ピクシブ百科事典

メガヘクス

めがへくす

『MOVIE大戦フルスロットル』に登場する敵である。
目次[非表示]

「全ての生命体はメガへクスと融合せよ‼」
「全ての生命は大いなる思考に統一されるべきである!!」
「やはり個の存在は不要!!メガヘクスこそが唯一の完全なシステムである!!」
CV:三木眞一郎

概要

葛葉紘汰が新天地で暮らしている星を襲った謎の機械生命体にして、鎧武の物語における実質的なラスボス
その正体は、地球同じ様にヘルヘイムの侵略を受けた星であり、それを乗り切るために自分の星ごと機械化し、個性までもを捨て統一した生命体。その野望は全宇宙惑星機械化し個性までも捨てひとつにまとめるのが目的である。

機械と化した影響なのか、その思考は機械的で、まだ話し合いで懐柔しようとした作品同族とは違い、一方的かつ機械的にその目的を果たそうとする。ようはヘルヘイムの森のアバター・DJサガラの悪意の塊版、あるいはキュゥべえのような存在。元は地球と同じくヘルヘイムの被害者でありながら、それを乗り越えるためにヘルヘイムと同質の災厄に成り果てているのは皮肉と言う他ない。

しかし個々の自我とそれによって起こるエラー(と彼らが定義し切り捨てた不確定要素)を否定しながらも「感情」その物を否定するような発言は無く、彼ら自身も想定外の事態に取り乱したり、自分の中の制御不能のノイズを「怒り」と定義した上でそれに身を任せて襲い掛かってくるなど、感情を失っている訳でも自身のそれを認めていない訳でもないと言うこの手の侵略者にしては少々珍しい性質も持っている。

戦闘の際はレーザー光線や両腕を鋭いナイフのような盾状の形態に変化させ襲い掛かる。
また、当初は機械の電子音声のような架空言語を用いていたが、紘汰の記憶をコピーしたことで地球言語を会得し、更にヘルヘイムの森の植物を模した金属の蔦状の触手を操る事ができるようになった。

周りのものを侵食してデータと化し、自身に融合させ進化できるという恐るべき能力を持つ。また、読み取ったデータからその人物の接触し人物の記憶を持つ者や生物を模したコピーロボットを生み出すこともできる。

まず手始めにオーバーロードインベスである葛葉紘汰の星を襲撃して融合を企んだ際、葛葉紘汰のデータや記憶などを分析しコピーした。
その後、地球へ行くためにクラックを作り、追ってきた紘汰を圧倒し、その凄まじい戦闘能力でオーバーロードへと進化した紘汰を一度は殺害した。

なお、人間大の怪人の姿をしてはいるが、実際にはメタルクウラと同じく、機械惑星メガへクスの端末に過ぎず、一体だけでなく数千、数万と存在しており、更に例え破壊されたとしても直ぐに本体からコピーされて補充されてくるため、きりがないという厄介な性質を持つ。

進化体

メガへクスが紘汰から奪い取った“黄金の果実”の欠片である『極ロックシード』を戦極ドライバーのデータを応用して取り込み、バージョンアップした姿。の青いコアが黄緑色に変化している。

その凄まじい戦闘の力で呉島兄弟を追い詰めるが、紘汰から決してどんな逆境に立たされても諦めない事を学び成長した貴虎と光実の捨て身の戦法により、『極ロックシード』を奪い返され大幅に弱体化。
更にこの機会を得る為に、『極ロックシード』にバックアップを取り、敢えて敗れ去った紘汰が復活した事で形勢は逆転。
トリプルライダーキックによって破壊されるが、直後に補充要員と大量に量産されたメガへクスが投入され、次の行動へとシフトする。

ZZZメガへクス

ZZZはスリーゼットと読む。メガへクスの端末の1つが地球の機械生命体・強化ロイミュードサイバロイドZZZを吸収・融合した事で進化した究極形態。

ただでさえ高い攻撃力はさらに上昇しているほか、凄まじくハイスペックな自己修復機能まで備わっているため、ちょっとやそっとでは破壊されないという恐るべき性能を持つ(ただし所詮は量産機のためか、最初の個体以外はバロントライドロンの猛攻の前にあっさりと破壊されているが…)。

また、吸収したロイミュード(バット型)のデータを元に、複数が合体することでバット型のバイラルコアを模した巨大コウモリ形態Zメガバット(後述)になる事も可能。

初回に登場した個体がトライドロン タイプフルーツによって粉砕されたのを皮切りに複数の個体が本体である機械惑星メガヘクス(後述)へと向かうドライブと鎧武迎撃に向かうが、バロンに一瞬で破壊されたりトライドロンにあっさりと撃破されるなど、大した活躍はしていない。

Zメガバット

複数のZZZメガヘクスが融合合体した形態で、吸収したロイミュード(バット型)のデータを元にしている為にバットバイラルコア及び巨大ロイミュード(バット型)を模した姿をしている。

推進エネルギーを全身から噴射させる事で超高速飛行で自在に飛び回る事ができ、から体内の大型駆動機関を高稼働させて生成した炎の火球の様な高出力エネルギービームを放って攻撃をすることが出来る。

「ドライブ超全集」では「メガヘクスバット」との記載がある。

機械惑星メガへクス

メガへクスの本体である巨大な機械化された惑星。
その全体像はSTARWARSデススターを思わせる形状をしており、様々な防衛機構が備わっている。

その巨体から弱点は当初はなかったと思われるが、物語の終盤、サイバロイドZZZを取り込んだメガへクスが破壊された際に飛び出たZZZのコアを取り込んだことにより「コアを破壊されると消滅(死亡)する」というロイミュードの弱点まで受け継いでしまった
この結果、惑星のコア部分(中枢部?)が弱点となってしまった。よってベルトさんの指摘でそこへ向かう鎧武とドライブを様々な方法で妨害した(道を狭める、ビームを放つ迎撃用の端末を放つ等)。

結末

最期は鎧武とドライブの合体必殺技であるオレンジタイヤダブル果汁キックにより中枢部ごとコアを破壊され、「理解不能、理解不能!メガヘクスの敗北、全てが融合した世界の否定。何もかもが理解不能!!」という断末魔を上げながら母星は大爆発し、生成された全メガヘクスは消滅した。

複製した人物・怪物

口元に機械的なマスクを装備した姿で復活。研究者の立場からメガヘクスとの融合を「最高の進化」と賛美し、呉島貴虎と因縁の対決をする。
仮面ライダーデュークドラゴンエナジーアームズに変身する。
撃破された後、そのゲネシスドライバーは貴虎に引き継がれた。(ドラゴンフルーツエナジーロックシードも回収された様だが、特に使われてはいない)

あまりに再現度が高すぎたために離反し、ライダー側に協力して戦う。メガヘクスの消滅と共に機能停止した。
仮面ライダーバロンバナナアームズに変身する。テコ入れして復元したのか、オーバーロードとしての力も再現されているのか、量産型とは言えZZZメガヘクスを数十体纏めて粉砕する圧倒的な戦闘力を持つ。
序盤で2体製造されるが、仮面ライダー龍玄に破壊される。
回収された戦極ドライバーは貴虎の手に渡り、仮面ライダー斬月メロンアームズ復活のキーとなる。
戦闘員ポジションとして大量に製造され、ライダーたちの行く手を阻む。
コピー体のため、ロイミュードにはナンバーが振られていない。
残存した個体はメガヘクスの消滅と共に機能停止した。

余談

声を担当した三木眞一郎は仮面ライダーシリーズにおいては『仮面ライダー電王』でジーク役を演じている。

ちなみにメガヘクスによって復元されたデュークのドラゴンエナジーアームズとバロンのバナナアームズはオリジナルのロックシードと違い、出現する際開くクラックの向こうはヘルヘイムの森ではなく上空に惑星メガヘクスが浮かぶ空間になっている。おそらく彼らが使っているのがロックシードそのものではなく、ロックシードのデータを基に複製されたメガへクス製のアイテムであるためだと思われる。

メカ戦極発表時に既に指摘されていたのだが、「機械の敵に星が侵略され神が助けを求める」「大量生産される」など同じく劇場版『ドラゴンボールZ激突!!100億パワーの戦士たち』の展開やメタルクウラと共通点がある。
後日談である『小説仮面ライダー鎧武』でも、仮面ライダーセイヴァーの作り出した「地獄の軍団」としてインベスや黒影軍団と共に登場した。


関連タグ

MOVIE大戦フルスロットル 仮面ライダー鎧武 勝てる気がしない 哀しき悪役(ある意味)

似たような物?

メタルクウラ キュゥべえ:殆どが瓜二つなセルフパロディの元ともいえる存在
スフィア(ウルトラ怪獣) グランスフィア カオスヘッダー ゴーデス ビートスター イルド フュージョン サイキ(ウルトラマンオーブ) ・・・・いずれも、個性をなくせば争いもなくなり、平和になるという事を目的に活動していた同族達。
ソリチュラ・・・こちらも意思はないものの、全生命体を一体化させるという事が目的。
ボーグ・・・色々似たような所が多い。
銀王軍 宇宙鉄人(仮面ライダーフォーゼ) ・・・仮面ライダーシリーズにおける機械生命体の敵繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「メガヘクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5440

コメント