ピクシブ百科事典

勝利フラグ

しょうりふらぐ

勝利フラグとは、「コレをやったら普通勝つだろ」と言われるような言動、演出全般を指す。
目次[非表示]

主な勝利フラグ

フィクション編

  • 戦い・大会の最中に勝敗以外の部分の描写に重点を置かれる

スマイルプリキュア』の最終戦がいい例。最終回はラスボスピエーロとの戦闘描写はわずかしかなく、ほとんどがみゆきたちの「スマイルパクトで次に変身するとキャンディと二度と会えなくなる」事への葛藤に脚本が割かれていた。勝敗に対する描写が一切放棄されているので、むしろこれで負けたら収拾が付かなくなるのもあるが。
似たような例にはアニメ版『ラブライブ!』2期があり、こちらもμ'sがラブライブの予選を勝ち進める毎にラブライブ優勝を目指す事よりも三年生組の卒業を惜しむ描写の方が優先されていく。もちろんこちらも優勝した。
懐かしのアニメでは『よろしくメカドック』の終盤である東日本サーキットレースにおいて、最終回のレースでは、レースのことより白内障に罹ったナベさんこと渡辺俊光に対する主人公を含むレーサーたちの心境が書かれていた。これももちろん、主人公が優勝した。
特撮では『仮面ライダーW』の48話に実質的なラストバトルにおいて、次で変身したらフィリップが消滅してしまうという翔太郎の葛藤が描かれ、見事ラストバトルに勝利した。

当たり前だが基本的に相手の敗北=自分の勝利であるため、強力な勝利フラグである。
死亡フラグでも同様。ただこちらの場合は自分は負けたけれど相手が死亡などのパターンもある。

  • 主題歌や処刑用BGMといった特徴的なBGMが流れる。
ただし中盤あたりだと途中で途切れて再びピンチという展開もよくある。

  • 新技や新フォームを習得する
新技によってパワーアップしたり、敵の弱点を突くことで勝利することが多い。

  • 新たに加わった味方キャラ
新たに加わった味方キャラの初戦闘は主人公に勝る戦闘力を見せつけ、必ず勝利することが多い。(通称:初登場補正)
ただし話が進むにつれ、弱体化していくことが多い。(例:スーパー戦隊シリーズ、仮面ライダーシリーズなど)

  • 最初から最強クラスの実力を持つ主人公
最初から最強クラスの実力を持つ主人公の戦闘は敵を圧倒する戦闘力を見せつけ、必ず勝利することが多い。
例:黄金バットコブラワンパンマンなど

  • 成功した事のない技や作戦をいざという時に使用する
特訓の中で何かコツなどを掴みかけている時に行うと、戦いの中でそれを悟り成功させる、という展開がよくある。
例:ガールズ&パンツァー、序盤の聖グロリアーナ戦で失敗したものとほぼ同一の方法で、TV版最終回の黒森峰戦を勝利に導いた。

  • 遅れてやってきた味方キャラ
「主役は遅れてやってくる」という言葉通り、遅れてやってきた味方が戦いに加わると、勝利へ導くことがある。

フィクション・リアル共通


  • 負けたら引退宣言
現実でもよくあるフラグ。
引退覚悟で臨んだ者は勝利したり成功したりすることが多い。
フィクションでの例は『頭文字D』の中里毅を主人公としたスピンオフドラマCD「黒い稲妻」にて、かつて自分を破った島村栄吉に対して中里は「負けたらR32を降りる」と宣言し、見事勝利した。
現実世界での例は『宇宙の騎士テッカマンブレード』に出演していた頃の子安武人であり、何を演じても、『天空戦記シュラト』のガイのイメージが付きまとうことに苦悩し一時は引退することを考えていたため「技に伸び悩む時期が続いていた自分が声優生命を賭けて演じ切った」と語っている。

  • ゲン担ぎをする。
「こいつに勝つまで○○をしない!」と言うと勝利することが多い。
主な代表例は『戦闘潮流』のジョセフ・ジョースター
ただし、勝つために相当な犠牲を払うことも多く、死亡フラグとは紙一重な側面もある。
あしたのジョー』の力石徹や『MAJOR』の茂野吾郎といったスポーツものに顕著。

リアル編

  • ファンから期待されていなかったチームや選手

相手チームや選手が強かったり、昨今の試合で負けが続いていたりするなど、明らかに勝てる可能性が低く、ファンですら勝てないと思われていると、思わぬ勝利をつかむことが多い。
1992年バルセロナ五輪の岩崎恭子選手、2010年ワールドカップの日本代表や、2015年ラグビーワールドカップの日本代表(ブレイブブロッサム)、2016年プロ野球セ・リーグの広島東洋カープなどが好例だろう。

キャスティング編


  • 特定の俳優を起用した漫画や小説の実写映画化
漫画や小説の実写映画化で特定の俳優を起用すると成功する確率が高くなる。
勿論本人の実力もあるがスタッフやキャストに恵まれる事も多く、漫画やアニメが好きだったり、特撮での2.5次元の演技に慣れているためである。
ただし彼等が起用されたからと言って、スタッフの腕や作品の内容次第絶対に成功する訳ではないので注意。
実写化を成功に導く俳優達:山田孝之松山ケンイチ藤原竜也神木隆之介小栗旬鈴木亮平香川照之オダギリジョー佐藤健塚本高史綾野剛阿部寛大泉洋本郷奏多窪田正孝要潤生田斗真東出昌大二階堂ふみ松雪泰子石原さとみ福士蒼汰玉木宏ムロツヨシ柳楽優弥北川景子平愛梨多部未華子深津絵里広瀬すず浜辺美波伊勢谷友介新垣結衣堺雅人及川光博滝藤賢一黒木華吉川晃司青木崇高菅田将暉武田玲奈竹内涼真中川大志北村一輝宍戸開

  • 特定の役者を起用した大河ドラマ
大河ドラマで特定の俳優を起用すると、作品が評価される確率が高くなる。
勿論本人の実力もあるがスタッフやキャストに恵まれる事も多く、歴史に詳しい役者も多いからである。
ただし彼等が起用されたからと言って、スタッフの腕や作品の内容次第絶対に成功する訳ではないので注意。
大河を成功に導く俳優達:内野聖陽小日向文世岡本健一高橋和也山本耕史今井朋彦堺雅人小林隆谷原章介浅利陽介津川雅彦阿南健治四代目市川猿之助仲代達矢

  • 特定のスタッフによる漫画や小説の実写映画化
漫画や小説の実写映画化で特定のスタッフを起用すると成功する確率が高くなる。
上述の俳優たちに恵まれたり、本人たちの実力もある為である。
ただし彼らが起用されたからと言って、彼らには作品の得意不得意という関係もあって絶対に成功する訳ではないので注意。
・実写化を成功に導くスタッフ達
監督:大友啓史福田雄一
脚本:宮藤官九郎高橋悠也大森美香喜安浩平

  • 舞台俳優を中心にキャスティングされたドラマ
有名な俳優より舞台俳優を起用したドラマは成功しやすい。
彼らはテレビやドラマにあまり出ないため知名度に欠ける人たちが多いものの、それらより演技と実力が圧倒的に高いためである
ただし彼等が起用されたからと言って、ドラマの内容次第で絶対に成功する訳ではないので注意。
ドラマの出演によって後にブレイクする俳優たちも多い。
例:相棒あまちゃん半沢直樹真田丸

  • 声優に起用されたアニメや漫画好きの芸能人
アニメや漫画好きで知られる芸能人が声優に参加すると、演技が評価される確率が高くなる。
勿論本人の実力もあるが、彼らはアニメに対する思いから演技できるからだろう。
ただし彼らが起用されたからと言って絶対に成功する訳ではないので注意。
演技が評価されたアニメ好きの芸能人たち:宮迫博之上川隆也ケンドーコバヤシ中川翔子西川貴教小栗旬

  • 声優に起用された特撮出身の俳優
特撮出身の俳優が声優に参加すると、演技が評価される確率が高くなる。
勿論本人の実力もあるが、彼らは特撮でのアフレコ経験があり(かつての特撮はフィルム撮影だったため、変身していない時も全てアフレコでセリフを収録していた)、さらには声優に転向した俳優までいる。
またスーツアクター出身の俳優も場合によっては怪人の声も当てることもある。
武田航平のように特撮出演前はアフレコの演技がぎこちなくても特撮出演後にアフレコの演技が向上したケースもある。
ただし彼らが起用されたからと言って絶対に成功する訳ではないので注意。
演技が評価された特撮声優たち:内田直哉佐久田脩渡洋史小川輝晃土田大岸祐二松風雅也菊地美香小田井涼平萩野崇村上幸平山本匠馬市道真央(M・A・O)徳山秀典小宮有紗藤岡弘、松田悟志松田賢二加藤和樹平田裕香小山力也岩永洋昭清水富美加五代高之中田譲治池田純矢金城大和松坂桃李唐沢寿明

  • 実写作品に俳優として起用された声優
実写作品において声優として活動している人を出演させると、芸能人の声優挑戦とは対照的に演技が評価される確率が高くなる。
これは彼らが素人時代に舞台で経験を積んでいたことや、舞台役者として活動している人が多く、他にも子役出身の役者も多く(花澤香菜浪川大輔三ツ矢雄二など)、前述の特撮俳優出身の声優もいる。(例:M・A・O松風雅也など)
さらには俳優としても活動している声優までいて(山路和弘磯部勉など)、本業が声優にも関わらず実写作品への顔出し出演が初仕事という声優もいる。(草尾毅など)
ただし彼らが起用されたからと言って、成功するわけではないので注意。
実写での演技が評価された声優たち:高木渉戸松遥関智一山寺宏一千葉繁内田真礼難波圭一

  • アニメの主題歌に起用されたアニメや漫画好きのアーティスト
アニメや漫画好きで知られるアーティストがアニメの主題歌に採用されると、主題歌が評価される確率が高くなる。
勿論本人の実力もあるが、彼らはアニメに対する思いがあるからだろう。
ただし彼らが起用されたからと言って絶対に成功する訳ではないので注意。
主題歌が評価されたアニメ好きのアーティストたち:T.M.Revolution中川翔子

  • オリジナルキャストを起用したリメイク作品
キャストを一新したリメイク作品等で旧作の出演者を重要な役どころ等に起用すると作品が評価されやすくなる傾向がある。
これは旧作のファンに対するファンサービスとなる為である。
ただし彼等が起用されたからと言って絶対に成功する訳ではないので注意。
例:劇場版電人ザボーガー

  • 引退・死去された声優の後任やキャスト一新の際に前の声優と声質が似ている声優を起用する
死去や降板されたためにキャスト変更を余儀なくされた時や、リメイク作品でキャスト一新した際に前の声優と声質が似ている声優を起用すると、その声優の演技が評価される傾向がある。
これは、前の声優が演じたキャラの雰囲気を大事にしているためである。
特に木戸丈太郎等の例の様に前任をリスペクトしていると更に評価されやすくなる。
ドクロベエルパン三世の例のようにものまねタレントが声優として活躍するチャンスでもある。
厳密にはオリジナルの役者は声優ではないが、特撮作品において、諸事情で出演できなくなった俳優に代わってその役者の声に似た声優を起用すると特撮ファンから評価されやすくなる。(例:ロストヒーローズ2仮面ライダーフォーゼ
ただし彼らが起用されたからと言って絶対に成功するわけではないので注意。とくに安城トコハの例のように前任が現役なら降板の経緯次第であるといえる。

なお、声質が似ている人物についてはこちらを参照してほしい。
例:斎藤一(るろうに剣心)ブライト・ノア(機動戦士ガンダムUC)、ドラゴン紫龍(聖闘士星矢Ω)、マリン・レイガン(スーパーロボット大戦)、木戸丈太郎(スーパーロボット大戦)、真幌羽士郎(スーパーロボット大戦)、ロック・アンロック(スーパーロボット大戦)、塞臥(スーパーロボット大戦)、仮面ライダーフォーゼ(仮面ライダーシリーズのゲーム化作品)、仮面ライダー響鬼(仮面ライダーシリーズのゲーム化作品)

  • シリーズ作品やリメイク作品において、スタッフ及びキャスティングにファンやマニアを起用する
長く続くシリーズ物やリメイク作品において、スタッフやキャストにファンやマニアと公言する人を起用すると作品の質が高くなり、成功する確率が高い。
これは「この作品の良さを自分でも出したい」という作品に対する真摯な思いから徹底して作られ、作品の良い所を引き出しているためであり、中にはファンサービスも多いためである。
ただし彼らの起用されたからと言って、力量次第で絶対に成功するわけではないので注意。
例:宇宙戦艦ヤマト2199、劇場版電人ザボーガー仮面ライダーW真田丸スーパーロボット大戦

作品編



  • 製作陣があまり期待しなかったテレビドラマ・テレビアニメ
放送局は別の作品に期待をしていたり、プロデューサーが弱気な発言をしている場合、思わぬ高視聴率を取ることが多い。
逆に、放送局が過剰に宣伝したり、プロデューサーが強気な発言をする場合、視聴率が爆死するという負けフラグが立つ。
2010年代の場合、実写ドラマでは、フジテレビに企画を持ち込むも断られた過去がある『孤独のグルメ』や放送当時のトレンドだった恋愛要素を入れる予定だった『踊る大捜査線』、スポンサー泣かせの内容からぴんとこなの方を推された半沢直樹、アニメでは『ガールズ&パンツァー』やアニメ放送を待たずに初代アプリ版がサービスを終了した『けものフレンズ』、実は直前の電撃G'sマガジン本誌ではビビッドレッド・オペレーションの三分の一しか誌面を使わせてもらえなかった『ラブライブ!』(一期)やヒットを想定していなかったあまり衝撃の最終回を考えていたアニメ版ポケットモンスター、特撮では内容から新聞から叩かれた挙句に藤岡弘、からも難色を示された『仮面ライダー龍騎』や一度はアイディアを断られた過去がある『仮面ライダーエグゼイド』が代表例と言える。


  • 深夜帯での漫画やアニメの実写化
深夜帯にて漫画やアニメを実写化した作品を放送すると、ゴールデン帯で放送するより成功する可能性が高くなる。
これは深夜帯になると表現の規制が緩くなることと、視聴率が期待できないあまりスポンサーがあまり付かないという深夜番組のデメリットを逆手に取ったことで作品の自由度が広がり、原作作品の大人向けの部分でもカットされないことが多いためである。
他にも、スポンサーが付かない関係からキャスティングも自由であり、一般層には無名だが演技力の高い俳優も起用できる。
ただし、その時間帯に放送されたからと言って絶対に成功する訳ではないので注意。
例:孤独のグルメ監獄学園咲-saki-実在性ミリオンアーサーアオイホノオ

  • 原作者がスタッフの一員として関わった映像作品
原作者が映像化された作品にスタッフとして関わると、作品の質が高くなって成功しやすい傾向がある。
これは創造主である原作者が作品を一番知っているため。
ただし彼らが関わっているからと言って絶対に成功する訳ではないので注意。
例:魔法騎士レイアーススレイヤーズ冴えない彼女の育てかたがっこうぐらし!

発売元のメーカーやそのグループ会社がキャラゲーに開発として関わると作品の質が高くなって成功しやすい傾向がある。
これは外注先に丸投げしていないため。
ただしこれらの企業が関わっているからと言って絶対に成功する訳ではないので注意。
例:スーパーロボット大戦ギレンの野望ガンダム戦記

クロスオーバー系のキャラゲーは評価されやすい傾向がある。
これは版権作品をリスペクトしているためである。
例:ロストヒーローズスーパーロボット大戦Gジェネレーションミラクルガールズフェスティバル

  • 壮年キャラが魅力的な作品
壮年キャラが魅力的な作品は成功しやすい傾向がある。
これは壮年キャラの持つ渋さ等がしっかり描かれているためである。
壮年キャラが魅力的な作品の例は「主人公が壮年」など。
例:スーパーマリオメタルギアシリーズ魔界村鉄拳戦国無双シリーズDimensionW龍が如く探偵神宮寺三郎

  • 主人公が最弱という設定の作品
主人公が最弱扱いされる作品は成功しやすい傾向がある。
これは主人公の成長が描かれやすいためである。
例:仮面ライダー電王ハートキャッチプリキュア無限のリヴァイアス

  • 王道展開を描いた作品
王道展開を描いた作品は評価されやすい傾向がある。
これは王道には安定した面白さがあり、ストーリーが神話に近いためである。
王道作品の例は「主人公が数々の試練を乗り越えて黒幕を倒す」、「親との対立」、「スポーツの弱小チームが強豪チームを倒す」、「勧善懲悪」など。獣拳戦隊ゲキレンジャーのように当初は商業的な成功を収めなくても、後に再評価された例もある。
例:STARWARSドラゴンクエストⅢグラップラー刃牙機動武闘伝Gガンダム美少女戦士セーラームーンガールズ&パンツァーキルラキル競女!!!!!!!!けものフレンズ恐竜戦隊ジュウレンジャー百獣戦隊ガオレンジャー忍風戦隊ハリケンジャー特捜戦隊デカレンジャー魔法戦隊マジレンジャー炎神戦隊ゴーオンジャー獣電戦隊キョウリュウジャー動物戦隊ジュウオウジャー仮面ライダークウガ仮面ライダーアギト仮面ライダーW仮面ライダーフォーゼ仮面ライダードライブ仮面ライダーエグゼイド龍が如く0それいけ!アンパンマンドラゴンクエストⅪクロスアンジュ天使と竜の輪舞魔法少女リリカルなのは真田丸

  • 史実を題材にした時代劇において、マイナスな印象が強い偉人の扱いが良い作品
大河ドラマを初めとする時代劇において、悪役や無能のレッテルを貼られた人物の扱いが良いと成功しやすい傾向がある。
これは最新の歴史研究が反映されていると同時に、史実と真正面から向かい合っている他、その偉人のイメージアップを行っているからである。
逆に、その偉人をイメージ通りにマイナスに描いてしまうと、その偉人のゆかりの地から苦情が殺到したことがある。
例(()は再評価された偉人):真田丸(武田勝頼北条氏政)、無双シリーズ(大谷吉継長宗我部元親毛利元就李典)、秀吉(明智光秀)、毛利元就陶晴賢)、黄金の日日(石田三成)、樅ノ木は残った(原田甲斐)、新撰組!山南敬助

その他あったら加筆修正お願いします

対義語

負けフラグ

関連タグ…?

これで勝つる!…勝利フラグが立った時の台詞?

pixivに投稿された作品 pixivで「勝利フラグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5645

コメント