ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2号ライダー等のサブライダー主役に添えて、最終回やMOVIE大戦の後日談もしくは本編以前や間の空白期間を描いた平成二期仮面ライダーシリーズのスピンオフドラマの事である。

始めて発売された仮面ライダーW_RETURNSが作られて以来、ウィザードまで制作されることは無かったが、鎧武放送終了後久々に鎧武外伝が制作され、それ以降毎年恒例となっている。

またエグゼイド以降、一部の映画館で劇場公開される様になった。

一覧

Vシネマに登場するフォームとライダーはVシネ限定フォーム、Vシネ限定ライダーを参照。

平成ライダー

原作作品名主要な敵組織・敵怪人上映・配信日
仮面ライダーWRETURNS仮面ライダーアクセルコマンダー・ドーパント2011年4月21日
RETURNS「仮面ライダーエターナルビレッジアイズ・ドーパントユートピア・ドーパント2011年7月21日
仮面ライダー鎧武鎧武外伝仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン2015年4月22日
鎧武外伝「仮面ライダーデューク/仮面ライダーナックル黒の菩提樹、ネオ・バロン2015年11月11日
仮面ライダードライブドライブサーガ仮面ライダーチェイサーエンジェル・ロイミュード2016年4月20日
ドライブサーガ「仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハートロイミュード5886リベンジャー・ロイミュード2016年11月16日
仮面ライダーゴーストRE:BIRTH 仮面ライダースペクターダントン/エヴォリュード2017年4月19日
仮面ライダーエグゼイドアナザー・エンディング仮面ライダーブレイブ&仮面ライダースナイプラヴリカバグスター2018年2月3日
アナザー・エンディング「仮面ライダーパラドクスwith仮面ライダーポッピーブラックパラドゲノムス2018年2月17日
アナザー・エンディング「仮面ライダーゲンムVS仮面ライダーレーザー2018年3月3日
仮面ライダービルドビルドNEW WORLD仮面ライダークローズキルバス2019年1月25日
ビルドNEW WORLD「仮面ライダーグリスダウンフォール2019年9月6日
仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティアナザーディエンドカッシーン2020年2月28日


令和ライダー

原作作品名主要な敵組織・敵怪人上映・配信日
仮面ライダーゼロワンゼロワン Others仮面ライダー滅亡迅雷仮面ライダーザイアソルド2021年3月26日
ゼロワン Others「仮面ライダーバルカン&バルキリー仮面ライダー滅亡迅雷2021年8月27日
仮面ライダーセイバー深罪の三重奏???2022年初頭


余談

ダブル以前にはサブライダーを主役とした作品は無かったのかと言われると、実はそんな事はなく、2010年から後のVシネマ作品の元になったと思われる作品が劇場版として公開されていた

その記念すべき作品が超電王トリロジー。3部作で構成されており、それぞれゼロノスNEW電王ディエンドが主役を務めた。

同年の半年後にはMOVIE大戦COREが公開。一見するとダブルとオーズのコラボ映画のように見えるが、実はダブルのエピソードは専らスカルを主役としたエピソードで構成されており、ダブルの活躍は控えめである。
またダブル編のタイトルは「仮面ライダースカル・メッセージ for W」となっており、サブライダーが主役の作品で初めて正式なライダー名がタイトルに用いられる事となった

その他にも舞台作品で「仮面ライダー斬月 -鎧武外伝-」、ウェブドラマとして「ドライブサーガ 仮面ライダーブレン」や「鎧武外伝 仮面ライダーグリドンVS仮面ライダーブラーボ」が制作されている。タイトルから分かる通り、Vシネマで公開された作品のシリーズであり、Vシネマ以外の媒体でも各キャラを主役とした系列作品が作られる程の人気の高さが窺える。
特に、近年では作品の配信方法が多岐になったため、Vシネマ以外の外伝作品も制作される事があり、東映特撮ファンクラブとTELASA(旧名:ビデオパス)で配信される外伝も増えつつある。

因みに紙媒体でも展開しており、HEROSAGAではギルス黒いウィザードを主役としたエピソード、小説ではマッハやサイクロンと言ったサブライダーを主人公としたエピソードが描かれている。

関連タグ

仮面ライダー  仮面ライダーシリーズ

劇場版仮面ライダー  
MOVIE大戦︰前述の通り、Vシネマのストーリーの中には、新旧仮面ライダーがコラボするMOVIE大戦の後日談という位置付けとなっているものが多い。

Vシネ限定フォーム、Vシネ限定ライダー

関連記事

親記事

仮面ライダー かめんらいだー

子記事

兄弟記事

コメント