ピクシブ百科事典

マキシマムゲーマーレベル99

さいだいきゅうのぱわふるぼでぃ

マキシマムゲーマーレベル99とは、仮面ライダーエグゼイドの形態の一つ。
目次[非表示]

「マックス大変身!」

レベルマーックス!
最大級のパワフルボディ!ダリラガーン!ダゴズバーン!

マキシマムパワーX!

「俺のレベルはマキシマム…レベル99(ナインティナイン)だ!」

概要

宝生永夢マキシマムマイティXガシャットを使って変身したエグゼイドの強化形態。レベルは99
デスピサロを連想させる胴体の巨大な顔が印象的な「マキシマムゲーマ」を装着した姿。

ガシャットを挿入しレバーを開放するとレベル2の姿になると共にマキシマムゲーマが召喚され、ガシャット底面部の「アーマライドスイッチ」を押すとマキシマムゲーマがエグゼイドを格納し変形・変身が完了する。

ガシャットの形状や変身後の姿、その能力など、あらゆる点でこれまでのライダー達とは一線を画している。

能力

身長256.0cm
体重256.0kg
パンチ力99t
キック力99t
ジャンプ力99m
走力100mを0.99秒


身長と体重は256と8ビットで表現できる数が元となった数値。
(厳密には8ビットで表現できるのは0〜255の256段階であり、256を表現するには9ビット必要である)
スペックはほぼ全てが99に関係しており、『エグゼイド』中のライダーどころか平成ライダーシリーズの中でも最高クラス。
平成ライダー最強クラスのクウガアルティメットフォームにさえキック力以外全て勝り、そのキック力も1t差と僅差である。

走力も群を抜いており、第24話ではモータスバグスターレベル20のバイクを楽々と追い抜いた。レーザー・レベル2(バイク形態)の最高時速が100mを約1.30秒(278.0km/h)なので、バイクを追い越すと言う描写も納得である。

殴り合いでも単純に強く、見た目に反して動きも素早い上、手足は伸縮自在なので攻撃範囲も広い。まさに『マキシマム』の名に恥じない強さのバグスターの天敵ともいえる形態である。

また、強化アーマーからエグゼイドを高速射出することで、レベル2の身体に戻ることもできる。
その際マキシマムゲーマは2Pキャラの様に自律行動してエグゼイドを援護してくれ、ダブルアクションゲーマーの強みも受け継いでいる(スーツの都合で乗り捨てられたままになるパターンも少なくないが)。
武器としてはガシャコンキースラッシャーを使用。ガンバライジングではガシャコンブレイカーとの二刀流を披露している。

非常に高い性能を持つものの、前述のパーフェクトノックアウトゲーマーの登場以降は仮面ライダークロノス等の強敵が増えたため苦戦・敗北が多くなってしまっている。

リプログラミング

しかし、その真価はバグスターの遺伝子を初期化する「リプログラミングシステム」にある。
マキシマムゲーマーは「リプログラミング」を攻撃や必殺技で実行することができ、バグスター能力の書き換えや、洗脳解除、人間に対してもバグスターウイルスの抗体をつくる遺伝子を除去することが可能。
現状、(特殊な状況であったため比較対象が足りないが)ムテキモードに唯一通じた能力でもある。

リプログラミングは他フォームでもガシャコンウェポンによる必殺技で使用できるが、マキシマムゲーマーは自身の通常攻撃にリプログラミング効果を付与できる点が最大の特徴である。

考察

貴利矢が遺したPCにはリプログラミングについて「ヒトのDNAに組み込まれたバグスターウイルス因子を消去し、ヒトの正常なDNA配列に再構築する」との記述があり、パラドの「永夢の遺伝子が組み込まれた」という台詞からも、どうやら「正常なDNA配列」には永夢自身の遺伝子が使われている、つまり「バグスターの遺伝子の一部を永夢のものに(再構築して)置き換えている」と考えられる。
つまり「能力を書き換える」と聞けば強そうだが、実際には「自由に書き換える」ことはできず、特殊な能力を持たない人間の遺伝子に置き換えることでバグスターの能力を「消失させる」ことしかできないと思われる(ソルティがアランブラの魔法を使えるようにはできない)。
また現在進行形でゲーム病患者である永夢はバグスターウイルスの抗体を作れる体にはなっていないため、その遺伝子の状態に初期化すればバグスターウイルスの抗体を作れない体に戻せると思われる。

必殺技

  • マキシマムクリティカルブレイク

地面を殴りつけ衝撃で相手を空中へ浮かせ、そのままライダーキックを見舞う。
発動はゲーマドライバーのレバー開閉で行う。

  • マキシマムマイティクリティカルフィニッシュ
ガシャコンキースラッシャーにマキシマムマイティXガシャットをセットして発動。
ガンモードではリプログラミングの効果を持ったエネルギー弾を発射する。
ブレードモードでは巨大なエネルギー刃を飛ばしたり、そのまま切りつけるパターンもある。

劇中の活躍

初登場した第23話では不死身のゾンビゲーマーレベルXやそのバグスターウイルスをリプログラミングし不死性を剥奪、攻略を可能にし撃破した。さらに黎斗の体内のバグスターウイルスの抗体をリプログラミングし、変身をも不可能にした。

第28話では仮面ライダーポッピーポッピーピポパポをリプログラミングし、その洗脳を解くことに成功。しかしこれにより黎斗がかけていた「宿主の記憶」の封印も解けてしまい……
続く第29話でもパラドをリプログラミングしたものの、永夢の遺伝子がパラドに組み込まれてしまったことで逆に更なるレベルアップを許し、敗北してしまう。

第33話では新黎斗がクロノスのポーズを破ってリプログラミングを試みたものの、天才外科医の突然の裏切りにより不発に終わる。
(この裏切りがなければ中間フォーム時点で実質ラスボスを倒せていたという事になるが、後の展開を見るにゲームは続いていたと思われる)

第35話でもリプログラミングも放つも、相手は洗脳されているわけではなく……

そして第36話で完全無敵のGAMERへのハイパー大変身を遂げた。

関連タグ

仮面ライダーエグゼイド エグゼイド(仮面ライダー)
強化フォーム パワードスーツ
マキシマムマイティXガシャット リプログラミング
ゴッドマキシマムゲーマーレベルビリオン(ネタバレ注意)

胸の顔は飾りだ!

仮面ライダーダブル:必殺技が「マキシマムドライブ」。そして「ドライバーの開閉で必殺技発動」という共通点。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マキシマムゲーマーレベル99」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 250046

コメント