ピクシブ百科事典

ボスボロット

ぼすぼろっと

全国5000万人の ボロットファンの皆様! お待たせしました~っ!!
目次[非表示]

俺は通称「ボス」。本名は俺も、作者も概要も知らない

漫画アニメにおけるスーパーロボットの金字塔『マジンガーZ』に登場するロボット
主人公兜甲児親友にして悪友である ボス三博士を脅迫して造らせたもので、
彼が搭乗し、マジンガーZと共にDr.ヘル率いる機械獣軍団を相手に戦いを繰り広げた。
本来の名称は「ボスロボット」だが実際には「ボスボロット」と呼ばれ、以後は公式名称もそれで定着している。
TVでの初登場は全92話中第48話だが、OVAやスパロボなど他作品では軒並み序盤から登場する。


マジンガーZ』では全高12m・重量95tだが、『グレートマジンガー』では20mに増量されている。
その素材は スクラップ であり、 燃料ガソリンハンドル操縦 、 操縦席は張りでトイレ付き というかなり無茶な機体。
コメディリリーフとして多彩な表情や装備(マントやスキー板等)を度々見せるのも特徴。
ゲッターロボ』の浅太郎ロボ、『勇者ライディーン』のボインダー、『鋼鉄ジーグ』のメカドン1号・2号、 『超電磁ロボコン・バトラーV』のケロット、『光速電神アルベガス』のゴリロボなど後の作品への影響は大きい。
なお、『戦闘メカザブングル』のウォーカーマシンもハンドルとガソリンで動く為、ボロットとたまに比較される。
スパロボで共演した際は、当然の如くネタにされた。 特にギム・ギンガナムのターンXと交戦させると『そんなガラクタでなあ、勝てるわきゃねえだろおお!』と怒られる。また素材がスクラップという設定を反映してか、撃破された際の修理費も破格の安さである。

戦闘メカとして見た場合の性能は当然ながらお世辞でも決して良いとは言えず、敵の攻撃は愚か何か行動しただけで破損することもあるなどかなり脆く、碌に武器を搭載していないため、近付かなければ何も出来ないなど戦闘力は低い。
ただし、パワーだけはマジンガーZに勝るとも劣らない程高く、格闘戦に限れば侮れない。

その見た目からコミカルなイメージが強いが、実際にはボスボロットがいなければ マジンガーZが負けていた可能性が高い 戦いも非常に多く、そういった意味ではアフロダイAダイアナンAと並ぶマジンガーZの相棒と言える存在である。


続編の『グレートマジンガー』にも引き続き登場し、主人公・剣鉄也の操縦するグレートマジンガーをサポートした。
そのまた続編の『UFOロボグレンダイザー』にも二回ほどゲスト出演し、マジンカイザー真マジンガーにも当然の如く参加する等相変わらずの活躍ぶりを発揮した。
シリーズ三部作で唯一( 主役ロボを差し置いて )皆勤したロボット であり、映画『マジンガーZ対暗黒大将軍』や 『グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦!大海獣』でも結構重要な役割を担うなど、扱いはすこぶる良い。

スーパーロボット大戦シリーズでは、乗せ変え可能なうえほぼ全ての武器に専用セリフ(もちろん乗せかえ可能キャラの分も)+対地対空それぞれの回避用アニメーション&バリア用アニメーションと、
主役機であるマジンガーZやグレートマジンガー以上の手間がかかってるというコミカル度が高い。
ただし、カイザー版と第2次Z真マジンガー版ボスボロットはボスボロットと呼べないぐらいの強さを見せつける。
スーパーロボット大戦Jではナデシコルリがボロットを馬鹿にしていたがナデシコが強すぎるだけでカイザー版のボスボロットはトップクラスの実力を持つ機体である。
(そもそもスパロボのナデシコはイデオンゼオライマー飛影、ウィンキー時代のビルバインに匹敵するレベルの最強クラスのユニットである)

また、第2次Z破界篇ではマジンガーZが出ていながら参戦していないという珍しいことになった(えっ?メチャクチャカッコよくなって参戦している?確かに似ているけど別人です)。
再世篇から本格的に参戦。くろがね五人衆の面々が同乗しているという事で、彼らに支援を頼む召喚攻撃が装備されている。
機械獣はもちろん、MSやKMF、次元獣やバジュラが相手も果敢に立ち向かう、変な奴がいるぞ!
当然、強化パーツで補強すれば宇宙でも大暴れする、変な奴がいるぞ!

そしてBXでは、くろがね五人衆withつばさ女将・feat.暗黒寺&ガミアという
最高に派手な面々が集う事になった。

俺様の華麗なるボロットの性能を見て驚けだわさ

パイロットであるボス本人は、その完成度に絶対の自信を持っているようであるボスボロット。
しかし、スーパーロボットとして見た場合の性能だが、お世辞でも決して良いものとは言えない。
TVアニメ版を例にして抜粋しただけでも以下の有様である。

  • 敵の攻撃はおろか、何か行動しただけで破損することもあるほど脆い。
  • コクピットである頭部が分離しやすく、衝撃を受けると宙に舞い上がること多々。
  • 碌な武装を積んでおらず、近付かなければ何も出来ない。

などなど、そのボロット振りは枚挙に暇が無く、基本戦闘に参加しても足手まといにしかならない。

しかし、前述のようにパワーだけは凄まじいため、格闘戦はそれなりに有効打と成り得る(パンチでアームが破損するなど自滅することも多いが)。事実、『マジンカイザー』では、自身の二倍程の体格を持つ妖機械獣を蹴り飛ばしている
また、それ故に普通の力作業などでは大活躍であり、戦闘後の瓦礫撤去で役に立つことは多い。

他、パワー以外にも侮れない一面はあるにはある。

  • 構造が単純なためか改造しやすいのも特徴で、脚にロケットを取り付けて即席の高速移動手段にするなど、何気に汎用性が高い。
  • スクラップを材料にしているためか、修理が容易で復活速度はゾンビ並み。
  • 切り札の自爆はボロットのお家芸とも言えるネタであり、スーパーロボット大戦シリーズなどでも何らかの形で再現されていることが多い。

この僅かな利点を活かし、意外な活躍を見せることもある。
コメディリリーフだからと決して侮ってはいけない。
人はもちろん、ロボットも見かけに寄らないのである。

ジャーンジャジャ~ン!関連イラストだわさ

bossborot
ボスボロット



それじゃあ、関連項目の皆さん出番ですぜ!

マジンガーZ
グレートマジンガー
UFOロボグレンダイザー
マジンカイザー
真マジンガー
ダイ・ガード:カッコよくなったボスボロット

pixivに投稿された作品 pixivで「ボスボロット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52427

コメント