ピクシブ百科事典

始まりの男

はじまりのおとこ

仮面ライダー鎧武の登場人物。
目次[非表示]

曖昧さ回避。


以下の意味がある。



「変身だよ! 貴虎、今の自分が許せないなら新しい自分に変わればいい。」
「新たな世界を一から創り出す。これが俺たちの新しいステージだ。」

概要


仮面ライダー鎧武の主人公、葛葉紘汰の最終進化系である。

第46話で、駆紋戒斗との最終決戦に勝利し、始まりの女となった高司舞から「黄金の果実」を受け取った葛葉紘汰。

果実を一口食べると、ヘルヘイムの森の実を食べた者がインベス化するかの如く、植物が全身を覆い、次の瞬間……髪は金色、目は舞と同じくオッドアイ、銀色の鎧を付けた姿に変身した。

今日のガイム



この姿がDJサガラ曰く「始まりの男」。始まりの女と共に古い世界を滅ぼし、新たな世界を作る創造主としての姿とのこと(恐らくはロシュオと同じ状態になったのだと思われる)。

だが人類社会の破壊を勧めるサガラに対し、紘汰と舞はそれを拒否。空に巨大なクラックを展開し、地球上を侵食したヘルヘイムの植物もインベスも全て吸い込み、新しい惑星(生命の欠片もいない死の惑星)へと移住することを選び、地球を去っていった。

※イメージ画像(注意:本編に無いものが混ざっています)

仮面ライダー鎧武「運命の勝者」



なお、既にこの姿になる前に人間をやめていたゆえだったのか、遥か遠い惑星に行ってしまったゆえか通常の通信や会話は地球上の人間とはもう出来ないが、昏睡状態にあった呉島貴虎とは精神世界を経由して(以前の紘汰の姿ではあったが)会話を交わすことはできている。

その後、最終回にて「やり残したこと」として復活したコウガネこと仮面ライダー邪武を倒すために一時的に地球に帰還、ミッチと真の意味で和解を遂げ、共に邪武を撃破した。

MOVIE大戦フルスロットルでは同じくヘルヘイムを超越した存在メガヘクスの襲撃を受けて一度は死亡してしまうが、極ロックシードにバックアップを残していたおかげで復活。泊進ノ介こと仮面ライダードライブと共闘する。
始まりの男になって以降は極アームズが通常形態となっているようだが、トライドロンに乗り込む際にオレンジアームズになっていた事から極アームズ以外のアームズに変身する事も可能な模様。
また進ノ介に自分を「今は神様かな」と紹介したことからそう呼ばれており、ゲームバトライド・ウォー創生でも同時に出撃した際にそういった掛け合いがある。


仮面ライダー平成ジェネレーションズでは鎧武に変身した状態で登場。
地中の奥深くにいるベルトさんを迎えに行って進ノ介に渡した後、同じく鎧武者をモチーフとした怪人ギリルバグスターと対決した。また上記の設定を引き継いで進ノ介に「さすが神様」と呼ばれている。
EDでは自身の惑星にて、始まりの女である高司舞と手を繋いでいる後ろ姿が確認できる。
※なお、演者の佐野岳氏のスケジュールが上手く合わなかった為か、この時の鎧武はライブラリ出演となっている。

関連タグ

仮面ライダー鎧武 葛葉紘汰 高司舞 そんな装備で大丈夫か? 女神まどか(脚本家・世界を救うために変身した繋がり)謎の少女(仮面ライダー鎧武)
仮面ライダーガイム
剣崎一真・・・こちらも世界を救うために人間をやめたライダー繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「始まりの男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 199264

コメント