ピクシブ百科事典

チートライダー

ちーとらいだー

チートライダーとはチートな能力を持つ仮面ライダーのこと。
目次[非表示]

概要

素のスペックが高かったり、敵を瞬殺するほど凄まじい能力を使用可能で、存在自体が勝利フラグとでも言うべき仮面ライダーたちを指す言葉である(基本的には)。
彼らがその場にいるだけで「はいもう勝った」もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなと言われることも少なくない。

ところが平成ライダーの時代に入ると、「死なない」「死んでもすぐ復活する」「時間を任意で止められる」など、主役ライダーの主人公補正さえもへし折るようなチートな設定を備えたサブライダー・敵ライダーたちが次々と現れてきた。
彼らは最終的には主人公に屈するので、前述の存在自体が勝利フラグなライダーたちとは微妙に違う存在だが、これらのライダーも作中でのインパクトゆえに「チートライダー」とされることが多い。

チートラマンと同意義の言葉だが、仮面ライダーシリーズでは作品毎の世界観や舞台設定による影響が大きく、「設定上の強大な能力が明かされていながらも作中での分かりやすい描写がない」というパターンも多いため、あちら程知名度や使用率は高くない。
また、最近での客演作品では、演出の問題としてライダー同士のスペックの差を度外視せねばならずライダーの強さにブレが生じることがぶっちゃけ恒例化しつつもある為、チートラマンと比べると定義も曖昧である。

主な該当者達

※いわゆる「ストーリー補正」は除いて、設定面のみを考慮しています(ラスボスが強いのは当たり前、ラスボスを主人公が倒せるのは当たり前であるため)。

※他にも該当する仮面ライダーがいたら追記をお願いします。

昭和ライダー

ライダー・・・変身!


「ライダァッ!変身ッ!」
元祖仮面ライダーにして、我らがヒーロー。長い戦いで疲弊した本郷が自らを強化する事により変化した姿。その姿は桜島1号を思わせるが、今までの1号とは打って変わって本郷を演じる藤岡弘、のイメージを投影したマッシブなボディとなっている。
パンチ力100トン、キック力145トンとスペックも大幅に向上しており、作中で死亡するも、何と火葬に使われた火をタイフーンに吸収する事により不死鳥の如く蘇るなど生命力も並みのライダーの比ではない事が伺える。
しかし、この1号は「藤岡弘、あっての1号」と言う面が強いので、本人が登場出来ない客演ではもっぱら新1号が使われる。

なお、IQ600にしてスポーツ万能、戦闘経験も豊富と、そもそも本郷猛自体がチートである。そのため、ディケイド以降の様々なライダーが持つ「歴代ライダーへの変身能力」で1号に変身出来たとしても「本郷猛の変身した1号」の方が、中の人の性能で勝ると思われる(そちらはそちらで「使い分け出来る」と言う強さがあるが)。
彼に中身チートで匹敵するのは、赤心少林拳と言う拳法の使い手であるスーパー1/沖一也、万能の天才であるカブト/天道総司ぐらいのものであろう。
また、元の昭和時代の1号および2号も、設定上は「核爆発に耐える耐久力」「毒・放射能等への耐性」「カブトに先駆けての高速移動装置」等を搭載しており、その後輩のV3も1号と2号が詰められるだけの機能(V3・26の秘密)をふんだんに詰め込んでいるため、設定上はかなりのチートライダーと言える。
ただ、三人とも、敵がそれ以上に強く苦戦していたり、あくまで設定上のみの機能だったりする(例えば高速移動装置は、客演含め現在に至るまで実際に使われた事はない)ため、そこまでチートライダーと言う認識はされていない。

仮面ライダーアマゾン


「俺、トモダチ、助ける」
元祖「その時不思議なことが起こった」。
古代インカのロストテクノロジーの結晶である「ギギの腕輪」しか持っていない初期の状態でも、失明しようが1000mの岩盤の底に閉じ込められようが氷漬けにされようがギギの腕輪が光りさえすれば即座に復活し、分厚い氷を一瞬で蒸発させるほどの熱を常時放つという敵からしてみればたまったものではない状態で覚醒した。逆境に立たされれば立たされる程強くなる性質は恐ろしいものを感じる。
ただし、「ギギの腕輪」はアマゾンの強力な特殊能力の源であるが奪われると命を失うという弱点も抱えている。
片割れである「ガガの腕輪」を同時に装着した完全体のアマゾンは、強すぎて全く苦戦するシーンが無いままゼロ大帝秒殺した
因みに『仮面ライダーSPIRITS』ではギギとガガの腕輪を合わせることにより、噴火寸前の阿蘇山の火口に飛び込んでマグマを瞬時に石化させたり、原子分解を起こしたりしていた。

見よ!必殺電ショック
チャージアップ


「天が呼ぶ!地が呼ぶ!人が呼ぶ!聞け悪党共!俺は正義の戦士!仮面ライダーストロンガー!!」
通常攻撃自体が打撃を打ち込むと同時に電撃で相手を体内から破壊しつくすという鬼畜な強さではあるものの、それに加え、電気や熱を吸収する表皮や、雷雲を呼び雷を落とす力、更には身体を電気分解して壁を抜ける、川の水を蒸発させるほどの電気を流し込む等、電気に関してなら何でもできる。水の蒸発ならまだしも電気分解は中々にイカれた能力である。
1分間だけであるが、体内のエネルギーが100倍に増幅される元祖フォームチェンジチャージアップも強力無比で、通常時なら手も足も出ないような怪人でも圧倒できる。
小説『HERO SAGA』では、別人の可能性もあるがなんと後述の平成のチート代表のディケイド相手にカメンライドしたディケイドカブトクロックアップをエレクトロファイヤーの広範囲攻撃で破り、更にコンプリートフォームの呼び出したカブトハイパーフォーム(今作のCFは呼び出したライダーをディエンドのように独自に動かせるという更なるチート)をHCUを使用させる前に超電ドリルキックで倒すというとんでもない実力を見せた。

月光に冴える一輪の花!


赤心少林拳沖一也が相手になるっ!!」
変身者が赤心少林拳を応用した高い格闘能力を持っていることもさることながら。
その単純なスペック能力は破格級なものであり、通常のパンチ力が300tという昭和ライダーどころか全仮面ライダーの中でもダントツのパワーを誇り、日本刀より鋭い手刀を放てるであることが物語っているだろう。
これは、5種類のアタッチメント・ファイブハンドの内の一つ「スーパーハンド」に由るもので、他にも50tの鉄球を軽く受け止め500tという先のスーパーハンドすら超えるパンチを放てる「パワーハンド」冷凍ガス火炎を同時に放てる「冷熱ハンド」耐性(絶縁性)が無ければ分解されてしまうほどの威力を持つ3億ボルトの電流光線を放てる「エレキハンド」レーダーミサイルとして使用可能な「レーダーハンド」などを5つのチート能力を保有している。
また重力制御装置を使用することにより、ジャンプ力・キック力が実質無限である点も特筆であり、ジャンプしただけ、永久に跳躍し生身で大気圏突破可能(しかも惑星開発用改造されただけあって宇宙空間でも活動可能)。必殺技の「スーパーライダー天空連続キック」ではキック力:無限のキックを何度も叩き込むということから最強の必殺技候補にも挙がっている。
防御力に関しても相当なもので、自らの「スーパーハンド」を受けても平気という防御力や数々の耐性・措置を持っており、とりわけ後々に魔法使いを題材にした作品も出てきている為かたびたび挙がる話として、科学の使者なので魔術や魔法が効かない
など数々のチート能力を兼ね備えることから昭和ライダーの中では後述のBLACKRXに次ぐチートライダーと呼ばれる

愛に勇気を与えてくれ!!
怒りを稲妻に変えて宇宙に解き放て!!
優しさよりも激しさが大事な時があるものさ!!


「俺は太陽の子!!仮面ライダーBLACK!!RX!!」
おそらく1番分かりやすい人チートライダーの代表格であり、仮面ライダーにおけるチートの第一人者。もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなと言うコラがあまりに有名。
全ての能力がBLACKの頃より上昇したある意味「BLACK最強フォーム」と言える姿で、ライダーキックの威力はかつての3倍にまでパワーアップしている。0.1秒という僅かな隙さえも逃さず、多少の傷ならば瞬時に完治する等、チート能力をこれでもかという程併せ持っている
必殺武器のリボルケインから放つリボルクラッシュ敵の体内にエネルギーを流し込んで内部から爆裂させる技であり、まともに喰らって生きていた怪人はいないエネルギーが流し込まれる前に急いで引っこ抜いてことなきを得たヤツはいたが)。
更に元々十分強力にもかかわらず不思議な現象によって、6000度のにも耐える程の鉄壁の防御を誇りながら、超精密な行動や加速攻撃も行えるともされるロボライダー身体をゲル状に変化させることで一切の物理攻撃を無効にする上に、無効、ミクロ化可能、相手の身体と同化可能etc…というなんでもありのバイオライダーという2形態への強化変身能力さえも手に入れた

シャドームーン
シャドームーン


もはや説明不要の悪の仮面ライダー。概要で触れた「主役ではないがチートな設定を持つライダー」の先駆け的存在と言ってもよい。
一度は仮面ライダーBLACKを葬り、客演作品では数度にわたってボスのポジションを務めるなど、その人気の高さと実力を兼ね備える。
反重力ビーム放射機能があり、仮面ライダーBLACKのライダーキックを耐えたビルゲニアの盾(ビルテクター)ごと切り裂くサタンサーベル
変幻自在の光線技シャドービームの他、キングストーンフラッシュと同等の力を持つシャドーフラッシュを扱う。
仮面ライダーBLACKRXとも事前に戦闘データを得ていたとはいえ互角以上に戦い、一時的かもしれないがロボライダーを凌ぐパワーを発揮し、バイオライダーの動きを見切る分析力洞察力を持ち、バイオライダーに正攻法でダメージを与えた唯一のライダーである。
(その方法とはゲル化したバイオライダーの着地位置を予測し、その地点にシャドービームで高熱を生じさせてバイオライダーが着地してゲル化を解除した瞬間に焼くというものであった)。
RXがリボルケインを抜いてから刺されるまでにダメージを与えることが出来た数少ない敵であり、リボルクラッシュを引き抜くという執念を見せた。

真


「キサマ等はいつもそうだ。命を弄び、自らの手を汚さず、闘うことを命じるだけ。そんな貴様に、オレ達の何が分かる!!」(ライダージェネレーション2)
正確には、チートライダーになるはずだった男。まぁ、今でも十分に強いが・・・。
シンのよく知られた形態はあくまで仮面ライダーになる前の怪人態に過ぎず、その姿ですらあらゆる通常兵器を無効化し(500度以上の高熱には5分前後しか耐えられないが)、ある程度の対象ならば接触せずとも粉砕できる“超強力念力”、地球上のいかなる物体をも破壊可能な爪や牙、棘を有する
フォーゼ何でも壊すの多すぎだろ!」(ネットムービーより)
皮膚は衝撃の75%を吸収、さらにシンは身体の87%以下を失っていなければ0.1秒で再生しうるほどの生命力を持っている為、劇中終盤ではビルを丸ごと吹き飛ばす自爆からも無傷で生還した。
ダメージを受ければ受ける程それを学習し強くなるシンの身体は、今も成長を続けている。その行きつく果ては、やがて太陽をも上回るエネルギーを持つとされている。
彼こそ最も原始的にして、最も進化しうる仮面ライダーに他ならないのだ。
因みに、シンがマスクとスーツを着用しているラフ画も用意されていた。

Jまとめ


「人も花も、命に限りがあるから美しいんだ」
近年ではヒーロー大戦モノでの扱いもあってか「ただでかい人」とか「自意識のない巨人」みたいな印象があるものの実際はそんなことはなく、そもそも巨大化以前でも相当の身体能力を持ち、その上で20倍以上に巨大化したというのだから、その実力は計り知れないことは容易にわかるだろう。
必殺のジャンボライダーキックは、惑星一つ吹き飛ばす爆発に無傷で耐えたフォッグマザー全壊させてしまう威力を有する。

平成ライダー

『空我』
ライジングアルティメット


「じゃあ、見ててください。俺の…変身」
「俺はこれ以上、誰かの涙を見たくない!!みんなの笑顔を守るためなら…究極の闇にもなる…!!」
究極の闇と呼ばれる凄まじき戦士
全ての能力においてクウガの他フォームを上回っており、基本スペックは平成ライダー中最強クラス。6㎞もの爆発に無傷で耐え、並のグロンギならば一撃どころか相手を内側から発火させる超自然発火能力によって触れることすらなく倒すことができる。また、封印エネルギーを常時放出している為、ただのパンチやキックでも必殺技数倍分以上の威力を発揮する。専用武器こそ持たないが、設定上は各ライジングフォームの武器を使用可能な上に元々破格のスペックを誇っている為武器の有無で困ることはない。グロンギの首領・ン・ダグバ・ゼバに等しい存在ゆえに、ダグバが使用可能な能力も使用可能。
さらに、別人の変身ではあるが後にそのアルティメットフォームさえも上回るスペックを持ったライジングアルティメットフォームが誕生した。
が、スペックの割に散々な活躍しかしておらずこちらはあまり話題に上がることはなかったりする。しかし一応てれまんがヒーローズ掲載の漫画版ではそのスペックに恥じない活躍を見せており、ヒロインに「二人が戦ったら地球が崩壊する」とまで言わしめている。
バトライド・ウォー創生では必殺技のパイロキネシスで炎の渦を起こすことができる。

スーパーライジングアルティメット


HEROSAGAではこのライジングアルティメットを超えたスーパーライジングアルティメットが爆誕。
パンチ力、キック力はライジングアルティメットさえも超えるなどその強さは未知数である。

アギト remake


「人の運命がお前の手の中にあるなら…俺が奪い返す!!」
パワーこそバーニングフォームに劣っているが、力を完全に制御し、総合スペックは全フォーム中最高。設定上は神の力であり、神に勝利したフォームである。ただ、先代のアルティメットフォームほどスペックがずば抜けているわけではないので、人によっては少々地味な印象を受け、チートライダーとして挙げられる事は少ない。
ただ、アギトとは無限に進化し続ける存在であり、このシャイニングフォームですら、アギトとしてはまだ進化の途中でしかない。
今はチートではないが、将来的にはあらゆるライダーを超えるチートに進化する可能性を秘めていると言う珍しいタイプのチートライダー。
尚、神であるオーヴァーロード/テオスは太陽系から500光年以上離れた位置の恒星(さそり座)を自在に動かせたりするほどのチート。

エターナルカオス


「戦いを続けろ。生き残った者だけが私と戦い、力を得られるだろう」
ライダーバトルに勝ち残った者が最後に戦うことになる最強の仮面ライダー。
バトルの主催者である神崎士郎の目的遂行のため、他のライダーとの戦いに絶対に勝てるよう最強のスペックを与えられており、ライダーバトルの出来レースを象徴するライダーとも言える。
つまり他のライダーがチート呼ばわりされるのは、あくまでもファンの感想に過ぎないのに対し、オーディンに限っては劇中設定からしてゲームマスター的な意味で)公式チートなのである(後述のディケイドも似たように語られるが、ディケイドはあくまでも他を上回る能力を求めただけなのに対し、オーディン(神崎志郎)は主催者権限で「他のライダーを弱く設定」している)
常時サバイブ状態の為、基本スペックでさえ主人公達の最強フォームを上回る能力を持ち、所持しているカードのスペックも桁外れ。更に言えば通常武器の攻撃力があるライダーのファイナルベントに匹敵する。更に瞬間移動能力を標準装備している他、タイムベントによる時間逆行を始め様々な特殊カードを所持している
特にタイムベントに関しては、後述のカブトと異なり何のデメリットもなく、何度でも使用出来る。
神崎士郎が無作為に選んだ人間が変身させられている為、例え倒したとしても変身者が変わることで何度でも蘇る。ただし、それ故に圧倒的に実戦経験が不足しており不測の事態に非常に弱く、それが原因で敗北したこともある為、何度でも蘇るが同時にそれが最大の弱点ともなっている。

仮面ライダーブレイド キングフォーム
仮面ライダー剣 キングフォーム


「俺は運命と戦う。そして勝ってみせる…!!」
厳密にいえばこの形態は剣崎一真の融合係数の高さによって13体のアンデッドが融合した形態。
全身が重厚な鎧に覆われているため機動力こそ下がっているが、その他の能力は大幅に上昇し、防御力に至ってはミサイルの直撃や200tの衝撃にも耐える。ジャックフォーム程ではないにしろある程度の飛行も可能な他、カード単体ならばラウズすることなくその能力を使用可能である。元々ラウズカードの能力のみでも電撃、能力強化、時間停止等強力な物が揃っているため、それらをラウズすることなく使用できるというだけでもどれ程強力な能力か分かる。
……と、一見して強力なスペックに見えるが、実のところこの程度のスペックと特殊能力は多くのライダー最強フォーム(特に昭和ライダー)が兼ね備えている為、チートとは言い難い。
真にブレイドをチートたらしめるのは、感情の強さによって戦闘能力が上下すると言うライダーシステムの特性。正義のヒーローとして心を強く持つ事が強さに繋がるこの設定は、正義の味方として強敵と戦う仮面ライダーと言う物語と極めて相性が良く、劇中でも敗戦は無しという最強フォームの名に恥じない活躍を見せた。
その一目見ただけで「最強フォーム」と納得できる圧倒的な存在感故に平成ライダーの最強形態の中でも人気の高い存在である。
最終的には剣崎自身がアンデッドと完全融合(ジョーカー化)した為、絶対に死なない存在という意味でもチート。

Full Force
仮面ライダーカブト ハイパーフォーム


「正義とは俺自身…俺が正義だ」
高速移動能力クロックアップ敵を原子レベルまで分解する必殺技を標準装備しており、基本フォームの時点でチート扱いをされることも少なくない仮面ライダーの1人。
更にハイパーフォームに変身することでハイパークロックアップが使用可能になり、この能力が通常のクロックアップを遥かに上回る速度で移動でき、時間さえも越えることができる。その上に「ワームを絶滅させるための究極武器」であるパーフェクトゼクターによってその他のゼクター(ガタックゼクターやホッパーゼクターなどは除き)の効果を使える上に、超巨大な光子の刃で敵を一刀両断する「マキシマムハイパータイフーン」や射程100kmとも噂されるほどの竜巻状の超巨大エネルギー波「マキシマムハイパーサイクロン」など殲滅・必殺にも容赦の無い性能っぷりを見せてくれる
そもそも『仮面ライダーカブト』のテーマが「平成ライダー最強」(『仮面ライダーストロンガー』へのオマージュ)の為、コンセプトとしてチート級なのは間違っていない。
ただし、クロップアップに関しては作中でも若干設定や描写が曖昧である。客演時に弱体化しているのはともかく、カブト劇中においてもカブトがマスクドフォームのまま(=クロックアップせずに)クロックアップしたワームを倒しており、全く対処出来ないと言う訳ではないようだ。
時間逆行のハイパークロックアップも、多用した場合はタイムパラドックスを発生させて自身が消滅してしまう(事実、劇場版は「時間改変に失敗し消滅した歴史」の話となっている)。
カッシスワームもハイパークロックアップに対処しているなど、チートであるがゆえに、チートの穴もしっかりと用意されており、完全無欠の無敵ライダーと言う訳ではない。
...まあ、というかむしろこの場合カブトそのものより、変身者である天道総司がチートであり、生身でも並のワームと渡り合えるほどの高い戦闘能力を持ち、先述のようにマスクドフォームでクロックアップしたワームを倒すなど、変身者の基本能力が高い点にもあると言える。

ダークキバ


「闇だ…!闇の歴史がここから始まる!!」
「闇のキバの鎧」と呼称されている装着する者の力を最大限まで高めることができる鎧。劇中では明かされていないが、古代のキングがレジェンドルガ族を多数の同胞を巻き添えにする形で全滅させ、同時に戦地一帯を一瞬の内に灰に変え壊滅させるというとんでもない必殺技を持っている。スペックも核兵器に耐える」と言う設定のキバのエンペラーフォームを凌駕し、キバの紋章を象ったエネルギー場によって対象を攻撃・拘束する『結界』という技も使える。特にこの結界がチート級であり劇中ではラスボスであったバットファンガイアでも防ぐことは出来ず、多数の再生ファンガイアを一気に一層する非常に強力な技である。
ただし装着者の負担が大きく普通の人間など資質のない者が変身した場合は、瞬時に死亡してしまう危険性がある
劇中では変身者が複数変わっている為、明確な強さは分からないがチートライダーと呼ばれることは少なくない。

ARK


レジェンドルガ族闇のキバの鎧を解析して作り出したレジェンドルガの王専用の鎧。巨体を持つロード専用の鎧の為か320cmとデカい。またその他のスペックもパンチ力:25t 通常キック力:60t ジャンプ力:∞と高く、歴代ライダーのスペックで∞の数値が割り振られたのは非常に珍しい例である。(パンチ力だけヤケに低いのは気のせいだろうか…。)
アークメタルを素材にした鎧の硬度も闇のキバを解析したためか、かなりの防御力で更に鎧に刻まれたアークトライバルの効力によって鎧の余剰エネルギーをバリアフィールドに変換させる事も可能。額の魔皇石からは光線、近接戦闘には三又の長槍『アークトライデント』で対応するなど隙がなく、これらの武器が無くともキバダークネスムーンブレイクをいとも容易く弾く膂力を持つ。そして胴体にある口を模したデッドクラッシャー内部にはあらゆる物を飲み込むウルティマブラックホールが備わっている。
彼の真の恐ろしさはそこでは無く、ウェイクアップにより月から呼び寄せたモンスター『月の眼』をウルティマブラックホールの力で引き寄せ融合した姿『レジェンドアーク』にある。
なんとこの形態に変身するだけで地球に月が異常接近し、その影響で周囲に嵐が巻き起こるなどの天変地異が起こる。ただでさえ、ロードを含めたレジェンドルガ族が多種族を襲っては仲間を急速に増やす恐ろしい能力を持っているのに、それ以上の災厄を招くアークの鎧を保持している事は何とも厄介極まり無い。

仮面ライダーディケイド【ディケイドイリュージョン】
Kamen_Rider_Decade_Complete


「通りすがりの仮面ライダーだ。覚えておけ」
「世界の破壊者」と呼ばれる仮面ライダー。平成チートライダーの代表格。その能力は正に規格外でぶっちゃけ言ってしまうとメタ的な要素しかない。
クウガ〜キバまでの平成ライダーに変身し、特殊能力、専用武器、フォームチェンジ、必殺技と、その仮面ライダーの殆どの能力を使用可能な正に公式チートと呼べる存在。それを差し引いても武器強化、分身、透明化等の能力を持っている。また、世界の破壊者としての特権であるのか、「グロンギ語を自在に操る」「ミラーワールドに出入り可能」「不死身の筈のアンデッドを撃破可能」と言った、ルールを歪める力をもっている。
最強フォームのコンプリートフォームではディケイド以前の平成ライダー達の最強フォームの力を借り、本来の姿である激情態ではなんと特定のライダーに変身することなく(しかも主人公、サブライダー問わず)その能力を使用可能という鬼畜っぷり。つまりクロックアップを使用するアルティメットクウガみたいなのが殴りかかってくるわけである。どうやって勝てと言うんだ…おのれディケイドー!!
実際この状態では全ての仮面ライダーを単独で粉砕した。
最近では昭和ライダーへの変身も行っていたがまさか…?(様々な世界に行くたび新たなカードを得る、という設定なので充分ありうる。というかぶっちゃけ今現在も様々な能力を獲得中
ただし、あくまで彼が行使できる能力は前例がある能力な為に対抗手段もないわけではなく、またそれを使えない(ないし使わない)場合が起きたりすると力不足に陥ってしまう例もある為、万能ではあれどカブト同様に完全無欠の無敵ライダーと言う訳でない。

ディエンド


「言っておくけど、僕は君よりもずっと前から、通りすがりの仮面ライダーだ! …覚えておけ。」
ディケイドと同じく変身システムは大ショッカー製。しかし、ディケイドとは大幅にコンセプトが異なっており変身アイテムであるディエンドライバーによる銃撃や召喚したライダーを状況に応じて巧みに操る物量戦や頭脳戦が中心となる。とは言うものの変身者の海東大樹の実力やポテンシャルの高さも相まってか、ディエンド自身の戦闘力も侮れず、デフォルトで高速移動能力を持ち、アタックライドには逃走用のインビジブルや防御用のバリアなどの高性能カードが豊富に取り揃えられており、必殺技のディメンションシュートに至ってはジャーク将軍を庇った怪人軍団ごと貫く恐ろしい破壊力を秘める。
最強形態コンプリートフォームは歴代2号ライダー…ではなく電王を除いたシリーズに登場した劇場版限定ライダーを一斉に召喚。ただのアタックライド一発でライダー達の必殺技が次々と敵に浴びせられるというオーバーキルどころではない鬼畜仕様。相手は死ぬ

仮面ライダーWサイクロンジョーカーゴールドエクストリーム


「「さあ、お前の罪を数えろ!!」」
まずエクストリームは、二人で一人の仮面ライダーが、地球の記憶と融合することで生まれた形態。4大ガイアメモリの同時行使に加え、常時相手の情報を把握し、有利に立ち回るという、本来の意味でのチートに最も適した仮面ライダー。その一方、情報検索が出来なかったり、有効でない状況においては苦戦する事も多い。能力が通じる状況ではチート、通じない状況ではそこそこの強さ、と言う分かりやすい性能である。
だが、その上位形態であるゴールドエクストリームは、上記したエクストリームの特徴にプラスして、飛行能力と圧倒的な基礎性能を得る。必殺技のゴールデンエクストリームは、エターナルが使用したガイアメモリ26本マキシマムドライブを一方的に打ち破るほどの破壊力を誇る(補正ではなく、設定としてそれだけの破壊力が有る)。

仮面ライダーエターナル再


「さあ、地獄を楽しみな」
死者蘇生兵士NEVERの隊長大道克己が変身した仮面ライダー。
当初は加頭順が変身したレッドフレアが登場し、この時は普通に強い仮面ライダーだったのだが、大道克己が変身するとその適合率の驚異的な高さからブルーフレアに変化するものの使用したメモリが途中で変身解除するような代物だった為に変身後に破損しているが、この時点で相手のガイアメモリの効力を永遠に封じるエターナルレクイエム(この時はまだ相手の動きを封じる程度だったが。)が使用可能、冷気や熱と云ったあらゆる攻撃をシャットアウトするエターナルローブを纏っていた事からも能力の高さが伺える。エターナルレクイエムは劇場版でも使用し、T2ガイアメモリ以前のT1ガイアメモリを使用不可能にし、ライダー達を変身解除に追い込んだ。
映画に登場した際は変身にWのテレビシリーズに登場したT1ガイアメモリよりも高性能なT2ガイアメモリを使用している上に、そもそも最初から最強形態であるブルーフレアの姿に変身しているため、サイクロンジョーカーエクストリームを凌ぐほど戦闘力が以前より上がっている他、身体各部に備え付けられた26本マキシマムスロットにT2ガイアメモリを全差しする事でツインマキシマムを越えた威力のマキシマムドライブを発動できるという化け物じみた能力を発揮している。使用するT2ガイアメモリのラインナップも今までに仮面ライダー達が使用してきたメモリや強力な能力を備えたドーパントのメモリが揃っている為に、あらゆる戦局に対応できる。しかし、ゾーンメモリの効果を発動する際に効果を無効化してしまうエターナルローブを脱ぎ捨てた事、人々の想いと風都の風によってWがサイクロンジョーカーゴールドエクストリームに変身した奇跡が起こった事が仇になってしまい、ゴールドエクストリームによって引導を渡された。


Got to keep it real


「手が届くのに手を伸ばさなかったら、死ぬ程後悔する。それが嫌だから手を伸ばすんだ」
登場回数こそ他のコンボに比べて少ないが、最大50人まで分身が可能(しかも戦闘力は全員元のまま)という使い方によっては他のコンボを余裕で上回る力を発揮できる能力を持っている。分身能力を持ったライダーにはナイトやディケイドといった前例があるが、いずれのライダーもせいぜい生み出せる分身は10人にも満たない程度で、ガタキリバコンボの50人という数がどれだけずば抜けているか分かるだろう。要するにその気になれば1人ライダーリンチが出来るのである
実際、先代オーズはこの能力により1万人の敵兵を一人で鎮めている
ガタキリバ以外にも彼が使用したコンボは映司の使用したそれを遥かに上回る出力で活躍している。詳細は該当記事へ。

メダル戦隊 オーズレンジャー!


劇場版では分身を作り出してから分身それぞれが他のコアメダルをスキャンして別々のコンボに変身するという離れ業を行ったてつをもビックリである。
そもそも他の能力も空間を切断する光を放ち数㎞四方を焼き尽くす重力を操るあらゆる物理攻撃を受け流す上空から一方的に空爆する敵を一瞬で凍らせると無茶苦茶な代物(さらに時間干渉の力を持つ基本フォームの強化形態まで後に登場)である。
これが錬金戦隊オーズレンジャーを組んで襲い掛かってくるものだから、もう敵としては死んだも同然である。
ただしデメリットもあり、これらのコンボはタトバを除いて装着者への反動が大きく、分身を行うガタキリバはその影響が特に大きい。映司は初使用時、反動で変身解除後に倒れてしまっている。
……のだが、コンボの反動を上回る驚異的な回復力を持つブラカワニコンボと言う、デメリットをなくす形態まで自前で持っている
最大の弱点は予算。「多数のライダーをCGで動かす」と言う都合上、予算をバカ食いし、軽々しく使えない。劇中でも登場は非常に少ない。

なお、プトティラコンボについては「メダルを完全に破壊出来る」と言うグリード特攻の特性が、別の意味でもチート。

さぁ ショータイムだ


「さぁ、ショータイムだ」
彼の場合、今までのチートライダーのように圧倒的にぶっちぎり最強なフォームがあるわけではなく、様々な形態の魔法がそれぞれチートであることが特徴と言える。
例えば分身液体化凍結能力重力操作など、前述のチートライダー達と同様の能力を使用していたほかオールドラゴン相手を太陽まで蹴っ飛ばせるインフィニティースタイルは最強の攻撃力&防御力と時間の流れに干渉する超高速移動能力などとある上に自身の使用した魔力を再吸収するという永久機関を持ち合わせており、劇中で対等に立ち回ったのは白い魔法使い仮面ライダーソーサラー、さらに指輪によりパワーアップして優勢に立ち回ったグレムリンというラスボス級ぐらいという好歴を残している。
だがその形態すら超えるオールドラゴンと合体したインフィニティードラゴン(それの強化形態のインフィニティードラゴンゴールド)というのも…キリがないのでもうやめるが、これだけ多彩な能力を持っているライダーも(ディケイドなどの一種メタなモノを除けば)早々いるものではない。早い話が特殊能力のデパートみたいなライダー。
ちなみに作中で使ったインフィニティーリングは別世界の自分に渡しており、今は武神ウィザードの形見を使用している。

武ノ極


「行こうぜミッチ…ここからは、俺達のステージだ!」
全てのロックシードの力を同時に使用することが出来る、文字通り究極のアーマードライダー。そのため専用武器は必要ないという恐ろしく男らしい性能を持つ。
ただし彼が真のチートライダーとして顕現するのは、変身者の葛葉紘汰が「始まりの男」となった最終章の後であり、生身で怪人とかち合う、空を飛ぶ、ヘルヘイムの森の植物を自在に操る、まさしく神の如き力を持ち合わせることとなった。
もっとも戦闘能力と言う意味ではそこまで極限のチートと言う訳ではない。実際、後日談では機械生命体であるメガへクスに完膚なきまでやられて消滅するなど、絶体絶命の危機に陥っている。
むしろ「惑星単位で新天地を一から開拓出来る」「変身アイテムを媒体に死んでも復活出来る」など、戦闘以外の能力がチートと言うべき非常に珍しいライダーである。

仮面ライダーフィフティーン


「絶望を知らないお前に何が分かる!!」
映画『仮面ライダー大戦』に登場した、死者の国である地下帝国バダンに所属している悪の仮面ライダー。
所持している平成ライダーロックシードを使用することでなんとクウガ〜鎧武までの平成ライダー達のレジェンドライダーアームズへと変身し、そのライダーの能力や武器を使用可能。言ってしまえばあのディケイドの上位互換とも言える能力である。 能力だけでなく素の戦闘力も非常に高い。

タイプスペシャル


「未来の分の怒りもくらいやがれ!!」
仮面ライダードライブシフトカー「シフトネクストスペシャル」を使用して変身した新たな最強フォーム
未来のシフトカーの力で変身している為、同じく時空を超えた存在であるパラドックス・ロイミュードが地球全土を重加速力場で覆った上でパラドックス以外の全てを完全に静止させる「永遠のグローバルフリーズ」内でも活動可能。
パラドックス曰く私と同じ力との事。
専用マシンであるネクストライドロン時空を超える力を持つタイムマシン
劇中ではハンドル剣の他、ネクストシステムの武器も召喚し、デッドヒートマッハを一撃で変身解除に追いやった光弾を切り伏せ、電撃打撃、バリア生成、高速移動攻撃などを行った。
更に付け加えると、「シフトネクストスペシャル」で変身するもう一つの姿である未来のドライブことダークドライブは(少なくともカタログスペックは)タイプスペシャルと同等な上、変身者なしでの自立行動すら可能となっている。

また、ドライブは常時ベルトさんシフトカーのサポートを受けながら戦闘する。
シフトカーは個別に意思を持ち、自力で空中移動を行い、単体でもロイミュードと戦闘できる耐久性を備え、それぞれに異なる特殊能力を持っている。
シフトブレスに装填することで生成されるタイヤも分身、ポータル生成、治癒、重力操作、瞬間凍結などの数々の能力を発動する。
タイプトライドロン瞬間移動やタイヤカキマゼールによる複数の能力の同時使用が可能で、右腕から相手の攻撃を吸収して稼働エネルギー転用も行う。
シグマサーキュラーとの最終決戦では、全タイヤを召喚し飛ばして攻撃した後、未使用を含めた7種類それぞれのタイヤカキマゼールのタイヤを更に白く輝く1本のタイヤに集約させて必殺技のエネルギーに転換した。

仮面ライダー3号


「勝てば正義、負ければ悪。歴史ってのはそういうものだろ」
ショッカー1号2号を倒すために生み出したショッカー史上最強の戦士
他のチートライダー達のようにこれといった武器や特殊能力があるわけではないが、彼の特筆すべき点はその純粋な強さにある。そう、強い。とにかく強いのである映画本編では冒頭からいきなりダブルライダーを圧倒的な強さで葬り去り、歴史改変によってショッカーライダーと化した後継の仮面ライダー達さえも(数の差も関係無しに)次々と正真正銘、愛機トライサイクロンと己の実力のみで撃破した
あまりの強さに劇中ではまともに相手になる敵さえいなかったほどであり、映画終盤のレース対決では惜しくもドライブに敗北を喫しているが、戦闘においては最後まで無敗を貫いた

仮面ライダーゴースト
ゼンカイガン!!!!
チョーカイガン!!!


「魂は永遠に不滅だ!」
そもそも素体のゴースト自体死ななく(しかしこの世での限界活動時間(99日)があり、オレゴーストアイコンが破損してしまうとその限りではない)
物質を任意で透過、姿を完全に消す力を持っており、しかもアイコンの力は
ダキバ並みのハメ技を持っている魂分身能力をもった魂予知能力・洗脳解除の力を持つ魂武器を複製する能力を持った魂時空の狭間への追放の能力を持つ魂とキリがないのでもうやめるが、ウィザード同様、多彩な能力を持っている上、上記の力を全て使えるグレイトフル魂になり、ドライバーから偉人達を召喚してライダーリンチを行うことができる。
そしてムゲン魂は戦闘力はどのフォームをも上回るスペックで、英雄の眼魂に左右されない優れた性能を持つ。上記のグレイトフル魂でも完全に倒すことが不可能なガンマイザーをプレートごと破壊して完全に撃破すると言うチート振りで、作中で負ける場面もほとんどなく大体の変身解除が仲間を庇ったダメージなどだった。
光のライダーとでも言うべき粒子と化して移動する能力を持っていたり、劇場板では一時的に更なるパワーアップを遂げるなどとかなりチート能力を持つライダーである。
本編とは密接な繋がりはないが、ディケイド等と同じく歴代仮面ライダーの力を使用することもできる。劇中では平成二期のライダーの力を使った他、未使用だがクウガからディケイドまでのゴーストアイコンも登場している。
そしてそれらの力が合わさったある意味での最強フォームが存在し、グレイトフルとは別の意味での1人ライダーリンチと言える必殺キックを持っている。
また、平成ジェネレーションズでは上記のムゲン魂をも超えるテンカトウイツ魂が登場した。

レベルマーーーーックス!!!!

Time of Victory!!


「マックス大変身!」 「ハイパー大変身!」
仮面ライダーエグゼイドマキシマムマイティXガシャットを使用してレベルアップした強化形態。レベル99というだけあって、他のライダーやバグスターを圧倒するパワーを持っている。そのスペックはなんと前述のアルティメットフォームにキック力以外は全て勝るという中間強化形態にも関わらず破格の数値を誇っている。
また特筆するべき特殊能力として「リプログラミングシステム」があり、この能力は攻撃によってバグスターの能力を自由に書き換えることができるというもの。劇中ではこの能力によって後述のゾンビゲーマーレベルXの不死性の剥奪、さらには変身者の体内のバグスターウイルスの抗体を無効化して変身不能にするなどの活躍を見せている。
なお、このゲーマは着脱可能で、脱ぎ捨ててもレベル99のスペックは維持される。

中間形態でもこの性能なのに、遂に第36話でハイパームテキガシャットを使用して強化変身する本編最強フォームムテキゲーマーが登場。
その名前通り、全身にまとう「EXムテキアーマー」により常時無敵状態敵の攻撃を無効化しダメージを一切受けないという、あまりに身も蓋もない強さを誇る。また、自身の周りに遮断フィールドを展開する事で敵の特殊能力の影響も受けつけない
身体スペックは、パンチ力、キック力ともに128t、走力は100mを0.128秒(約マッハ2.3)と平成ライダーの中でも極めて高い。更に、発光強化粒子を放出することで自身のスペックを2倍に引き上げることも可能。
そのうえ、ガシャコンウェポンの攻撃力を10倍に引き上げる、無限ジャンプ可能、攻撃範囲を自動調整、視認不可能な連続攻撃が可能、etcetcと、無敵状態を除いてもこれでもかという程の能力を保有している。更に、こういった最強フォームにありがちな身体への負荷も存在しない、どころかご丁寧に自壊対策まで為されている。
まさに、「ぼくがかんがえたさいきょうのかめんらいだー」と言えるチートの塊である。
ただし、基本的には物理的な攻撃手段しか持たないため、自身の最大火力に耐えうる防御能力を持つ相手には決定打を与えることが難しい。その場合、特殊な効力を発揮するエナジーアイテムやガシャット等のフォローが必要となる。
もっとも、防御性能は本当に無敵なので、負ける事もほぼ無いのだが。
あまりに強すぎるため、本編終了後のVシネマでは変身前を奇襲すると言うドラマ的に禁じ手じみた行為によって封じられた事もあるほど。
また、変身者である永夢の変身能力はパラドに依存しており、彼が消滅すると変身自体が出来なくなる、と言うのも弱点。とは言え、パラドはバグスターウイルスなので、変身後の永夢と一体化してしまえば弱点ではなくなる。

ノベルゲーマーレベルX小説版に登場する、ハイパームテキガシャットを強奪された永夢が新たに生み出した形態。
能力は未来の確定で、自身に関係する未来を一言呟くだけで、その未来を確定させると言う、チートの極みのような能力。
「敵の攻撃は当たらない」と発言すればどれほど精密に狙われても掠りもせず、「痛みを知れ」と発言するだけで敵にダメージを与え、「立っていろ」と発言すると対象は指一本動かせなくなる。その為、「フィニッシュは必殺技で決まりだ!」という決め台詞が、文字通りの処刑宣言となる。
ただ、小説限定フォームのうえ作中での活躍も短いということもあり、その姿やスペック、「未来の確定」以外の能力や機能など不明な点が多い。

時期により、異なるチート性を持つと言う変わったライダー。順を追って紹介する。

ゾンビゲーマー


「君は知りすぎた……」
まず、ゾンビゲーマーレベルX
ゾンビの名の通り、死なない仮面ライダー。特撮作品『仮面ライダーエグゼイド』における"ライダーの死"とは、ライダーゲージがゼロになることによるゲームオーバーだが、ゾンビゲーマーレベルXはライダーゲージがゼロのまま、減ることはないという性質を持つ。これは「ライダーゲージが0になった瞬間の一時的に変身者への戦闘ダメージが無効化される状態を再現・維持する」という能力からなるもので、正攻法ではまず倒すことはできない。
ただ、スペック自体は、確かに登場時点から見ると高いがあくまで「その時期にしては強い」程度であり、より強力なフォームが登場するとあっさり倒される事も多かった。
不死身の能力についても死と再生を繰り返すことは肉体に負担をかけるようで、苦しげな表情を見せる事もあった。

こうして性能やスペックを見ると、実の所そこまで強力なライダーと言う訳ではないのだが、「絶対死なない」と言う描写から受ける「理不尽なチート感」は非常に高い。
最終的には前述のマキシマムゲーマーの特殊能力「リプログラミング」で不死身の特性を書き換えられて敗北した。

仮面ライダーゲンム
X0


「私は……不滅だぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
続いては、アクションゲーマーレベル0(プロトオリジン)、およびゾンビアクションゲーマーレベルX-0。前者が基本形態、後者が上位形態。
一度退場したゲンムが復活した姿。
特殊なゲームエリアである「アンチバグスターエリア」を形成する能力により、バグスターウイルスの活動を抑制したり、触れた相手のレベルを下げ続ける効果を所有している。
そして最大の特徴は「99個のライフ」。プロトマイティアクションXガシャットオリジンの機能により、一度死んでもライフを1個使用する事で、「コンティニュー」と称して復活出来る(なお、復活時はコンティニュー土管から這い出て復活する)。

回数制限がついた分ゾンビゲーマー時の無条件の不死身に比べると一見劣っているように見えるが、「復活場所が選べるので次の行動が読まれにくい上、奇襲にも使える」「非変身時でも復活できる」「死因を問わず復活できる」など、むしろ回数制限以外の部分が軒並み強化されている

代わりに、ライダーとしての防御性能自体は大きく低下しており、些細な事で死にやすくなってしまった。そのため、戦闘面においては決して強化とは言い切れず、回数制限もあってそこまでチートと言う訳ではない。
ライダーとしての強さよりも、死からの復活を活かした「利便性」に特化したチート能力といえ、劇中ではその仕様を活かして「過労死するまで活動した上で復活する事で疲労状態をリセットし、過剰なオーバーワークを実現」「死亡からコンティニューのタイムラグも生かした、長時間の時間稼ぎ」「死亡を覚悟しての戦闘によるデータ収集」など、様々に活用している。

ゴッドマキシマムゲーマーレベルビリオン


「思い知るが良い……最高神の力」
最後に、ゴッドマキシマムゲーマーレベルビリオン
ゴッドの名に恥じず、どんなゲームをも自在に作り出すことで世界を意のままに操り本物の神のごとき力を発揮する。これまでの2フォームとは異なり、文句の付けようのないチートであり、エグゼイドライダーの中でもトップクラスの強さを誇るライダー。
劇中では、その能力によって生み出したゲーム「コズミッククロニクル」によって宇宙の力を操り、太陽光を集めた収束光線、隕石落下、挙げ句月を投げつけるなどといった規格外すぎる攻撃を行った。
この他にもガシャコンウェポンを腐食させるガスの噴射や、パンチ力・キック力・ジャンプ力・走力を自分の好きなように設定出来るなど、ゲームマスターにふさわしいやりたい放題な能力を持っている。
防御面では流石にムテキゲーマーに劣ると思われるが、クロノス(後述)の攻撃にもビクともせず、更に「宇宙は時の概念を歪める」として時間停止能力であるポーズすら無効にするなど十分にチートである(小説版作中で永夢は、「もしムテキゲーマーとゴッドマキシマムが戦ったら、互いに相手を倒しきれず永遠に戦い続ける事になるため、バグスターと違い寿命がある自分が不利になるだろう」と予測している)。

劇中では仮面ライダーレーザーXの「仮面ライダーゲンムの能力を初期化する能力」と言うあまりにピンポイントな対策能力によって無効化されたり、前述のノベルゲーマーの「チート以上のチート」に敗北したが、そこまでしなければ倒す事が出来なかったともいえる。実際、クロノスを完全に圧倒し勝利している。

The Cronicle Cronos
The Final Cronicle


「今こそ審判の時…!」
檀黎斗の父親で幻夢コーポレーション初代社長の檀正宗が変身するライダー。
"ポーズ"の力で周囲の時間を停止させて攻撃するという某吸血鬼もビックリな時間停止能力を持ち、こういった能力にありがちな時間制限なども現時点では確認されていない。更にブレイドやオーズなどのものとは違い、時間停止内でも物理が有効という物理現象の理を逸した類の時間停止に入る。これに関しては厳密には時間停止ではなくあくまでゲームの一時停止であることが関係していると思われる(ゲーム外からみればただ動かなくなっているだけで時間は流れており、いわゆるゲームのプレイ時間が停止しているだけ)。それでいて身体スペック自体も非常に高く、パンチ力は110.0t、キック力は120.0tというエグゼイドに登場するライダーどころかこれまで紹介してきた平成ライダーの最強フォームの中でもトップクラスの性能を持ち、挙句の果てには各部位の各装備品までもが「攻撃が命中する度にパンチ力・キック力が10パーセントUP」「時間経過と共に防御力UP」「100t以下の攻撃を安全に受け止める」という時間が経てば経つほど倒すのが困難になるという強力無比な能力を保持している。
さらに、変身者の正宗も、「世界で最初のバグスターウイルスの感染者となり、完全な抗体を手に入れた」ため、"リセット"の力によってゲーム時間だけを巻き戻して、無かったことにするという部分的時間逆行に覚醒したり、ラスボスであるゲムデウスを取り込んで、真のラスボス・ゲムデウスクロノスに変容したりと、かなりのチート。
(良く勘違いされるが、リセットはクロノスではなく正宗の能力である
ちなみに前述のオーディンにも通じる所がある様に、ファンの感想としてではなく、劇中のゲームとして公式チートと言える立ち位置にあり、実力・描写とは関係なくチートライダーと言える存在でもある(攻略されたのはされたが、その相手もチートによる対抗なので覆ってはいない)。

エボル
エボルブラックホール
エボルト


「これだから人間は面白い」
火星の文明を滅ぼしたエボルト(もしくはエボルトが憑依した人間)が変身する仮面ライダー。
作中で兵器として扱われるライダーシステムの大元であるが、「生きた対惑星兵器」とでも呼ぶべき力を有しており、ある意味兵器としてのライダーの完成形である。
ゲンムのようにいくつかの段階を持ち、その段階に応じてそのチートさ加減も変化する。

まずフェーズ1~3に相当するコブラフォームドラゴンフォームラビットフォーム
力の源であるエボルトリガーがなく、人間に憑依した状態でも変身できるというだけあって力はだいぶ制限されているが、最も力の弱いコブラフォーム(ブラックホールフォームの2%しか力が出ない)でさえローグを「準備運動」だけで圧倒し、ビルドラビットラビットフォームクローズマグマグリスの3人を1人で圧倒できるだけの力を有している
とは言え元々エボルトの力を持っており強いクローズに最強フォームのビルド、ネビュラガスで死のリスクを負いながらも強化を果たしたグリス・ローグが加勢すればぎりぎり勝てるぐらいの強さではある。
ただし恐ろしいのはここからであり、この形態のエボルトを倒せても、エボルトがあらかじめ自分の遺伝子を切り離し、他の人間の体内に忍び込ませておけばあとはエボルドライバーを回収するだけで復活が可能
限定的ではあるが不死を実現しており、この点においてチートである。

フェーズ4のブラックホールフォームに到達すると、戦闘力もチートの域に達する
単純計算でコブラフォームの50倍の力を持ち、戦闘力は主人公サイドのどのライダーをも凌駕する。さらにその名の通りブラックホールを自由に生成する能力を持ち、敵をブラックホールに叩き込んで消滅させることも、自分や他の誰かをブラックホールを通じて転送することもできる。
しかもこれだけの力を行使しても何のデメリットも生じない。

極めつけはこのブラックホールフォームを上回るエボルト怪人態の存在であり、ブラックホールで吸い込んだ物の力を吸収し、己の力として取り込み自身を強化することや、治療する事が不可能とされている毒を作ることが可能な上、ブラックホール生成能力までパワーアップしており、遊び感覚でその辺の惑星をブラックホールに吸わせて消してしまうこともできる。
もはやライダーって何だっけ状態である。
まあ実際この形態になるとライダーとは呼ばれなくなるので、詳細な情報は該当記事に譲る。

唯一の弱点は、ブラックホールフォーム及び怪人態の力が特定のアイテムに依存していること。
力の根源であるエボルトリガーロストフルボトルをセットした黒いパンドラパネルを封じられると、最悪コブラフォームまで弱体化してしまうリスクがある。
実際に作中ではエボルトリガーを使う前に攻撃されたり、エボルトリガーを停止されてコブラフォームに戻ってしまったところを総攻撃されたり、黒いパンドラパネルが馴染みきっていないところを攻撃されてパネルを弾き出されたりしている。
だが逆に言うと、これでもまだ完成ではなく、外付けでいくらでも強くなれる可能性が残っているということ。
レジェンドライダーフルボトルは何とエボルドライバーにセットすることができ、レバーを回すと仮面ライダーフォーゼから仮面ライダーエグゼイドまでの最終フォームの音声が流れる。
もちろんレジェンドライダーフルボトル同士のベストマッチも健在のため、ムテキゲーマー×ムゲン魂などということも可能である。
本編で実現しなくて本当に良かった。


仮面戦隊ゴライダー


初登場は超スーパーヒーロー大戦。作中のゲーム超スーパーヒーロー大戦におけるトーナメントを勝ち抜いたヒーローチームに贈られる一種のクリア報酬。
その姿は戦隊、ライダーの始祖といえる秘密戦隊ゴレンジャーダブルライダーに酷似している。単独での戦闘を得意とするライダーとチームでの戦闘を得意とする戦隊の長所が組み合わさり互いの短所を補い合っていると推測されるため、戦闘力は未知数と言っても過言ではなく、メンバー一人一人が単独で怪人を倒せる程に強く、ゴライダータワーなどの連携技も持つ。彼らの実力はそれだけに止まらず、歴代ヒーローの巨大戦力を召喚したり、ゴライダーボールゴライダーバズーカなどの大技が使えたりと過去にヒーロー達が使用した必殺技、装備一式が使えることを示唆する描写がある。まさにぼくのかんがえたさいきょうのひーろー。ただ、能力があまりにも強すぎて登場した作品での出番はラスボス戦に限られるようだ。
仮面ライダーバトルラッシュのアカライダーの図鑑解説によると全てのスーパー戦隊と全ての仮面ライダーの力を使う事が可能と断言されており、言葉どおりなら不死身の敵を球体にして封じ込める技とか相手の特性そのものを破壊し、撃破できてしまう能力だったりイマジネーションを力に変えたりするなどのブレイブな事も理論上できてしまうため、あらゆる敵に対して特攻のある東映ヒーローの最強の姿とも言える(ただし、ゴーカイチェンジの対象にもなっているメタルヒーローの能力が使えるのかは不明だが)。
しかし上記の理由から戦隊としてカテゴライズされるのかライダーとしてカテゴライズされるのかは不明。
また、あくまで『ゲーム世界のライダー』であるため、現実世界でどれだけ活動出来るのかも不明。劇中では優勝特典として一時的に現実世界で変身できていたが、どれほど継続出来るのかは謎である。

関連タグ

仮面ライダー ニートライダー

最強 チート チートキャラ バランスブレイカー

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな

チートラマン……ウルトラシリーズにおけるチート勢
最強戦隊チートレンジャー……スーパー戦隊シリーズにおけるチート勢

pixivに投稿された作品 pixivで「チートライダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43375

コメント