ピクシブ百科事典

大蜘蛛大首領

おおぐもだいしゅりょう

ショッカー首領三世の真の姿である蜘蛛型怪人。

映画のネタバレのため閲覧注意





























「俺の本当の姿を見せてやる。ショッカー、変身‼」

CV:ダイヤモンドユカイ

概要

ショッカー首領三世の真の姿である蜘蛛型の怪人。
上記の掛け声とともに魔法剣2本を頭上でクロスさせることにより、この姿へと変貌を遂げる。

蜘蛛を彷彿とさせる姿に仮面ライダー1号の意匠が合わさったような姿をしている。

元々が隠しステージの隠しラスボスを務めているショッカー首領三世の正体という事もあり、そのスペックはけた外れに高く、魔法剣二刀流による剣捌きの威力は凄まじいものがある。
その実力は、仮面ライダーエグゼイドを除いた「チームエグゼイド」の4人を数の差にも関わらず一瞬で葬り去るほど。

人間態時にも使用していた現実世界の存在を消滅させる能力のほか時空や空間を繋いで、異世界のものを召喚する能力が使えるようになっている。


最終決戦では、怪人態での戦いで正義側を圧倒し、さらに勝利を確実なものとすべく、宇宙幕府ジャークマターと結託したことでその戦力であるビッグモライマーズを呼び寄せ、それを変形させた従来のモライマーズロボよりもかなり巨大な首領専用モライマーズロボを操縦する。

ロボの圧倒的な巨体と大火力で、ライダーたちと戦隊を蹂躙するものの、シシレッドの奇策により2体となったキュウレンオーと、隠しエナジーアイテムの力で巨大化した仮面ライダーエグゼイドマキシマムゲーマーレベル99との3対1の戦いで徐々に形勢を逆転されていく。

そして、2体のキュウレンオーをジャンプ台とし、さらにオリオン号に弾かれたパワーを得て超弩級の威力となったエグゼイドの「マキシマムクリティカルブレイク」と、2体のキュウレンオーが放った「キュウレンオーダブルメテオブレイク」の直撃を受けたことでモライマーズロボを大破させられ、その爆発に呑み込まれて最期を遂げた。
調子に乗って巨大兵器を導入しなければ、勝てていたかもしれない

関連項目

超スーパーヒーロー大戦 ショッカー 大首領 ショッカー首領三世 宇宙幕府ジャークマター モライマーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「大蜘蛛大首領」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 294

コメント