これまでの形態とは大元から異なる存在である事が分かる。
    • パーソナルではないアクセサリーは引き継がれるらしく、25話のかみなりジャマト祭りの参加者が共通して着用している「鈴が取り付けられた鎖」は、バッファがコマンドフォーム変身後も身に付けたままとなっていた。

  • コマンドツインバックルがキャンペーン都合(あちらの記事参照)によりギミックを伏せたまま公表されたため、当初はアイテムのみでどのようなフォームに変身するのかすら不明だったという特殊な形で公開され、後日あらためてフォームについて解禁された。
  • 玩具ではリボルブオンでの変形に加え、従来のフォームのように半身に分けて他のフォームと組み替えることも可能となっている。
    • フルチャージされたコマンドキャノンバックルを他のライダーに使わせたり、レイジングフォームのもう片方にキャノンバックル以外のバックルを組み合わせたりできるのかどうかは現時点では不明(『JET AND CANNON』という変身音やデュアルオンではなくツインセットと言うツインバックル専用の用語から察するに前者に関しては非対応の可能性が高い)。
    • 後者はバッファ版レイジングフォームのもう片方がジャマトバックルという形で実現した。



  • 主役ライダー中間フォームとしては珍しく、年明けの第2クールに登場しないまま次の強化形態へと移行した。そのまま出番は一度もなく、16話以降一切登場しない主役の中間フォームとなった
  • タイクーンのマスクとキャノンモードの胸部は後にブジンソード、肩はプロージョンレイジへと改造された。ブジンソードに至っては、中間フォームのスーツが最強フォームのスーツに改造されるのは2年連続である(ジェットモードは生きており、ブジンソード登場翌週にバッファが変身している)。

関連イラスト

ギーツ VS タイクーン仮面ライダーバッファ コマンドフォーム ジェットモード

コマンドフォーム仮面ライダーバッファ コマンドフォーム


関連タグ

仮面ライダーギーツ

ギーツ 仮面ライダータイクーン 仮面ライダーバッファ

コマンドツインバックル レイジングソード レイジングフォーム

強化フォーム 中間フォーム


関連・類似キャラクター


主役ライダー中間フォーム(1つ目)

バリッドレックスゲノムコマンドフォームスーパーガッチャード


2号ライダー中間フォーム

ホーリーライブコマンドフォーム


ギーツの中間フォーム

コマンドフォームブーストフォームマークⅡ

関連記事

親記事

レイジングフォーム れいじんぐふぉーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 242287

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました