ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ワンネスレイズバックル

わんねすれいずばっくる

特撮映画『仮面ライダーギーツ 4人のエースと黒狐』に登場するレイズバックルの一種。
目次 [非表示]

ONENESS RAISE BUCKLE


ALL AS ONE


概要編集

『映画仮面ライダーギーツ 4人のエースと黒狐』に登場するレイズバックルの一種。

ブーストマークⅢレイズバックル、そしてワンネスカードとの併用で仮面ライダーギーツワンネスに変身する。


外見・機能編集

カラーリングはほぼ真紅一色で、端的に言えばリアクターパーツに四角いパーツが繋がっただけの簡素な見た目をしている。『仮面ライダーガッチャード』に登場するアイテム同様に矢印が刻まれているほか、よく見ると非常に小さいブーストのマフラーも付いている。

しかしその四角いパーツにはライドケミーカードを挿入するためのスリットが存在しており、カードを挿入してからパーツを押し込むことで起動、マークⅢとの連動によりギーツワンネスへの変身を行う。


誕生経緯編集

一徹/ケイロウは自身を助けてくれたガッチャードから空っぽのライドケミーカードを1枚貰っていた。


そのカードは滅亡した世界の海岸に佇んでいたツムリのそばに落ちており、その近くで黄色オレンジ水色の6つの光が結集、心の英寿の目覚めと共にバックルが誕生した。

皆の願いによって生き残った心の英寿は、ツムリからカードと共にワンネスバックルを受け取り、メラの拠点へ。

そして空だったそのカードがワンネスカードへ進化し、バックルに挿入。ブーストマークⅢとデュアルオンし、


「変身!」


英寿は、あらゆる願いが形となった姿・ギーツワンネスへと変身するのであった。


これまで創世の力によって生み出されたバックルはいくつか存在しているが、このバックルは創世の力だけに頼らず、皆の願いと想いを1つにすることで起こした奇跡が生んだものといえる。


立体物編集

DXガッチャードライバーの早期購入特典として配布された。この手の配布アイテムとしては珍しくDXアイテムであるが、仮面ライダーギーツワンネスコアIDと同様に数量限定であるため早く買わなければ無くなってしまう可能性があるのかネック。

また、これまた珍しくプレミアムバンダイでの発売にはならなかったが、こちらはライドケミーカードとの連動が存在するためと思われる。

スーパー戦隊シリーズ』ではセンタイギアアバタロウギア、『ウルトラマンシリーズ』ではスパークドールズGUTSハイパーキー等、シリーズ間を跨いで変身アイテムを共用可能な前例はあったが、『仮面ライダーシリーズ』では初となる。

一方でお互いの変身アイテムの大半をしっかり共用可能な2シリーズと比較するとバックル自体はカードをセットせずとも起動し、バックル自体にカードの読み込み機能は無いので、シリーズを跨いだ連動要素としてはどちらかと言えば薄目でオマケ要素に近い。


変身音声はバックル側に収録されているがフィーバースロットレイズバックルから連なるバックル側に音声が依存するタイプとしては珍しく、バックルにデザイアドライバーにセットしたことを感知する反応ボタンがない。

このためセットしただけでは待機音は発動せず、劇中再現のためにはセットすると同時にバックルのパーツを押し込む必要がある。既存の音声内蔵レイズバックルと比べると少し質素な仕様となっているが、その単純かつ装填に合わせやすいギミックのため最大限気にならないよう設計されている。


形状は簡素とはいえ最近の劇場版限定アイテムとしては珍しく完全新規造型である。これはヘルライズプログライズキー以来。


関連タグ編集

仮面ライダーギーツ

レイズバックル 大型バックル

ギーツ/仮面ライダーギーツワンネス

4人のエースと黒狐


ワンネスカード ライドケミーカード


劇場版限定ライダー変身アイテム

ツインキメラバイスタンプ/トライキメラバイスタンプフィフティゲイルバイスタンプXギーツレイズバックルワンネスレイズバックル→?

関連記事

親記事

大型バックル おおがたばっくる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1528

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました