ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

仮面ライダーブレン

かめんらいだーぶれん

仮面ライダーブレンとは、ドライブサーガ『仮面ライダーブレン』に登場する新たな仮面ライダーである。
目次 [非表示]

「だから倒します!たとえ弱い私一人でも…倒さざるを得ない!!」


「変身!」


『START・YOUR・ENGINE!』

『BRAIN・THE・KAMEN RIDER!』


CV:松島庄汰

スーツアクター:浅井宏輔


変身者

ブレン


概要

2017年エイプリルフールネタで発表された仮面ライダー……だったのだが…

2019年、東映特撮ファンクラブでドライブサーガ第3弾としてドライブサーガ 仮面ライダーブレンが配信決定されたため、エイプリルフールネタからのまさかの大躍進を見せた。


変身者はブレン

バンノドライバーにそっくりな黒いドライブドライバーブレンドライバーのアドバンスドイグニッションキーを回して変身。変身後には黒いシフトブレス「ブレンブレス」が装着されているが、使用しない(設定上使用出来るかは不明)。


変身音はDXドライブドライバーの起動音+仮面ライダーハートの変身音とブレンバイラルカキマゼールの音声の再構成、流用。

内蔵されているエンジンは「コア・ドライビア-BN/CP」。


当初は自分の意思で変身することができず、「ハートでさえ私とメディックの力でようやく変身できた」「私一人でできるはずがない」とあきらめていた。

だが自身の存在をかけ戦い抜いたはずの命でさえ「駒」「消耗品」として使い捨てる「無」のやり口を目の前にし、かつての怨敵の存在を思い出す。


それを「不快で傲慢で許しがたい」「わが主が憎む真の邪悪」と感じたブレンがたとえ一人でも戦うと覚悟したことで変身できるようになった。(上記のセリフはその時の物)

なお変身ポーズは眼鏡の弦を一瞬だけ上げるというシンプルな物。(松島氏が考案)


外見

形状的にはプロトドライブゴルドドライブをベースにしていると思われ、そこにブレン・ロイミュードに存在した脳味噌のようなエングレービングやマントを羽織っている。


同じくロイミュードが変身した仮面ライダーハートがかなりロイミュード寄りの外見だったのに対し、こちらはチェイサーの様な仮面ライダーに近いものとなっている(あちらのスーツ関連事情からタイプテクニックベースなのでは?という説も出ていた)。

なお、松島氏は「(ブレンが変身するから)ふざけたデザインになる」と思ってたらしい。


スペック

身長203.0cm
体重115kg
パンチ力17.5t
キック力25.1t
頭突き力33.3t
ジャンプ力ひと跳び42m
走力100mを3.0秒

ドライブマッハデッドヒート形態に匹敵するスペックを誇るが、見ての通り何よりもヘッドバットの威力が尋常ではないのが特徴

全体的にブレンの持ち味である毒をフル活用しており、戦闘のみならずライダーシステム自体の運用にも毒が使われている。


頭部「ブレインブレインメット」はブレンの頭脳を保護しつつ処理能力を高めるため、ゲル状の毒液をクッションとした多重装甲「グリュンヘッドカウル」と、脳の意匠を持った銀色の装甲「オーバークロックアーマー」内部に冷却用の毒を流している。


またこの装甲は過剰なほどに強度が高められているため、キックよりも頭突きの方が威力を発揮できる他、必殺技を防げるくらいにも頑強である。

複眼である「TOX-ハイビームアイ」は熱源・動体反応を捉え素早く広範囲の情報を得る他、センサー部分の発光機能で目くらましをかますことも可能。


さらに額にある丸いシンボルは「ヘッドクラッシュチャージャー」という攻撃ユニットで、全エネルギーを頭部に集中することでブレンヘッドクラッシャーの威力を最大に高めるとともに、オーバークロックアーマー表層のパイプから閃光毒を噴射してそれを補助する。


アンテナ型のパーツ「ポイズンレーダー」は毒噴射を制御するものだが、恐ろしいことに変身完了と同時に不可視の毒ミストの散布を開始しており、敵味方に気づかれないよう毒を浴びせる。このため、戦闘エリア内の毒の濃度が時間と共に上昇し、最終的にブレン以外は敵も味方も行動不能になるというはた迷惑すぎる代物である。


クラッシャーに当たる「デンジャーフェイスガード」は開閉可能であり、調合した毒液を不意打ちで吹き付けることもできる。右胸には新型の動力源「コア・ドライビア-BN/CP」が内蔵されている。


これは、クリスタル・ペプラー博士がロイミュードのボディを解析、再現する過程で作り出したものであり、ドライブのものとほぼ同等の性能を持つ。 両肩のアーマー「BN-ディフレクター」は敵の攻撃を受け流す機能を持ち、毒の注入・吸収を行うニードルが隠されている。

ちなみにこれで毒を吸収する過程で異物や老廃物の類も消し去るのか、毒吸収を受けた相手は健康になる。


ドライブのタイヤに当たる部分には毒素調合ユニット「TOX-ブレンディングギア」が装備されており、格納された999の毒素を調合することで敵に応じた最適な毒を作り出すことができる。


手先を覆う「ヴェノマスターグローブ」はライダー毒手の威力を飛躍的に高め、その他発火毒を用いて爆発するライダーパンチを放つ機能が備わっている。


さらに脚部「ケミカウルブーツ」は閃光毒エネルギーを纏うことで必殺のライダーキックを放つことができるが、この動作をフェイントに使った頭突き攻撃へ移行する技もある。


背中に広がる「ハンカチーフマント」は猛毒結晶金属を線維化したものであり、ポイズンハンカチーフに使うハンカチはここからプリントアウトされる。


能力

劇中では体内の999の毒素を生かしダークライダー達を圧倒した。

かっこいい見た目に反してどう考えてもネタとしかいいようのない技ばかりだが、原典を見ればわかる通り、マッドドクターを以ってしても治療不可能な毒を有しているため、冷静に考えれば恐ろしい能力である。


  • ライダー毒手

両手から毒素を滴らせた手刀攻撃仮面ライダーポセイドンの体を貫き倒した。なお使用時にはとてもヒーローと思えない「ウヒヒヒヒ」という奇声をあげながら攻撃する。


  • ポイズンハンカチーフ

自身の能力で複製したと思わしき、毒素を浸らせたメガネ柄のハンカチーフを投擲。仮面ライダーアナザーパラドクス仮面ライダーダークキバの顔面に貼り付き、そのまま昏倒させた。


ツール

  • ブレンドライバー

変身用ベルト。ドライブドライバーを参考にクリスタル博士が開発したと思われるもの。

非使用時は違和感なくポケットに入るサイズへと圧縮される模様。

モニター部分にはメガネをかけたようなグラフィックが浮かんでいる。


  • ブレンブレス

シフトカーをセットするためのブレス。

ドライブのものと異なり変身には関与せず、用途は不明。

内部機能に何らかのロックがかかっているようだが……?


  • ブレンメガネブレード

【バトルスピリッツ】仮面ライダーブレン

ブレンによって召喚される眼鏡を模した緑色の剣。仮面ライダーダークゴーストからはそれ色塗り替えただけでお前の武器じゃないと言われた。

この武器で戦うにあたり、所々剣道を思わせる動きを見せていた。


なお、「仮面ライダー図鑑」(参考)の記載によると、スペックは全て憶測で書かれている

サングラスラッシャーとの関連性についても「既視感のある剣型武器を参考に、クリスタル・ペプラー博士が開発したと考えられる。」(原文ママ)と遠回しに記載されており、刃部分の名前が「TOX-クァンタムプロミネンス」となっており、これはモロにサングラッシャーの刃の部分「クァンタムプロミネンス」のパロディで解説もほぼ同様にパロディ三昧。



ただし、こちらは斬撃の特性が猛毒結晶金属「クァンタムポイズン」製の刃から発する特殊な粒子による腐食と分解、閃光毒の刃による猛毒の散布となっており、この点、熱で敵を切り裂くサングラスラッシャーとは異なる。


なお、ゴースト眼魂を装着できるかは不明だが、「TOX-デュアルソケット」という部位に目玉型ユニットが装填されていて、猛毒を含んだ投擲武器としても使えるらしい(理由は後述するが、プロップ的には不可能)。


ちなみに、ブレンダーファーネスというボディ部分だけ、元ネタから名前が変わっていない。

また、銃モードへの変形が可能かは不明。


システムの大元を作った「無」がダークゴーストを配下に加えていたのだから、サングラスラッシャーに似た武器を作れても矛盾はない。


  • ライドブレイザー

 ライドチェイサーに酷似しているが、カラーは緑で、フロントカウルの髑髏は脳味噌に置き換わっている。

『仮面ライダー図鑑』によれば「毒ミサイルや毒まきびしといった兵装も搭載されているらしい」との事。


必殺技

ブレンヘッドクラッシャー

『ヒッサーツ!フルスロットール!ブレン!』

アドバンスドイグニッションを捻り発動。

足にエネルギーを集束させたライダーキック……と思いきや相手の足元に着地、足のエネルギーを脳天に集束させた頭突きをお見舞いする(技名は頭突き直前に叫んだ物)。曰く「私はここが一番の武器」


最初からそういう技だったのか、大蜘蛛大首領の「キック返し」を察して瞬時にキックから頭突きに切り替えたのかは定かではない。

『仮面ライダー図鑑』の設定を見るに頭部にも毒要素が付属しているようである。

設定上、上述のキックのみの「ブレンドロップ(仮)」も発動出来ると思われる。


余談

仮面ライダーブレンのスーツ及び使用するアイテムなどは、ほとんどが既存の物の改造である。

具体的にはスーツは『ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』で元に戻されたプロトドライブの改造(ちなみに戻された分も含めるとプロトドライブのスーツはこれで7である)、ブレンメガネブレードは劇中で突っ込まれているようにサングラスラッシャーのアクション用プロップのリペイント、ライドブレイザーも見た目通りライドチェイサーの改造である。


本編退場時の「優秀で……誠実で……」の後の3つ目が明かされる。


スーツは後にブロンズドライブに改造された…と思いきや、あちらはまさかの完全新規造形であり、仮面ライダーアウトサイダーズep.4に仮面ライダーブレンが登場することが決定されている。


立体物

S.H.Figuartsで発売…するのだが、本編公開前から魂ウェブ商店で予約開始という前代未聞の事態である。


関連動画

ブレンを演じる松島庄汰氏は仮面ライダーになるのが夢だったそうで、情報公開動画でも喜びを爆発させている。


そして、2020年2月7日には松島氏本人が投稿した仮面ライダーブレンのフィギュアのレビュー動画がYoutubeにて公開された。



関連タグ

仮面ライダードライブ ドライブサーガ

ブレン(仮面ライダードライブ) ブレン・ロイミュード

サブライダー 怪人ライダー グリーンヒーロー 毒属性

仮面ライダー一覧 配信限定ライダー


仮面ライダープロトドライブ仮面ライダーチェイサー仮面ライダーハートロイミュード変身する仮面ライダー。


仮面ライダー1号初代ライダー:本編のオマージュ元。


ドルヲタ、推しと付き合うってよ:同じく仮面ライダー関連で嘘から出た誠という形になった作品。


アナザークイズ:脳味噌をモチーフにした特撮キャラ繋がり。こちらブレンとは逆に怪人と化した仮面ライダー。


仮面ライダーエデン:人体の一部がモチーフのサブライダー。


雨宮版ハカイダー:脳味噌の意匠を取り入れた特撮ヒーロー繋がり。


Vシネマ限定ライダー

イドゥン/タイラント/セイヴァー/ブラックバロン/シルフィーハート/ブレンアナザーパラドクス



















結末

「無」の首領を追い詰めたブレンだが、その時突如周りが光に包まれホワイトアウトする。

気が付くと、そこは白い光に包まれた空間であり、ハートとメディックの姿もあった。


仮面ライダーになったというブレンの話を一蹴する二人だが、ハートはそれ以前の問題として、データの塵となって散った自分達ロイミュードのデータがなぜ集められているのかを疑問視していた。



それを行っていたのは、三人のデータを復元しているパソコンの前で寝落ちしていた詩島剛

チェイスのみならず残る三人の復活も目指してプロジェクトを進めていた剛だが、ブレンは既に8割以上復元できていたのに対し、肝心のチェイスの復元率は4~5%と全く進んでいなかった。


目覚めた剛が休憩のため立ち去った後には、ロイミュードの新たなボディ、そして「ネオ・コア・ドライビア for 仮面ライダー」と書かれた計画書が残されていた…。この資料の意味するものとは一体?



そして、仮面ライダーとしてのブレンの物語はこれで終わりかと思いきや・・・?

関連記事

親記事

ブレンドライバー ぶれんどらいばー

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 165945

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました