ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ゴーゴン大公「結構、結構、実に結構。ダンテにマモスドンよ、お前たちはこれより光子力研究所に向かい破壊せよ!」


概要

CV:加藤治

映画『マジンガーZ対暗黒大将軍』に登場した猛獣型戦闘獣

頭部に太く巨大な一本角を生やした犀のような戦闘獣であり、この角は新幹線やビルもぶち抜く強度がある。パワーと角を活かした突進攻撃が得意。本体の顔は一本角の根元にある。


活躍

オルピィアルギモングロスデンアルソスらにより、それぞれの持ち場の都市が破壊されたことを確認したゴーゴン大公の命令でダンテバーディアンライゴーンスラバジャラガと共に海から出現し、東京に侵攻。


その後ゴーゴン大公から上記の命令を受けて光子力研究所に向かい、到着すると角でボスボロットを追いかけ回し、串刺しにして研究所の壁にめり込ませた。そして、ダンテと共に研究所をひとしきり破壊して去っていった。


その翌日、戦闘獣出現の連絡で早朝に出撃したマジンガーZを不意打ちで襲い、串刺しにしようとした。しかし、角に掴まったマジンガーZに急所である本体の顔に至近距離からブレストファイヤーを打ち込まれ、苦しみながら溶解した。




関連タグ

グレートマジンガー ミケーネ帝国

戦闘獣 猛獣型戦闘獣

関連記事

親記事

猛獣型戦闘獣 もうじゅうがたせんとうじゅう

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました