ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「鞍馬祢音です、ピカリ!」


「私は諦めない、最後の最後まで戦う…私らしく生きるために!」

「戦わなきゃ、世界は変えられないよ!たった1歩の勇気で、私達は変われる!」

勇気のメロディー。これで少しはやる気になった?」


演:星乃夢奈松岡夏輝(幼少期)


変身する仮面ライダー

仮面ライダーナーゴ


概要

仮面ライダーギーツ』の登場人物。本作のメインヒロイン。18歳。誕生日は、4月1日(エイプリルフール)。

デザイアグランプリ仮面ライダーナーゴとして参戦する(※第2話以降)セレブインフルエンサー。


偶然ジャマーエリア内に入っていたために、桜井景和と共にデザイアグランプリ最終戦に巻き込まれた。

その後は浮世英寿の願いによって世界がやり直されその時の記憶を失くすも、ツムリドライバーコアIDを渡され、記憶を取り戻しつつグランプリ参加者になった。


人物像

この手の配信者らしく明朗快活で、生配信で頻繁にダンスを披露している(関連動画参照)。

厳格なセレブ一家の1人娘として育ったお嬢様。

だが、その生まれ故に生活には一切の自由が無く、何もかもを強制されてばかりの生活に嫌気が差しているらしく、財力も美貌も全て備えているのにそれを捨て去りたい奇妙な夢を持つ。

そのため、母親である鞍馬伊瑠美との母娘関係もギクシャクとしており、彼女からの叱責と抑圧には常に委縮している。


毎回家出の様子を生配信しているが、その度にSPのベンジョンの2人に止められるのがお約束。現状は49戦49敗、つまり全敗である。

ファンの間でも「小さい時から友人との交際等も厳しく制限されて育ったらしい」とする噂が広まっている(本人が配信で言及していた可能性も高い)。


一見するとお気楽で楽天的な人物だが、時には母親からの暴行も伴う激しい束縛に遭い、それから必死に逃げようとしているためか、自分の願望を叶えることに関しては貪欲で、わざわざ危険なデザイアグランプリに身を投じている点について、疑問を投げ掛ける景和に厳しい言葉をぶつけているほか、景和が道長のために英寿にマグナムレイズバックルゾンビレイズバックルの交換を持ち掛けられた際に景和が手に入れていたブーストレイズバックルもオマケに付けて貰うと条件に付けたりする一面も見られる。

その様な要求をする描写から、デザイアグランプリへの情熱も人知れない高さである模様。


これらの貪欲さ、デザグラへの執着心故にサポーターであるキューンからはその図太い性格を「大根みたい」と言われてしまっていた。


英寿に対しては、邂逅編の時点で英寿がスターになっていた事から「英寿様」と敬称を付けて呼んでいるが、新たな世界に変わってからは敗北こそしたが前回の戦いを戦い抜いたからか道長の辛辣な発言を気にせず受け流したり、「英寿」と呼び捨てで呼ぶ様になるなど、逞しさが垣間見える様になった。


英寿から返却されたブーストレイズバックルを紛失した(盗まれた)景和を心配して自分達が安全圏に入ってからは景和の手助けをする、道長の不公平なジャッジや森魚の卑怯な行動を非難する、自分の願いが大事でも世界の危機が訪れた時に世界の危機よりも自分の願いを優先して良いのか迷う、戦いに恐怖感を抱いた丹波一徹を上記2行目の台詞で激励する、デザイアグランプリに巻き込まれた一般人を慰めるなど、卑怯なことはせずにあくまでも正々堂々と挑もうとする姿勢も多く、根は善人である


仮面ライダーとしては初期のデザイアグランプリメンバーとしては景和に次ぐレベルであまり動き慣れているとは言えない程度だったが、なんだかんだゲームに食らいつく中で実力も伸びつつある。特に再参戦して以降はインフルエンサーとして本人と適性のあるビートレイズバックルを入手し、ジャマトライダーにも単独で勝てる程度に成長した(後々の展開を考えるとこの成長速度も仕組まれた物だったのだろうか)。


また、『MOVIEバトルロワイヤル』にて同じく配信者の五十嵐幸実ByTubeチャンネル「ゆっきーチャンネル」のファンだったことが判明。祢音曰く、「アットホームな感じが好き」と語っており、自身の家庭環境とはまるで対照的な五十嵐家に憧れを抱き、元気を貰っていることがうかがえる。一方の五十嵐家も、さくらが祢音について知っており、視聴者であったことがうかがえる。


願い

デザイアグランプリの他の参加者には「運命の相手と出会える世界」と教えていたが、正確には「本物の愛が欲しい」(第4話での回想にて判明)。

子供の頃に起こった誘拐事件(しかも後にこの事件が祢音の誕生日・4月1日に発生していたことが判明。)へのトラウマから、成長して尚自分を管理下に置いて守ろうとする母親の「間違った愛」への反発故の願いである。


黎明編&邂逅編での活躍

家出配信をしていたところ、ベンとジョンに見つかってしまう。すると出現したジャマーエリア内に取り込まれてしまい、ベンとジョンがジャマトを止めている間に逃げる中同じような状況に合った景和と遭遇。

なんやかんやで逃げた先のビルの屋上がスラグフォートレスジャマトの攻撃で崩落して落下するも、ブーストライカーに乗った英寿に助けられる。


そして追い付いた景和共々、英寿がギーツへと変身・戦闘するところを目撃。スラグフォートレスジャマト撃破後、英寿の願いによって世界がやり直されその時の記憶を失くすも、デザイアグランプリの参加者に選ばれドライバーとコアIDを入手、記憶を取り戻した。


その後、デザイアグランプリ内ではゾンビサバイバル対決にて彼女の配信者としての人気を妬む仮面ライダーダパーンに目の敵にされてしまいゾンビ感染者にされるが、英寿と景和の助けも借りつつ自らの幸せを手に入れるべく諦めずにバトルに参加し、無事にギリギリではあるがゾンビゲームを生き残る(一方、ダパーンはゾンビに感染した時点でゲームを諦めてしまったためポイント不足で脱落)。


4話では伊瑠美に祢音が上げた動画を全て削除するという配信者にとっては致命的な暴挙を犯され、さらに私物にGPSを取り付けていたことで居場所がバレて家に連れ戻された挙げ句、平手打ちをされたり唐突に束縛するような発言をされたりと情緒不安定な彼女に苦しめられた。


この頃から徐々に仮面ライダーとしての実力を上げつつ景和や英寿とも腐れ縁的な仲となり、続く神経衰弱ゲームでは英寿とデュオを組んで見事なコンビネーションで成績トップとなった。


ラストの缶蹴りゲームでは一番に孵化したプロペラバックルを使用し懸命に戦うも、勝者はモンスターフォームを手に入れた英寿。死亡こそしなかったが、本大会においては彼女にとって悔しい結果となった。


謀略編での活躍

鞍馬光聖が招き入れたツムリドライバーコアID、そしてビートレイズバックルを渡され再び願いと記憶を思い出してグランプリに参加。


道長=バッファと一徹=ケイロウ海賊ジャマト達に襲われる中ナーゴのエントリーフォーム姿で参戦、ビートフォームに変身。


記事冒頭3段目の台詞を道長らに掛けると、老人ゆえ腰の負担と恐怖から上手く戦えない一徹にビートレイズバックルのビートBGMを流し、バフ掛けで励まして援護(その後冒頭4段目の台詞で勇気づけた)。


一徹が応戦できるようになり、自身もビートフォームとビートアックスの能力をフル活用してジャマトを一掃、勝利に繋げた(この際、「にゃーーーっ!」と叫びながらアーティストよろしくジャンプしていた。かわいい)。

にゃあぁ


その後も迷宮脱出ゲームを英寿、道長、景和、ウィンとともに突破していったが、ゲームをクリアしていく過程で鞍馬家とデザイアグランプリとの関係を怪しむようになり、父親である鞍馬光聖の態度やジョンとベンがかつてデザイアグランプリの参加者であったという事実から、さらに疑いを強めるようになる。


そんな中、椅子取りゲームにて英寿がギロリの手で脱落し、戦艦ゲームで道長が無茶な特攻を強行した末に退場。

そのことが原因で、自身の力の限界を思い知らされ、デザイアグランプリ自体への不信感もさらに強まっていった。


その後英寿が復活したことで戦艦ゲームは何とかクリアされたものの、ギロリは英寿の存在を許さず「キツネ狩りゲーム」を開催、英寿の排除に乗り出す。


これにはさすがの祢音も黙っておられず、父親にデザイアグランプリのことについて問いただし、その上で今回の不正をニラムに告発することを伝え、ニラムに会わせるように頼んだ。


そして、その結果ニラムが事態を把握し、告発は成功。窮地に陥ったギロリは自暴自棄となり仮面ライダーグレアに変身したまま祢音たちに襲いかかるものの、ギロリが3対1という数的不利を覆せるわけがなく、「負けるのはあなたよ!」とギロリに現実を突きつけ、「タクティカルファイア」でグレアの攻撃を足止めし、ギーツの「コマンドツインビクトリー」をグレアに喰らわせることに成功する。


そして、ギロリが更送されたことで仕切り直しとなったデザイアグランプリに向けて、自身の望みを叶えるべく再び覚悟を決めた。


乖離編での活躍

このシーズンで導入された「デザスター」という新ルール。


英寿や景和が疑われる中目立たず行動していたが、第21話にて祢音こそがデザスターであることが判明する。その前話である第20話でがデザスターミッションの書かれたカードを見つめていたのは、カードを発見して真実を知ってしまった直後だったからである(なお、実は冴が発見できるよう、チラミがわざとカードをわかりやすい場所に置いていた事が後で判明する)。


しかし、時限爆弾ゲームでピンチになった冴の家族を助けようとする祢音を見た冴は、祢音を庇うために敢えて自分がデザスターだと名乗り、結果として冴はデザスター投票で脱落する形となった。


脱落していく冴から激励の言葉を受け、祢音は遂に、最後までデザスターとして行動する決意を固める。


「ここまで来たからには、もう遠慮はしない……私がデザ神よ」


第22話の最終ゲームでは『見抜かれた場合は理想の世界は永遠に叶わない』というプレッシャーもあり「景和を罠に誘導する」「英寿の射線にわざと入って撃たせることで彼に嫌疑をかけ強引に追い詰める」など積極的に行動する。

しかし「英寿なら自分が疑われるような立ち回りはしない」「同じくデザスター候補であるはずの景和への警戒心が無い」ことから逆に景和にデザスターであることを見抜かれてしまい、らしくない行為をしてきたことが自分の首を絞める結果に終わる。

しかし、時を同じくしてベロバの横槍により、再度のシーズン中断を余儀なくされたことで、結果的に脱落からは逃れることとなった。


慟哭編での活躍

ベロバによりジャマトグランプリが始まり、自分に戦う義務はないと知りつつも、ジャマトに襲われる人々を放っておけず英寿・景和と共に出撃。JGP参加者であるバッファおよびジャマトの集団に立ち向かう。


第2ゲーム「戦国ゲーム」の時は可憐で凛々しい侍少女コスプレの姿になっていて、ヒロイン力をぐんと上げている。

しかし刀の心得がなさそうにもかかわらず、ジャマトとの殺陣の時は見事に攻撃を受け流すというテクニカルなムーブを連発していて、普段は音属性・サポーター役だが意外と剣士の素質がある模様。


その一方、ニラムから「女神の力で授かった娘」と名指しされていたのだが...


















































第29話「慟哭Ⅴ:サプライズ!闘牛ゲーム♡」

第3ゲーム「闘牛ゲーム」第2試合で英寿が奮戦する最中にベロバが「スクープ」と称して明かした真実。


鞍馬家の本当の娘・鞍馬あかりは、11年前の誘拐事件の際に亡くなっていた。


よりによって誕生日に娘を失うという悲劇の前に、光聖と伊瑠美夫妻は絶望のどん底に叩き落される。その悲しみを癒すために、光聖はニラムと取り引きした。スポンサーとしてデザイアグランプリを支援する代わりに願いを叶えるように――

「私が理想とする娘・祢音が生きている世界」という願いを。


つまり鞍馬祢音とは、本来この世界に実在しない、創世の女神の力で造られた人間だったのだ。

誕生日がエイプリルフールであることも、彼女が「嘘の存在」であることを暗示していたと思われる。また、名前の「祢音=ネオン」も「あかり」とは違って「作られた灯り」であることを示唆していた。


結果、この事実を知ったオーディエンス達からは

「デザグラを辞退しろ」「祢音ちゃん、大嫌い!」「あかりちゃんが可哀想」「鞍馬あかり2号さん」などと掌を返されるように罵倒されてしまうことに...。


  • 第30話「慟哭Ⅵ:手紙の中の王子様」

【仮面ライダーギーツ】29話、ネオン。

母親の元に赴き、真実を確かめようとするも「何を言ってるの?」と返された為、自身のコアIDに触れさせ記憶を思い出させたところ、「貴方誰!?」と拒絶されてしまったことで、ベロバの暴露が事実である事を認めざるを得なくなってしまい、一度は拒絶したものの後で我に返った伊瑠美に引き留められるも振り払い家を出ていき、「嘘なら良かったのに」と絶望してしまった。


そんな中、古代魚ジャマトに連れていかれ、未だに真実が受け入れられない中変身するが、既に心が折れて(又観戦しているオーディエンスのブーイングも影響しているのか)戦意喪失していたために窮地に陥るも、英寿の叱咤によって奮起したキューンの援護と励ましによって立ち上がり、彼から受け取ったブーストバックルでビートブーストフォームに変身し、連携して古代魚ジャマトを倒すことに成功する。直後、「一緒に帰ろう」と英寿と景和が迎えに来たものの、「自分には帰れる場所が無い」と、キューンと共に去っていった。


その後戦線離脱となり、最終戦には不参加となった。


慕情編での活躍

  • 第33話「慕情Ⅰ:バッファ無双!」

道長がジャマ神になったことで作り変えられた世界で、これまでの記憶を消去され「鞍馬財閥の令嬢として自身の生い立ちを知ることのないまま、お見合いを通して“本当の愛”を見つけようとする一人の女性」として生活していた。キューンはそんな祢音のことを「全てを忘れた方が幸せになれるのか」と複雑な表情で遠くから見ていた。


しかし、ベンとジョンがデザイアロワイヤルのプレイヤーとなったことで彼女も戦いに巻き込まれることとなってしまう。だが、以前彼女に対してとんでもない仕打ちをしてしまったことに罪の意識を抱いていたのか、道長は「それに触るな、俺に倒されたくなかったらな」と祢音に対してツムリが彼女に渡していたミッションボックスの中にあるコアIDに触れないよう忠告するだけであったため、彼女はその場を逃れた(なお、祢音の見合い相手の男は祢音を見捨てて逃げてしまった)。


しかし、自身の出生の秘密を忘れたまま幸せそうに生きることが気に食わないベロバによって強引にコアIDに触れさせられたため、記憶を取り戻すこととなってしまいその場で崩れ落ちるように座り込んだ


そこにキューンが現れるものの、彼女の顔はあの時と同じく恐怖に怯えた子猫そのものだった。


  • 第34話「慕情Ⅱ:ギーツの矛先」

キューンのもとへ赴き、デザイアロワイヤルへの参加と今の自身の願いが「世界中が鞍馬祢音を忘れた世界」であることを打ち明けた。この願いは、祢音曰く「『祢音TV』のファンだけは裏切りたくないから」「そうすればファンに心配かけなくて済むから」とのことで、ファンを第一に考えた上での願いであることを明かしている。その直後に、「元々いなかった人間だから、私…」と自身の出生を自虐するように呟いた。

その後、デザロワにて景和の姉・沙羅と再会。デザロワに景和がいない理由を聞いたが、沙羅は「弟は選ばれなかった」としか言わなかった。


そこに大智/ナッジスパロウが現れ、沙羅が変身した仮面ライダーハクビと共に交戦。しかし、大智がかつて英寿とともにデザ神の座を競い合った実力者であるが故に防戦一方となり、沙羅/ハクビを庇いながら防御していたこともあって満身創痍となる。その後、景和が姉のためにエントリーし大智/ナッジスパロウと交戦したことで難を逃れるが、そこに道長/バッファが出現。圧倒的な力で危うくトドメを刺されそうになるが、ブーストフォームマークⅡに変身した英寿に救出された。

その後、「デザグラのない世界」を望む英寿に対して「私はまだやり残したことがある」とデザグラ存続派としての意思を宣言した。


  • 第35話「慕情Ⅲ:姉の願い 弟の願い」

前話の一件で更に親交を深めており、喫茶店にてこれまでのデザグラ・ジャマグラで得たプレイヤー等の情報を記したノートを沙羅に見せていた。

デザロワのミッションでは沙羅と行動を共にしており、2人で半壊したコアIDを捜索していたが、途中で道長/バッファと遭遇。マトモに戦ったら負けると判断した祢音は攻撃を極力喰らわないように距離を取りつつ戦っていたが苦戦。しかし、諸事情で身を隠していた景和/タイクーンのおかげで撤退に成功した。その後、何個かコアIDを入手していた。


景和がポンチッチとしてサロンに現れた際には「沙羅のサポーター」と名乗っていたことと喋り方ですぐに見抜いたが、景和には「姉ちゃんには内緒で。」と言われたことで了承した。

大智の謝罪と提案に関しては、これまでの件もあって疑いはしたものの、彼の謝罪に誠意があると信じて許し、提案に乗った。


その後、ミッション二日目に大智から教えられた場所に沙羅と行ったものの、そこにコアIDは無く、現れた英寿から大智に騙されていたことを知った。英寿からは続けて「ライダー全員が敵だってことを忘れるな」と忠告されるが、「でも沙羅さんとは味方同士だもん。デザグラが存続するなら沙羅さんがデザ神になってもいい」と反論。逆に「デザグラ破壊派なのに何で私たちを攻撃してこないの?」と問い詰めたが、「俺の敵は運営だ、お前らじゃない」と返された。


  • 第36話「慕情Ⅳ:かりそめの共闘」

サロンにて沙羅に大智の顛末を知らせ、「他人の不幸なんか願うから、自分の身に降りかかってきたんだよ」と辛辣な言葉で彼の行動を批判していたが、それに付け加える形で「現に私もそうだった…」と乖離編での行動を回顧しながら自虐の言葉を呟いていた。その後、沙羅に自身の正体を語り、「元々存在しない人間だし…」「私を忘れても、沙羅さんなら他の推しを見つけられるよ」と彼女なりの気遣いを見せたものの、沙羅は状況をすぐには呑み込めなかった。


沙羅が去った後、景和から「それが祢音ちゃんの願いなの?」「帰るところがないならウチに来ればいいじゃん!」「俺たち仲間っていうか…、俺は勝手にだけど、友達だと思ってるから」と励まされた。


デザロワのミッション3日目では開始早々に沙羅に謝罪し、彼女と仲直りした。その後、大智が遺したコアIDの捜索に向かったが、そこにベロバとケケラから依頼を受けたダンクルオステウスジャマト/アルキメデルがポーンジャマトを引き連れて出現。


数の暴力で苦戦を強いられ、沙羅を拉致されようとしてしまうがそこに景和がタイクーンに変身して登場し、間一髪撤退に成功した。その後、姉弟喧嘩を行っていた沙羅と景和を諌め、沙羅の「推しの幸せのためだったら命くらい懸けたるわ!」という高らかな宣言に笑いながらも勇気を貰っていた。


  • 第37話「慕情Ⅴ:純白の破壊」

自身を心配するファンのSNSの投稿を見て複雑な表情を浮かべていたが、そこにキューンが現れ、近いうちに運営がグランドエンドを実行しようとしていることを知る。


その後、デザイアロワイヤル延長戦にてそのことを桜井姉弟に知らせていたが、道長/バッファと交戦することとなり3対1で挑むも為す術なく圧倒された。

そして、沙羅/ハクビを庇う形で変身解除されてしまい、道長にコアIDを砕かれ、沙羅とともに脱落することとなった。


  • 第38話「慕情F:九尾の白狐!」

前回の戦いの影響で記憶を失っており、キューンからの呼び掛けにもピンと来ていない様子だった。


創世編での活躍

  • 第39話「創世Ⅰ:俺のデザグラ」

英寿の創世の力により記憶を取り戻したことに困惑しており、沙羅と再会することで事態を把握した。

その後、沙羅とともに一人暮らし用の部屋を内見していたが、部屋も見ずに一括購入した流石財閥令嬢…

部屋を購入後、その部屋の中で「家族と離れて、一人で生きていけるのか」といった自身が抱える不安を沙羅に吐露していたが、沙羅から「わかった!お姉さんがカーテンも家具も電化製品も、ぜーんぶ一緒に選んで揃えちゃる!だから、今度一緒に見に行こう!」と誘われ、励まされたことで家族と離れて生きていく決意を固めた。


その後、家具を買いに行く道中の街頭ビジョンにて父・光聖がジャマトとの関与を疑われ、家宅捜索が行われているニュースを見て唖然としていたが、そこに民間人に寄生したポーンジャマトが出現。

民間人を守る為に立ち向かうも、やはり変身不能の状態では力の差が大きく、変身能力を失った自身の非力さをに苦悩するが、そこに英寿が登場。ギーツⅨの力で撃破に成功するも、大量のポーンジャマトに包囲されてしまう。


  • 第40話「創世Ⅱ:タイクーン覚醒」

前話にて、ポーンジャマト軍団に囲まれるが、英寿により安全な場所へ避難させられた。

その後、父の行方が気になり鞍馬家を再び訪れたが、母から謝罪され、これまでの自身に対する想いと共に家に居てと懇願されるが、「約束してるんです、新しい住まいの準備を、友達と一緒に…」と断った。今の祢音にとっての心の支えでもある「友達」が居なくなることも知らずに…。


  • 第41話「創世Ⅲ:漆黒の将軍」

英寿から沙羅が消滅したことを聞かされ悲しみに暮れていたが、寄生ジャマトに対処する英寿に代わって民間人の避難誘導を行うなどナーゴに変身できない代わりに自分がやれる精一杯の人助けを行っていた。


しかし、ナーゴに変身できない自身の状況に対するもどかしさから拘留中の父親・光聖と面会し、彼から自分自身の身勝手な野望が叶わなかったことと誰にも信用されていなかったことへの苛立ちをぶつけられるも、それを「あなたにそうする価値がなかったからじゃないですか?」と一蹴。


自分に会いに来た理由を聞かれスポンサーの父ならばもう一度仮面ライダーの力を取り戻せるのかもと目的を話すが、既に多くの権力を失い無力さに嘆きながら自身を檻から出せと要求する憔悴しきった父親の姿を見てかわいそうな人となじり、「愛を失ったら、人はもう幸せにはなれない…。」と呟きながら彼の元を去っていった。


  • 第42話「創世Ⅳ:女神完成 闇の刃」

沙羅と一緒に新居の家具を買いに行こうと約束したがもう既に沙羅が居ない現実に向き合おうとした時、大智に復讐しようとしている景和に会う。沙羅と二人で家具を買いに行こうとしたことを話していると、ツムリを攫った景和を探していた英寿が現れる。景和の口からツムリの創世の女神としての力を利用しようとしていることが語られた為、景和に対して「自分が何をしようとしているのかわかってるの!?」と問い詰め説得しようとしたが、景和は聞く耳を持たず沙羅をジャマトに変えた元凶である大智の元へ向かった。


  • 第43話「創世Ⅴ:その名はギャーゴ!」

拘置所を襲撃した仮面ライダーターボンが父親である光聖を襲っている姿を見て消火器で応戦し、撤退。

その後、「なぜ助けた?こんなことをしても、お前をライダーにはしてあげられない…。」と問う光聖に対して「鞍馬家には、この世界を守る責任があるんじゃないんですか?デザグラに加担したスポンサーとして…。」と返答。手遅れだと嘆く光聖に対して英寿の夢とそれを聞いたことで至った「私には女神の力で生まれた者としての責任がある。誰かの幸せから生まれた分、誰かの幸せを守るためにやれることをやる。」という考えを語った。


その後、鞍馬あかりの月命日に手向けるための花を購入し店を出た彼に「あなたにも父親としての心があったんですね」と告げ、頑なに自身に愛情がないと語る彼に対して「失ってしまった愛情を忘れたくなかったからじゃないんですか?あかりさんが生きてきた8年間を無駄にしたくなかったから…。」と指摘して彼の心情を看破し、別れを告げた。


その帰路の途中、ベロバの差し金で11年前の鞍馬あかり誘拐殺人事件の犯人である沼袋一男の手で誘拐されてしまう。しかし、誘拐された身であるにもかかわらず、「こんなことされたって、悔しくも悲しくもないから!」と啖呵を切っていた。

その後、かつての事件現場に現れた光聖が仮面ライダーギャーゴに変身。彼の勇姿と自身を「金には代えられない無二の存在」と語った覚悟を見届けていた。


  • 第44話「創世Ⅵ:ネオン、かがやく」

二対一で痛めつけられながらも、ブラーリを撃破し、変身解除してしまった光聖と本当の愛を分かち合う。力尽きてしまった彼を病院へと運ぶも、そこへ駆けつけた伊留美からも娘として改めて愛を分かち合った。ついに彼女は理想の世界を叶えずとも、本当の愛を手に入れることができたのである。そして母と共に一命をとりとめた光聖と家族水入らずの時間を過ごし、父からは「お前が幸せになってくれること。それが私の願いだ。」と言われるも、「ありがとう。でも私、幸せだよ。もう十分…」と返答する。


しかしそこで鞍馬家の不幸を求めるベロバが光聖を殺害するために病院を襲撃。そこで光聖からギャーゴのIDコアを託され、ベロバと対峙する。他人のIDコアでは変身できないと煽るベロバに銃撃されるが、そこでギーツIXの創世の力が働いたことで防がれ、ギャーゴのコアがナーゴのIDコアへと変化する。


「私は鞍馬祢音!仮面ライダーナーゴよ!」

暗闇の間で輝く光ファンタジーナーゴ

「変身!!」


遂にナーゴへ再変身を遂げ、父から受け継いだファンタジーフォームへと進化。両親が見守る中、プレミアムベロバと一対一の決戦へと突入する。そして光聖より遥かにファンタジーの力を使いこなし、幻想を具現化する力を駆使し、最後はファンタジーストライクを放ち、プレミアムベロバを撃破した。


その後は英寿のもとへ赴き、本当の愛を手に入れたことでかつての元気で陽気な表情に戻り、父に代わって自身が仮面ライダーとして再び戦線に復帰すると彼に宣言するのだった。

自身の出自を知ってから光聖に対して「鞍馬としての責任を果たせ」とどこか他人行儀な接し方をしていたが、彼に代わる=自身を鞍馬として認めたという事であり、わだかまりは完全に解消したと見て取れる。



  • 第45話「創世Ⅶ:願いのゆくえ」

険悪であった伊瑠美とは良好な関係を築けているようで、親子でショッピングをして、本当の愛を満喫していた。しかしそこでベロバの手でライダーに復帰した墨田奏斗と遭遇。「幸せな人間を見ると、壊したくなる…!」と吐かれ、ファンタジーフォームに変身し、仮面ライダーダパーンと交戦する。バッドエンドを望むオーディエンスが彼を支援することで、様々なバックルの力に翻弄され、母を守りながら戦っていたことから苦戦するも、最後はスペック差とファンタジーの特殊能力でダパーンを圧倒。しかし隙をつかれ、伊瑠美が銃撃され、撤退を許してしまう。


その後は英寿たちとともに大智の元へ行き、知恵の樹を初めて目にする。その後は英寿に対し、「本当に景和と戦わなきゃならないの…?」と疑問を見せていた。

その後は英寿と景和の一騎打ちを見届け、白髪に変貌した英寿が世界を作り直したことで、絶望する奏斗に対し、「きっと幸せになれる日が来るよ…あなたも…!」と慰めの言葉をかけた。


  • 第46話「創世Ⅷ:さよなら、ミッチー」

大智を救うため、道長とともにベロバ、ケケラと交戦。ナーゴ・ファンタジーフォームの力でプレミアムケケラを翻弄し、バッファとの抜群のコンビネーションで撤退に成功する。

その後、サロンにて大智に対して沙羅を含め知恵の樹に取り込まれた人々を救う方法を問い詰めるが、大智は「知恵の樹が奪われた今、僕にはどうにもならない」と返された。

その話を聞いた道長が単身で向かおうとしたところを「私も行く!」と言って着いていこうとしたが、「これは俺とタイクーンの問題だ」「お前はコイツが逃げないように見張っとけ」と返されてしまった。

その後、知恵の樹にて大智が取り出したジャマトの進行を抑える血清により沙羅が救出され、景和が泣きながら喜び抱きしめる様子を見守っていた。


  • 第47話「創世Ⅸ:ホンモノの仮面ライダー」

サロンにて、ウィンとともにツムリから英寿の所在と破壊の女神の存在を聞かされたが、ケケラが仕掛けた「仮面ライダーゲーム」により招き猫に変化させられた

その後、ケケラの消滅により元に戻った。


  • 第48話「創世Ⅹ:ツムリの鎮魂歌」

スエルが仕掛けた「終幕のデザイアグランプリ」が参加者に戦いを強制させて互いに潰し合わせ、戦意喪失者はゲームマスターにより退場(=爆死)させられるという非常に残酷なものであったため、景和からその話を聞いた際は「酷い…。人間同士を戦わせて、逃げることもできないなんて…。」と呟いていた。

しかし、それでも自分たちがやれることをやる決意を固め、父・光聖に協力を要請。光聖も「DGP運営に加担してしまった罪を償う」ため、「自分の幸せを守る」ために彼女に賛同し、2人で一部のVIPオーディエンスに対して「このままスエル側に着いていれば身の安全は保障できない」「未来に帰るならば我々鞍馬財閥が安全を保障する」と提案し、一部のVIPオーディエンスを未来に帰らせることに成功。仮面ライダーリガドΩの弱体化に貢献した。


最終回での活躍

  • 第49話(最終話)「黎明Ⅰ:ここからがハイライトだ!」

英寿死亡の報を聞いて、景和の元に駆けつけ彼に本当かどうかを尋ねていたたが、そこに2人を「ノイズ」と称して排除しようとスエル/リガドΩが現れたため、ファンタジーフォームに変身し、景和/タイクーン・ブジンソードとともにリガドΩに立ち向かった。

途中で道長/バッファも参戦し、3人でリガドΩの圧倒的な戦闘力とスペックの差に苦戦するものの食らいついていたが、「リバース」によりバックルとドライバーを喪失。


攻撃により生身で吹っ飛ばされ、絶体絶命の危機に陥る。

しかし、神となった英寿が奇跡の復活を遂げ、英寿の手でドライバーが復活。ビートフォームに変身し、タイクーン、バッファとともに英寿に加勢し、3人の抜群のコンビネーションでリガドΩを翻弄した。

その後、ギーツとリガドΩの一騎打ちを見届け、英寿がスエルを打ち破った際には歓喜していた。


その後、英寿が世界を作り替える過程で自身の存在を忘れさせようとした際には一度唖然とした顔をし「忘れるわけないよ!」と反対したものの、彼の意志を尊重し、受け入れた。


そして、英寿が作り替えた「誰もが幸せになれる世界」では、未来から再び来ることができるようになったキューンを配信の際のアシスタントとして迎え、家の事情に縛られることもなく、彼とともにインフルエンサーとして活動し、いつも通り痴話喧嘩を繰り広げていたのだった。



なお、彼女が絵馬に書いた願いは「白馬の王子様をつかまえる」。かつてはどこか漠然とした、そしてどこか他力本願にも見える願いを追っていた彼女が、より具体的に、そして欲しいものは自分の力で手に入れるといった前向きで前のめりな願いを持つに至ったところに彼女の成長を感じることができる。

また、自分のことを理解し、寄り添ってくれる存在はすぐ隣にいるため、もしかしたら自分にとっての白馬の王子様は誰なのかを理解した上で、彼をつかまえることを願っているあたり、かつて自分に与えられることを願っていた愛を他人へ向けることができるようになったのだとも解釈できるかも知れない。


本編終了後の活躍

4人のエースと黒狐

大正時代~昭和時代の街並みが広がる世界に迷い込んでしまい、モダンガール風の装いに身を包んでいた。

この世界で知的ではあるもののドジでおっちょこちょいな英寿(通称:「知恵の英寿」)と邂逅することとなり、ジャマト軍団から逃げるように街を駆け回ることになる。


その後、酔った知恵の英寿と共に休息していたが突如出現したオパビニアジャマトに知恵の英寿を吸収されてしまった。

その後、冴とともにビショップジャマトと交戦するものの、以前よりも強化されたビショップに苦戦を強いられ、そのまま仮面ライダークロスギーツによる「クロスギーツビクトリー」に巻き込まれ一時消滅。

しかし、ギーツの新たなる姿とクロスギーツの戦いの際に復活を果たした。


なお、祢音役の星乃氏が「知恵の英寿は、(悪気がないとはいえ)面倒くさくて嫌なヤツ」と称していることも含め、ナーゴに変身して彼を人力車で運ぶことになるなど、彼の性格のせいで上述の通りだいぶこき使われた

余談だが、人力車で英寿を運ばされたシーンの撮影時は英寿役の簡氏もナーゴのスーツアクターを務める宮澤雪氏に「お疲れ様でした」と労いの言葉をかけている。


最強ケミー★ガッチャ大作戦

クロスウィザードの力によって景和、道長共々ケミーの姿に変化させられてしまう

何とか元に戻るため、クロスウィザードが仕掛けたゲームに英寿達と共に参戦することとなり、自身は銀杏蓮華鶴原錆丸とチームを組むこととなった。


蓮華から「にゃー子」とあだ名をつけられたり、エクシードファイターを捕獲しようとしたものの音速を越える飛行に耐えきれず失敗して全身海藻まみれになるなど、『4人のエースと黒狐』以上に踏んだり蹴ったりな有様に「元に戻りたい!」と吐露していた。


しかし、ケミー誕生の経緯を聞き、同じ「作られた生命」としてシンパシーを感じており、捕獲されそうになったエクシードファイターを解放し、蓮華と錆丸に「こんなの可哀想だよ!」と叫んだ。だが、この叫びがエクシードファイターの心に響いたのか、自らカードに入ったため、結果的にエクシードファイター捕獲に貢献することとなった。


クロスウィザードが見せた夢の世界では、どこぞの推しを愛するツンデレサポーターに似た「手紙の王子様」を必死に追いかけていた。


その後、ウィザードマルガムが差し向けたジャマト軍団相手にファンタジーフォームに変身して応戦。物量の差と疲労に苦しめられるものの、九堂りんね新たな力に目覚めるまでの時間稼ぎに大きく貢献した。


事件の収束後はとある場所で手紙を見て笑顔を浮かべている姿を見せている(十中八九手紙の主は彼だろうが…)。


ジャマト・アウェイキング

クロスギーツとの戦いからしばらく経った後、平和な日々を過ごしており、行列の出来るパン屋として有名な葉月清春夫婦の店を訪れ、購入直後にメロンパンを頬張る様子を配信していた。(この時、まだ後ろに多くの客が並んでいるにも拘わらずその場からなかなか動こうとしないという常識の疎さを発揮していた。)


その後、購入したパンを景和、沙羅とともに食べていたが、その際にとある警察官から「10歳くらいの男の子を見なかったか?」と尋ねられたことで、景和とともにその子供を捜索。(途中で道長も合流)その最中、団地から銃声が聞こえたため駆けつけると、清春が撃たれ亡くなっていた。


そして、夫の死がトリガーとなって覚醒した葉月/クイーンジャマトを止めるために景和、道長とともに変身し、何とか彼女を抑え込むことに成功した。だが、その直後白英寿が降臨し、そのまま仮面ライダードゥームズギーツに変身。ドゥームズギーツの一撃で変身解除に追い込まれたが、英寿が援軍として駆けつけたことでドゥームズギーツの相手を英寿/ギーツⅨに任せて撤退。


その後、デザグラ神殿のサロンで何故か復活したベロバからニラムからの言伝となる映像を見せられ、ゴッドジャマトの存在を把握した。


その後、景和とともに3人が住んでいた団地を訪れた際に町内会長と副会長の変死体を目撃、その死体から景和が「蒼斗が警察官に扮して清春を殺し、春樹や葉月を利用しようとしている」と察知したことで蒼斗のアジトへ向かい、キングジャマトの計画を看破。


直後、キングが差し向けたポーンジャマトに生身で応戦しつつファンタジーフォームに変身し、タイクーン・ブジンソードとともにキングジャマトと交戦するものの、両者の必殺技を耐え切ってカウンターしたことで苦戦を強いられてしまう。しかし、そこに新たな姿・プロージョンレイジを獲得した道長/バッファが参戦し、キングジャマトを圧倒。最終的にトリプルライダーキックを喰らわせ、撃破した。


戦いの後、キングから致命傷を受けた葉月が亡くなった事がトリガーとなり、「ジャマトと人間は分かり合えない」と絶望したことでゴッドジャマトの力が目覚めてしまった春樹を見て、「ジャマトと人間が手を取り合える世界は作れないのかな…。」と悲観した景和の疑問に対して「人間とジャマトの子供である春樹が生まれたことが奇跡。」と返しており、何年かかろうと人間とジャマトが手を取り合える世界が来ることを信じていた。


キングに対しては、嘗ての経験もあってか自分の野望のために葉月/クイーンジャマトの「家族とともに暮らしたい」という純粋で小さな幸せを奪ったことに激しい怒りを持っていた。


余談

  • 星乃氏は、本業が俳優では無くYouTuber等のインフルエンサーファッションモデルである為、女性ライダーも歴代のライダー俳優としても初の俳優業を本業としないレギュラーキャスト兼仮面ライダーとなった
    • また、上記の通りメインライダーの役の職業と演じる役者の本業が同じである事は珍しい事例である。
    • それ故に、歴代のキャストと比較しても『ギーツ』発表前の時点でSNSのフォロワーはブッチギリで多かった(尚、現在でも30万人以上のフォロワーが居り、特撮出演者の中では未だに抜きん出ている)。
    • なお、星乃氏はメインレギュラーの中では最年少だが、インフルエンサーとしてのキャリアからキャストの座談会でも率先して話題を振ったりしている。
    • 演技方針については、身近に有名インフルエンサーでお嬢様という存在はおらず(そもそもそんな人は滅多にいないが)、参考になるキャラクターも見たことがないため、星乃氏は第1話では自分なりの想像で、ファンに声を掛けられた際に、目をちゃんと見て話し、きちんと呼ばれた際に返事をすることで、「礼儀正しく育てられた」ことをちょっとした仕草で表現しているとのこと。

  • 彼女がナーゴに変身した事により、「女性3号ライダー」、「作品のヒロインが3号ライダー」2年続く事となった。

  • プロデューサーの武部直美によると女性ライダーの変身者が強気な性格が大半を占めていた事を踏まえ、フレアスカートを履いても戦えるイメージでフワフワな人物像にしたと語っている。

  • 令和の女性ライダーでは比較的小柄な星乃氏であるが、過去作が敢えて強そうな見た目の女性が主なキャスティングだったのであれば、本作は身体能力関係無しで参戦させられるデザイアグランプリの設定であれば寧ろ納得がいくキャスティングと言える。

  • 星乃氏曰く、「オーディションは色んな役を受けていて、どの役になるかは決まるまで分からなかった。」との事で、恐らく桜井沙羅役やツムリ役も受けていたと思われる。その後の宇宙船Vol.179でのインタビューでもオーディションの舞台裏について語っており、ツムリ役も受けていたことが確定、同じくオーディションを受けていた青島心氏について「オーディションの時からもうツムリちゃんだった。」とコメントしていた。

  • 景和の「祢音ちゃん…」のセリフが空耳で「メロンジャン…」と聞こえてしまう事から、一部のファンからはメロンジャンと呼ばれる事がある。

  • 景和がバックルの交換を持ち掛けられた際にブーストレイズバックルを条件に付けた件で「恩を仇で返した」と見る人も居る。しかし、景和個人ならまだしも道長にはソコまでしてあげる義理も必要性も無い事に加え別に英寿はゾンビのままでも何ら問題は無い(むしろ道長が相性の良いバックルを手に入れるためマイナスになる)事から、「相手を助けて自分達が脱落しまっては意味が無い」として「現実的な判断」と評される事も。

  • ギロリ/グレアとの決戦の際の「化ける」発言に関してだが、黒猫は魔女などの使いということや化け猫など、意外と猫も「化ける」ことに縁があったりする。

  • 猫がモチーフのライダーに変身するが演者の星乃氏は猫アレルギーである。

  • 母の伊瑠美から推測するに、名前の由来はネオンと思われる。
    • 明かされた彼女の出自を考えると、人工物の明かりが元なのは1話から張られていた伏線と同時に彼女が偽物であるという皮肉が込められていると思われる。
    • また、「祢」には「かたしろ」という読みがあり、その意味の1つが「人間の身代わりとした人形である。
    • 更に祢によく似た漢字である「袮」の文字は、かつて幽霊文字として出典不明の存在しない漢字として扱われていた為、同じく存在しない袮音との共通点がある。「音」にしても「神からの返答」を意味する会意文字が由来だったりする。
    • 一方でネオンは夜に灯される灯りであることから、「闇の間に輝く光」という彼女の生き様が本来の由来として込められていたことが、シリーズ構成担当の高橋悠也氏により明言された。



  • 慕情編で彼女が望んだことはかつて彼女が脱落に追いやった墨田奏人/仮面ライダーダパーンの願った事と「破滅願望」という点で同じだという指摘もある。
    • 結局、祢音は創世編の第44話にてやっと両親からの「本当の愛」に気づき自身の存在意義を見出すことに成功したのだが、直後の第45話にて再び奏人/ダパーンと対峙することとなった。


  • 第41話にて発した「愛を失ったら、人はもう幸せにはなれない…。」発言の直後にツムリと英寿が変装用の服を購入するためにショッピングをしていたが、その店名がよりにもよって「LOVELESS」(愛されない)という最大級の皮肉がこもったものであった。

  • 44話の放送後の公式サイトにて、昔話として20.21話の人狼ゲームの中盤と仮面ライダーゲイザーの初陣を担当した山口恭平監督は撮影当時「デザスター」だった祢音に「祢音ちゃんってワガママな気がしない?」という疑問が生まれていたが、それは自身が子持ちだからという立場に起因した疑問であり、「伊瑠美にも愛され財閥のお嬢様という身分と理不尽がない生活をしてることを後になって本人が気づくのかな?」と子持ちの父親として複雑な心境を持って撮影していたと語っていた。
    • また、昔話として約1年前の3話、4話の序盤の撮影の時にプロデューサーの武部直美氏が「祢音の愛は幸せの青い鳥と同じで外に行ったけど、実は最初から手元にあったとか…?」と匂わせたかのように語っているが、第43話・第44話にてまさにその通りであったことが判明した。
    • 脚本担当の高橋氏は、オーディオコメンタリーにて 「結局祢音だけなんですよね。カードで願いを叶えずに自分で叶えていくのは。」とコメントしており、彼女の願いが両親の心境の変化と本人の自覚で解決できるものであることを予め考慮に入れた上で設定していたようである。

  • 脚本を担当した高橋氏は、後にオーディオコメンタリーと「仮面ラジレンジャー」出演の際に、「血の繋がってない動物を家族として迎え入れるという【ネコ】の生態があったので、ナーゴがネコモチーフだったこともあり、その鞍馬家の造られた存在が本当の家族になるという袮音のキャラに当てはめた。」とコメントしていた。どこまで考えていたんだこの人は…。

関連タグ

仮面ライダーギーツ デザイアグランプリ

仮面ライダーナーゴ ライダーヒロイン

メロンジャン 3号ライダー

動画配信者/踊ってみた日曜日のノラネコ

インフルエンサー 令嬢

鞍馬伊瑠美

鞍馬光聖

鞍馬財閥


関連・類似キャラクター


3号ライダー変身者

五十嵐さくら鞍馬祢音黒鋼スパナ


ライダーヒロインの系譜

五十嵐さくら/アギレラ(夏木花) → 鞍馬祢音/ツムリ九堂りんね

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1155275

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました