ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「困るんだよ…漸く俺の推しが本物の“仮面ライダー”になるってんだからよ」


道長「はぁ…?」


悲しき涙を仮面で隠す、戦士のことさ…」


『KEKERA SET』


『LASER ON』


『PREMIUM KEKERA LOADING』


『READY FIGHT』


道長「仮面ライダー…じゃない……!?」


CV:俊藤光利

スーツアクター:北村海


変身者

ケケラ


概要編集

ケケラジットから盟約の証として渡されたブラックレイズライザーカードを自身のレーザーレイズライザーに装填して変身した変身体。


全体的に仮面ライダータイクーン歪めたような外見をしている。緑色の生物的な装甲を纏ったような怪人然とした姿をしており、頭部にある紫色の瞳から人型になったカエルのように見える外見が特徴的。


レイズライザーで引き続き変身することを含め、描写的には名実共に仮面ライダーケケラの強化形態と言える(公式サイトの解説にはライダーの形態扱いで併記されている)。

その一方で公式サイトや劇中の道長からは明確に「仮面ライダーではない」「プレミアムな化物」と呼称されているので新たな怪人とも言える存在でもあり、これらの扱いもあって『仮面ライダーと同じシステムを使う怪人』とする意見と『仮面ライダーとは別物の所謂擬似ライダー枠』とする意見の二つが存在している。


スペック編集

  • 身長:201.4cm
  • 体重:112.8kg
  • 特色/力:伸縮自在の舌/超跳躍力

公式サイトではライダー時代に設定されていた基礎ステータスの記載が無くなっている一方、「運営陣に匹敵する戦闘力が特別に与えられている」との文面から仮面ライダーグレアなどのヴィジョンドライバーを使用した運営用ライダーに迫る能力を持つとされる。


ケケラ本人のデザイン力によって、以前の仮面ライダーケケラ以上の超跳躍力と伸縮自在の舌を手に入れた。その俊敏な動きによる近接攻撃とレイズライザーによる遠距離攻撃を中心に戦う戦闘スタイルを取る。ギーツⅨとの戦闘ではレイズライザーを弾かれてなお、徒手空拳で隙を作り舌を使って回収する、タイクーンニンジャフォームとの戦闘では長い舌でレイズライザーを連射してニンジャデュアラーを使用させずに互いに徒手空拳で応戦する状況を作るなど、2つの戦闘スタイルを臨機応変に使い分けている。

更にカエルの卵のような形をした爆発性の泡を発射することができ、連発も可能。


防御力に関してはおよそ並より上といった所で、格下であるバッファ・レイジングフォームの攻撃にもある程度怯む姿を見せていた。また、コマンドフォーム相手に至っては必殺技を発動させるまで弾丸を次々避けられている。


なお仮面ライダージーンの重力操作、ヴィジョンドライバー系のヒュプノレイと言った特殊能力はほぼ搭載されていないので、推しの強化形態と同様物理攻撃に特化した方向で調整が施されている。


使用アイテム編集

デザイアグランプリの公認サポーターが持つ武器兼用変身銃。


変身に使用するカード型デバイス。ケケラ用のブラックレイズライザーカードを使用する。


ベルト型エネルギーデバイス。変身時には帯部分が肉体に埋め込まれるように装着され、紫のひび割れの様な模様が追加される。


必殺技編集

  • レーザービクトリー

『FINISH MODE』

『LASER VICTORY』

レーザーレイズライザーで発動する必殺技。

複数のカードで出来た銃口を本体の銃口から展開し、緑色のビームを発射する。プレミアムベロバのレーザービクトリーと同時に発動し、バッファ・コマンドフォームの必殺技「タクティカルレイジング」を真っ向から相殺して見せた。


  • レーザークラッシュ

『CRASH MODE』

『LASER CRASH』

レーザーレイズライザーのクロスオルタネーターを2回操作して発動。

47話にて使用し、銃口から緑色の正方形のプレートを2枚射出して桜井景和五十鈴大智、自身をテレポートさせた。


余談編集

キャラクターデザインは『仮面ライダードライブ』でロイミュードなどのデザインも担当した竹谷隆之氏による物。カエルをモチーフに悪くてカッコいいデザインを両立させるのが難しかったというコメントを残している。


仮面ライダーケケラの非対称なカラーリングを拾い、決定稿ではレイズライザーカードから色味に斜め要素も取り入れたとか。


スーツアクターの北村氏はこれまでアクションクルーとして数々の仮面ライダー作品に出演していたが、今回で初のスーツアクターとしての出演となった。


なお、プレミアムケケラの登場により仮面ライダーケケラ完全に無用の長物と化してしまった。メタ的にはライダーケケラがCGだったことによる予算面での大人の事情が1度きりの登場となった主な原因であり、その打開策こそプレミアムケケラといえる。


ちなみに、同じく終盤に登場したプレミアムベロバマーレラジャマトは本編終了後に改造に回されたが、プレミアムケケラだけは唯一それを免れている。


関連タグ編集

仮面ライダーギーツ

ケケラ 仮面ライダーケケラ

プレミアムベロバ 擬似ライダー


関連記事

親記事

ブラックレイズライザーカード ぶらっくれいずらいざーかーど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30169

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました