ピクシブ百科事典

ロード・バロン(仮面ライダー鎧武)

ろーどばろん

『仮面ライダー鎧武』に登場する。駆紋戒斗がオーバーロードインベスへと変貌した姿。
目次[非表示]

「あんたも実験は大好きだろ!! ここまで毒に慣れた俺が……こいつを食ったら、一体どうなるか!!」
「貴様の真理など、机上の空論!俺の真理は……この拳の中にある」

概要

俺は人间をやめるぞ!葛葉!



一連の事件の黒幕であり高司舞を黄金の果実欲しさにに追いやった戦極凌馬に挑むもゲネシスドライバーを破壊され、彼の変身した仮面ライダーデュークに追い詰められた駆紋戒斗が自らヘルヘイムの実を食し、オーバーロードインベスへと進化を遂げた者にして鎧武のラスボス(最終回は後日談のようなものなので)。

以前戦闘中にレデュエの不意打ちを受けた際に左腕を負傷、レデュエのによって付けられたその傷は緑色のカビのようなもので覆われた状態となっていた。今までそれをずっと隠して戦ってきたが、42話でとうとう湊耀子に感付かれ、43話でもこの症状を見た戦極からも「もう手遅れだ」と言われてしまう。

しかし、傷の進行をゲネシスドライバーの力で抑え込み続けた事でその身体はヘルヘイムの実に対する耐性を獲得しており、実を食べても角居裕也初瀬亮二とは違って自らの意思を失う事なくなおかつ通常のインベスを飛び越えて一気にオーバーロードクラスの存在にまで達している。

この形態となってからはその人間を超えた凄まじい力でデュークを圧倒し彼に致命傷を与える。変身が解かれ、かろうじて立ち上がった戦極凌馬はビルから転落する間際に「いずれ貴様は破滅する…」という言葉を残すが、それに対してロード・バロン=駆紋戒斗は「俺は何者にも屈しない……俺を滅ぼす運命にさえ!」と力強く宣言する。

容姿

ロード・バロン



バロンが怪人化したかのような姿をしており、の両サイドにはヤギインベスのような2本のが生えている。
左腕の傷辺りに棘が生えているのも特徴である。

全体的なカラーリングはどことなく仮面ライダーダークキバのような配色をしており、見た目もファンガイアによく似ている。いずれも西洋風の怪物という見た目を追求した故だろうか。

能力

オーバーロードと同じで、インベスやヘルヘイムの植物を自在に操るほかクラックを自在に開く事が出来る。
また、グロンバリャムという長剣を武器として使用し自身を気体化して攻撃を無効化しつつ敵に襲いかかるなどデェムシュに似た部分も多く、ロシュオの様に強力な念動力も使える。

あくまで普通のヘルヘイムの実を食べただけなので、ロシュオの様にインベスの創造や再生能力など禁断の果実の力を使う事は出来ないが、今までの戦闘の経験や毒が身体に馴染んだ結果ロシュオですら傷を与えたDJ銃大剣モードの一撃すら全くの無傷であり、身体能力だけなら人間時代はおろかオーバーロードインベスの中でもトップクラスの部類に入る。また怪人化の影響で人間時の身体能力も上がっており、バナナアームズの必殺技でカチドキアームズにダメージを与えたり、マンゴーアームズでジンバーレモンと対等に戦ったりと各アームズの戦闘能力も向上している。

駆紋戒斗の姿にも自在に戻れるようだが、左腕の傷以外にも身体のあちこちに同じような傷が蔓延ってしまっており、ロード・バロンへの変化に際しても戦極からは「そんな身体で長く持つものか」と自身の命を削っているかのような事を示唆されている。しかしその傷も44話で完全に治っており、上記の宣言通り、戒斗は死の運命すらも乗り越えた。

43話以降の活躍

44話では、DJサガラから高司舞始まりの女となり並行世界に幽閉されていると聞いた為、世界を滅ぼしてでも舞と黄金の果実を取り戻すと決断し、彼の王としての生き様を見届けたいと言う湊耀子もこれに賛同した。

その後、沢芽市内で凰蓮城乃内ザックと出会うが、以前の戒斗からは感じられなかった異変に凰蓮が逸早く気づく。動揺する一同に対し、オーバーロードの力を使って古い世界を破壊すると言い張る戒斗だったが、凰蓮から「力に溺れたわね」と真っ向からその思想を否定され、敵対する。
その際、戒斗に自分の進むべき道を問われたザックは「俺はお前についていく」と戒斗に賛同の意を示し、戒斗の配下に加わる。
オーバーロードと化した戒斗は圧倒的な力で敵対するアーマードライダー達に対抗し、激闘の末にブラーボを撃破、凰蓮の戦極ドライバーを破壊した。なお、この戦闘で城乃内の戦極ドライバーもマリカナックルによって破壊されてしまった。

沢芽市以外の場所へ侵攻するべく無数のクラックを開けてインベス軍団を編制しようとしたが、凰蓮達から戒斗の異変を聞かされた葛葉紘汰が目前に立ち塞がる。
戒斗は仮面ライダーバロン バナナアームズに変身して戦うが、仮面ライダー鎧武 カチドキアームズに力及ばず敗北。ロード・バロンへと姿を変え、紘汰の傷がまだ完治していない事もあってか極アームズを相手に押し切り始めていたが、その戦闘中にザックが乱入。仮面ライダーナックルに変身して紘汰に襲い掛かるが、騒動の末に彼を取り逃がしてしまう。
紘汰を取り逃がした際、戒斗は「これは俺と奴との戦いだ。手出しはするな」とザックに釘を刺す。

しかし、実はザックは紘汰との戦闘中に、紘汰に対し「今は退け」と告げており、あえて彼に敗走のチャンスを与えていたのだった。果たしてザックの真意とは...

45話では、夢の中で舞に出会い、「果実を手に入れた最強の男としてお前を迎えに行く」と告げ、未来でまた会うと約束した。
舞は、荒廃した廃墟が地上に広がる戒斗の未来に拒否反応を示していたが、後に「戒斗の気持ちは理解できる」と語っている。

どんどん手下のインベスを増やしていったが、ザックが凰蓮に作らせた小型爆弾によって耀子を失い、ザックを粛正する羽目になった。
その際、護る為に犠牲になる覚悟を決めたザックに対して「強くなったな」と告げたが、それに対してザックは「俺が倒れてもまだあんたを倒す者が現れる」と戒斗の未来を否定してみせた。

ザックも耀子も失ったが、それでも歩みを止めず、誰かを虐げる為の力など求めない新しい世界を作る為、紘汰との最後の戦いに向かう。

「優しさが仇となり、本当の強さを手に出来ずに死んでいった。それが俺が生きた時代だ」

今の世界では、優しい強者は存在することさえできないと断じる、戒斗の言葉。
それを否定するべく戒斗に勝つ事を決意する紘汰。

戒斗側に就いた無数のインベスと紘汰側に就いた無数のインベスが乱闘する中、サクラハリケーンローズアタッカーダンデライナーを使ったカーチェイスを繰り広げる。
当初戒斗は仮面ライダーバロンの姿で戦っていたが、カチドキアームズに変身した紘汰の優勢を感じとると、ロード・バロンの姿になり全力を発揮する。

46話では、極アームズの武器を全て打ち破り、後一歩まで追い詰めるも、自らの武器である「グロンバリャム」をへし折られ、折れた剣先で貫かれ倒される。最後は人間の姿に戻り、紘汰の強さを認めその生涯を終えた。

泣きながら前に…



また、Vシネマのバロン編にも登場(時系列的には43話よりも前)。後の結末を暗示するかのように幻として一瞬現れた。

余談

ロード・バロンの使用する長剣「グロンバリャム」を日本語に訳すと「バロン」である。
ちなみにグロンバリャム自体はデェムシュの剣のリペイントである。

一部では「オーバーロードと化したバロン」と言う事で、オバロンと言う愛称で呼ばれていたりする。

また、彼の行動原理が(明言はされていないが)最愛の人を取り戻すという点がロシュオ笛木奏葵連神崎士郎死郎に近いものといえる。

他作品では

仮面ライダー生誕45周年記念としてYoutubeにて配信される『仮面ライダーゴースト 伝説!ライダーの魂』の鎧武編にも登場する。声は当時と同じく小林豊が担当する。
案の定、自らを蘇らせた存在には一切従おうとしておらず、あくまで自らの意志で天空寺タケルの強さを確かめる為に戦いを挑み圧倒しつつ、何のために戦うのかと問いかけた。
「皆を守るために戦う」と答えたタケルを「その弱さで何をどう守るという? それは力の無い者が語る言葉ではない!」と一蹴するが、最終的には鎧武魂となったゴーストに敗北。「それがお前の強さか。お前だけの強さを求めればいい!!」と称えて爆散した。

そして上記のエピソード、何とひらかたパーク仮面ライダーゴーストショーで後日談まで描かれた

また、仮面ライダー生誕45周年記念ゲーム作品であるバトライド・ウォー創生では、仮面ライダーバロンの究極フォームとして登場。詳しくはこちらの動画の2:58~4:03を参照されたし。
オール仮面ライダー ライダーレボリューション』ではバロンの特殊能力として登場する模様。

上記のように、ゲームなどではTVシリーズの終盤での出来事もありバロンの秘めたる力として登場する事が多い。

ガンバライジング

ナイスドライブ3弾(ND3弾)ではついにカード化する事が決定した。
ライバルセレクションキャンペーンの1枚で登場。
今までCPU専用でインベスやオーバーロードインベス、ロイミュード等のキャラは登場してきたが
怪人がガンバライジングでカード化するのはロード・バロンが初である。
因みに、BK2弾時点ではバースト面のロード・バロンのカードはND5弾を除き4枚。現行以外のライダーでは異例の高レア続きである。

関連タグ

仮面ライダー鎧武 駆紋戒斗/仮面ライダーバロン オーバーロードインベス

デェムシュ ヘルヘイムの森の実 ラスボス

初瀬亮二 角居裕也・・・同じくヘルへイムの森の実を食べてインベス化した人物
秋月信彦・・・実は彼の存在が、裏モチーフになっている。虚淵玄氏は石ノ森章太郎作品の中で、最も印象深いライバル対決として、漫画版『仮面ライダーBlack』の結末を挙げており、戒斗のようなキャラクター造形ならば、この構図に行き着くべきだろうと考えていたとのこと。

恐竜グリード グリラスワーム ゲムデウスクロノス・・・人間をやめた者繋がりのラスボス
剣崎ジョーカー・・・・同じく仮面ライダーでありながら、終盤には怪人になってしまったという点では共通している。
相川始・・・仮面ライダーでありつつも、ラスボス怪人として紺色の剣士ライダーに変身する主人公の前に立ちはだかる点で共通している。

ロード・バロン・・・このタグだけでは別作品のものになるため、タグには(仮面ライダー鎧武)も含めることを推奨
ロードバロン・・・こちらは逆にロードが固有名詞。

pixivに投稿された作品 pixivで「ロード・バロン(仮面ライダー鎧武)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 198856

コメント