ピクシブ百科事典

仮面ライダーセイヴァー

かめんらいだーせいゔぁー

仮面ライダーセイヴァーとは、『鎧武外伝』第2弾に登場するアーマードライダーである。
目次[非表示]

もしかして→仮面ライダーセイバー

「いいだろう…これが最後の試練だ」

『ザクロ!』『ブラッドオレンジ!』
『ロックオン!』

「変身…」

『ハッ!』
『ブラッドザクロアームズ!狂い咲き・サクリファイス!』
『ブラッドオレンジアームズ!邪ノ道・オンステージ!』

スーツアクター:藤井祐伍

概要

Vシネマ鎧武外伝』第2弾の「デューク」編に登場する謎のアーマードライダー

ジンバーアームズと同じ様に、ゲネシスコアをセットした戦極ドライバーで2つのロックシードを使用している。

変身者など詳しい情報は不明、だったのだが………

以下、ネタバレ要素を含みます。本編未視聴の方はご注意ください!






















































































変身者は、戦極凌馬の前任者にしてカルト集団『黒の菩提樹』のリーダー的存在である狗道供界

その実力は劇中最強クラスの実力者である呉島貴虎をして「手強い」と言わしめる程で、仮面ライダー斬月メロンアームズ仮面ライダーデュークレモンアームズの2人を同時に相手にして互角以上に立ち回れる程。

戦闘スタイルはブラッド大橙丸とセイヴァーアローの二刀流による近接戦闘、もしくはセイヴァーアローによる遠距離攻撃。ちなみに必殺技は劇中未使用。

変身ツールとして、最初からゲネシスコアの付いた戦極ドライバーを使用している。このため、鎧武に登場するアーマードライダーで唯一、フェイスプレートが存在しない。
このドライバーが初めて確認されたのは戦極凌馬がゲネシスドライバーを完成させる前であり、戦極および貴虎にとっても「我々の知らないシステム」と驚愕されている。この存在より後に同型で運用可能となったジンバーアームズへの技術的な関連性は不明。
ベルトの出自は不明であるが、戦極の分析ではこの特殊な戦極ドライバーは肉体を失った供界(個別記事参照)がこの世に留まる為のキーアイテムであり、ベルトの破壊がセイヴァーの最大の弱点となっている。
劇中では変身待機音は鳴らなかったが、出自の特異性やキャラクター立ち位置から、CSM版にて新たな専用待機音が設定された。こちらはバロン等の洋風待機音を禍々しくアレンジしたものとなっている。

ザクロロックシードの出自は詳細は不明だが、供界が変身に用いるもの以外にも大量に生産されており、手にした人間の洗脳や、ドライバー無しで一般人が起動すると爆発する機能を持つ、自爆テロ用のロックシードという極めて異質なものであり、戦極凌馬の逆鱗に触れている。
ブラッドオレンジロックシードは、小説にて、「武神の世界」と呼ばれるところに迷い込んだ際にDJサガラと遭遇して与えられたものだと判明した。

形態

  • ブラッドザクロアームズ

セイヴァーの基本形態。使用ロックシードは「ザクロロックシード」と「ブラッドオレンジロックシード」(※ドライバー本体にザクロ、ゲネシスコアにブラッドオレンジ)。

外見は、仮面ライダーマルス武神鎧武を掛け合わせて赤くリペイントしたというイメージ(スーツ自体もマルスと武神を改造し組み合わせたものである)。一応マルスの面影は残っているが、口元や体の所々にボロ布があったり、マルスとは色も相まって雰囲気が全く異なり、斬新なイメージを受ける(武神鎧武の要素はアーマー以外はどこいったとか突っ込んではいけない)。

なお、アーマー部分をよく見ると、他の新世代ライダーの様に左右非対称になっており、具体的にいえば、

  • 前のプロテクターと、右肩の部分がザクロ(というか形がほぼリンゴアームズ)。
  • 左肩と、背面のアーマー部分がブラッドオレンジ。
と言った所。つまりこちらも新世代ライダーのシステムを取り入れていると思われる(劇中で貴虎が「我々の知らないシステム」と言っていたが、もしかしてこのシステムの事だろうか?)。

武装

ブラッドオレンジロックシード側のアームズウェポン。武神鎧武が使用していた物と同様。

  • セイヴァーアロー
ザクロロックシード側のアームズウェポン。その外観は一言で言えば、黒いソニックアロー

余談

柘榴はしばしば人肉の暗喩として用いられる果実であり、「ブラッド」(血)オレンジと合わせて人間の肉体を表したアームズだと思われる。

変身アイテムの1つである「ブラッドオレンジロックシード」は『天下分け目の戦国MOVIE大合戦』にてキーキャラクターである武神鎧武が使用したアイテムであり、映画限定ライダーのアイテムが全く別のライダーに使用されたケースである。

セイヴァーの変身プロセスだが、一般的なアーマードライダーが「果実を模した鎧を頭から装着し、そこから展開してアーマーになる」方法なのに対し、セイヴァーは「先にライドウェアが出現し、そこに展開済みの鎧がそのまま装着される」方式となっている。その様子はさながら、あの仮面ライダードライブ」のライダーの変身プロセスと若干似通っており、これまでと比べて全く異質なライダーである。

前述の通りスーツとアームズはマルスと武神鎧武の物を組み合わせて改造したものであるが、度重なる改造によりボロボロになってしまったのか左肩のブラットオレンジのアーマーがテープで止められているのが確認できる。

後に名前が似ている『仮面ライダーセイバー』がタイトル及び主人公として登場。
当然ながらこちらより圧倒的にウェブでのページ数や検索数は超えられてしまうが、あまりにも言葉が似ている都合上、検索除けせずにセイヴァーを検索しようとしてもセイバーの記事ばかりが出てしまうという悲劇に見舞われている。

外部リンク

プレミアムバンダイ商品紹介&予約ページ

  • 販売関連の情報まとめ
    第1次受注期間2015年8月7日金曜11時~同年9月10日木曜17時
    第1次受注分発送時期2015年11月予定
    第2次受注期間2015年8月21日金曜11時~同年11月27日金曜23時
    第2次受注分発送時期2016年1月予定
※2015年8月20日プレミアムバンダイ公式サイトの情報更新より、第1次受注分の予約数が準備数に達して11月発送分の申し込みが終了した事が明らかになりました。
よって、それ以降の申し込み分(第2次受注分)は2016年1月発送予定になります。ご注意ください。

関連タグ

仮面ライダー鎧武 鎧武外伝 
ジンバーアームズ アーマードライダー 戦極ドライバー ロックシード ゲネシスコア 
狗道供界
サブライダー ダークライダー おっさんライダー 
Vシネ限定フォーム、Vシネ限定ライダー
平成ライダーシリーズの仮面ライダー一覧 

天下分け目の戦国MOVIE大合戦 武神鎧武

関連・類似キャラクター












更なる暗躍(小説版のネタバレ注意!)

以下、2016年3月より発売中の『小説仮面ライダー鎧武』のネタバレにつき閲覧注意!!

鎧武外伝第2弾『仮面ライダーナックル』以後の話でもまだ生きている(厳密には疑似オーバーロードインベスとなって生死を超越し、ザクロコアとザクロロックシードの力で存在を保っており、デュークのソニックボレーで砕かれたロックシードとコアを信者に再生産させる事により現世に再臨した)。黒の菩薩樹を利用して生み出したセイヴァーシステムを使って生み出した黄金の果実の力(時系列的にはこれ以前になるが、DJサガラに「人類にとってのコウガネ」と称された)によりイナゴ怪人やウツボカズラ怪人、さらには虚無の世界を生み出し、斬月龍玄ナックルらと幾度となく戦いを繰り広げた。

終盤では鎧武関連の劇場版などに登場した様々な敵を模し、菩提樹と一体化した蓮華座偽神セイヴァーとなるもジンバーメロンアームズとなった斬月によって一度は撃破される。その後セイヴァーシステムの力で作り出した黄金の果実の力によりゴールデンアームズダークネスアームズに変身。
更には(ファイナルステージに登場した仮面ライダー魔蛇と別個体と思われる)魔蛇アームズへとアームズチェンジした末に、骸骨恐竜にまで成り果てた。その後現れた鎧武との戦いの中で供界としての悲しい本音を語った後に自我を失い暴走。
倒される直前に一瞬正気に戻り始まりの男に「生きて死ね」という言葉を残し消滅した。恐らくこれで完全に消滅したと思われる。

関連記事

親記事

狗道供界 くどうくがい

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーセイヴァー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31213

コメント