ピクシブ百科事典

ゴライダー

ごらいだー

ゴライダーとは、『仮面戦隊ゴライダー』の略。またはその作品内、及び『超スーパーヒーロー大戦』に登場するヒーローを指す。
目次[非表示]

概要

仮面ライダースーパー戦隊両方の力を持った五人組のヒーロー。
その容姿は最初の仮面ライダーである仮面ライダー1号or仮面ライダー2号、カラーリングやマントとブーツを身に着けた姿は最初のスーパー戦隊である秘密戦隊ゴレンジャーを彷彿させる。

アカライダー以外のメンバーは目の色とコンバーターラングが赤く、マスクの後頭部にあるラインがメンバーごとに異なっている。

映画版ではゲーム『超スーパーヒーロー大戦』にてこの姿になるためのトーナメント大会が開かれており、宝生永夢が参加したチームエグゼイドの五名が変身能力を取得。ゴレンジャー同様その場で一回転する事で瞬時に変身し、アンドアジェネシスを撃破した。

Vシネマ版ではエグゼイドが持っていたゴライダーの姿が描かれたカードを使う事で、カードから発生したそれぞれのカラーの風圧を受けることで変身する。仮面ライダーバトルラッシュのアカライダーの図鑑解説によれば全ての仮面ライダーと戦隊の力が使えるらしい。

変身メンバーは映画版は混成ヒーロー、Vシネマ版は仮面ライダーのみで構成されている。

メンバー

登場人物で書かれているが、本来は変身後のヒーロー。

アカライダー

レッド担当の赤いライダー。映画版では宝生永夢、Vシネマでは駆紋戒斗が変身。

アオライダー

ブルー担当の青いライダー。映画版では加藤クラウド八雲、Vシネマでは剣崎一真が変身。

キライダー

イエロー担当の黄色いライダー。映画版では陣マサト、Vシネマでは九条貴利矢が変身。

モモライダー

ピンク担当の桃色のライダー。映画版ではモモタロス、Vシネマでは湊耀子が変身。

ミドライダー

グリーン担当の緑色のライダー。映画版では北岡秀一、Vシネマでは木野薫が変身。

装備・技

  • タイフーン

1号ライダーと同じベルト。中央の風車の色がメンバーごとに異なる。

  • ゴライダーボール
ゴレンジャーのエンドボールと同じラグビーボール型爆弾。
Vシネマ版ではこの名称で、「ゴライダーハリケーン」を決めている。

  • ゴライダーバズーカwithエグゼイド
ゴーカイジャーとゴセイジャーが使用したスーパー戦隊バズーカと同じ形のバズーカ。
タイフーンから発生する風のエネルギーを吸収し、エネルギー弾を撃つ。

  • ゴライダータワー
五人でやぐらを組み、エネルギーをチャージした後にアカライダーがキックする。

  • ゴライダーハリケーン
ゴレンジャーの技ゴレンジャーハリケーンと同じ技。
ゴライダーボールをモモ、キ、ミド、アオ、アカの順番にパスし、巨大化したボールを相手に叩き込む。
Vシネマではキライダーとミドライダーの順番が逆になり、アカライダーの後にマキシマムゲーマーレベル99が追加でキックする。

マシン

登場は映画版のみ

秘密戦隊ゴレンジャー』の巨大要塞。アカライダーが搭乗。

仮面ライダーキバ』の巨大モンスター。アオライダーが搭乗。

魔法戦隊マジレンジャー』の龍。キライダーが搭乗。

海賊戦隊ゴーカイジャー』の海賊船。モモライダーが搭乗。

仮面ライダー電王』の時の電車。ミドライダーが搭乗。車種はゴウカ。

余談

Vシネマ版の変身者を演じた役者は、全員原作を含めた東映特撮(とりわけ仮面ライダーシリーズスーパー戦隊シリーズ)でを経験した事があるという妙な共通点がある。
ただし、アナザーアギト/木野薫役の菊池隆則氏のみ、仮面ライダーシリーズで怪人役を経験しておらず、特捜戦隊デカレンジャーにてドン・モヤイダの人間体を演じた。(アナザーアギトもエルの因子が入っているので怪人と言えなくもないが。)また、厳密にはレーザーを演じた小野坂勇人氏は、ゴライダー公開時点では怪人役を経験してはおらず、エグゼイド本編の終盤で怪人役を経験することになった。


関連タグ

仮面戦隊ゴライダー

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴライダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 546

コメント