2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

マジンガーZグレートマジンガーマジンカイザーのマジンガーシリーズに登場するミケーネ帝国の戦力。古代のミケーネ人が延命の為にロボットに脳髄を移植して誕生したサイボーグである。
電子頭脳を乗っけた機械獣と違い人間の脳が乗っているので、ロボットの顔以外に体の何処かに在る人間の顔から喋る事が出来る(もっとも劇中で喋った個体はごく僅かだが)。この人面部分は他より脆いので弱点でもある。
悪霊型・爬虫類型・鳥型・昆虫型・魚型・猛獣型・人間型の7種類があり、それぞれが軍団長によって統率されている。これらの軍団の総称が「7つの軍団」である。

戦闘力も機械獣とは一線を画する物で、マジンガーZの装甲素材である超合金Zすらも容易く破壊してしまう。初登場の劇場版『マジンガーZ対暗黒大将軍』やマジンガーZ最終回にて、マジンガーZをズタボロにしてみせた。

2012年マジンガーZ放送開始40周年記念


※もっともマジンガーZの攻撃もブレストファイヤー等は十分通用するので、劇場版では相当数の戦闘獣が倒されている。TV最終回でのマジンガーZは、機体も兜甲児もDr.ヘルとの決戦のダメージが回復しきっておらず、全力には程遠い状態での戦闘であった(付け加えるとブレストファイヤーやルストハリケーンは撃つ暇が無かった)。劇場版・TV最終回共に「超合金Zを簡単に破壊できる」という情報無しで挑んだ為に、余計なダメージ(ロケットパンチを撃ったらビームで壊された、スクランダーカッターを使ったら返り血で融けた等)を喰らっていた部分もあるので、改造前のマジンガーZにもやり方によっては十分勝ち目はあった。
(テレビマガジン連載版では、ドクターヘルを倒してからしばらく月日が経ってからの襲来であり、格納庫に安置されて良好な状態であったマジンガーZを反撃の機会を与えぬまま完膚なきまでに叩きのめしている)


幹部クラスである暗黒大将軍や七将軍は戦闘獣の中でも屈指の能力を誇り、劇中ではグレートマジンガーも相当に苦戦させられている。

所属モチーフリーダー
超人型戦闘獣武器兵器、器物、衣装超人将軍ユリシーザー
悪霊型戦闘獣死を連想させるもの悪霊将軍ハーディアス
爬虫類型戦闘獣爬虫類両生類妖爬虫将軍ドレイドゥ
鳥類型戦闘獣鳥類翼竜怪鳥将軍バーダラー
猛獣型戦闘獣哺乳類猛獣将軍ライガーン
魚類型戦闘獣魚類、水棲生物魔魚将軍アンゴラス
昆虫型戦闘獣昆虫大昆虫将軍スカラベス
諜報軍戦闘獣特に縛りなしアルゴス長官ゴーゴン大公ヤヌス侯爵

マジンカイザー 死闘!暗黒大将軍

OVA版『マジンカイザー』の続編にて登場し、グレートマジンガーを除くマジンガー軍団を壊滅させる…が、マジンカイザー相手には分が悪すぎて、暗黒大将軍を含め殆ど瞬殺レベルで倒されている。まあカイザーはTV版グレートの何倍も強いから仕方がないが。

真マジンガー

合体機械獣ガラダブラMK01がミケーネの勇者という設定で登場。
また、原型ともいえるミケーネ神達も登場する。

スーパーロボット大戦

殆どはザコとして登場だが、暗黒大将軍などはステージボスとして良く登場する。
しかし、『第3次スーパーロボット大戦Z』では原型であるミケーネ神が2万越えの体力に加え、2Lサイズと2回行動というとんでもないスペックで襲ってくる。
スーパーロボット大戦X』では久々に登場。
姿こそ機械獣なもののパイロットが「戦士の魂」となっており実質的な戦闘獣となっている。
なお、Xでは前述の設定通り普通に喋っている。

その他

勇者ガラダブラ

関連項目

ミケーネ帝国 暗黒大将軍 地獄大元帥

グレイズ・アイン/アイン・ダルトンガンダムシリーズ版戦闘獣とも言うべき存在。

関連記事

親記事

ミケーネ帝国 みけーねていこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「戦闘獣」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「戦闘獣」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43482

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました